加賀 繁

即戦力サイド、技巧派型

右投右打
埼玉平成高〜上武大〜住金鹿島 横浜10ドラフト2位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
10 横浜 27 0 3 12 0 1 145 165 15 83 28 7 1 59 3.66
11 横浜 29 0 4 3 0 3 70 2/3 72 8 51 11 2 0 28 3.57
通算 2年 56 0 7 15 0 4 215 2/3 237 23 134 39 9 1 87 3.63

社会人からプロ入りし即戦力となったサイドスロー右腕。層の薄い投手陣にあって奮闘を見せる。
大学から投手となり4年秋にはリーグMVPに。社会人に進み、ドラフト2位指名で横浜入りとなった。即戦力の期待通り開幕一軍入りすると、当初2試合はリリーフもすぐに先発入り。4月末にプロ初勝利をマークし、ローテーション定着。シーズンのほとんどを先発で過ごし、チームでは清水に次ぐ24試合に先発登板。援護に恵まれず、チーム状態の悪さもあって3勝12敗と大幅に負け越してしまったが、終盤調子を落としながらもチームの先発で最もいい防御率を残した。
上下動の小さいブレの少ないフォームで、横手から丁寧にコーナーを突くスタイルの技巧派タイプ。飛び抜けて鋭いボールはなく被安打は多いものの、高い制球力で粘り強く攻める投球が持ち味。
2年目の昨年はリリーフでスタートし、開幕戦で早速白星。5月中旬までに20試合に投げたが、先発が不足となるや再転向。しかし4試合投げたところで肩の痛みを訴え、3ヶ月の長期離脱となってしまった。9月に復帰後は先発で投げ、最終的には前年を上回る4勝をマーク。
当初のリリーフで随分過密に投げており(チーム30試合中20試合に登板)、さらに急な先発転向と、さすがにこれは無理な起用だったという印象。試合をつくれる投手ということで、やはり先発のほうがいいか。

片山 博視

大型左腕、リリーフ台頭型

左投左打
報徳学園高 楽天06ドラフト(高)1巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 楽天 18 2 2 7 0 1 79 70 4 71 35 8 2 32 3.65
09 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
10 楽天 53 0 1 2 0 10 62 1/3 45 3 59 26 2 3 13 1.88
11 楽天 59 0 2 3 0 23 57 2/3 55 3 55 15 2 2 22 3.43
通算 6年 130 2 5 12 0 34 199 170 10 185 76 12 7 67 3.03

3年目の08年一軍台頭してきた期待の大型左腕。ここ2年はリリーフの中心的存在として活躍。
アマチュア時代早い内から名を知られていた存在で、高校では2年時にエースとして甲子園春夏出場。分離開催となった高校生ドラフトでは2球団が競合、抽選の末楽天入りとなった。高校通算36発の打撃も高く評価されていた選手。
期待は大きかったがプロ生活はいきなり躓き。1年目に肘を痛め、06,07年といずれも二軍登板が一桁のみ。しかし07年のフェニックス・リーグで活躍を見せて期待上昇。そして迎えた08年は二軍で前半だけで6勝をマーク。この好投が認められて6月待望の一軍昇格となった。何度かリリーフで投げた後先発に廻り、2度目の先発でプロ初勝利を完封で記録。しばらく好投が続きローテーションの一角に食い込むことに。ただオールスター前辺りから粗っぽさが強く出始め、全く勝てなくなった。2勝したものの6連敗という形でシーズン終了。
191cmの長身から投げ下ろす140km台中盤のスピードに変化球もなかなか多彩。奪三振の多さが力強さを物語る。上でも通用する球威を見せる一方で、9月以降の終盤は26イニングで18四死球の乱調。自滅癖という大きな課題も露呈した。
09年は開幕直前の故障で大幅に出遅れ一軍登板なし。足踏みの形となったが、復帰した10年は違う形で大飛躍を遂げた。シーズン序盤こそロングリリーフや先発だったものの、5月以降完全にリリーフ固定。そしてかなりの好投を続けて、貴重な戦力となった。状態の良さは最後まで続き、一気に増えた登板数は50を突破し防御率1点台をキープ。左のリリーフ1番手としてフル回転のシーズンに。
故障明けでも球威は健在で力強さを発揮。昨年も引き続きリリーフで回転し、前半は急な先発もあってさほどではなかったが、後半はセットアッパーとして活躍。チームトップの登板数にトップタイのホールドを記録し、すっかり継投に欠かせない存在となった。
シーズン防御率は3点台だが、これは先発時の4回11失点という大炎上が響いたもの。リリーフに限定すれば1点台で、特に8月以降は1点未満と非常に安定していた。故障歴があるのが気がかりだが、何事もなければ今季もセットアッパーとして期待大。

香月 良太

シュート投手、リリーフ型

右投右打
柳川高〜東芝 近鉄04自由枠、オリックス05〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 オリックス 32 0 4 0 0 8 46 1/3 43 2 20 13 5 0 16 3.11
09 オリックス 64 0 3 3 0 20 64 2/3 65 7 35 15 5 1 30 4.18
10 オリックス 46 0 3 1 1 4 56 2/3 60 3 35 14 4 3 19 3.02
11 オリックス 46 0 1 2 0 16 34 31 0 15 6 3 0 8 2.12
通算 7年 245 0 14 8 1 58 264 253 18 135 67 23 4 102 3.48

リリーフで活躍する右腕。04年自由枠で近鉄に入団、1年目は故障に泣いたが、球団合併でオリックス移籍の05年台頭。
高校時代に甲子園で活躍し、社会人を経てプロ入り。早い内から話題になっていた投手で、期待はかなり大きかった。しかし肩痛で出遅れ、1年目は終盤に1試合投げたのみ。チームの変わった05年も開幕は二軍で迎えたが、交流戦に合わせるように一軍昇格。すると短いイニングながらかなりの安定感を見せ、チームの特徴ともなった強力リリーフ陣の一角に食い込んだ。特に前半は1点台の防御率と活躍。実質1年目とあって後半は多少落ちたが、通年でも優秀な成績を残した。
シュートで内角を抉りカットボールで外を攻めと、左右の揺さぶりでしとめる投球スタイル。打たせて取るタイプで、スピード自体は平凡。強気の攻めと制球力が鍵を握る投手と言える。
一気に40試合以上の登板で一軍定着を果たしたが、しかしこの後2年は大幅に後退。06年は開幕一軍も打ち込まれてすぐに降格。6試合の登板で10点オーバーの防御率と散々な内容だった。07年も大半を二軍で過ごし、登板3試合すべて失点という冴えないもので、全く戦力にならなかった。
不振が続いていたが、08年ようやく復調。7月に3年ぶりの勝利を先発で初めて挙げると、8月はリリーフで10試合1失点の快投を見せ、久々に一軍再定着を果たした。自己最多の4勝を挙げ、翌年はさらに存在感上昇。主力リリーフとなり、序盤からシーズン終了までコンスタントに登板。チームトップの64試合に投げ、これもチームトップの20ホールドを記録した。完全に一軍戦力に定着。
ただ4点台の防御率が示す通り波の激しい面があり、平野がセットアッパーに定着した10年は主にビハインド時のリリーフに。前年より登板数は若干減ったものの成績を良化させた。昨年は再び勝ちパターンにも組み込まれ、チームでは平野に次ぐ16ホールド。内容はぐっと良くなり、防御率2点台前半、被弾0でシーズンを終えた。
統一球導入で詰まらせる投球が力を発揮したか、これまでどうも分が悪かった対右打者が圧倒的に良くなった。もうすっかり一軍戦力として安定し、今季も欠かせないリリーフ要員。

甲藤 啓介

力投右腕、リリーフ台頭型

右投右打
高知高〜近大 ソフトバンク06ドラフト(大・社)4巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 ソフトバンク 9 0 0 1 0 0 18 2/3 22 3 11 11 0 1 10 4.82
09 ソフトバンク 6 0 0 0 0 0 6 2/3 5 1 4 1 1 1 2 2.70
10 ソフトバンク 65 0 2 0 0 15 76 66 3 74 23 9 1 25 2.96
11 ソフトバンク - - - - - - - - - - - - - - -
通算 6年 81 0 2 1 0 15 102 1/3 93 7 89 35 10 3 37 3.25

10年一気に登板数を増やし、一軍定着を果たした右腕。チームの投手陣で一番とも言える伸びを見せ、大きな戦力となった。
大学は大隣の1年先輩。1年目は完全に二軍だったが、2年目はチームのファームで唯一規定投球回に到達、一軍初登板も記録した。にわかに注目されたのが3年目の08年で、キャンプからオープン戦と一軍に帯同、開幕6戦目にプロ初先発登板。ただ結果的には登板数一桁にとどまり、09年も終盤の6試合のみ。ここまでは一軍半に落ち着いていた。
しかし5年目となる10年は開幕から一軍に入り、登板数が飛躍的に増えた。序盤は失点も多くさほど内容は良くなかったが、5月以降急激に安定感が向上。重要な場面の起用も増え、いつしか僅差の中盤を任されるように。前年確立した勝ちパターン「SBM」と並び称されるようになり、背番号48を加えた「SBM48」なる呼称も生まれた。一軍定着どころか主力と目される存在に。最終的にチームでは攝津に次ぎ、リーグでも2位タイという65試合に登板、防御率2点台のままシーズン終了。さすがに後半はバテも見えたが、チームの優勝に大きな戦力となった。
速球とスライダーが中心で、勢いのあるフォームで力いっぱい投げ込む力投型の投手。細かいコースを突くのではなく力で押し込む投球が持ち味。プロ入り当初より球速が増しており、また10年はこれまでの決め手不足が解消。大幅に奪三振率が上がった。
投げ続けることで自信を深め主力となったが、投げすぎの反動はやはり出た。昨年はキャンプで肘を痛め離脱。実戦復帰は6月の後半、三軍でのもので、二軍戦登板も終盤になってから。前年から一転5年ぶりに一軍登板なしに終わった。
シーズンをほぼ棒に振り、今季一軍復帰を目指す。どこまで状態を戻せるかが焦点だが、勢いで抑えていた部分もあり、それが一度止まったことでどうなるかという点も気になるところ。躍動感ある投球を復活させたい。

加藤 康介 (康介)

キレ勝負、制球不安型

左投左打
清水市商高〜日大 ロッテ01ドラフト2位〜07途中、オリックス07途中〜08、横浜09〜10、阪神11〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 オリックス - - - - - - - - - - - - - - -
09 横浜 31 0 1 0 0 13 29 1/3 21 5 37 18 2 1 12 3.68
10 横浜 49 0 0 2 0 7 27 2/3 37 2 23 16 2 0 24 7.81
11 阪神 4 0 0 0 0 0 2 2/3 4 0 3 1 0 0 3 10.13
通算 11年 180 4 25 41 0 21 465 2/3 470 58 404 208 16 17 253 4.89

プロ入り当初先発で活躍、現在はリリーフで回転する左腕。長い低迷期の後、横浜に移って復調。
大学からドラフト2位でロッテ入り。プロ入り1年目からローテーション入りを果たし、3完投を含む9勝をマーク。新人王は逃したものの、即戦力として活躍を見せた。一躍左腕エース候補となり、当時ロッテに枯渇していた先発型の左腕として、2年目もローテーション入り。一時先発から外されるほど好不調の波が激しく、リーグ最多の15敗を喫したものの、11勝で二桁勝利達成。防御率はいずれも4点台といまいちも、ここまでは主力として順調なシーズン。
右打者の懐にズバッと切り込む小気味いい投球が持ち味で、好調時には攻めの投球が出来る。反面制球力には不安を持っているが、当初は自滅するほど悪いというわけでもなく、思った以上にまとまっていた。強気のクロスファイアーで、先発にリリーフにフル回転。
しかし不調時には立ち上がり早々に打ち込まれて早期KOという不安定さが、3年目以降はより強く出るようになり一気に不振に。03年乱調続きで7試合の登板、1勝しか出来ずに終わると翌年もわずか2試合のみ。05年開幕早々に2年ぶりの勝利を挙げ、復調の気配を見せたものの、この年はチームの先発が全員好調でなかなか出番を貰えず。逆に不足となった06年は自身が故障で離脱と、巡り合わせの悪さもあいまって浮上しきれず。
07年開幕直後にオリックスに移籍。環境変わってというところだったが逆に一軍は遠ざかってしまった。終盤2試合先発したのみで終わると、登録名を変えて挑んだ翌08年は一度も一軍に上がれず。二軍でも冴えない成績で戦力外に。
もう後がないという立場で、トライアウトを経て09年横浜入り。6年続いた不振のトンネルから、ここでようやく脱出に成功した。二軍で好投を見せて6月に昇格すると、ここでも好投。以降は一軍に定着し、リリーフで31試合に登板。8月には3年ぶりの勝利も記録し7年ぶりにシーズン30試合登板。翌年はワンポイント中心に起用され、自己最多の49試合登板。チームの左腕ではトップの起用数だった。
ただ対左3割以上と役割を果たしたとは言えず、この点で評価を落としたか再び戦力外に。昨年は阪神に移ったが、今度は全く戦力になれなかった。一軍登板は夏場の4試合のみで、結果を残せずほとんど二軍暮らし。年齢的にもそろそろ後がなく、今季は正念場のシーズン。若い頃から波があり計算しづらい投手ではあるが、何とか一軍に食い込まないと。

加藤 大輔

剛球派、魔球型

右投右打 最多セーブ(08)
九州国際大付高〜神大 オリックス03自由枠〜11、楽天12〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 オリックス 63 0 2 5 33 1 63 60 6 65 17 3 2 23 3.29
09 オリックス 48 0 4 4 13 3 51 2/3 58 5 53 15 3 4 30 5.23
10 オリックス 20 0 1 0 0 2 25 1/3 17 3 15 11 2 0 11 3.91
11 オリックス - - - - - - - - - - - - - - -
通算 9年 359 0 21 26 87 52 426 1/3 395 40 405 137 17 19 173 3.65

リリーフで長年活躍する豪腕。入団時から主力として投げ、一時は抑えとしてタイトルも獲得。
大学から03年自由枠でオリックス入り。1年目から先発にリリーフにとフル回転で、43試合登板4勝9セーブと即戦力の活躍。チーム防御率6点弱という壊滅的な状態だった投手陣にあって、主力として働いた。ただこういう事情からやや酷使となった印象は否めず、シーズン終盤はスピードが鈍り成績も悪化。最終的には自身の防御率も5点台に落ちてしまった。疲労の影響は残り、肘の故障で開幕前にリタイア。ほぼ1年を棒に振ることに。
しかし故障癒えた05年は主力として復活。大久保復帰後は菊地原とともにセットアッパーとして活躍し、強力リリーフ陣を形成する一人となった。豪快な投球でチームに貢献し60試合に登板。06年は前年ほどの安定感には欠け、6敗を喫するなどやや出入りが激しかったが、それでも重要な存在としてチームトップの登板数を記録。
持ち味は150km近い威力ある速球だが、それ以上に際立つのが魔球ナックル。真正のナックルとは違い緩い回転のある、実際には「ナックルカーブ」と呼ばれる球種だが、この球がカーブやフォークと同じ役割を果たし、独特の緩急を生み出す源。全力で投げ込まれる速球とのコンビネーションは、まともならばなかなか打ち切れない。
ここまではセットアッパーという起用だったが、07年当初想定されていたカーターが失格となり、5月以降クローザーに定着。自己最多の登板数に26セーブを記録し、防御率も自己ベストと活躍。前年落ち込んだ奪三振率も回復。そして開幕から抑えとなった翌08年は順調にセーブを積み重ね、8月末に球団記録更新、9月には大台の30セーブに到達し、グラマンを振り切って見事タイトルを獲得した。チームでセーブタイトル受賞は95年の平井以来13年ぶり。4年連続60試合以上登板とタフさも発揮。
ついに抑えで固まったと思えたが、翌09年一転して大不振に。スタートはまずまずも徐々に不安定となり、夏場負けが込んで後半は抑えを外されることに。13セーブは一応チームトップではあったが、48試合中16試合で失点と全く安定感がなく、防御率は5点台。大きく期待を裏切ってしまった。そしてこれ以降急激に失速。10年は球威に陰りも見せ、二軍調整を挟んでも状態が上向かず。一軍にいたのは前半だけで、登板数は前年より半減。存在感を一気に失ってしまった。
球種の少ないパワーピッチャーで、力が鈍ると投球が苦しい。下降線は昨年も止まらず、シーズン通して二軍暮らし。プロ入り以来初めて一軍登板できないままシーズンを終えてしまった。二軍成績も4点近い防御率とパッとせず、タイトル獲得からわずか3年で大幅な後退。
シーズン後本人からの希望もあり戦力外となり、今季は楽天に移籍。実績豊富な投手だが、近年の状態がかなり悪いのも確か。あまり器用なタイプではなく、復調には球威を取り戻すことが必要か。

加藤 武治

長身サイド、リリーフ型

右投右打 最優秀中継ぎ(06)
山形南高〜東京学芸大〜三菱ふそう川崎 横浜03ドラフト4巡〜09、日本ハム10〜11
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 横浜 14 0 0 1 0 0 12 17 1 12 2 0 0 8 6.00
09 横浜 9 0 0 1 0 0 11 15 2 11 5 0 2 7 5.73
10 日本ハム 21 0 0 1 0 1 20 18 3 16 7 1 1 9 4.05
11 日本ハム - - - - - - - - - - - - - - -
通算 9年 294 0 30 28 9 48 454 1/3 449 48 443 113 19 6 185 3.66

サイドスローから150km級の速球を誇った右腕。03年ルーキーながら颯爽とデビューし、横浜時代主力投手として活躍。
武器はなんと言っても速球、それとスライダー。186cmの長身をグッと屈ませるフォームは力強く、長い腕から繰り出される速球はホップ気味でかなりの威力。コントロールもなかなかまとまっており、低迷するチームにあって投手陣では最高の輝きを見せた。
ドラフト下位入団ながら1年目から44試合に登板と即戦力の活躍。当初はリリーフ中心で一時は抑えにもなったが、04年後半から先発に。中盤までは力で押せるスタミナがあり、充分こなせるところを見せた。だが05年は4度の先発で7点台の防御率と散々な状態で5月に一時二軍落ち。復帰後は再びリリーフで台頭した。かつては連投するとスピードが落ちる傾向があったがそれも払拭。06年はチームが最下位に沈む中健闘を見せ、リーグトップタイの65試合登板。藤川と並ぶ中継ぎタイトルに輝いた。8勝と2点台前半の防御率は自己ベスト。先発が早期に崩れた場面でのリリーフなど、非常にタフな1年となった。
この活躍から、翌年は不足の先発に再チャレンジ。しかし9度先発して防御率6点台で1勝、6試合で5回持たずとこれは完全に失敗。結局6月以降はリリーフに再転向。こちらでは2点台の防御率に抑え7勝と別人のような働きを見せた。10被弾の内8本が先発時に喫したもので、四死球も先発38イニングで20個に対し、リリーフでは43イニングで12個。数字上ではっきりと「リリーフ向き、先発不向き」を示す結果に。
先発はうまくいかなかったがリリーフとして長年主力で活躍。ところが08年開幕直後に故障で離脱し、以降急激に失速。この年は前半に復帰するも夏場には再び二軍落ちし、後半は下でも登板せず。翌09年も故障の影響からか精細を欠き、シーズンのほとんどを二軍暮らし。わずか9試合の登板で終わった。
10年日本ハムへ移籍。シーズン中盤に一軍昇格し21試合に登板と多少持ち直しはしたが、投球内容はもうひとつ。復調とまでは言えず、終盤はまた二軍に戻って印象の薄いままだった。そして昨年は二軍でも10試合で19失点(自責は12)と散々な状態で、プロ生活で初めて一度も一軍に上がれず。さらに故障があったか8月以降は二軍でも登板なく、全く戦力になれなかった。
08年の故障以降かつてのスピードを失い、投球が成り立たなくなってしまった。さすがにこの状態では苦しく、シーズン後戦力外に。現役を退き、今季は二軍投手コーチに就任することに。

加藤 幹典

ドラ1左腕、荒削り型

左投左打
川和高〜慶大 ヤクルト08ドラフト(大・社)1巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 ヤクルト 8 0 0 2 0 0 21 1/3 34 3 8 8 2 2 21 8.86
09 ヤクルト 1 0 0 0 0 0 0 5 1 0 0 0 1 5
10 ヤクルト 8 0 1 1 0 0 15 19 3 7 9 0 0 11 6.60
11 ヤクルト 6 0 0 0 0 0 10 10 3 4 7 0 0 10 9.00
通算 4年 23 0 1 3 0 0 46 1/3 68 10 19 24 2 3 47 9.13

大学時代、慶応のエースとして活躍し、大・社ドラフト時には大場(ソ)、長谷部(楽)とともに「大学BIG3」と称された左腕。ただここまでは期待に応えられていない。
ドラフトでは単独指名ではあったが評価は非常に高く、1年目は開幕一軍入りと期待はもちろん即戦力。先発の初登板もまずまずの投球を見せたが、その後は打ち込まれ2敗、戦力にはなれずに終わった。2年目もほとんど二軍暮らし、唯一の一軍登板では一死も取れずに5連打1ホーマーを浴びる散々な内容に終わった。
足を上げるまでは普通だが、そこからが急激に速いフォーム。速球、スライダーにパームなどを織り交ぜるが、バランスよりはやや力勝負寄りのタイプ。ただそれにしては球威が物足りず、かなりアバウトな制球力で非常に苦労している。
3年目の10年もリリーフで毎試合四球を出す投球で、パッとしない状態。再昇格した7月先発で待望のプロ初勝利を挙げたものの、続く登板では序盤で2ホーマーを浴び早期降板。以降は二軍暮らしで終わった。初勝利も援護に恵まれた面が強く内容はいいとは言えなかった。昨年も浮上の兆しは見えず、5月の昇格時は4試合目に2被弾で二軍落ち。6月末に先発するも5回持たず、終盤のリリーフ登板でもいいところなく、結果を残せないまま終わった。
二軍では安定した数字を残しているが、上では相変わらず制球が定まらずかなり厳しい状態。ここまで常に登板数一桁というのは完全に期待外れと言われても仕方のないところ。そろそろ入団時の評判の片鱗を見せないと。

金澤 健人

球威リリーフ、力投型

右投右打
磯原高〜NTT関東 阪神99ドラフト2位〜06、日本ハム07〜08、オリックス09〜10途中、ソフトバンク10途中〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 日本ハム 4 0 0 1 0 0 18 23 5 8 7 1 1 12 6.00
09 オリックス 5 0 0 0 0 0 7 2/3 10 2 5 3 1 0 4 4.70
10 ソフトバンク 38 0 1 1 0 1 46 2/3 40 3 30 18 3 1 15 2.89
11 ソフトバンク 53 0 1 1 3 16 43 1/3 31 2 30 12 3 2 8 1.66
通算 13年 256 0 12 11 4 22 345 342 41 247 111 27 16 151 3.94

シュート・スライダーによる左右の揺さぶりと球威を身上とする投手。ここまで4球団を渡り歩き、13年目の昨年キャリアハイの活躍。
99年、所属する社会人チームの統合により規定より1年早く阪神入り。当初から即戦力ではなく数年後に期待という評価で、1年目は二軍暮らし。2年目に初めて一軍のマウンドに立ったが、防御率6点台と散々。しかし02年から常時一軍の投手に成長してきた。
02年は50試合に登板しプロ初を含む5勝。03年も主にリードされている場面だが順調に登板機会を貰い、成績もかなり向上。特に4点台だった防御率を2点台に向上させた。ただ04年は成長が止まったような印象で、すべての面で停滞風味。結果だけ見ればまずまずも、もう一つ信頼されるに至らなかった。
メインはリリーフでも、先発をこなせる利便性がある投手。圧倒的に抑えるわけではないが、それなりの安定感は持っている。細かい制球ではなく力でねじ伏せにいく力投型で、ややポカが多いためセットアップや抑えを任せるには怖いが、使い勝手の良さに魅力がある。
05年は肘の手術で一軍登板なし。06年復帰し内容は物足りないながらもまずまずの登板機会を得た。しかし日本ハムへ移籍して以降しばらく低迷が続いた。07年序盤はまずまずも、先発した辺りから大きく調子を崩し、長期二軍暮らし。自己ワーストの防御率に終わった。08年も二軍が長く、ダルビッシュ不在の夏場に先発要員として昇格も、結局4試合だけで8月一杯で二軍に。戦力外となり09年はオリックスに移ったが、ここでもほとんど二軍暮らし。10年も二軍にいたところでソフトバンクへ移籍。
一軍から遠ざかり崖っぷちというところにいたが、このシーズン途中のトレードから息を吹き返した。移籍当初は不安定さが目に付きそれほど存在感はなかったが、8月以降これが一変。急激に安定感が増し、主にビハインド時のリリーフとして戦力に食い込んだ。9月には3年ぶりの勝利も挙げ、登板数は7年ぶりに30試合を突破。2点台の防御率も7年ぶりで、久々に浮上に成功。
そして昨年はさらなる活躍で存在感を大きく向上、欠かせない戦力となった。開幕から好投を続け、特に6月中旬から9月にかけて22試合連続無失点の快投。信頼度は大幅に上昇し、馬原に続いてファルケンボーグも離脱した夏場には抑え役も任され3セーブ。左の森福とともにシーズン通してリリーフを支える働きで優勝に貢献。53試合登板は9年ぶり更新の自己最多、そして防御率1点台と目覚しい働きの一年だった。
実際の投球では抜けた甘い球も多かったのだが、打者がことごとく打ち損じたのは腕の振りが良かったためか。気合の入った投げっぷりで難しい場面もこなし、得難い存在となった。30歳を越えてから自己ベストの結果を残し、今季も活躍を望まれる。

金森 敬之

一軍半右腕、停滞型

右投右打
東海大菅生高 日本ハム04ドラフト6巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 日本ハム 10 0 0 1 0 0 12 14 1 7 5 0 1 6 4.50
09 日本ハム 18 0 0 0 0 2 21 1/3 17 0 9 8 1 0 2 0.84
10 日本ハム 17 0 1 1 0 0 35 1/3 50 10 22 14 1 3 26 6.62
11 日本ハム - - - - - - - - - - - - - - -
通算 8年 60 0 5 3 0 2 91 2/3 101 11 47 30 2 4 40 3.93

07年一軍デビュー、リリーフ陣に割って入った投手。4勝を挙げ注目を集めたが、以降停滞が続く。
高校からドラフト下位でプロ入り、1年目に故障を経験するなど順調ではなかったが、着実に力をつけ4年目の07年5月に一軍昇格。すると初登板プロ初勝利をマーク。その後7月に二軍落ちするも、終盤再昇格後は9試合で3勝、一気に一軍リリーフ陣に食い込む活躍を見せた。
力強い速球を軸にする本格派で、一番の魅力は度胸の良さ。実際07年のマウンド姿を見ても、これが実質1年目とは思えないような風格を感じさせた。二軍ではチームトップの12セーブを記録し、抑えの適性も発揮。
ただデビューはなかなか鮮烈だったものの、そこからいまひとつ伸び切れていない。08年は勢いが続かず、パッとしない成績に終わった。キャンプ中の故障から出遅れ、トータル10試合の登板。翌年後半は持ち直し、18試合登板で防御率1点未満と好成績。ただ実際には綱渡りの投球が多く、この数字ほど安定感はなかった。
10年も開幕からリリーフで投げるも、4月に失点が続いて一時二軍落ち。5月末に再昇格後今度は先発起用され、6月には3年ぶりの勝利。だが続く2試合はいずれも早い回に降板となり、オールスター以降はずっと二軍暮らし。ホームでは良かったもののそれ以外がさっぱりで、突き抜けることは出来なかった。
近年は伸び悩みと言ってもいい状態で、07年を越える結果を残せないままでいる。昨年はずっと二軍で過ごし、4年ぶりに一軍登板なし。故障があったか間隔も飛び飛びで、二軍でも10試合しか投げなかった。台頭時の印象はすっかり薄れ、ちょっと微妙な状況。そろそろもう一度存在感を示したいが。

金子 千尋

エース定着、連勝男型

右投左打 最多勝(10)
長野商高〜トヨタ自動車 オリックス05自由枠〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 オリックス 29 0 10 9 0 0 165 185 19 126 34 8 3 73 3.98
09 オリックス 32 5 11 8 4 0 171 2/3 149 15 165 34 4 2 49 2.57
10 オリックス 30 7 17 8 0 1 204 1/3 184 17 190 44 3 5 75 3.30
11 オリックス 20 5 10 4 0 0 155 1/3 126 9 123 38 2 3 42 2.43
通算 7年 168 19 55 32 5 4 808 1/3 739 68 694 188 20 17 276 3.07

10年最多勝のタイトルを獲得、エースに上り詰めた右腕。特にシーズン後半に強い傾向が顕著で、勝ち始めると止まらない連勝男。
社会人から05年自由枠でプロ入り。ただ入団決定後に肘の故障がクローズアップされ、球団が自由枠撤回を検討などという報道(それが可能か確認しただけのようだが)も流れた。その故障の影響で1年目は二軍暮らし。即戦力とはならなかったが、二軍では後半から投げ始め12試合で1失点と能力の片鱗をしっかり見せた。そして2年目は開幕直後に一軍昇格。結果が出せずすぐに二軍落ちしたが、6月に再昇格後は長期帯同。徐々に調子を上げて、オールスター以降は9試合連続無失点の好投。プロ初勝利も挙げ、リリーフの一角に食い込む勢いを見せた。
これを足がかりに、飛躍したのが07年。前半はリリーフで、序盤はいまひとつも夏場に急上昇。そして8月に先発に廻ると、7試合に先発して2完封を含む6連勝の快進撃。この間のチーム勝ち頭となり、驚くほどの安定感を見せた。一躍新エース候補となると、開幕投手に指名された翌08年は夏場先発5連勝をマークし、後半だけで7勝、前半の不調を払拭し二桁勝利達成。チームの上位躍進の原動力の一人となった。伸び足は止まらず、09年は先発陣軒並み不調の中、ただ一人安定した投球を続け前半で8勝。8月に2年連続の二桁勝利に到達した。チームトップの5完投で11勝。終盤順位も固まった時期に抑えに転向させられる不可解な起用法もあったが、それもこなした。防御率もリーグ5位の好成績で完全なエースに飛躍。
しなやかな腕の振りから150kmに迫る伸びのある速球を繰り出す好投手で、どことなく岩隈を連想させる。ボールの鋭さとともに制球力も高く、高いレベルでまとまった破綻のないタイプ。プロ入り当初こそ故障続きだったが、一軍進出以降は非常に順調な成長。
先発に戻った10年は序盤状態が悪く、6月は3連敗を喫するなどこの時点で負け越し。ところが7月に入った途端に3連続完封勝利を記録、ここから怒涛の連勝モードに突入。シーズン最後の登板で敗戦し止まるまで、実に2ヶ月以上に亘って勝ちっ放しの13連勝。一気にシーズン17勝とし、和田と並んでリーグ最多勝に輝いた。これで3年連続の二桁勝利となり、不動のエースに。
例年いまいち調子の上がらないシーズン前半だが、昨年はキャンプ序盤で肘を痛め、手術で開幕に大幅出遅れ。一軍復帰は6月になってからだった。しかし戻ってくるといきなり先発4連勝とさすがの投球。8月後半調子を崩しかけるも、その直後からまた4連勝をマーク。特に9月は4試合3完投2完封、36イニングで失点わずか1という圧巻の内容を見せた。故障で登板数は減りながら4年連続の二桁勝利達成。
20試合の先発で5回以前の降板は一度もなく、また後半に強い傾向も健在だった。とにかくひとたび勝ち始めると、完投完封の連続で手がつけられなくなる。今季も当然先発の中心で、タイトル級の活躍を望まれる。

金刃 憲人

両刀左腕、平均点型

左投左打
市立尼崎高〜立命大 巨人07希望枠〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 巨人 8 0 0 2 0 0 23 2/3 35 2 18 12 0 1 21 7.99
09 巨人 6 0 1 0 0 0 5 4 0 3 1 1 0 2 3.60
10 巨人 21 0 1 0 0 4 19 2/3 22 4 18 8 1 2 11 5.03
11 巨人 24 0 2 4 0 0 57 1/3 59 6 40 12 3 2 25 3.92
通算 5年 81 1 11 12 0 5 227 1/3 236 32 155 66 10 11 107 4.24

07年の希望枠ルーキー。1年目前半ローテーション入りの活躍で、期待通りの即戦力となった。
早い内から話題となっていた投手で、大学時代はソフトバンク入りした大隣と並び称された存在。06年ドラフトの目玉の一人として希望枠で巨人入り。期待は大きく開幕5戦目に先発でプロ初登板となった。この試合は勝てなかったものの、次の登板でプロ初勝利を挙げるとそこから4連勝。内海・高橋尚とともに「左の三本柱」としてチームを引っ張る活躍を見せた。
びっくりするほど速いというタイプではないが、強気で押していく攻めの投球が身上。右打者の懐を攻めるクロスファイアーが持ち味で、前半は活きのいい投球を見せていた。また一軍でやれるだけの制球力も持っていた。
ここまでは良かったが、7月に調子を崩して4敗を喫すると後半は全く勝てず。最終的に7勝も終盤は先発からも外れてしまった。この失速で有力と見られた新人王争いも上園に逆転を許すことに。そしてこの不調はしばらく引きずり、08年は先発するも打ち込まれて5月中旬から長期二軍。後半再昇格後も結果を残せず、結局1勝もできずに終わった。09年はリリーフに足場を移したが、故障もあってシーズンの大半を二軍暮らし。一軍登板数はさらに減ってしまった。
抜群のスピードや鋭い変化球といったわかりやすい武器を持っていないため、勢いが止まってからはちょっと苦戦中。10年は序盤リリーフとしてなかなかいいところを見せ、春先は戦力に。しかしすぐに捉まるようになり、6月前半に二軍落ちすると以降昇格なし。21試合登板と久々に上向いたものの、復活とまではいかずに終わった。
昨年はリリーフでスタートし好投、5月からは久々に先発となりしばらくローテーション入り。4年ぶりの先発勝利も挙げたが、その後4連敗を喫して7月からはまたリリーフに戻った。ただ二軍落ちするなど後半はピリッとしない状態で、それほど印象を残せず。
一時の不調は脱したものの、どうも前半だけで息切れしてしまう傾向が顕著。先発リリーフどちらの適性ももう一つ見えてこない。シーズン通して力を出せるようにしたいところ。もう一段階の成長が欲しい。

鎌田 祐哉

中堅右腕、一進一退型

右投右打
秋田経法大付高〜早大 ヤクルト01ドラフト2位〜10途中、楽天10途中〜11
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 ヤクルト 16 0 0 2 0 1 21 33 5 19 8 1 0 16 6.86
09 ヤクルト 9 0 0 1 0 1 12 8 2 10 4 0 0 7 5.25
10 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
11 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 11年 125 2 14 17 0 5 341 345 40 244 100 6 12 153 4.04

一軍半の状態が続く右腕。平均的な能力を持つが、ちょっと伸び悩みが続いている。
ヤクルト入団当初からまとまった投手として期待されたものの、故障で1年目は力を発揮できず。しかし02年後半に3勝を挙げたことで自信を掴んだ。翌年はいい投球を見せるものの前半は運に恵まれなかったが、後半はその不運も払拭。勝ち星を倍増し、2完封を含む6勝。ほぼローテーションに定着した。
スライダーを多用する投手で、特に速い球も持たず、目に付く特徴もわかりにくいタイプ。地味でもゲームをつくれる存在だったが、04年から伸び悩み。生命線のスライダーの切れが鈍り、04年は1勝しただけで先発から脱落。05年は一軍登板もなく、二軍でも5勝8敗とパッとしないままに終わった。
投手層の薄さに悩むチーム状況から期待はあるのだが、もう一つ突き抜けてこない。06年は後半昇格し先発機会も貰ったが、安定感がなく定着まで至らず。07年はリリーフで持ち直し久々に登板数増、1点そこそこの防御率とかなりの好投を見せた。しかしこれが続かず、08年は一転して乱調。16試合中9試合に失点では敗戦処理も厳しく、後半は二軍暮らしとまたも後退。
いいかと思えば期待を裏切る繰り返しで、なかなか定着しきれない。09年は登板数が一桁に減り、さらに存在感が薄くなってしまった。10年二軍にいたところで、6月にトレードが決まり楽天へ。しかし二軍でも5点台半ばの防御率では昇格は難しく、一度も一軍登板できずに終わった。
一進一退から近年は後退する一方で、後がない昨年も一軍からは声がかからず。シーズン後戦力外となってしまった。近年は二軍レベルに落ち着いてしまった印象で、年齢的にも厳しいか。

神内 靖

力投左腕、力勝負型

左投左打
延岡学園高 ダイエー/ソフトバンク02ドラフト4巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 ソフトバンク - - - - - - -- - - - - - - - -
09 ソフトバンク 26 0 2 3 0 3 34 2/3 26 4 33 22 2 4 15 3.89
10 ソフトバンク 10 0 0 0 0 0 16 2/3 18 3 17 6 1 3 13 7.02
11 ソフトバンク 2 0 0 0 0 0 1 2/3 4 1 2 0 0 1 3 16.20
通算 10年 130 0 12 11 0 18 248 235 28 239 106 11 19 114 4.14

球威ある速球で押すスタイルの左腕。先発もリリーフもこなし、05年に急台頭。
高校時代は2年の時に甲子園出場。同郷・同年齢の寺原とはライバル的存在だった。入団早々に実績を残した寺原とは対照的に1,2年目は二軍で過ごしたが、04年一軍昇格を果たし初先発も経験。徐々に力をつけて、一軍に近づいてきた。そして4年目の05年は開幕一軍入りを果たし、4月だけで3勝をマーク。前半の活躍からリリーフとして完全に一軍定着。後半は失速したが、46試合に登板し主力の一角に。一時はセットアッパーを務めるほどの勢いを見せた。そして06年はさらにパワーアップ。一目で分かるほど体が大きくなり、何よりスピードが5km以上アップ。リリーフ専門から先発候補にも浮上し、不振の杉内に代わって一時ローテーション入り。自己最多の6勝を挙げ、さらに存在感を高めることに成功した。先発に廻っても奪三振率は落ちずむしろ上昇。非常に力強さを感じさせた1年だった。
最大の武器は速球で、スピードガン表示以上の伸びを感じさせる球質。上背はないが真上から投げ下ろし、全身でぶつかっていくような迫力あるフォームで投げ込む。抜群の球威とともに、落差の大きいカーブとの緩急も駆使する。
ここまでは順調な成長を見せていたが、07年大きく足踏み。開幕後に調子を崩し、さらに故障で長期離脱。後半復帰も投球は冴えず、わずか8試合1勝と大きく期待を裏切ってしまった。08年は3月に肘を手術し、二軍でも実戦登板なし、完全にリハビリのシーズンに。
故障を境に制球難が顕著となり、近年はどうも停滞状況に陥っている。09年は故障明けながら開幕一軍入りし、シーズン最初の登板で2年ぶりの勝利投手になるなど幸先の良いスタートを切った。しかし徐々に不安定となり、後半は一軍半状態に。復調とまでは言えない結果に終わった。そして10年も序盤こそ一軍に留まるも、ロングリリーフで好投しながら、続く先発では早々にKOなど不安定な投球。リリーフでピリッとしない投球が続くと二軍落ちとなり、以降一軍に戻れなかった。登板数半減で大きく後退。
ここ数年で存在感が急激に落ちている。昨年は調子が上がらずずっと二軍。8月末にようやく一軍昇格したが、リリーフ2登板いずれも失点とさっぱりの投球ですぐに二軍落ち。結局さらに落ち込む結果に終わった。力強さはあっても制球が荒れることから以前よりカーブが効果的に使えず、投球が単調に、そして雑になっている。落ちる一方の成績を上向かせないとそろそろ危ない立場。

鴨志田 貴司

速球サイド、リリーフ型

右投右打
水戸短大付高 巨人02ドラフト3巡〜06、オリックス07〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 オリックス 1 0 0 1 0 0 1 2/3 2 0 0 5 0 0 3 16.20
09 オリックス 6 0 0 0 0 0 8 15 2 7 7 0 0 9 10.13
10 オリックス 26 0 0 0 0 4 27 1/3 18 2 31 13 3 1 7 2.31
11 オリックス 18 0 0 0 0 1 15 1/3 9 0 15 8 3 3 3 1.76
通算 10年 85 0 0 4 1 5 87 2/3 91 7 87 53 6 6 49 5.03

高校時代からスピードで名高かった投手。「未来の抑え」候補として期待されるもなかなか結果が出せなかったが、10年ついに一軍で活躍。
甲子園の出場はなかったものの、150km超の速球投手として評判となり、ドラフト3巡指名で巨人入り。高卒ながら1年目から一軍登板を果たし、わずかな登板も早速プロ初セーブを挙げるなど、まさに前途洋々といった雰囲気だった。しかしプロはそう甘くはなく2年目はボロボロ。これ以降毎年のように期待を集めるが、どうにも二軍を脱し切れず。
MAX153kmの速球は評判通りの迫力も、それをコンスタントに発揮するには制球が悪く、すべての面で投球が粗すぎた。魅力はあるものの、一軍レベルには一歩も二歩も足りない状態が続いた。
5年目の06年は13試合と登板数を伸ばしたものの、良かったのは初めの内だけで一軍定着には到底及ばず。翌07年2対1トレードでオリックスへ。移籍で開花が期待されたが、シーズン通して二軍暮らし。プロ入り後初めて一軍登板なしに終わった。08年故障者続出のチーム状況から4月にプロ初先発のチャンスを貰うも、開始と同時に3連続四球、2回途中降板で5四球という惨憺たる内容で、この年の一軍登板はそれっきりに終わった。
足踏みが続き、制球難克服のためサイドスローに転向した09年も結果は出せず。しかし10年ようやく未完の大器が花開き始めた。序盤は二軍で過ごすも、6月に昇格すると奪三振の多い投球を展開。徐々に登板数が増え、8月は12試合で失点2という好投を見せた。主にビハインド時ではあったが、トータルで26試合に登板、そして2点台の防御率と自己ベストのシーズンに。
年齢的にももう待ったなしという状況から這い上がってきた。ただやはり四球の多さから信頼は掴めず、昨年は登板数微減。防御率1点台と抑えていても一軍定着はならず、後半は機会もほとんどなかった。
被打率1割台とボールの威力は素晴らしいのだが、四死球が多すぎて許出塁率は3割以上になってしまう。暴投3というのも問題で、競った場面では使いにくいという印象。四球が半分に減ればかなり強力なリリーバーとなれるのだが。

唐川 侑己

エース候補、バランス型

右投右打
成田高 ロッテ08ドラフト(高)1巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 ロッテ 15 1 5 4 0 0 81 2/3 102 8 57 12 3 1 44 4.85
09 ロッテ 21 3 5 8 0 0 143 1/3 145 11 115 28 6 0 58 3.64
10 ロッテ 11 2 6 3 0 0 73 69 3 51 20 4 1 22 2.71
11 ロッテ 24 5 12 6 0 0 168 1/3 146 6 122 35 8 1 45 2.41
通算 4年 71 11 28 21 0 0 466 1/3 462 28 345 95 21 3 169 3.26

将来の主戦と目される若き先発右腕。高卒1年目から一軍で実績を残し、4年目の昨年二桁勝利達成。
高校時代はエースとしてチームを2度センバツ出場に導き、07年の高校生ドラフトで注目を集めた一人。由規(ヤ)、中田(日)とともに「高校ビッグ3」と呼ばれ、事実ドラフトの1巡入札はこの3人の独占だった。唐川には2球団が競合し、抽選の末地元ロッテ入り。
「将来のエース」という期待だったが、その台頭は予想以上に早かった。4月下旬に早くも一軍登録され、プロ初登板は先発。そこで7回を3安打無失点という快投を演じあっさり初勝利を記録。さらに次の登板では10奪三振3安打完投勝利を挙げ、いきなりローテーション入りとなった。さすがに後半は失速し、8月以降8点台の防御率と厳しさも味わったが、1年目から5勝は期待以上の結果。
速球とスライダーを中心としたバランスの良さを感じさせる投手。スピード自体は平凡だが、非常に四球が少なく、若さに似ぬまとまった制球力の持ち主。多彩な球種も操り、丁寧な投球で攻めるバランスタイプ。
2年目は開幕からローテーション入りし、5月に3連勝するなどシーズン序盤に4勝。ただ6月になった途端にパタッと勝てなくなり、結果的に前年と同じ5勝止まりで終わった。それでも防御率は3点台とし一歩前進。10年は前半打球直撃で指を骨折、終盤には肘を痛めと再三故障に見舞われ、シーズンの半分以上を離脱。登板数が半減したが、その中で防御率を2点台とし6勝マークと結果も残した。
改めて仕切りなおしの昨年は完全に主力投手に飛躍。前半2度の4連勝でオールスターまでに8勝をマーク。その後夏場は軽い故障が続いて調子も落としたが、終盤復調し3連勝。初の二桁12勝はチームの勝ち頭となり、防御率も2点台前半でチームトップ。最下位に沈んだチームにあって、先発陣ではただ一人勝ち越しに成功。
順調な成長曲線で右のエース格というところまで伸びてきた。今季も成瀬と左右の両輪として計算される存在。上位のソフトバンク・西武から計6勝というのも頼もしいところ。

辛島 航

小柄左腕、バランス型

左投左打
飯塚高 楽天09ドラフト6位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
09 楽天 2 0 0 0 0 0 5 10 0 2 1 0 0 5 9.00
10 楽天 12 0 0 1 0 5 12 2/3 15 2 11 5 0 3 7 4.97
11 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 3年 14 0 0 1 0 5 17 2/3 25 2 13 6 0 3 12 6.11

高卒2年目にリリーフで台頭を見せた若手左腕。身長173cmと投手としては小柄だが、活きのいい投球を展開。
高校時代はエースとして3年時に夏の甲子園出場。とはいえ全国的に名の売れた存在ではなく、ドラフトも下位での指名だった。しかし1年目から二軍で好投。イニング数を越える三振を奪い、一軍登板も果たす好スタートを切った。そして2年目の10年は開幕一軍入り。5月半ばに二軍落ちするまでに12試合登板し、一軍定着に大きく前進。
若いながらもバランスの取れたフォームから、なかなか切れのあるボールを放る。一定の制球力をすでに持っており、一軍マウンドでも気後れしない度胸の良さはなかなかのもの。
日程が進むにつれ失点が続くようになった点で体力面に課題が残り、3年目の昨年はずっと二軍。一旦停滞となったが、意外に完成度は高く今後が楽しみな存在。今季は改めて一軍定着を目指す。

カルロス・ロサ

速球派、セットアッパー型

右投右打
ロッテ11〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
11 ロッテ 62 0 3 4 1 25 73 2/3 62 2 48 19 3 1 17 2.08
通算 1年

150kmを越える速球が持ち味の外国人投手。リリーフ要員として開幕直前に獲得され、セットアッパーとして回転。
26歳と若く、メジャー通算は31試合だが内22試合が10年の登板という上がってきたところの選手。同じく10年3Aで13セーブを記録。4月に入ったところで入団が発表された。開幕からリリーフとして積極的に起用され、伊藤とともに薮田につなぐ存在となった。時折痛打され4敗を喫したものの、チームトップの62試合登板に25ホールドを記録。チームの継投の一角として重要な戦力に。
最大の武器は平均で150km前後のスピード。勢いで押し込むタイプで、奪三振はそれほど多くない。前年3Aでもだいぶ四球が多かったようだが、こういう面は出ず、短いイニングを力で押し切った。
やや一本調子でビシッと抑えた試合は意外と少ない。ただ馬力を感じさせる投球は魅力で、今季もリリーフ要員として活躍を望まれる。

川井 貴志

両刀左腕、再浮上型

左投左打
大阪桐蔭高〜城西大 ロッテ99ドラフト3位〜06途中、楽天06途中〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
09 楽天 14 0 0 2 0 1 32 2/3 34 2 17 12 3 1 13 3.58
10 楽天 17 0 3 7 0 0 66 2/3 81 7 28 28 2 2 34 4.59
11 楽天 11 0 1 4 0 0 50 2/3 57 4 29 14 4 0 19 3.38
通算 13年 275 2 22 24 0 2 491 536 48 317 193 30 7 246 4.51

先発・中継ぎとどちらも可能な左腕。腕が長く、体に巻きつくように振るため、タイミングがややはかりにくいタイプ。
大学からドラフト3位でロッテ入り。1年目はわずかな登板に終わったものの、2年目の00年4勝を挙げ一躍名を売った。翌年も登板数を増やして2勝。ただこの年は先発入りを期待されていたため、印象としてはやや伸び悩み。本格台頭は翌02年で、登板数を一気に倍増の50試合突破で4勝をマーク。03年も続けて50試合以上の登板を果たし同じく4勝、リリーフの一角に定着。
しかし良かったのはここまでで、04年は思わぬ大不振。開幕から全く波に乗れず、7点前後の防御率と散々。せっかく掴んだ信頼を一気に手放してしまった。05年も不調は脱せず、登板機会も激減でほとんど二軍暮らし。
いいスライダーを持っており、好調時には相手を寄せ付けないピッチングもできる。しかし精神的に弱いというか、厳しいところを攻めきれない詰めの甘さがどうも消えない。何でもできるがその分どっち付かずという印象も。
06年開幕後に楽天へトレード。昇格即登板で2年ぶりの勝ち星を挙げ、6月には先発勝利など久々に持ち直した。だが好調は続かず、後半は二軍暮らし。07年はわずか3試合の登板、内2試合で失点と結果を残せず。08年は二軍で7勝3敗でも防御率は5点台後半、10年目にして初めて一軍登板なく終わった。
04年以降ジリ貧続きで崖っぷちに追い込まれたが、09年は3度の先発を含む14試合登板と少し持ち直した。勝ち星にはつながらず、後半はほとんど二軍暮らしと信頼を掴むまでには至らなかったが、一時の低迷からは脱出。10年は5月末に昇格するとリリーフで4年ぶりの勝利投手に。7月後半からは6番目の先発として回転し、計3勝を挙げた。登板数は17でも先発が多かったことで、投球イニングは楽天移籍以降最多を更新。
昨年は5月後半に昇格し、しばらくローテーション入り。まずまず抑えながら3連敗で始まるなど結果は伴わず、7月半ば、9度目の登板でようやく1勝。しかし8月頭にKOされると二軍落ちし、そのまま一軍に戻れなかった。
11試合すべて先発も内4試合で5回以前に降板。持っても6回というところで、あくまで谷間の先発要員という印象。もうベテランの年齢で以前ほど球速もなく、それほど際立ったボールはないので、低めに集めていかにゴロを打たせるかが鍵。粘り強さを見せたい。

川井 雄太 (進)

連勝ブレイク、技巧派型

左投左打
上田西高〜大東文化大〜日本通運 中日05ドラフト4巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 14 0 1 5 0 0 56 2/3 69 3 37 11 0 1 25 3.97
09 中日 20 1 11 5 0 0 119 126 10 57 31 2 4 50 3.78
10 中日 6 0 1 3 0 0 33 2/3 34 2 13 13 1 3 12 3.21
11 中日 16 0 5 3 0 0 83 76 6 46 23 1 2 22 2.39
通算 7年 60 1 18 17 0 0 303 1/3 316 23 161 81 4 10 114 3.38

09年破竹の連勝劇で大ブレイクした左腕。その後不調に陥っていたが、昨年再浮上の気配。
高校大学と無名の存在だったが、社会人で台頭。即戦力を期待されてプロ入りとなった。1年目は4試合と登板数は少なかったが2度先発を経験。ただその後2年は昇格できず、二軍生活が長かった。しかし08年4月に久々昇格すると、3年ぶりの先発登板で待望のプロ初勝利。その1勝限りで後が続かず、5連敗という形でシーズンを終えたが、一軍定着の足がかりを得た。
まだこの時点では一軍半という存在で、09年もスタートは二軍。しかし4月末に昇格すると即先発で勝利を挙げ、以降はローテーション入り。5月の時点でも勝ってはいてもまだ目立つ存在ではなかったが、ここから快進撃が始まった。6月7月計8度の先発登板すべてに勝ち、これで開幕から怒涛の11連勝。プロ通算1勝だった投手がいきなり無敗の二桁勝利を達成する離れ業を演じて話題となった。この時点で最多勝を争い先発の軸に。
スピードは平均レベルで、これにカーブを中心とした変化球を織り交ぜ、配球で打ち取る技巧派タイプ。なかなか二軍を抜け出せずにいたが、一つのきっかけを掴んでトントン拍子に大出世を遂げた。登録名を変えて挑んだシーズンに急上昇。
一気に主力級の活躍を見せたが、同時に苦しさも味わった。派手に打ち込まれて連勝が止まると、今度は一転して勝てなくなり、8月以降は1勝も出来ず5連敗。活躍は前半だけのものとなり、ポストシーズンも登板しなかった。10年は故障で開幕に出遅れ、昇格直後に1勝も後が続かず二軍落ち。前年後半からの不調を脱することが出来ず、登板数激減で終わった。
連勝自体運に恵まれすぎた面が否めず、勢いが止まると元の一軍半に逆戻りしていた。しかし昨年はまた上向いてきた。開幕直後からしばらく先発に食い込み前半3勝をマーク。この時点ではさほど目立たず、乱調となって夏場から2ヵ月二軍調整と存在感も薄かった。しかし終盤再昇格すると、9月末から4試合先発して2勝、その間の失点わずか2という好投。チームの逆転優勝に貢献し、CS、日本シリーズでも先発登板。シーズン5勝という成績以上に大きな戦力となった。
決して驚くようなボールはないものの、低めに集まっていると捉えどころがなくなかなか打ちづらい。若い投手ではないので、今度こそこれを持続したいところ。ホームとそれ以外で被打率が1割7分も変わる極端な内弁慶は克服すべきポイント。

河内 貴哉

大型左腕、曲折型

左投左打
国学院久我山高 広島00ドラフト1位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 広島 - - - - - - - - - - - - - - -
09 広島 - - - - - - - - - - - - - - -
10 広島 (- - - - - - - - - - - - - - -*育成)
11 広島 (- - - - - - - - - - - - - - -*育成)
通算 12年 91 1 14 26 0 13 310 2/3 358 48 265 140 15 12 183 5.30

高校時代、「江夏2世」の異名を取った大器。甲子園には未出場も、188cmの長身から150kmの速球を繰り出す大型左腕として前評判は非常に高く、ドラフトでは3球団競合の人気を集め堂々の1位入団。だがその後は非常に苦しんでいる。
プロとしては見るからに線が細く、当面は二軍で体作りになると思われたが、1年目から一軍に登場し初勝利をマーク。投手陣の壊滅という事情はあったが、その素質が一軍級だったのも確か。しかしその後は毎年期待されながらも2勝の壁を破れず。時折非常にいいピッチングは見せるのだが、それが長続きしない。左腕ではトップクラスの球威を持ちながら、シーズンの一時期にしか働けなかった。
ようやくはっきり一軍戦力となったのは04年。この年は開幕から先発で起用され、自己最多の8勝を挙げた。ただ防御率は5点台後半で、試合中に突然ストライクが入らなくなる制球難もたびたび。一度の登板で好不調が同居する不安定さが目立ち、一本立ちとまでは至らなかった。翌年は登板なしに終わり、06年はサイドスローに転向。終盤一軍昇格し、ショートリリーフ中心に15試合に登板。そこそこの結果を残し、球速もガタ落ちした一時のどん底からは少し持ち直し。
07年は上からのフォームに戻して先発再挑戦という話もあったが、結局シーズンではワンポイント起用。開幕一軍入りで当初はまずまずの投球を見せていたが、5月に歩かせて被弾という最悪のパターンを見せてしまい二軍落ち。そのままシーズンを終えてしまった。
そしてこれ以降はずっと一軍から遠ざかっている。だけでなく、08年5月に肩を手術して以降実戦からも遠ざかることに。リハビリが続き、10年からは育成選手に。投げられない状態で丸3年を過ごした後、昨年二軍で久々に実戦復帰。ほぼワンポイントのみの8試合に留まったが、ようやく光も見えてきた。
ただ実戦から長く離れてもう来年で30歳。今季は育成選手としても3シーズン目となり、復帰と同時にはっきりした答を求められることにもなりそう。果たして一軍マウンドに戻れるか、正念場。

川岸 強

サイドスロー、燃え尽き型

右投右打
桐蔭学園高〜駒大〜トヨタ自動車 中日04ドラフト7巡〜06、楽天07〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 楽天 54 0 4 3 3 13 55 2/3 49 2 47 20 1 1 12 1.94
09 楽天 26 0 4 3 2 3 31 31 5 16 12 2 0 15 4.36
10 楽天 49 0 2 5 13 4 50 67 8 46 18 3 0 34 6.12
11 楽天 12 0 1 1 0 3 16 21 3 6 6 0 0 8 4.50
通算 8年 187 0 12 14 18 27 212 2/3 232 25 163 75 12 3 101 4.27

力のある速球とスライダー、シンカーを駆使するリリーフタイプの右腕。やや小柄な体格だが、力感あるフォームで投げ込む。
社会人から中日入り。ドラフトでは下位指名だったが、キャンプから注目されて開幕一軍を勝ち取り、1年目から一軍登板を果たした。05年は5月に一軍昇格すると9試合連続無失点など、交流戦期間中なかなかの好投。登板数を倍増させ初勝利も記録。
勢いのいい投手で、追い込んでの勝負球を持っているのが強み。右打者にはなかなか打ちづらさがあり、好調なら重要な場面も任せられる。スタミナ不足で一軍定着しきれなかったが、その目前まで迫った。
ただ06年は故障続きで二軍でも9試合しか投げられず、シーズン後には戦力外に。諦めるような年齢ではなく、トライアウトを経て07年は楽天入り。移籍初年は開幕一軍入りを果たすも先発登板で滅多打ちを食らい、そのまま長期二軍暮らしとパッとしない成績に終わった。しかし終盤再昇格後はそこそこの投球で復活の足がかり。
そして迎えた08年は久々に力を見せた。4月前半に昇格するとリリーフでフル回転。3年ぶりの勝利を挙げるなど好調が続き、信頼もどんどん上昇。右のリリーフ一番手となり、チーム事情から抑え役に廻る時期も。その3セーブを挙げた7月は少し失点が増えたが、その後はまた復調。1年でこれまでの通算を上回る登板数をこなし、自己ベストのシーズンとなった。
右打者に強い投球が甦った。この活躍から抑えを期待された09年は開幕直後に右ひじを痛め、4ヶ月に亘る長期の戦線離脱。チームにとっても構想が白紙となる痛い故障となった。8月に復帰を果たしてシーズン4勝2セーブ。本調子ではなかったものの積極的に起用された。
10年は改めてクローザーとなり、開幕から13試合連続無失点など序盤は快調。5月末時点で20試合に投げ、1勝8セーブ防御率は1点未満という非常に高い安定感を見せた。しかし6月に入ると調子を崩し始め、月末には立て続けにリリーフ失敗。後半は抑えを外されるも調子は戻せず、かなり成績を落としてしまった。チームトップで自己最多の13セーブを記録も、防御率は6点台で終了。
どうもタフさには欠ける投手で、登板数が増えるとはっきり力を落としてしまう。それでも近年は短期間なら活躍を見せていたが、昨年はずっと不調。不安定で開幕直後に二軍落ちし、再昇格後もパッとしなかった。8月末に投げた後は機会なく、前年より大幅減の12試合登板に留まった。
一時の抑え候補から随分後退してしまった。「右に強く、左に弱い」はずが昨年は対右にかなり打ち込まれた。奪三振もかなり減り、力が落ちたのではという懸念も。今季は何としても巻き返してリリーフの一角に復帰したい。

川越 英隆

実戦派、バランス型

右投右打
学法石川高〜青学大〜日産自動車 オリックス99ドラフト2位〜09、ロッテ10〜11
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 オリックス 51 0 2 3 0 13 74 1/3 80 7 52 17 3 0 33 4.00
09 オリックス 24 0 0 1 0 1 31 2/3 45 4 17 5 1 0 17 4.83
10 ロッテ 15 0 3 2 0 0 29 1/3 49 4 14 3 2 0 24 7.36
11 ロッテ 18 0 0 0 0 2 19 2/3 17 0 15 2 0 2 3 1.37
通算 13年 298 21 54 76 0 16 1215 1/3 1364 131 767 290 29 19 554 4.10

オリックス時代3年連続開幕投手を務めたかつてのエース級右腕。上背はあまりないものの、バランスの取れたフォームから低めに丁寧に投げ込む投手。派手さはないが落ち着いたマウンドさばきが身上。
アマチュアでも地味な存在だったが、ドラフト2位でプロ入りすると1年目いきなりローテーションに入り11勝をマーク。防御率2点台の高い安定感で、松坂という怪物がいたため遠く及ばなかったものの、例年なら充分新人王を狙えるデビュー。一躍エース候補とまで呼ばれた。驚くほどの球はないが、全てが高い次元でまとまったタイプ。特に変化球の制球が良く、容易に四球を出さない制球力は強みだった。
しかし2年目途中故障でリタイアすると、ここから苦難が始まる。翌年復帰も6点台の防御率で負け越し。雪辱を期した02年には更なる悪夢が待っていた。シーズン途中から全く勝てなくなり、プロ野球史上7人目の12連敗で15敗の大負け。この連敗は翌年も止まらず、故障癒えても連敗を15に伸ばしただけに終わってしまった。どうも故障以降変に力押しする面が強くなり、かつての丁寧さが失われていた印象。勝てない焦りから力んでいたかもしれない。
04年ようやく連敗は止まり、7勝を挙げて復調。主力投手として返り咲き、05年は防御率を5年ぶりに3点台に戻した。JP(パウエル)の抜けた06年は改めてエース格となり、内容をさらに良化させた。どうも勝ち運のない投手で、援護に恵まれず9勝に終わったが、一時の不振から脱出に成功。
ただ今度こそ二桁と期待された07年はまたも不振に。不安定な投球が続き、防御率はずっと5点台。7月末の4勝目が最後の白星と、中心投手としては不本意なシーズンに終わった。08年も先発でスタートしたが、ピリッとしない内容が続きここで配置転換。5月以降はリリーフに転向となった。ようやく夏場に復調を見せ、7,8月好調で存在感急上昇。シーズン13ホールド中10をこの2ヶ月で稼ぎ、10年目で初の50試合以上登板。07年までの登板の内8割以上が先発という投手だったが、新たな一面を見せるシーズンとなった。
しかしこの状態は翌年に続かず、リリーフでも冴えない投球で再三登録抹消。夏場には2ヶ月も二軍調整が続いた。最後までピリッとしないままシーズンを終え、登板数は前年から半減。故障以外でこれほど一軍を離れたのは初めてのことで、一気に主力から転げ落ちるにとどまらず、シーズン後には戦力外通告。
テストを経て10年はロッテへ。開幕当初先発で投げ2勝を挙げるも、内容としてはあまりいいものではなかった。アクシデントで一時離脱し、復帰した交流戦ではリリーフで大炎上、しばらく二軍調整。3勝を挙げたとはいえ防御率は7点台で、復活とは言えず。ただ昨年は二軍スタートも、交流戦中に昇格すると主に敗戦処理ではあるがなかなかの投球。18試合登板で1点台前半の防御率という結果を残した。
悪くはなかったが8月末に二軍となり、以降実戦登板はなし。シーズンが終わらない内に引退報道が出て、本人がそれを否定するという一幕もあったが、結局昨年限りで現役を退くこととなった。まだ余力はありそうだが38歳という年齢を考えれば妥当なタイミングか。今季は二軍の投手コーチに就任。

川ア 雄介

リリーフ左腕、急落型

左投左打 最優秀中継ぎ(08)
宮崎南高〜九州東海大〜ホンダ熊本 ロッテ06ドラフト(大・社)4巡〜10途中、阪神10途中〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 ロッテ 65 0 2 5 1 29 60 52 7 45 17 2 2 20 3.00
09 ロッテ 45 0 1 1 0 9 43 2/3 50 5 24 18 3 1 23 4.74
10 阪神 22 0 0 1 0 3 13 1/3 23 1 14 4 0 0 10 6.75
11 阪神 6 0 0 0 0 0 4 2/3 5 1 3 3 0 0 4 7.71
通算 6年 190 0 7 9 1 49 181 181 19 129 53 6 4 75 3.73

リリーフ専門の左腕。ロッテ時代のプロ2年目に一軍に食い込み、長年主力だった藤田に替わって左の一番手となった。
社会人から分離ドラフト下位でロッテ入り。左腕リリーフが少ないチーム事情から即戦力を期待されるも、1年目は前半一軍で滅多打ちを食らい、わずか4試合登板とほぼ二軍暮らしで終わった。ただファームではまずまずの成績を残し、2年目の07年は開幕一軍入り。すると春先なかなかの安定感を見せ、リリーフ陣の一角に定着を果たした。実質1年目とあって6,7月に一時失速の気配を見せたが、後半さらに大きく成長。夏場以降快投が続き、シーズン4勝はすべて8月以降に挙げたもの。一気に48試合と登板数を増やし、通年でも1点台の防御率という好成績を残した。
スライダーを中心に球の切れで勝負するタイプ。ショートリリーフの多いリリーバーは四球が多い傾向があるが、この川崎は非常に少ない。自滅しないという点は大いに評価できる。
藤田が戦力外となったことでますます重要な存在になった08年はさらに大きな飛躍。開幕からフル回転し、チームトップ、リーグ2位の65試合に登板。防御率はちょっと落ちて3点台に落ち着いたが、29ホールドを記録して中継ぎタイトルに輝いた。左打者はもちろん右打者にも通じる投球を見せ、セットアッパーに定着。抑えに定着した荻野とともに新たなリリーフ陣の中心的存在に。
ところが翌年は一転、大不振に陥った。開幕から状態が悪く、4月8試合の登板で失点しなかったのが2度だけというボロボロの状態。一時持ち直したかと思いきや、夏場にはまた出れば失点という状態に陥り、最後まで不調のまま。良かったのは交流戦の時期だけで、パとの対戦では防御率が6点近くに跳ね上がった。前年のタイトルホルダーが信じられない大乱調でチームの継投プランは瓦解。
これですっかり信用を落とし、10年は二軍スタート。開幕直後の4月頭に阪神へのトレードが決まった。だが移籍後も状態は良くなく、前半登板機会は多かったものの結果はいまいち。後半は二軍のほうが多くなり、復調できず終わった。落ち込みはまだ止まらず、昨年はわずか6試合の登板のみ。シーズンのほとんどを二軍で過ごし、全く戦力になれず。
ほんの3年前にセットアッパーだったとは思えないほどの急落。ワンポイント起用されて12打数5安打の結果ではどうにもならず、「対右にも使える左腕」だったはずが、ここ2年は「左も抑えられない」状態となってしまっている。移籍後は全くいいところがなく、立場も一気に厳しいものに。今季浮上できないと危険な状況。

川島 亮

先発右腕、故障頻発型

右投左打 新人王(04)
千葉経大付高〜八戸大 ヤクルト04自由枠〜11、楽天12〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 ヤクルト 20 0 7 9 0 0 115 115 19 83 44 2 2 60 4.70
09 ヤクルト 14 0 5 6 0 0 73 72 11 48 25 3 3 39 4.81
10 ヤクルト 7 0 1 0 0 1 16 1/3 13 1 12 10 0 0 4 2.20
11 ヤクルト 1 0 0 1 0 0 3 5 0 1 1 0 0 2 6.00
通算 8年 105 3 38 35 0 1 587 2/3 541 85 424 185 12 16 239 3.66

度重なる故障に苦しみ、「ガラスのエース」とも呼ばれた右腕。間違いなく主力となる力を持ちながら、なかなかそれをフルに発揮できない。
球界では新興勢力の八戸大出身で、大学時代は中日入団の石川とともにチームを支えた存在。自由枠でヤクルト入りすると、1年目から一軍で活躍。開幕直後こそなかなか波に乗れずも、経験を重ねることでどんどん良化。中盤以降はもう完全に先発の柱となり、後半5連勝で見事大台の10勝到達。文句なしの新人王選出で、一気にエースという雰囲気すら漂わせた。
均整の取れた、バランスの良さを感じさせる好投手で、仮に野手転向してもやっていけそうなポテンシャルを感じさせる。ストレートの球速は平均して140km台中盤を記録し、球種も多彩。癖のない本格派らしい投球を見せた。
しかしこの鮮烈なデビューを最後にシーズン通しての活躍が途絶えてしまうことに。肩の痛みを抱え、2年目は開幕に出遅れ。それでも復帰後29イニング連続無失点を記録するなど9勝、2点台の防御率と能力の高さを示した。だが終盤には故障再発でリタイアし、翌06年も5月に離脱。今度は長期戻れず、この年はわずか9試合の登板、2勝のみに終わった。
07年後半に復帰して4勝とようやく復調気配。改めて不安を一掃するためオフに手術に踏み切った。このため08年は開幕には間に合わなかったが、5月に昇格。内容は出入りが激しいもので7勝止まり、最後3連敗を喫し負け越しと、もう一つパッとしなかったが、ともかく3年ぶりにシーズン100イニングを突破。
デビュー当初の快速球というイメージではなくなってしまったが、力のある先発要員として復活を待たれていた存在。だがこの辺りから投球に安定感を欠くようにもなった。開幕からローテーション入りの09年だったが前半は勝ち負け交互でそこそこも、夏場から乱調気味となり二軍調整。後半は1勝しか出来ず、シーズン5勝と物足りない結果に終わった。10年は5月に昇格し主にリリーフで投げたが、またも右肩の不調で戦列を離れ、そのままシーズン終了。
プロ1年目以外まともなコンディションのシーズンがほとんどない状態。昨年も実戦に登場したのが6月からで、一軍では8月半ばに先発登板。しかし3回で5安打を浴び2失点で敗戦投手となると、以降はずっと二軍で過ごした。登板数は自己最少となり、全く戦力になれず。
さすがにこれほど故障を繰り返してしまうと大きな期待はかけづらい。金銭トレードが決まり、今季は楽天へ移籍。とにかく体調をどれだけいい状態に保てるかが焦点。

河原 純一

故障多発、返り咲き型

右投右打
川崎北高〜駒大 巨人95ドラフト1位〜04、西武05〜07、中日09〜11
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
09 中日 44 0 3 0 0 15 34 24 2 18 10 2 0 7 1.85
10 中日 4 0 0 1 0 2 3 2/3 5 0 1 0 0 0 2 4.91
11 中日 30 0 1 4 0 10 20 1/3 19 1 12 8 0 0 6 2.66
通算 16年 275 8 31 42 40 27 600 1/3 613 81 452 211 21 23 284 4.26

1年の浪人生活を経て09年復活を遂げたベテラン右腕。ブランク明けとは思えない投球で見事な返り咲きを果たした。
ドラフトの目玉として鳴り物入りで巨人入りし、1年目に8勝。しかし翌年には早くも故障禍に陥り、それ以降先発では4勝が最高という状態。見るからに線が細く、1シーズンすら体力が続かず。そのため年のうち一時期だけ働く「パートタイマー」と化して、入団から7年間の通算は20勝。高い能力を持ちながら、なかなかそれを発揮できずにいた。
癖のないきれいなフォームから切れのいい球を投げる投手で、ボールだけなら入団時からエース級のものがあった。しかし疲労のたまりやすい体質で常に故障の不安があり、それが大成を阻んできた。
状況が一変したのが02年。低迷が続き存在感も薄くなっていたが、この年ストッパーに指名され大変身を遂げた。体力面で不安視されたが、圧倒的な能力と安定感で28セーブをマーク。もともと球質は軽いものの四球で崩れるタイプではなく、スピードも変化球の切れも一級品で、この抜擢は大成功。特に前半は抜群の活躍で、優勝に大きく貢献した。
しかし…絶頂のあとには長い悪夢が待っていた。心配された体力の不安は、予想より遅かったものの後半から露呈しはじめ、そして翌年以降かつてなかったほどの大低迷。調子が戻らないまま滅多打ちを食らい、抑えどころか敗戦処理すら覚束ないほどの散々な結果に。
散々な不振が続き、05年西武にトレード。しかしこれも復活のきっかけにはならなかった。4年ぶりの先発となった移籍初登板こそ勝ち投手となるも、その後は7連敗を喫するなどでシーズン11敗と大負け。06年は膝の手術で登板なく、復活を目指した翌年も内容はさらに悪化。3試合の登板いずれも打ち込まれ、いいところのないまま戦力外に。
トライアウト参加も声はかからなかったが、現役続行に意欲を燃やし1年浪人。入団テストを経て、09年中日入りで復帰となった。ブランク明けに加えて近年の不振からどの程度やれるか不安のほうが強かったが、なかなか果たせずにいた復調をここで成し遂げた。5月後半に昇格するとリリーフの一角に食い込み、しばらく見られなかった安定感を発揮。短いイニングが中心だったが、7月には4年ぶりの勝利も記録。そのままシーズンを完走し、抑えで活躍した02年以来のシーズン40試合登板。チームでは浅尾に次ぐホールドを記録した。
これほどの活躍は予想外だった。さすがにスピードはだいぶ落ちたが、落ち着きのある投球が光った。さすがに疲労が抜けなかったか10年は夏場と終盤だけのわずかな登板に終わったが、昨年は再びショートリリーフとして一軍に。二軍調整を挟みながら30試合に投げ、CS、日本シリーズにも登板。
ただポストシーズンが始まる前に戦力外通告を受け、今季の去就は未定の状態。起用法次第でまだまだ使えそうな投手だが、来年で39歳という年齢は難しいところ。現役続行を希望しているが…。