ブライアン・ファルケンボーグ

鉄壁リリーフ、ハイタワー型

右投右打 最優秀中継ぎ(10)
ソフトバンク09〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
09 ソフトバンク 46 0 6 0 1 23 51 2/3 39 1 62 9 1 1 10 1.74
10 ソフトバンク 60 0 3 2 1 39 62 39 0 83 8 0 1 7 1.02
11 ソフトバンク 53 0 1 2 19 20 50 2/3 27 2 79 16 2 0 8 1.42
通算 3年 159 0 10 4 21 82 164 1/3 105 3 224 33 3 2 25 1.37

09年の来日以来鉄壁の投球を続ける外国人リリーバー。難攻不落のセットアッパーとして「絶望の8回」などとも呼ばれる存在感を発揮する。
メジャー通算64試合登板、06年からの3年間3Aで52セーブのリリーフ型。楽天も獲得を目指していた投手で、前年リリーフに泣いたソフトバンクにセットアッパー候補として入団。そして開幕から期待以上の活躍を見せた。出産立会いの一時帰国を挟んで、5月後半まで16試合自責点0。その後も安定感の高い投球が続き、攝津とともに継投の大きな要に。オールスターまでに18ホールドを挙げ、「SBM」と名づけられた勝ちパターンの一角としてチームを支える活躍。8月に肘を痛め1ヶ月離脱、復帰するも状態悪くすぐ離脱と、終盤にかけては順調さを欠いたものの、46試合にリリーフ登板して6勝、1点台の防御率をマーク。
2mの長身に加え、ステップ幅の小さいフォームで非常に高い位置でリリースする。ここから繰り出す150km超の速球と落差の大きいフォークで空振りを奪う。縦のカーブも織り交ぜ徹底的に角度を活かした投球スタイル。ストライクゾーンで勝負できるため四球は少なく、たまに高めに抜けてくるボールがあっても打者が空振りしてしまう。球速差、フォークの落差、高角度と厄介な要素が揃い、まともに打ち返すのも至難の投手。
残留した10年も引き続き鉄壁の投球を展開。8月半ばにやや乱れた以外は終始安定した活躍で、今度は離脱もなく60試合に登板。前年同様攝津とセットアッパーの両輪となり、ホールドポイント同数で中継ぎタイトルを分け合った。単独のホールド数はリーグトップで、防御率はやっと1点を越える数字。
3年目となる昨年は攝津が先発転向、そして馬原が不調で二軍調整となり、シーズン序盤はクローザーを務めた。馬原復帰後はセットアッパーに戻ったが、夏場馬原が故障離脱すると再び抑えに。自身も8月短期間の離脱があったが、チームトップタイの19セーブを記録し、リリーフの中心として活躍。日本シリーズでも2セーブ3ホールドでチームの日本一に大きく貢献。
交流戦で2試合連続被弾など前半は失点もあったのだが、圧巻はここから。7月2日を最後に実に3ヶ月以上、31試合連続無失点でシーズンを終えた。やや四球は増えたものの奪三振率は14に達し、被打率も圧倒的な低さ。先発陣の実績者がごっそり抜けた今季はさらに重要な存在となりそう。馬原の不調が続くようならずっと抑えということも考えられるが、肘に抱える爆弾のため基本2連投までという制約でどうなるか。

アルフレッド・フィガロ

先発右腕、速球型

右投右打
オリックス11〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
11 オリックス 24 0 8 6 0 0 123 2/3 126 7 90 36 3 8 47 3.42
通算 1年

昨年オリックス入りの外国人右腕。速球を軸とした力強い投球が持ち味。
来日時点で26歳と比較的若い選手で、メジャー実績は2年のみ、13試合2勝と乏しいものだが、マイナーでは10年3Aで10勝をマーク。オリックスと契約し来日すると、開幕からローテーション入り。当初は制球が不安定で連敗スタートとなり一度二軍落ちしたが、再昇格後一気に先発5連勝をマークした。ローテーションの一角に収まり、最終的にシーズン8勝を記録。
最速157km、平均でも150km前後というスピードが持ち味。それほど上背はないながらも力で牛耳る投球で、好調時にはかなりのパフォーマンスを見せる。一方で安定感には欠け、悪い時には序盤早々から崩れてしまう。登板ごとの波はかなり激しい。
投げてみなければ分からない面が強く、特に後半は安定感に欠け一時先発落ちも。計算の難しいタイプだが、いい時には攻略の難しい投手。先発としてはトップクラスのスピードは大きな魅力で、残留の今季もローテーション入りを期待される。

福井 優也

先発右腕、即戦力型

右投右打
済美高〜早大 広島11ドラフト1位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
11 広島 27 2 8 10 0 0 146 1/3 133 14 120 68 8 11 67 4.12
通算 1年

1年目からローテーション定着を果たし即戦力となったドラフト1位ルーキー。シーズン通して先発で投げ、前田健・バリントンに続く存在として活躍。
高校時代早くからエースとして活躍し、センバツ優勝、夏準優勝の華々しい実績を残す。高校生ドラフトで巨人から4巡指名を受けるもこれを拒否。一浪して早大に進んだ。大学では同期となった斎藤(日)、大石(西)の陰に隠れる形となっていたが、ドラフトで広島が1位指名しプロ入り。史上初めて同一チームから3投手が1位指名されることとなった。
層の薄いチームで期待は大きく、1年目から開幕ローテーション入り。チーム6戦目に先発登板し7回2失点で初勝利と順調なスタートを切った。その後もローテーションを守り続け、最終的にシーズン8勝をマーク。10敗と負けが先行し防御率は4点台だったものの、離脱なくシーズンを過ごし、故障のあった斎藤・大石以上の即戦力となった。
140km台中盤から150kmの速球を軸に、スライダー、フォークを交えるオーソドックスな速球派投手。フォームも比較的オーソドックスで、個人的にはチームOBの佐々岡に少し似た印象。
貴重な先発要員となったが、課題も数多い。リーグ最多失点はともかく、四球・暴投もリーグ最多。粗削りな面を残し、少しボールが抜けて高めに浮く傾向も見られた。ともあれ充分一軍でやっていけることを実証し、今季はさらにステップアップを期待される。

福田 聡志

変則速球派、一軍半型

右投右打
伊都高〜東北福祉大 巨人06希望枠〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 巨人 2 0 0 0 0 0 2 1/3 3 0 3 1 0 0 2 7.71
09 巨人 9 0 2 0 0 0 44 41 6 31 17 3 1 17 3.48
10 巨人 18 0 3 4 0 0 44 36 4 22 17 3 0 18 3.68
11 巨人 6 0 0 1 0 0 17 2/3 22 2 12 6 0 0 9 4.58
通算 6年 72 0 13 12 0 6 192 1/3 199 17 134 88 12 9 96 4.49

希望枠でプロ入りの右腕。大学で台頭し、ドラフト戦線では早くから名前の挙がっていた存在。ただプロではもう一歩一軍に定着しきれていない。
150kmを越す速球とスライダーを武器にする速球派。特徴的なのはそのフォームで、モーションの早い段階からアゴが上がった状態で投げ込む。少年野球では真っ先に直されそうな基本を逸脱した形だが、これが福田にとって最も投げやすいフォームのようだ。大学時代はリリーフとして活躍し、将来の抑え候補として巨人入り。
1年目は開幕一軍入りを果たし、序盤2連勝と非常に幸先のいいスタートを切った。期待は高まり、4月末までに11試合に登板して3勝。しかしやがて不安定さが顕著になり、成績はどんどん悪化。後半は二軍暮らしで尻すぼみに終わった。イニングを上回る四死球で粗さをはっきり見せてしまった。
即戦力の期待を裏切ったが、2年目意外にも先発で台頭。5月に昇格すると即先発登板。この月リリーフの1勝を含め3勝の活躍を見せた。ずっとリリーフでやっていた投手だけに先発での働きは予想外だった。夏場に2勝上積みでシーズン5勝。ただ勢いは長くは続かず、6月は立て続けにKOで連敗。終盤はリリーフで打ち込まれて防御率は結局5点台に。するとこのあと2年は停滞が続き、08年はわずか2試合の登板。09年は開幕ローテーション入りし2勝したものの、好調が続かず後半は二軍暮らし。
存在感が薄まりつつあったが、10年は久々に持ち直し。前半はほとんど二軍も、夏場にまずはリリーフ登板を続けたあと、7月後半からしばらく先発入り。3年ぶりに二桁となる18試合に登板し3勝、内2勝を先発で記録した。ただリリーフ15イニングで四死球3が先発では29イニングで17と大幅に増加。被安打は多くなくても走者を背負いすぎで、安定感は全くなかった。終盤は二軍で過ごし、また一軍定着はできず。
昨年はまた登板数が激減し、前半は完全に二軍暮らし。終盤先発機会もあったが結果は残せなかった。二軍では防御率リーグ2位の好成績を残したが、一軍で被打率3割台中盤ではきつい。先発としてもリリーフとしても現状では中途半端という印象。年々状況は厳しくなり、そろそろはっきりした結果を残したいところだが。

福田 岳洋

中堅右腕、異色の球歴型

右投右打
大谷高〜高知大〜リッツB.C〜IL香川 横浜10ドラフト5位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
10 横浜 18 0 0 0 0 1 24 17 2 15 16 1 2 9 3.38
11 横浜 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 2年

異色の経歴を経てプロ入りした右腕。ほぼ無名に近い存在ながら1年目から一軍登板を果たし好成績でデビュー。
一浪して国立大に入り、卒業後は京大大学院に進んだという、球界ではほぼ例を見ない経歴。大学卒業後一旦は野球を断念していたものの、その後クラブチームに入り、大学院を休学してアイランド・リーグでプレー。そしてドラフト5位で指名され26歳で横浜入りとなった。
即戦力という評価ではなく、1年目前半は二軍。しかし8月後半に一軍昇格を果たすと、そこからなかなか活きのいい投球を見せ存在感を上げていった。9月に入ると打ち込まれる場面も出てきたものの、最後まで一軍に留まり18試合に登板。3点台前半とまずまずの防御率を残し、上々のプロデビュー。
140km台中盤のスピードを持つ速球派で、四球はかなり多めだったものの被打率は優秀な数字。だが2年目の昨年は完全に停滞。シーズン通して二軍に留まり、そこでもあまりいい結果を残せなかった。プロ入りが遅かったため今季3年目でも29歳となるシーズン。何としても一軍に割って入りたいところ。

福原 忍

ベテラン右腕、復調型

右投右打
広陵高〜東洋大 阪神99ドラフト3位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 阪神 8 1 3 2 0 0 34 38 4 17 12 0 3 13 3.44
09 阪神 14 1 3 10 0 0 74 1/3 77 9 45 27 3 1 40 4.84
10 阪神 19 0 0 1 0 0 24 1/3 25 5 20 10 0 3 14 5.18
11 阪神 55 0 2 3 0 11 48 2/3 41 5 59 16 1 1 14 2.59
通算 13年 355 11 67 90 13 11 1130 1139 94 907 386 34 49 458 3.65

二桁勝利3度の実績を持つベテラン右腕。近年不調が続いていたが、昨年リリーフで久しぶりに存在感を発揮。
ドラフト3位で阪神入りすると、即戦力として1年目から活躍。当時チーム最速のスピードを買われリリーフ起用され、52試合登板で10勝9セーブと大きな戦力となった。しかしこのデビュー以降しばらくはやや苦戦。2年目に先発に廻ってから役割がはっきりしなくなり、先発としてもリリーフとしてもやや中途半端な状態に陥っていた。01年に9勝を挙げるも翌年は故障の影響で1勝止まりと低迷。一時期球速もがた落ちし、生命線を失ってかなり苦しむことに。右肩の手術に踏み切り、03年は大幅に出遅れ。しかしこの低迷で、ピッチングが一皮むけたのは怪我の功名か。
03年終盤に復帰するとそれまでとは一味違うスタイルで安定。球威のみに頼らないバランス型の投球を確立し、かつての単調さが影を潜めた。翌年はこれまでの不振を払拭するように開幕からローテーション定着、特に前半はかなりの安定感で8勝を記録し、先発の軸として完全復活を果たした。球速も甦り、スライダーで低めを突く丁寧な投球で主力に返り咲き。最終的に1年目以来の二桁10勝をマーク。
それまでは「リリーフ向き」の印象が強かったが、完全に先発型として再生。ちょっと勝ち運のない投手で、04,05年と連続大幅負け越し。05年は内容を良くしながら10勝に届かなかった。そんな不運も06年払拭し、先発7連勝など波に乗って自己最多の12勝を記録。2点台そこそこの防御率を記録し、抜群の安定感で大きく勝ち越しに成功。
だがここをピークとして、以降は精彩を欠くように。翌07年大乱調に陥り、6点台の防御率で2勝のみと大幅に成績悪化。汚名返上を期した08年はいきなり完封勝利と幸先のいいスタートを切るも、4月末に打席で指骨折のアクシデント。4ヶ月の長期離脱でシーズンの大半を棒に振ることに。改めてローテーション入りの09年は前半こそ3勝を挙げそこそこの投球も、6月中旬以降二軍調整を挟みながら泥沼の6連敗。後半は1勝も出来ず、4年ぶりの二桁敗戦で大きく負け越し。10年は久々にリリーフに廻ったものの、前半はほとんど二軍暮らし。後半は出番が増えたが、安定感には程遠く敗戦処理が中心。防御率5点台とパッとしない成績に終わり、初めて1勝も出来ないシーズンとなった。
30歳を越えたところから急激に色褪せ、すっかりジリ貧と化していたが、昨年意地を見せ復活に成功。開幕からリリーフとして登板を重ね、ここ最近なかった力強い投球を展開。好調を持続し、8月には13試合登板とフル回転。最終的に55試合登板は1年目を越えて自己最多更新。ベテランの存在感を大いにアピール。
復調の要因は何と言ってもスピードの回復。140km台後半から150kmの若々しさが甦り、11に迫る高い奪三振率をマーク。やや老け込んでいた近年の印象を払拭する内容だった。改めてまだまだ速球派であることを見せ付け、状態維持なら今季も貴重な戦力。10試合中5試合で失点とヤクルトには相性が悪かった。

福山 博之

速球右腕、力投型

右投右打
大東高〜大商大 横浜11ドラフト6位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
11 横浜 19 0 0 1 0 0 25 27 1 10 5 1 1 16 5.76
通算 1年

ドラフト下位入団ながら、1年目からなかなかの出番を得た投手。活きのいい投球で一軍に割って入ることを期待される。
高校までは内野手で、投手になったのは大学から。ここで力をつけ、ドラフト6位で横浜入りとなった。指名順位からいっても即一軍という期待ではなく、まずは二軍スタート。ファームの育成方針もあって、二軍でも実戦登板したのは7月になってからだった。しかし短い期間に10試合登板すると、8月中旬に一軍昇格。以降終盤までリリーフで起用され、19試合登板とまずまずのデビューとなった。
公称身長よりも小柄に見える体格ながら、売りはスピードを前面に押し出した投球。全身でぶつかっていくような躍動感あるフォームから、150kmに迫る速球を軸に攻める。投手歴が浅いということもあり球種はあまりなく、あとはスライダーが中心。粗削りな面が非常に強く、結果も通用したとまでは言いがたいものだったが、勢いを感じさせる投手で楽しみは多い。不慣れなためか攻め手に欠くためか、左打者を随分苦手にしていた。

藤井 秀悟

総合力、故障復帰型

左投左打 最多勝(01)、ベストナイン(01)
今治西高〜早大 ヤクルト00ドラフト2位〜07、日本ハム08〜09、巨人10〜11、DeNA12〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 日本ハム 19 0 3 8 0 0 110 2/3 115 11 76 41 5 2 40 3.25
09 日本ハム 22 0 7 5 0 0 114 2/3 120 11 63 48 6 3 45 3.53
10 巨人 23 0 7 3 0 0 122 107 16 91 34 6 4 51 3.76
11 巨人 1 0 0 0 0 0 5 6 2 1 1 0 0 3 5.40
通算 12年 247 8 70 69 0 2 1262 1/3 1180 167 963 441 46 33 532 3.79

先発で活躍する左腕。ヤクルト時代のプロ2年目に最多勝獲得、ここまで二桁勝利3度の実績を持つ。
大学からヤクルト入りした1年目はリリーフ専門。これは入団当初の評価通りで、31試合登板と即戦力にはなったものの目立つ存在ではなかった。しかし2年目の01年先発に抜擢されて大躍進。被弾は多いながら3点台前半の防御率をキープし、14勝をマーク。タイトルに輝きチームの優勝に大きく貢献した。これですっかり主力投手となり、翌年も自らの不注意で故障離脱がありながら10勝。
直球、変化球、制球と、どれもが及第点以上のバランスの取れたタイプ。突出した部分がなく良さがなかなか分かりにくいが、まとまった投球で攻める実戦派。球種は多彩で、特にスライダーが軸となる。低めを丁寧に突く粘り強さも特徴。
03年開幕直後に肘の故障で離脱し、シーズンを棒に振ることに。復帰した翌年はまだ試運転といった印象で4勝止まりだったが、05年からはローテーションに完全復帰。終盤まで防御率2点台前半と安定した投球を見せ、3年ぶりの10勝到達を果たした。一時はタイトルも視野に入る活躍で主力に復活。
ただシーズン終盤息切れして乱調に陥り、1ヶ月ほどで防御率が大幅悪化。この辺りを境に、どうも安定感に欠けるようになった。故障前に比べるとやや投球が粗っぽくなり、このあと2年続けて7勝止まり。内容は年々悪化し、07年は後半の乱調で防御率5点台。
大型トレードで08年は日本ハムへ。先発で投げるも打線の援護に恵まれず、3勝8敗と大きく負け越した。ただ防御率は大きく改善し、翌09年は7勝をマーク。序盤の好調を維持し切れなかったものの持ち直してきた。
FAで10年は巨人へ移籍。開幕から先発入りし、4月末から6連勝と前半は好調。特に5月は4登板いずれも1失点以内の快投を見せた。ところが7月に入ると急失速。連敗し、立て続けにKOされて二軍落ち。終盤は一軍復帰したものの、後半はパッとせずに終わった。7月以降の防御率は5点台。すると昨年は全く出番がなくなり、ほとんどシーズン通して二軍暮らし。唯一の一軍登板は9月、2回から5イニングのロングリリーフだったが、2ホーマー浴び3失点という結果だった。
ある程度計算は出来るものの、先発としては中盤目に見えて息切れするスタミナのなさがネック。シーズン通しての活躍も近年はなく、色々制約も多い投手。FA村田の人的補償として今季は横浜DeNAへ移籍。不足する先発陣に割って入れるか。

藤江 均

若手右腕、リリーフ台頭型

右投右打
上宮太子高〜NOMO・B.C〜東邦ガス 横浜09ドラフト2位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
09 横浜 9 0 0 4 0 0 37 1/3 54 8 24 10 1 3 27 6.51
10 横浜 15 0 2 3 0 1 40 2/3 54 10 34 11 3 1 34 7.52
11 横浜 47 0 3 0 0 15 45 2/3 33 2 41 12 3 2 8 1.58
通算 3年 71 0 5 7 0 16 123 2/3 141 20 99 33 7 6 69 5.02

昨年後半急成長を遂げ、主力リリーフとなった右腕。一軍定着を果たし、セットアッパー格として活躍。
クラブチームで急激に伸びた選手で、主戦投手として活躍。東邦ガスに移ったあとも活躍を続け、ドラフト2位指名で横浜入り。当然期待は即戦力だったが、1年目は一軍で計4連敗を喫した。しかし二軍では力を発揮し、9勝3敗で1点台の防御率。勝利数・防御率・勝率の3部門でイースタンのタイトル獲得。
そして期待を受けた2年目は開幕3戦目に先発登板し、1失点の好投を見せてプロ初勝利を挙げた。だが続く登板では初回に6安打2ホーマーを浴びる大炎上で1回7失点KO。これで前半は二軍暮らしとなった。7月に再昇格後しばらくリリーフで投げ、8月中旬からはまた先発。もう1勝上乗せしたものの、出入りの激しい投球で防御率は7点台。終盤はまた二軍落ちとなった。
ここまでは好不調の差があまりに極端で乱調癖がはっきりしていたが、リリーフに専念した昨年大きく伸びた。序盤は二軍スタートだったものの、6月後半に昇格。7月12試合で1失点という好投で信頼を掴み、後半は山口につなぐセットアッパーを任され、これをきっちりこなした。15ホールドはすべて8月以降の記録で、序盤二軍ながら計47試合に登板。防御率1点台と好結果を残し、一気にリリーフの中心格に。
140km台中盤の速球と、クラブ時代野茂から伝授されたというフォークが投球の軸。以前は非常に脆いという印象だったが、別人のように安定した。今季は開幕からフル回転が期待される。弱いと言われる投手陣だが、リリーフはなかなか戦力が揃ってきた。

藤岡 好明

速球サイド、奪三振型

右投右打
宮崎日大高〜JR九州 ソフトバンク06ドラフト(大・社)3巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 ソフトバンク 11 0 0 0 0 0 8 7 0 4 1 1 0 3 3.38
09 ソフトバンク 38 0 5 8 0 2 101 2/3 98 10 82 38 4 5 52 4.60
10 ソフトバンク 32 0 1 2 0 1 54 56 1 57 21 3 3 27 4.50
11 ソフトバンク 5 0 1 0 0 0 8 1/3 10 1 8 5 2 1 9 9.72
通算 6年 184 0 13 15 1 36 269 261 15 241 102 17 12 127 4.25

入団1年目から主力リリーフとして活躍したサイドスロー投手。しばらく不調に陥っていたが、一時は先発にも挑戦。
社会人から分離ドラフト3巡指名でソフトバンク入り。シーズン前はそれほど注目は高くなかったが、開幕一軍入りを果たすと実戦で活きのいいピッチングを展開。セットアッパーを任されるようになり、何度か好不調の波はあるも、シーズン通してリリーフの中心に定着。チームトップの62試合に登板、31ホールドを記録し、文字通り即戦力となった。投手陣の新星として活躍。
サイドスローから常時140km台中盤を記録する速球が最大の武器にして特徴。力勝負でぐいぐい押す、ある意味単調な投球でもあるが、切れ味鋭く三振奪取率が高い。これだけ速球勝負をしながら被本塁打0が光った。外国人の懐に攻め込む度胸の良さも武器。
ただ荒削りな部分も多く、2年目はそれが前面に出た。開幕から失点続きで5月時点の防御率が10点台と散々。セットアッパー1番手の期待を大きく裏切ってしまった。故障もあって2ヶ月以上離脱、終盤は好投も見せたが前半の失点が響いて5点近い防御率に。不調は翌08年も続き、また故障もあって登板数激減。全く目立たぬまま終わった。
09年ようやく復調を果たし、序盤はリリーフで好投。その後意外な形で存在感を発揮した。5月半ば頭数の揃わない先発に穴埋めする形で廻り、なかなかの投球を披露。以降しばらくローテーション入りすることに。夏以降調子を落としてまたリリーフに戻ったが、14試合に先発して5勝をマークした。
しばらく悩まされていた股関節の不安を払拭し、スライダーが切れ味を増した。ただ元来力投型のリリーフ、先発は急造ということでスタミナは大いに不足。先発陣に右が手薄というチーム事情から10年も当初は先発でスタートしたが、今度はさっぱり。1勝(これも5失点)したあと派手に失点して連敗。4月後半からはリリーフに戻り、そのままシーズンを過ごした。ビハインド時のロング要員という位置づけで計32試合に登板。
先発としては一巡目は良くても二巡目となるとはっきり捉まってしまう。左に弱い傾向もはっきりし、リリーフに戻った昨年だったが登板数激減。5試合は自己最少で、内容も悪く一軍から遠ざかってしまった。力強さの反面少し投球に粗っぽいところがあり、昨年はそれが強く出てしまった印象。随分信用を落としてしまったが、今季は何とか一軍に巻き返したい。

藤川 球児

リリーフ大成、絶対速球型

右投左打 最優秀中継ぎ(05,06)、最多セーブ(07,11)
高知商高 阪神99ドラフト1位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 阪神 63 0 8 1 38 5 67 2/3 34 2 90 13 3 3 5 0.67
09 阪神 49 0 5 3 25 3 57 2/3 32 4 86 15 1 0 8 1.25
10 阪神 58 0 3 4 28 5 62 2/3 47 7 81 20 5 1 14 2.01
11 阪神 56 0 3 3 41 5 51 25 2 80 13 1 3 7 1.24
通算 13年 514 0 40 23 196 100 644 2/3 426 39 856 192 21 29 129 1.80

日本人最速クラスの快速球で君臨するクローザー。絶対的なセットアッパーから抑えに廻り、チームの顔とも言える存在に。
高校からドラフト1位で阪神入り。松坂世代の一人で、ほっそりした体形だが、しなやかな腕の振りが魅力的な投手。ただ当初は地味な存在で、コーナーワークを身上とする平均点投手という印象。スピードも平均レベルだった。2年目に一軍初登板し、02年にはすべて先発登板でプロ初勝利と順調な成長は見せていたが、華やかな同世代に比べると随分影は薄かった。
制球力は高いがそこそこの投手という印象だったが、04年から突然の大変身。夏場に一軍に上がると、150kmの快速球を連発。後半だけで26試合に登板し、一軍定着どころか一気に主力リリーフに食い込んできた。その勢いは翌年に入ってさらに加速。スピードはさらに伸びて圧倒的な球速を誇るようになり、チームの必勝パターンとしてフル回転。登板数は6月時点で40試合を越え、しかもほとんど打たれないという恐ろしいほどの安定感を見せた。最終的に当時の日本記録となるシーズン80試合登板、1点台前半の防御率を記録。投手陣では最大の輝きを見せ、鉄壁のリリーフはウィリアムス、久保田とともに「JFK」ともてはやされた。優勝の大きな原動力に。
もともと高かった制球力は、スピードが上がっても全く破綻していない。フォークの切れもいいが、何より常時150越えの圧倒的なスピードが最大の特徴。速球一本で押しても三振を奪えるほどの威力を誇る。
これ以降は投手陣を支える大黒柱として君臨し続け、久保田故障以降はクローザーに定着。06年は4月中旬から7月まで驚異の38試合連続、球団新記録となる47イニング連続無失点記録を樹立。開幕から抑えの07年はプロ野球タイ記録のシーズン46セーブをマークし、堂々のタイトルに輝いた。08年は五輪参加でタイトルは譲ったが、防御率0点台、被打率わずか1割4分と圧倒的な内容。自己最多の8勝を挙げた。並び称されてきた久保田が故障、ウィリアムス不調でJFK解体となった09年も揺るぎなく、チームの不調からセーブ数は伸びなかったものの、2年続けてシーズンの失点が一桁という結果を残した。
10年は8回から登板する機会もたびたびあり、疲労の影響か終盤はやや乱れる場面も。被安打や四死球がやや増え、6年ぶりに防御率が2点台となった。しかし昨年はまた圧倒的な投球を展開。5,6月は1点も取られないなど快調にセーブを量産。シーズン通して調子を維持し、4年ぶりに40セーブ突破。これも4年ぶりとなるタイトル奪還に成功した。
被打率は08年並の1割4分。そして奪三振率が14を越え、これは過去最高の数字だった。前年若干ながら垣間見せた陰りを見事に払拭。リリーフとして何年もフル回転しながら故障がないのも頼もしい限りで、まだ当分時代は続きそうか。

藤田 宗一

鉄腕リリーフ、パワー型

左投左打 最多ホールド(00)
島原中央高〜西濃運輸 ロッテ98ドラフト3位〜07、巨人08〜10、ソフトバンク11
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 巨人 39 0 0 0 0 13 29 30 2 21 8 1 0 10 3.10
09 巨人 19 0 1 0 0 2 17 1/3 20 1 10 1 0 0 4 2.08
10 巨人 - - - - - - - - - - - - - - -
11 ソフトバンク 19 0 0 1 0 5 9 1/3 10 1 8 5 3 0 10 9.64
通算 14年 600 0 19 21 8 77 454 478 39 366 124 15 9 196 3.89

長年ロッテの左の中継ぎエースだった投手。プロ入りから5年連続、計7度の50試合以上登板を記録している鉄腕。特に1年目はストッパー的役割も果たした。
社会人からロッテ入りすると即戦力として活躍。左腕リリーフとして貴重な存在となり、この年不調に陥った河本の代わりに抑え役を任される場面も。1年目から56試合に登板し、2点台そこそこの防御率で6勝7セーブを挙げた。その後はショートリリーフがメインとなり、99,00年は連続リーグトップの登板数。02年まで常に50試合以上登板と、使い減りしないタフさで活躍。00年は70試合に投げて最多ホールドにも輝いた。
投手としては小柄な方だが、どっしりした体形から力強いボールを投げる。球種は少ないが直球のスピードとスライダーの切れはかなりのレベル。グイグイ押すピッチングで制球はやや甘いが、強気に攻め込むのが持ち味。
03年は開幕に出遅れ、28試合登板と不本意なシーズンとなった。しかし翌年には鉄腕復活。さらに05年は自身最高のピッチングを見せ、抜群の安定感でチームの継投プランを支えた。ポストシーズンでも6試合無失点に抑え、優勝にも大きく貢献。06年は終盤打ち込まれて少し落ちたが、それでもチームトップのホールドを記録。チームに左腕リリーフは他に敗戦処理中心の高木がいただけで、接戦のマウンドは事実上藤田の独壇場だった。
しかし07年は信じられないような大不振。スタートも悪かったが5,6月に14試合で18失点という悪夢のような大炎上。再調整後も状態は上向かず、シーズン通して不調のまま終わった。4割近い被打率の滅多打ち状態で、防御率10点オーバーという目を疑うような結果に。この不振でシーズン後戦力外に。
力の衰えも懸念されたが、巨人移籍の08年は復調。特に前半はなかなかの安定感を見せた。8月以降失点がかさんで防御率を落としたが、どん底の状態から脱出成功。しかし翌09年は後続に押し出されるような形で登板数が半減。さらに10年はプロ入り後初めて一軍登板なく終わり、再び戦力外に。
昨年はソフトバンクとまずは育成契約を結び、開幕前に支配下登録。序盤5試合投げた後長く二軍が続いたが、8月再昇格後は出番がやや増えた。一旦抹消後終盤もう一度一軍に戻り、計19試合に登板。
ただ内容のほうはもうひとつ。ワンポイントとしては仕事をこなしていた時期もあったのだが、終盤4試合はいずれも簡単に走者を出し失点につながっていた。もう39歳というベテランで、ちょっと球威の落ち込みを隠しきれなくなってきた印象。シーズン後また戦力外となり、現役続行を希望も去就は未定。左腕の実績者といえど、さすがにそろそろ厳しいかもしれない。

藤田 太陽 (太陽)

ドラ1右腕、移籍向上型

右投右打
新屋高〜川崎製鉄千葉 阪神01ドラフト1位〜09途中、西武09途中〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 阪神 6 0 0 0 0 0 11 11 2 7 2 1 0 5 4.09
09 阪神 2 0 0 0 0 0 1 1/3 4 0 1 1 0 0 1 6.75
西武 25 0 2 0 3 4 27 24 2 10 9 1 0 6 2.00
10 西武 48 0 6 3 0 19 46 43 8 29 7 2 2 20 3.91
11 西武 14 0 0 2 0 0 15 1/3 19 4 13 3 2 0 10 5.87
通算 11年 133 1 13 14 3 23 225 1/3 236 36 152 66 11 8 102 4.07

長年期待を裏切り続けてきたかつてのドラフト1位投手。一軍に食い込めずもがいてきたが、西武移籍後リリーフで台頭。
社会人屈指の好投手としてドラフト前に注目され、最終的に阪神を逆指名してプロ入り。当然即戦力の期待がかかったが、1年目からフォーム改造と肘の故障に苦しみ、わずか3試合の登板のみ。2年目に2勝を挙げ台頭のきっかけを掴んだかと思わせたが、翌年またも肘を痛め、手術のため04年はリハビリに。故障明けの05年開幕5戦目に先発勝利も後が続かずシーズンのほとんどを二軍暮らし。期待されながらなかなか一軍に定着できず。
どっしりした体型の本格派で、スピードは充分。ただ再三のリタイアで、随分期待値も下がってしまった。06年は11試合に投げたが、唯一の勝利もリリーフで失点後味方が逆転した幸運なもの。3点台の防御率でも印象は良くなく、結果を残したとは言い難い内容だった。翌年はまたわずか3試合の登板ですっかり忘れられた存在に。試行錯誤は続き、08年サイドスローに転向。腕を下げてもスピードは落ちなかったが、やはり左打者には打ち込まれた。結局一軍では6試合の登板に終わり、またも浮上できず。
二軍ではずっと好成績を続け、「二軍の帝王」に近い状態に。09年も序盤の登板で結果を出せず、二軍でくすぶっていたところで転機到来。リリーフ難に喘ぐ西武に移籍し、ここでついにチャンスを掴んだ。後半だけで25試合に登板しプロ初を含む3セーブを挙げるなど健闘。チームのリリーフでは一番の安定感を見せ、初めて一軍定着に成功。
年齢的にギリギリというタイミングで浮上に成功した。翌10年はさらに存在感を増し、開幕からセットアッパーとして回転。足の故障で1ヵ月半ほど離脱という時期もあったが、前半だけで15ホールドを挙げる活躍を見せた。しかし7月頭に危険球となる頭部死球を与えたことで動揺、内角を攻めきれなくなり、後半ははっきり不調に。最終的に48試合登板、6勝といずれも自己最多を記録したものの、後半の不調で防御率はかなり悪化。
シーズン自責点の8割が7月以降に喫したもので、前半とは全く別人の投球だった。そして昨年はその不調から抜け出せず。開幕一軍も7試合で4度失点とあって二軍落ち。1ヶ月ほどで再昇格し一時的にいいところも見せたが、すぐに3連続失点を喫し7月頭に二軍落ち。以降は一軍に戻れず、登板数大幅減。
ボール自体が大きく変わったわけではなく、明らかに不調の原因は精神的なもの。走者を置くと4割近く打たれる脆さもリリーフとしては致命的だった。一度は掴みかけた自信を何とか取り戻し、再び一軍リリーフ陣に加わりたいところ。年齢的に不振は長引かせたくない。

藤原 正典

リリーフ左腕、技巧派型

左投左打
県岐阜商高〜立命大 阪神10ドラフト2位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
10 阪神 24 0 1 0 0 1 20 21 0 10 6 0 1 8 3.60
11 阪神 19 0 0 0 0 3 23 1/3 19 0 17 10 1 0 8 3.09
通算 2年 43 0 1 0 0 4 43 1/3 40 0 27 16 1 1 16 3.32

ボールの出所が見難いフォームが特徴の左腕。大学からプロ入りし1年目からリリーフで多数の登板機会を得た。
大学で評価を大きく上げ、3年時は春秋いずれも防御率1点台という活躍でMVPも獲得。ドラフト2位指名で阪神入りとなった。即戦力と期待されたが1年目はキャンプで足を痛め出遅れ。実戦登板は5月になってからだった。それでも6月末には一軍昇格、当初は失点が目立ったものの、リリーフで24試合に登板。7月後半にはプロ初勝利も挙げた。終盤離脱してしまったが、まずまずのプロデビュー。
テイクバックで左腕を体に隠し、巻きつけるように投じる。140km前後の速球とスライダーが投球の軸。2年目は開幕からずっと二軍が続いていたが、8月後半に一軍昇格。そこから19試合登板を果たした。
やや停滞気味ではあったが、終盤は一軍戦力に。3年目となる今季はもっと出番を増やして一軍定着を狙いたいところ。もう少し四球は減らしたい。

藤原 紘通

緩急左腕、先発型

左投左打
長崎南山高〜福岡大〜NTT西日本 楽天09ドラフト1位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
09 楽天 17 1 5 4 0 1 84 2/3 83 6 49 28 7 4 38 4.04
10 楽天 4 0 1 3 0 0 14 1/3 30 6 8 6 1 0 19 11.93
11 楽天 1 0 0 1 0 0 2 2/3 4 0 1 4 0 0 2 6.75
通算 3年 22 1 6 8 0 1 101 2/3 117 12 58 38 8 4 59 5.22

1年目後半に台頭、即戦力となった先発左腕。出遅れたものの結果を残し、終盤の順位争いの中で戦力となった。
大学から社会人に進んで急成長、ドラフトでは外れ1位ながら競合となり、抽選で楽天入り。即戦力として期待されるも肩を痛め出遅れ、実戦登板は5月になってからだった。6月後半に昇格して先発も、最初の4試合は3試合で5回持たず降板。リリーフに廻るも3試合中2度失点とここまではパッとしない状態。
しかし8月に再度先発起用されると、ここで1安打残塁なしの完封という快投でプロ初勝利。一躍脚光を浴び、これ以降ローテーション入り。出入りの激しさを見せながらも5勝を挙げ、三本柱に続く存在として活躍を見せた。初勝利の相手で気分良く投げたか、オリックスから4勝とカモに。
140km台中盤の速球を軸に、緩いスローカーブやスライダーを織り交ぜる投球スタイル。奪三振率はそれほど高くなく、どちらかといえば打たせて取るタイプの投手。やや決め手には欠けるため、リリーフの瞬発力よりは先発向き。
チームが欠いている先発左腕として10年は開幕からローテーション入り。しかし2年目は大きく崩れてしまった。最初の登板こそ何とか勝つも、続く3登板すべて5点以上失い全敗。二軍落ちすると今度は肘を故障。6月に手術し、残りシーズンはリハビリに専念となった。昨年もその故障の影響で出遅れ。8月後半昇格し先発も制球定まらず、さらにまたも肘を痛め降板。これ以降は実戦登板なくシーズンを終えた。
期待はあるものの、プロ入り以来立て続けに故障に見舞われている。完治には時間がかかるということで今季は育成選手として契約。左腕の先発候補として復帰を望まれる。

ヤンシー・ブラゾバン

緊急補強、リリーフ型

右投右打
ソフトバンク11途中
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
11 ソフトバンク 15 0 0 0 1 2 16 8 0 12 5 1 1 1 0.56
通算 1年

昨年ソフトバンクに途中入団の外国人投手。故障者の続いた時期に獲得され、その穴埋めを見込まれた。
かつて05年にはメジャーで21セーブという実績も持つが、翌年以降故障が続き、近年はマイナー中心。昨年7月末ソフトバンクと契約し来日となった。その少し前に馬原が肩の故障で離脱、入団発表の4日後にはファルケンボーグも抹消と、ちょうどこの時期チームはリリーフ陣に離脱者が相次いでいた。
緊急補強といった趣も、すぐに起用されることはなくまずは二軍調整。4試合投げたところで8月後半一軍昇格となった。そのまま一軍に留まり15試合に登板、10月には来日初セーブも記録。ただ競った場面の登板は少なく、ほとんどが点差の開いた状況でのものだった。
非常に胴回りの太い巨漢体型の投手で、150km前後の速球と変化の大きいスライダーが投球の軸。昇格時にはすでにファルケンボーグが復帰しており、その前から金澤・森福が奮闘。一軍に来た時にはもうリリーフは安定していたため、前述の通り厳しい場面で使われる機会がなかった。
15試合でわずか1失点(ちなみにその1失点はセーブを挙げた試合でのもの)とかなりの好成績だが、最後まで存在感は薄いままだった。もう少し早く入団していたらもっと違う使われ方をしていたかもしれないが、時を逸していたという印象。契約は更新されず数ヶ月のみの在籍に。残っても面白そうではあったが出番は望めなかったか。

ブランドン・マン

外国人左腕、未知数型

左投左打
横浜11〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
11 横浜 12 0 1 1 0 1 23 1/3 19 1 17 8 3 0 3 1.16
通算 1年

昨年横浜入りの外国人投手。前半はずっと二軍にいたが、後半一軍でなかなかの好成績を残した。
メジャー実績はなし、マイナーも09年の2Aが最高で、10年は1Aと独立リーグでプレーとアメリカでの実績は乏しいもの。入団発表時26歳と若く、年俸も格安で半ば育成込みでの獲得。登録名は「ブランドン」に。
こういった事情から一軍戦力という想定ではなく、前半は二軍暮らし。しかし8月末に一軍昇格すると、リリーフで10試合連続無失点。さらに終盤先発起用されると6回を無失点に抑え来日初勝利を挙げた。続く先発では3失点で敗れたが、12試合で防御率1点台と好結果。
ゆったりしたフォームの長身から投げ下ろす左腕で、140km台前半の速球にスライダーやカーブを織り交ぜる。シーズン終盤のみの実績ということもあり、まだなんとも評価は難しいが、結果的に昨年在籍した外国人投手の中で期待値は低かったにもかかわらず一番結果を残した形となった。今季も残留で、この好投が持続するようなら面白い戦力。

古川 秀一

リリーフ左腕、パワー型

左投左打
清峰高〜日本文理大 オリックス10ドラフト1位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
10 オリックス 33 0 0 2 0 4 25 1/3 23 0 23 11 2 3 9 3.20
11 オリックス 12 0 0 0 0 1 16 13 1 9 6 1 0 3 1.69
通算 2年 45 0 0 2 0 5 41 1/3 36 1 32 17 3 3 12 2.61

ドラフト1位入団の左腕。故障で出遅れたものの1年目からリリーフで多数の登板機会を得た。
高校時代から甲子園で活躍し、大学では1試合20奪三振も記録。ドラフト1位指名でオリックス入りした。即戦力を期待されるも開幕前に肩を痛め、1年目は出遅れスタート。しかし5月に実戦復帰すると6月からは一軍に。8月に一時二軍落ちするもすぐに再昇格し、すべてリリーフで計33試合に登板。まずまずの結果を残した。
故障上がりのためか球速はややムラがあったものの、140km台後半に届く速球とスライダーを中心に攻めるパワータイプの投手。やや荒れ球で四球は多めだったが三振もよく奪った。フレッシュ球宴では1イニング3者三振に切り優秀選手に。
ただ2年目の昨年は出番が大幅減。開幕を二軍で迎え、5月末に一軍昇格。12試合に投げたものの8月に二軍に戻り、後半はずっと下で過ごした。防御率は1点台と良好だが、四死球がやや多く、被打率もそう高くない割に走者を出すことが多かった。この数字ほどのいい印象は残せず。
左を得意としている訳ではないので、ワンポイントというのは不向き。今季は先発転向プランもあり、そちらのほうが向いているかもしれない。ジリ貧になってしまうとまずいので、今季はしっかりアピールしたい。

古谷 拓哉

リリーフ左腕、切れ勝負型

左投左打
駒大岩見沢高〜駒大〜日通 ロッテ06ドラフト(大・社)5巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 ロッテ - - - - - - - - - - - - - - -
09 ロッテ 4 0 0 0 0 0 5 1/3 8 0 3 4 2 1 7 11.81
10 ロッテ 58 0 3 0 0 11 55 2/3 48 4 52 30 2 3 18 2.91
11 ロッテ 21 0 1 0 0 3 19 25 0 14 9 1 1 12 5.68
通算 6年 84 0 4 1 0 14 82 87 5 70 44 5 5 40 4.39

5年目の10年一気に一軍定着を果たした左腕。前年までほとんど実績がなかったが、大きく伸び上がってきた。
高校時代はエースとして甲子園に2度出場。大学で一時軟式に転向したが、その後硬式に戻った。社会人を経て大・社ドラフトで指名されロッテ入り。アマ時代に名の通った存在ではなく下位指名だったが、1年目ファームで大活躍。主に先発で10勝を挙げ、イースタンの最多勝・最優秀防御率・最多奪三振に輝いた。しかし2年目は不振に喘ぎ、同期入団で一軍定着を果たした同じ左腕の川アに大きく水をあけられた。その後しばらく伸び悩みが続き、09年3年ぶりの一軍登板も結果を残せず。
パッとしない状態が続いていたが、10年急台頭。4月後半に昇格すると、3度目の登板で幸運なプロ初勝利。以降飛躍的に登板数が増え、オールスターまでに30試合登板。川アが阪神にトレードされ、手薄になっていたリリーフ左腕に一気に定着した。後半はやや失点が増えたものの、チャンスを活かし最終的に58試合に登板。
スピードは平凡ながら、躍動感のあるフォームから切れのある球を投げ込む。貴重な左腕ということで昨年も期待されたが、しかし勢いは持続できず。序盤6試合投げたところで背筋を痛め離脱。一軍復帰は8月になってからだった。後半は登板数が増えたが、全般的に内容が冴えず。登板数激減はともかく、成績をだいぶ落としたシーズンとなった。
5点台後半の防御率も特定の失点で跳ね上がったわけではなく、無失点で終わった登板のほうが少なかったという状態。被打率3割越えではさすがに厳しい。それでも現状リリーフ左腕の一番手という立場は変わらず、今季こそはその立場を固めたいところ。