村中 恭兵

先発左腕、速球型

左投左打
東海大甲府高 ヤクルト06ドラフト(高)1巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 ヤクルト 21 0 6 11 0 0 122 1/3 107 13 105 59 7 12 59 4.34
09 ヤクルト 9 0 1 6 0 0 43 49 5 35 25 3 4 34 7.12
10 ヤクルト 28 0 11 10 0 0 178 176 15 163 69 8 10 68 3.44
11 ヤクルト 15 2 4 6 0 0 84 76 10 60 30 4 2 40 4.29
通算 6年 74 2 22 34 0 0 430 1/3 414 44 364 187 22 28 205 4.29

スピードを持ち味とする若手左腕。5年目の10年先発二桁勝利到達で主力の一角に。
屈指の左腕として高校生ドラフト1巡指名。経験の浅さから当面は育成の見込みだったが、終盤先発で一軍初登板を果たした。2年目はずっと二軍も、8月のプレ五輪出場、オフにはウインターリーグ派遣と様々な舞台を経験。そして08年はいよいよ本格化とばかりに開幕一軍、2戦目に早くも先発登板。そこでは勝てなかったものの、続く登板でプロ初勝利を挙げ、以降ローテーションに定着。9回に打たれて敗れるもあわやノーヒットノーランという快投も見せた。実質デビューイヤーで6勝をマーク。
持ち味は186cmから投げ下ろす角度ある速球。プロ入り後のスピードアップ目覚しく、140km台後半から150kmを計時し非常に速い。四死球と暴投が非常に多く制球はかなり荒削りだが、スケールの大きな投球が魅力。
08年8月後半に肘の靭帯損傷で離脱し、実戦復帰は翌年の5月になってから。後半一軍昇格し先発として期待されたが、9月末にようやく1勝したのみで、5連敗を喫するなど冴えない結果に終わった。しかし改めてローテーション入りの10年は大きく飛躍。開幕から先発で投げ続け、なかなか勝てない状況下でも健闘。チーム状態が上向いた7月から8月にかけて5連勝をマークし10勝到達を果たした。二桁10敗も喫したものの、11勝を挙げ防御率もリーグ6位となかなかの結果。一気に成長のシーズンとなった。
由規とともに将来の軸として期待される存在。だが昨年はアクシデント続き。開幕して1戦投げた後腰痛で抹消、5月頭に復帰も、今度は脇腹を痛めわずか14球で降板。2ヶ月以上も戦列を離れ、一軍復帰は7月半ばになってからだった。その7月は間隔を置いて連勝し初完封を記録も、本格復帰の8月は4戦全敗。後半はローテーション入りも安定感のない投球に終始し、もう一つ物足りない結果に終わった。
短期の離脱で済んだが、終盤にも肩の不調で一時抹消という場面があり、とにかく故障続きの1年だった。肘の故障で長期離脱したのも記憶に新しく、若いながらこれほど色々な箇所に故障を負っているのは気がかり。粗削りでも力で牛耳れる稀有な先発左腕で、今季は万全の状態が臨まれる。