球団別ストッパー20年史 +

埼玉西武ライオンズ

‐錚々たる一流投手の系譜‐

*斜体はリーグトップ

最多セーブ 次点 登板数 セーブ 勝利 敗戦 投球回 奪三振 防御率
1984年 森繁和 38 13 6 7 64 36 2.81
江夏豊 20 8 1 2 24 2/3 28 3.65
江夏の加入で前年のリーグ最多セーブ投手を二人擁する布陣。しかし森は故障で精彩を欠き、五年連続20セーブ以上を記録していた優勝請負人・江夏も夏場に入院でダウン。両雄は並び立つどころか共倒れに終わってしまった。
1985年 渡辺久信 43 11 8 8 152 121 3.20
森繁和 39 8 6 6 73 1/3 22 4.30
江夏はわずか一年でチームを去った。しかし森にも往時の力がなく不安定な内容。投手陣再編で、二年目の快速右腕渡辺を先発から抑えに転向、これが功を奏した。渡辺は6試合連続セーブなど大活躍。抑えだけでなく先発もこなした。
1986年 郭泰源 39 16 5 7 108 1/3 105 2.91
2セーブで二名
森新監督のもと、渡辺は先発に廻りこの年最多勝の栄冠。代わって抑えについたのは「オリエンタル・エクスプレス」の異名を取った郭だった。しかし郭が抑えをやっていたのは8月まで。先発陣の完投能力が高く、後半は抑え不在でも危なげなかった。郭も後半は先発。
1987年 渡辺久信 30 8 5 3 105 2/3 74 3.07
松沼雅之 21 5 1 1 27 12 2.00
前年の流れから郭は先発、ストッパー不在の陣容でも66完投、チーム防御率2点台の強力投手陣にはアキレス腱となりえなかった。後半からは故障で戦列を離れていた渡辺が抑えに復帰。疲労の蓄積する投手陣を救う好循環。松沼弟のセーブ記録は六年ぶり。
1988年 小田真也 41 5 1 1 33 2/3 16 3.48
山根和夫 32 2 5 0 49 1/3 39 1.28
「ストッパー不在」は来るところまで来て、二桁勝利四人の先発とは対照的に、ついに抑え"格"の投手もいないまま優勝。5セーブを上げてチームトップの小田は変則のワンポイント要員。むしろ次点のベテラン山根の方が抑えに近い存在だった。
最多セーブ 次点 登板数 セーブ 勝利 敗戦 投球回 奪三振 防御率
1989年 山根和夫 31 4 6 1 53 1/3 29 3.88
石井丈裕 33 3 4 4 68 2/3 39 4.33
抑え不在も三年目に突入し、そろそろ本気で考慮しなければいけない時期にさしかかった。この年チームは「ブライアントのダブルヘッダー四連発」に5連覇の夢を砕かれた。山根も石井も抑えというには心もとない存在。先発完投の時代は終焉を迎えた。
1990年 鹿取義隆 37 24 3 1 45 26 3.00
潮崎哲也 43 8 7 4 102 2/3 123 1.84
巨人で実績を残しながらもややマンネリ化していた鹿取をトレードで獲得。懸案のリリーフ強化を果たすと同時に、この鉄腕リリーバーがチームのビジョンを劇的に変えた。生き返った鹿取はチーム7年振りの20セーブ突破。ルーキー潮崎が魔球シンカーで三振の山を築き、いきなり強力リリーフ陣が誕生した。西武黄金期第二幕の幕開け。
1991年 鹿取義隆 34 8 7 1 70 2/3 37 1.78
潮崎哲也 45 5 10 3 92 1/3 60 4.48
総セーブ数が大きく減ったが、基本的な体制は前年と変わらず。鹿取の信頼感はむしろ前年より高まった。潮崎の10勝はほとんどリリーフでの勝ち星。
1992年 鹿取義隆 38 16 10 1 76 2/3 41 2.47
潮崎哲也 47 10 6 2 107 95 2.94
潮崎・鹿取という、どちらもどこへ行ってもストッパーが務まる両巨頭に、さらに利便性の高い新谷が加入。リリーフ陣は充実一途で、かつての完投主義のチームから完全に変貌した。鹿取は移籍以降三年連続チームトップ。
1993年 鹿取義隆 42 16 5 4 68 47 2.25
潮崎哲也 53 8 6 3 83 2/3 64 1.18
鉄壁を誇る二人に、新人の杉山が54試合で7勝5セーブ。ついにここに、「サンフレッチェ」と名づけられた古今未曾有の抑え三人体制が確立された。リーダー格の鹿取は四年連続のチーム最多セーブ。潮崎も1点台の防御率と圧倒的だった。
最多セーブ 次点 登板数 セーブ 勝利 敗戦 投球回 奪三振 防御率
1994年 新谷博 41 9 10 8 130 99 2.91
杉山賢人 54 6 4 2 60 2/3 63 3.56
リーグ初の5連覇を達成したが、徐々に時代は移り変わり始めていた。先発陣の不調から勝ちパターンがなかなか確立できず、投手編成はシーズン中に何度も代わった。新谷はとにかく投げまくり、最優秀防御率獲得。後半にストッパーを勤めていたのは石井丈だった。
1995年 潮崎哲也 45 12 5 6 70 1/3 76 1.92
渡辺久信 20 6 3 4 49 1/3 43 5.66
森監督から東尾監督へ、新旧交替の波は確実に訪れていた。ずっと脇役に甘んじていた潮崎がついに主役に躍り出るが、サンフレッチェの一角・杉山は年々成績を落としていた。渡辺は久々のリリーフだったが、積極的な起用と言うよりは先発を追われた印象が強い。
1996年 潮崎哲也 43 11 8 6 85 2/3 72 2.84
橋本武広 55 8 0 0 35 2/3 24 2.27
依然として中継ぎで活躍する鹿取を除いて、投手陣の顔ぶれはがらっと変わった。杉山に代わってダイエー時代は鳴かず飛ばずだった橋本が8セーブ。さらに終盤は石井貴が抑えとなり4セーブ。疲労の見えてきた潮崎に取って代わりつつあった。
1997年 石井貴 59 9 10 8 102 1/3 68 3.61
森慎二 38 9 6 2 57 2/3 61 3.28
鉄腕鹿取にいよいよ衰えが見え、潮崎は先発に転向。潮崎に代わる抑えには外国人ロバートが想定されていたが、これは短い期間しか通用しなかった。しかし前年最後に抑えを勤めた石井貴と、新人の森が補って余りある働き。この若い速球コンビがチームの優勝をアシストした。
1998年 デニー 53 8 7 4 69 1/3 68 2.60
5セーブで二名
不動のストッパーになる予定だった森が、二年目のジンクスにはまってスランプに。この不振はしばらく続くことになる。しかしこの危機を、デニー・橋本の移籍再生コンビが救った。絶対の抑えは確立できなかったものの、力を持ったリリーフ陣は健在。
最多セーブ 次点 登板数 セーブ 勝利 敗戦 投球回 奪三振 防御率
1999年 西崎幸弘 33 20 2 1 34 1/3 36 3.41
デニー 52 12 2 4 62 65 2.03
極端な投高打低に喘ぐ中、前年に移籍しながら故障で全く働けなかった西崎がプロ入り初の抑え役を見事にこなした。デニーともども、東尾監督の投手を見る目の確かさを実証したシーズン。
2000年 森慎二 58 23 5 6 78 2/3 101 1.83
1セーブで五名
過去二年期待を裏切ってきた森が待望の一本立ち。威力あるストレートとフォークを軸に桁外れの奪三振率を誇り、故障持ちのベテラン西崎に取って代わった。1セーブ五人の中に、プロ入り初セーブの豊田。
2001年 豊田清 47 28 5 3 47 2/3 58 2.83
1セーブで二名
せっかくの勢いを森が持続できず。疲労から不調が続き、先発で想定されていた豊田が代役に。ここに「ストッパー・豊田」が誕生した。先発時代は目立たない好投手だったが絶対の守護神に変貌。快進撃と、8月の連続被サヨナラと、とにかく注目を集めた。
2002年 豊田清 57 38 6 1 57 1/3 66 0.78
森慎二 71 1 6 7 78 1/3 102 2.07
ストッパー二年目の豊田がさらにスケールアップ。チームでは森繁以来19年ぶりの30セーブオーバー。0点台の防御率、ほとんどランナーを出さない完璧なクローザー。復活なった森がセットアップとなり、ここに森‐豊田ラインが完成。優勝へとチームを導いた。
2003年 豊田清 58 38 2 3 58 54 1.24
森慎二 61 2 7 3 70 92 2.31
黄金パターンはいささかも衰えを見せず、豊田は二年続けてタイトル獲得。常に三人切りを続ける姿から「皆殺しの豊田」の異名もささやかれた。三年続けての最多セーブは鹿取以来。
最多セーブ 次点 登板数 セーブ 勝利 敗戦 投球回 奪三振 防御率
2004年 豊田清 34 11 5 1 36 2/3 39 0.98
森慎二 34 4 0 4 49 49 4.59
抑え四年目の豊田は相変わらず鉄壁の内容も、腰痛で約二ヶ月戦列を離れるアクシデント。疲労の影響を感じさせる離脱だった。不在期間の代役は当初森だったがこちらは不調で、一時期大沼が任されていた。
2005年 豊田清 35 19 3 1 34 31 3.97
森慎二 48 5 2 2 49 60 4.22
抑えになって五年目となる豊田、腰の不安は増大し内容は大幅に悪化。これまでの完璧さとは程遠い投球だった。それでも森も大沼も不安定で、やはり頼りになるのは豊田だった。
2006年 小野寺力 59 29 7 3 60 2/3 52 2.82
1セーブで二名
森・豊田が揃って抜けたシーズン、張や大沼の名前も挙がったクローザーは4年目の小野寺に。夏場に一時不調もシーズン通して定着した。セットアッパーは前半石井貴、後半三井。影響としては森の穴のほうが大きかった印象も。
2007年 アレックス・J・グラマン 40 17 4 6 79 1/3 61 4.08
小野寺力 44 13 4 5 64 1/3 48 5.18
前年で一本立ちと思った小野寺が乱調。日程が進むごとに悪くなり、ついに配置転換。苦肉の策だったグラマンの抑え起用だったが、これが予想以上の適性を見せた。球威向上し先発とは段違いの安定投球。
2008年 アレックス・J・グラマン 55 31 3 3 57 42 1.42
1セーブで二名
前年から引き続きグラマンが好調。開幕から安定した投球を続け、チームでは03年豊田以来の30セーブ突破。完全に不動の存在として、優勝に欠かせない戦力だった。
最多セーブ 次点 登板数 セーブ 勝利 敗戦 投球回 奪三振 防御率
2009年 小野寺力 47 16 3 5 54 1/3 45 3.98
3セーブで二名
当初は前年に続いてグラマンだったが、故障で長期離脱。代役小野寺もかつての力を発揮できず、シーズン途中からは実質不在状態に。リリーフの弱さがチームのアキレス腱となり、プロ野球タイ記録14度のサヨナラ負けを喫して4位に転落。
2010年 ブライアン・シコースキー 58 33 2 5 63 48 2.57
1セーブで二名
移籍加入のシコースキーが不動の抑えに定着。これまでは抑えとなると不安の残った投手だが、この年は非常に安定してセーブを積み上げ、タイトル獲得となった。パッとしないリリーフ陣の軸として活躍。

強力な投手陣をうまく回転させてきた歴史です。西武がAクラスにとどまり続けたのも納得。ただ豊田と鹿取以外は、意外ところころ変わってきた歴史でもあります。このところちょっとリリーフの人材不足に苦しんでいますが、昨年はシコースキーが大活躍。

通算セーブ BEST5
1 豊田清 135
2 森繁和 82
3 鹿取義隆 73
4 小野寺力 59
5 潮崎哲也 55
2004−04−27
追加更新 2005−08−07
追加更新 2006−02−01
追加更新 2007−03−18
追加更新 2008−03−23
追加更新 2009−04−01
追加更新 2010−04−11
追加更新 2011−04−17

戻る

トップへ