アーロン・ガイエル

パワーヒッター、一発屋型

右投左打
ヤクルト07〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ヤクルト 79 225 45 11 0 11 89 35 2 0 4 25 11 56 .200
09 ヤクルト 128 409 109 26 1 27 218 80 2 0 5 53 15 101 .267
10 ヤクルト 81 251 50 7 0 16 105 41 0 0 0 42 16 70 .199
通算 4年 430 1382 326 62 1 89 657 235 6 0 12 208 65 374 .236

確実性には欠けるものの一発長打が魅力の外国人。07年、退団したラロッカに替わってヤクルト入り。
メジャーでは03年に15ホーマーを放った実績を持つ。ラミレス、リグスとともに新たなトリオ形成を期待され中軸に座ったが、当初はかなりの低打率。開幕1ヶ月で2割そこそこの打率にわずか2ホーマーと低調なスタートとなった。これはだいぶ苦しいかと思わせたが、5月に3割近い打率で8ホーマーと急上昇。辛抱して起用し続けた甲斐があった。その後は4番の座に定着するようになった。
シーズン当初は低打率とかけ離れた高出塁率で知られることに。積極的に振ってくる傾向の強い外国人選手の中で、ガイエルは待つことが多く、その副産物としてよく四球を拾っていた(死球も多い)。そのため一時1番で起用されたことも。三振は多いがツボにはまればスタンドインの長距離砲で、打率は結局シーズン通して低いままだったが、オールスター以降17ホーマーを放ち、チームトップ、リーグ2位タイの35本塁打。ついでに死球はシーズン最多記録にあと1という多さだった。この四死球の多さで、リーグ32位の打率ながら出塁率はリーグ4位。また外野守備はポカが多く安定感はないものの強肩。
4番としては粗すぎて頼りない感も強かったが、一発の魅力を見せ付けて残留。しかし2年目は大きく期待を裏切った。序盤は良かったものの、5月大きく落ち込みさらに故障離脱。これ以降全く精彩を欠き、7月以降はわずか1ホーマー。復調できないままシーズン終了。それでも貴重な長距離砲ということで残留し、09年は巻き返し。故障明けでもあったが、主に5番に座りチームトップの27ホーマー。前半終了時で2割8分と確実性も向上。夏場の低打率で数字は落としたが、それでも1年目より打率は改善された。相変わらず早いカウントで仕掛けない待ちの打撃とともに、リーグ最多となった死球の多さも健在。
だが昨年はまたも大低迷。開幕から低打率に喘ぎ、頼みの一発も徐々に出なくなっていった。調子は一向に上がらず、8月頭に二軍落ちすると以降昇格なく終わった。同じく不振のデントナともども、チームにとって大誤算に。
四球の多さは相変わらずも、さすがに2割を切る打率では厳しい。契約が残るため今季も残留。この出場数でもチームトップの本塁打数で、09年のように巻き返せれば大きな戦力となるが。すでに38歳という年齢も気になるところ。

角中 勝也

中距離打者、叩き上げ型

右投左打
日本航空二高〜IL高知 ロッテ07ドラフト(大・社)7巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ロッテ 10 18 2 0 0 1 5 1 0 1 0 4 0 4 .111
09 ロッテ 10 18 3 0 1 0 5 1 1 1 0 2 0 5 .167
10 ロッテ 13 18 0 0 0 0 0 0 0 1 0 4 0 6 .000
11 ロッテ 51 154 41 5 1 0 48 10 2 1 3 9 4 30 .266
通算 5年 93 225 50 5 2 1 62 14 3 4 3 19 4 49 .222

アイランド・リーグからプロ入りの外野手。入団以来二軍で好成績を続け、昨年大きくジャンプアップ。
分離ドラフトの7巡とかなり低い順位ではあったが、1年目二軍でリーグ2位となる3割3分の高打率をマーク。早速一軍も経験した。2年目には春先に一軍で初ホームラン。これがアイランド・リーグ出身者初の一軍本塁打となった。前年ほどではないものの下では安定した成績を残し、一軍に近い選手として存在感を増してきた。
力強いスイングが売りの中距離打者。足も肩もあるとして将来のレギュラー獲りも期待される。だがさすがに一軍の壁は高く、09年も終盤昇格したものの結果を残せず。10年もやはり終盤一軍起用されたが、5試合の先発も含めた23打席で1安打も出来なかった。
昨年も前半はずっと二軍。しかし8月に昇格すると、この月11試合31打席で4割超と打撃で大いにアピール。外野或いはDHで先発出場し、打席機会が急激に増えた。打率の方は日程が進むに連れ下降、終盤は1割台と完全に止まってしまったが、初めて打席数が100を越えまずまずの打率。大きな飛躍のシーズンとなった。
二軍で続けてきた好打を実証することに成功。速球も変化球もしっかり叩ける打撃は破綻が少なく安定感がある。勢いが長続きしなかったのは課題だが、今季はさらにアピールして熾烈な外野争いに食い込みたい。

加治前 竜一

若手外野手、パンチ力型

右投右打
智弁学園高〜東海大 巨人08ドラフト(大・社)4巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 35 35 8 1 0 2 15 2 1 2 0 2 0 12 .229
09 巨人 14 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 .000
10 巨人 4 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 3年 53 45 8 1 0 2 15 2 1 2 0 2 0 15 .178

08年ルーキーながらまずまずの結果を残した外野手。高校時代からスラッガーとして活躍し、大学では主砲としてMVPを2度受賞。分離ドラフト4巡でプロ入り。
1年目当初は二軍スタートだったが、6月に一軍昇格。プロ初打席でサヨナラホームランという史上初の快挙を成し遂げ脚光を浴びた。守備要員としての起用が多かったが1年目から35試合に出場、2ホーマーを放ちまずまずのデビュー。
魅力ははまった時の長打力。そう大きな選手ではないが、右方向にも大きく飛ばせる。正直粗いところもかなり多いが、二軍でも3割7ホーマーの好成績を残し、順調な滑り出しを見せた。
ただスタートは良かったものの、ここ2年は一軍の外野競争からはじき出された格好で出番減少。09年は14試合出場、それも大半が守備・代走でのものでスタメン機会はなし。昨年はさらにチャンスが減り、交流戦中に代打で4回出場したのみ。ほぼフルシーズン二軍暮らしで、2年続けて一軍ノーヒット。
すっかり存在感が薄くなってしまったが、二軍では昨年3割12ホーマーの好成績。正直もう少しチャンスが欲しかったところ。外野の競争は激化する一方だが、パンチ力をアピールして何とかチャンスを待つほかない。

梶本 勇介

俊足内野手、微前進型

右投左右打
専大北上高 ヤクルト02ドラフト2巡〜10、オリックス11〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ヤクルト 20 28 6 1 0 0 7 3 3 0 1 4 0 5 .214
09 ヤクルト 12 26 7 0 0 0 7 1 1 0 0 1 0 4 .269
10 ヤクルト - - - - - - - - - - - - - - -
通算 9年 62 113 21 1 1 0 24 5 6 1 2 6 0 29 .186

緩やかに一軍に近付いている内野手。まだ確たる実績はないが、徐々に出番が増えてきた。
高校では畠山の1年後輩で、当時は投手。高校通算40本塁打の打撃の素質を高く評価され、プロ入りと同時に野手転向。当時世代交代が急務となっていた内野手となった。その後脚力を活かすためスイッチに転向し、04年一軍初出場。1年置いた06年にプロ初ヒットを記録。
まだ一軍は遠く、08年もほとんど二軍暮らしだったが、シーズン終盤に昇格して20試合に出場。本格的に一軍進出する気配を見せた。開幕一軍入りの翌09年はその開幕戦に代走で出ただけで、しばらく二軍暮らし。出場数自体は前年より減ってしまったが、3位争い大詰めの10月、故障した田中浩の代役としてスタメン出場しなかなかの好結果。終盤にアピールすることは出来た。しかし昨年は二軍で低打率に喘ぎ、一軍出場機会なし。前年終盤の勢いをつなげることが出来なかった。するとシーズン後戦力外に。
徐々に上昇してきたところで痛い躓きとなってしまった。秋季キャンプでのテストを経て今季はオリックスへ移籍。もう中堅の年齢だけに、ここではっきりした結果を残したいところ。様々なポジションをこなすが守備力は高くなく、昨年二軍では一塁が一番多かった。

ホセ・カスティーヨ

強肩内野手、短期集中型

右投右打
横浜10、ロッテ11途中
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
10 横浜 131 466 127 24 0 19 208 55 3 1 3 22 4 71 .273
11 ロッテ 86 331 89 13 1 5 119 34 0 0 2 18 5 45 .269
通算 2年 217 797 216 37 1 24 327 89 3 1 5 40 9 116 .271

10年横浜加入の外国人選手。1年限りで退団したが、昨年途中ロッテ入り。
マイナー時代はショートを中心としていたが、04年のメジャー昇格以降は二塁中心に。初昇格シーズンいきなり129試合に出場し、以降08年までの5年間で通算592試合出場。06年には14ホーマーも記録。レギュラー級の選手だったが、09年はシーズン前に解雇され台湾統一でプレー。
横浜入りすると開幕からスタメン二塁で出場。春先は打撃好調で、4月末時点で3割の打率。その後徐々に数字を落とし、6月はだいぶ低調だったものの、8月は3割5分と好調なところを見せた。だが終盤は一気に調子を落とし、一時3割近くまで上げた打率もだいぶ落として終わった。
スラッガー然とした打撃スタイルだが、基本は中距離打者で長打はそこそこ。ムラッ気の強い選手で、固め打ちしたかと思えば音なしと安定感はない。これは守備でも同様で、強肩と身体能力を活かしたアクロバティックなプレーを見せる反面、凡ミスを犯したりと失策が多く、もうひとつ信用しきれないタイプ。
攻守両面で安定感に欠け、悪くはないが良くもないという印象で、1年限りで退団し昨年はメキシカン・リーグでプレー。しかしシーズン途中ロッテと契約し再来日となった。個人的に荻野貴の故障で空いたショート構想かと思ったが、実際には金泰均の代役として4番一塁での起用に。7月に合流するといきなり月間3割4分、3ホーマーの大活躍。だがこの勢いは全く長続きせず、8月以降は打率を極端に落とし物足りない成績。最初は良かったが最終的には目立たない結果に終わった。
横浜在籍の前年同様、好不調の差が極端でムラが強かった。また不慣れだったこともあるかもしれないが、一塁守備は途中加入の86試合でリーグの一塁手で最多の9失策。残留という声もあったが、結局ロッテでも1シーズン限りで退団に。

片岡 易之

俊足二塁、1番不動型

右投右打 盗塁王(07〜10)、最多安打(08)、ベストナイン(08)
宇都宮学園高〜東京ガス 西武05ドラフト3巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 139 582 167 25 6 4 216 46 50 19 2 24 7 57 .287
09 西武 139 588 153 32 4 13 232 58 51 12 3 36 7 72 .260
10 西武 137 576 170 31 5 13 250 54 59 14 5 43 5 72 .295
通算 6年 727 2766 767 138 21 41 1070 252 232 127 20 153 30 3153 .277

4年連続盗塁王に輝く西武の1番打者。走攻守オールマイティに力を発揮する実戦向きの選手で、安定した力を発揮する不動の主力。
社会人からプロ入りし、1年目開幕一軍入りも、当初はすぐに二軍落ち。しかし4月の末に再昇格すると、以降はほぼ完全に一軍定着を果たした。主にセカンド、中島離脱中は代役ショートを務め、準レギュラー級の働きで上々のデビュー。守備難の選手が多いチームにあって、安定した守備力で異彩を放った。そして2年目の06年レギュラー定着。追い込まれてもしぶとい打撃で2番セカンドに座り、高木・石井義らライバルを退けレギュラーの座を掴み取った。中島離脱の夏場はショートもこなし、打率も大きく向上。内野陣のなくてはならない存在に。
大物打ちの選手が並ぶチームにあって貴重な小回りの利く選手。破綻が少ない安定感が最大の長所で、非常にバランスがいい。中島の守備向上で立ち消えとなったが、一時はショート転向の話も浮上していた。
07年打撃のほうは全体的に低調だったが、不動の2番として働き初の盗塁王獲得。そして08年からは1番を打つようになった。序盤と終盤いまいちで3割には届かなかったが、それ以外は常に破綻なく、特に夏場はかなりの好調。スタミナの不安も払拭し、50盗塁でタイトルはほぼ独走。日本シリーズでも5盗塁を決めて持ち味を発揮した。
WBC出場の09年は夏場から不振に陥りシーズン打率を下げてしまったが、今までになかった長打力を見せるようになり、自己最多の13ホーマーを放った。盗塁は8月以降の56試合で27個と猛烈な勢いで積み上げ、2年連続の50台で3年連続盗塁王。そして昨年は本塁打を減らさずに打率回復に成功。3割までもう一歩の自己ベストの数字を残した。盗塁も自己ベストを更新し、終盤の故障で本多を振り切れなかったものの、同数でタイトル獲得。
4年連続盗塁王は、リーグでは現ロッテ監督の西村以来21年ぶり。3割には本当にわずかに届かず、調子を落とした9月にもう少し踏ん張れていればというところ。中島と組む二遊間はチームの要で、攻守両面で重要な存在。今季パでは福本以来となる5年連続盗塁王を目指す。

葛城 育郎

荒削り、低迷脱出型

左投左打
倉敷商高〜立命大 オリックス00ドラフト2位〜03、阪神04〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 阪神 112 238 62 12 3 1 83 29 0 2 3 16 3 48 .261
09 阪神 99 184 46 14 0 2 66 13 0 2 0 16 2 42 .250
10 阪神 42 58 12 2 0 1 17 3 0 1 0 7 0 12 .207
通算 11年 750 1680 417 88 9 35 628 171 5 20 10 152 18 411 .248

準レギュラークラスの外野手。一時大幅に出番が減り追い詰められていたが、復調して戦力に。阪神移籍後出番激減で一時追い詰められていたが、復調して戦力に。
ドラフト上位でオリックス入り。1年目はプロの壁に苦しんだが、2年目の01年、イチローが抜けてポッカリ空いたライトのポジションに大抜擢。この年ほぼフル出場を果たし、実質1年目で打率.268、ホームラン14本とまずまずの数字を残した。後半は5番も務め、いよいよチームの主軸にと期待も膨らんだが、しかし翌年は2割を越すのがやっとという大不振。中軸を打つどころかシーズン中何度もファーム落ちし、せっかく勝ち取った信頼を全部水に流してしまった。捲土重来を期した03年も、序盤こそ良かったものの徐々に後退。結果的にはもうひとつの成績に終わり、シーズンオフに阪神へトレード。
基本タイプは中距離打者だろうが、二桁ホームランを記録したようにパンチ力もある。ただ確実性が低く、ムラッ気が強い点がネック。5番とはいかずとも7番くらいはこなせる潜在能力はあるが、レギュラーとして見ると安定感が不足。
移籍後は代打として積極的に起用されたが、結果はいまいちでさらに打率を下げてしまった。完全に不振のサイクルに入ってしまい、05年はわずか1打席、06年はついに一軍出場なく終わった。
非常に危ない状況だったが、07年久々に巻き返し。実質3年ぶりに一軍復帰を果たし、特に夏場以降は出場数大幅上昇。数字としては平凡だったが準レギュラー的ポジションに再浮上。そして08年はさらに向上。フォードが期待はずれ、林が故障がちという状況から飛躍的に出場数を伸ばし、実に5年ぶり移籍後初の100試合以上出場。先発も多かったが特に光ったのが代打での成績で、桧山に次ぐ44回起用で3割後半の成功率。09年もメンチが期待はずれに終わり、桧山に次ぐ起用回数の代打のみならず、一塁やライトのスタメン出場と、前年同様準レギュラーとして活躍。終盤9月わずか2安打しか打てない不振で打率は落としたが、貴重な戦力として貢献。
着実に地位を固めてきたが、昨年は不振で大幅に後退。例年全く打てないスランプの時期があるが、それが序盤早々に来てしまった。開幕2試合で2安打するも、そこから5月に入るまで25打席ノーヒット。その5月はなかなか好調だったが、6月に入ると二軍落ちとなり、以降昇格なく終わってしまった。出場数は半減、打席数はそれ以上に激減し、全く存在感のないシーズンに。
とにかく4月ノーヒットは痛すぎた。ここ2年外国人の誤算から出番を得ていたが、昨年のマートンは大当たりで、押し出された面もあった。ほぼ対右投手専用、一塁と外野をこなすが守備力はあまり高くなく、そして調子の上下動が激しいと起用に制約の多い選手。年齢的に不振を2年続けてしまうと危ないので、今季は巻き返したいところ。

加藤 健

控え捕手、下積み型

右投右打
新発田農高 巨人99ドラフト3位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 28 36 7 1 0 1 11 3 0 1 0 1 0 9 .194
09 巨人 12 10 2 1 0 0 3 0 0 0 0 1 2 3 .200
10 巨人 4 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000
通算 12年 96 108 23 2 0 2 31 13 0 3 3 6 3 33 .213

二軍生活の長かった捕手。半ば忘れられかけていた存在だったが、06年から一軍出場機会が巡ってくるようになった。
入団当時はなかなか評判の高かった選手で、ドラフト指名も上原、二岡に次ぐ順位。阿部入団前のことであり、将来の正捕手という期待も高かった。2年目の00年に一軍初出場。しかし一軍の壁は厚く、阿部が定着して以降は02年に2試合出たきりでその後3年間二軍暮らし。年齢的にも残り1〜2年で浮上できなければ危ない立場だった。
しかし06年、実に4年ぶりに一軍昇格、プロ初安打などを記録し久々に存在をアピール。実績のある村田や實松をかわして前進してきた。07年も阿部のリザーブ役として開幕一軍入りを果たし、わずかながら出場数も増えた。
08年も控えとしてベンチ待機し、阿部の五輪不在期間もあって先発出場も増えた。ただシーズン途中に鶴岡が加入し3番手となったことで数字は横這い。翌年もこの立場は変わらず、一軍出場は後半のみ。
鶴岡加入後はまた存在感が薄くなり、昨年は出場一桁に。それもマスクを被ったのは1試合のみで、3試合が代打でのものだった。捕手陣は不動という状況で浮上は苦しいが、少ないチャンスは確実にアピールしたい。キャリアは長いがまだ中堅。

金澤 岳

控え捕手、一軍半型

右投左打
矢板中央高 ロッテ03ドラフト6巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ロッテ 15 44 12 2 1 0 16 10 0 0 0 2 1 11 .273
09 ロッテ 2 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1.000
10 ロッテ 6 7 4 0 0 0 4 1 0 0 0 0 0 3 .571
11 ロッテ 21 28 2 0 0 0 2 2 0 0 1 0 0 11 .071
通算 9年 44 80 19 2 1 0 23 13 0 0 1 2 1 25 .238

「ポスト里崎」を狙える位置にいる捕手。どちらかといえば打撃に持ち味があり、少ないながらも一軍実績を積みつつある。
中央では無名に近い高校からドラフト下位でロッテ入り。最初の5年は二軍で下積み生活。06年頃からファームでメイン格の捕手となると、里崎・橋本が揃って故障の08年5月一軍初出場。スタメンマスク11試合の抜擢を受け、打撃ではなかなかの好結果。一気に存在感を高めた。だが翌年はほとんど二軍暮らしに戻り、橋本移籍でチャンス拡大の10年は二軍でもDH出場のほうが多い状態。数少ない一軍出場で7打数4安打の好結果を残したが、やや停滞した印象。
守備力よりも打撃センスを評価されている選手で、開幕一軍入りを果たした昨年もメインの起用は代打。ただ今度はさっぱり結果を出せず、シーズン通してわずか2安打という状態。スタメン機会は3試合あったがいずれもDHで、マスクを被ったのはゲーム途中からのみだった。
どうも伸びてきそうで伸びてこない。サブの的場を脅かすところまでも至らず、いつの間にか今季で28歳と中堅の年齢。正捕手を目指すならそろそろしっかりとした一軍実績を作っていかないと。

金子 圭輔

俊足内野手、非力型

右投左右打
志学館高 ダイエー/ソフトバンク04ドラフト6巡〜10途中、オリックス10途中〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ソフトバンク 32 34 4 1 0 0 5 5 0 5 0 4 1 12 .118
09 ソフトバンク 17 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000
10 オリックス 31 46 10 2 1 0 14 2 4 2 0 2 1 16 .217
通算 7年 85 93 15 3 1 0 20 8 4 7 0 6 2 32 .161

08年出番を増やした若手内野手。俊足のスイッチヒッターで、瞬発力を持ち味とする。
高校時代はエースで主砲、文字通り中心として活躍。身体能力の高さを評価されていた。プロ入りと同時にショートを中心とした内野手に転向。その後スイッチヒッターとなり、3年目の06年一軍初昇格でプロ初安打も記録。
07年は昇格がなかったが、08年は出場数がだいぶ増えた。序盤は本多の代役で二塁スタメンもあり、そして6月の再昇格後はしばらく一軍定着。外野も守り、スタメンに代打に代走にと様々な場面で起用され、一気に30試合以上出場。一軍進出の足がかりを得た。
二軍で二桁盗塁を続けた脚力が売りだが、打撃が弱すぎるのが大きな課題。一軍に入ると高校生が混じっていると思えるほどの線の細さは入団時からあまり変化がなく、非力そのものといった印象。これは09年も変わらず、打席機会も少なかったがノーヒットのまま終わった。開幕直後は代走・守備固めで起用されていたがやがて出番も減り、後半はほとんど二軍。前年からは一歩後退。
昨年も二軍で過ごしていたところで、シーズン途中荒金とともにオリックスへ移籍。移籍後も前半はほぼ二軍だったが、夏場には大引の故障から先発起用されるなど出番が増えた。守備面でいい動きを見せ、4盗塁を記録するなど持ち味を発揮。一軍定着とまではいかずも過去最高の打席機会を得、少し前進に成功。
一軍で打率が2割に届いたのはこれが初めて。わずかに向上したとはいえ、やはり打撃の弱々しさがネック。スピードはあるだけに、一軍で力負けしない程度のパワーが欲しい。背番号が6に変更され、レギュラー候補の声もある今季は大きなチャンス。右打ちからスイッチとなった選手だが、過去一軍で放ったヒットはすべて左打席でのもの。

金子 誠

ベテランショート、巧守備型

右投右打 新人王(96)、Gグラブ(98,99,09)、ベストナイン(99)
常総学院高 日本ハム94ドラフト3位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 日本ハム 96 291 63 16 0 2 85 29 0 13 5 20 2 76 .216
09 日本ハム 136 454 138 31 2 14 215 66 6 22 4 27 3 88 .304
10 日本ハム 77 264 69 10 0 5 94 34 2 15 0 12 0 60 .261
通算 17年 1746 5740 1491 254 28 81 2044 575 112 259 35 405 41 959 .260

堅実な守備を売りとするベテラン内野手。高卒3年目にしてレギュラーを奪取、以来チームの中心選手として活躍。
2年目の95年に一軍初出場。といってもわずか4試合だけだったが、翌年一気にセカンドレギュラーに飛躍を遂げた。15盗塁、リーグ最多の38犠打などで新人王に輝き、そこから7年連続規定打席到達と不動のレギュラーに。堅実な守備力の持ち主で、02年以降ショートに移ってもそれは変わらず。内野の守備の要として存在感を発揮。
ただ一方で打撃面は、俊足を買われて1番を期待されるも定着しきれず。常に2割6,7分と平均レベルで安定はしていたものの、チャンスメーカーとしては不足と見られ下位を打つことが多かった。どちらかといえば淡白な選手で、不動の中心選手でも攻撃面での印象は薄かった。
長年レギュラーとして働いていたが、05年新外国人のアルモンテがショートで起用され出場機会減少。アルモンテは結局期待はずれに終わりポジションは奪回したものの、自身も不振で9年続いていた100試合出場が止まってしまった。しかし翌年からは復権、相変わらず打率は低くほぼ9番定住だったが、守備力で優勝に大きな貢献を果たした。また07年はチーム3位の打点を記録。目立たないながらも下位打線にあって捉えどころのない存在感を見せた。
08年は一転大不振に陥り、故障離脱もあって自己ワーストのシーズン打率、13年ぶりに盗塁0と散々なシーズンに。しかし09年は巻き返しどころか大ブレイク。開幕するとこれまでなかった打棒を発揮。4月4割超の爆発で初めての月間MVP受賞。この月だけで二塁打12本と別人のような長打力も見せ、「恐怖の9番打者」として大きな存在感を発揮した。その後も大きく落ち込むことはなく、規定打席到達11度目にして初めての3割を記録した。12年ぶりの二桁本塁打14本、二塁打31、66打点も自己ベスト。チームトップの得点圏打率で勝負強さを見せ、ショートでは初となる10年ぶりのゴールデングラブも受賞。16年目にして最高のシーズンを送った。
とにかく09年は軽く打っても打球が伸びて、30代半ばにして打撃開眼を思わせる好調ぶりだった。これを続けたかったところだが、昨年は故障に苦しむことに。開幕して早々に脇腹痛で1ヶ月以上離脱。5月復帰後は勝負強いところを見せ、前年ほどではないものの活躍を続けていたが、8月後半今度は足を痛めてリタイア。これ以降は二軍戦の出場もなくシーズンを終えた。出場77試合はポジションを奪われかけた05年より少なく、レギュラーとなった96年以降では最も少なかった。
故障、特に下半身の状態が良くなかったせいか、売りの守備でも昨年は3年ぶりに二桁の失策。シーズン中に復帰できなかったこと、35歳という年齢も考慮すると、そろそろショートでフルシーズンというのは厳しくなってきたかもしれない。体調さえ良ければまだまだ攻守に戦力となる選手で、今季は状態次第か。

金本 知憲

主砲、鉄人型

右投左打 ベストナイン(95,00,01,04〜06,08)、打点王(04)、MVP(05)
広陵高〜東北福祉大 広島92ドラフト4位〜02、阪神03〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 阪神 144 535 164 33 2 27 282 108 2 0 8 77 3 99 .307
09 阪神 144 518 135 37 0 21 235 91 8 0 8 88 5 98 .261
10 阪神 144 353 85 12 0 16 145 45 1 0 1 39 3 90 .241
通算 19年 2330 8211 2371 413 35 458 4228 1460 163 4 71 1295 72 1596 .289

連続フルイニング出場世界記録樹立の鉄人選手。40歳を越えてもなお阪神の主砲・精神的支柱として君臨を続けた。
東北福祉大から同時に5人(他に斎藤隆・浜名ら)がプロ入りした中で、彼が最も成功した。入団当時はそれほど名の通った選手ではなかったが、3年目から素質開花。やや大振りとも言える無骨なフォームから、一発長打の魅力で広島の外野陣に定着。以降主力となり、大砲として江藤や前田と中軸を形成。
当初は粗っぽい印象だったが、5年目の96年には3割をマーク。以降常に2割8分から3割をマークする安定感を見せ、江藤が去って以降は4番の重責を果たした。主力に故障の目立つ広島では数少ない例外で、マークも当然きつくなる中、00年には3割・30本・30盗塁までもマーク。俊足を兼ね備えたスラッガーとして不動の存在となった。連続試合出場は98年から、フルイニング出場は99年からスタート。
02年オフFAで阪神へ移籍。広い甲子園に移り、さすがにホームランは激減したが、安定した打力で優勝のキーマンの一人となった。日本シリーズでも4本塁打を放ち敢闘賞獲得。これ以降は阪神の不動の4番として打線を牽引し、打撃は陰るどころかますます向上。04年は前年減らした一発を回復させ、34ホーマーに初めての100打点突破で初の打撃タイトル獲得。05年はさらに量産し、チームではバース以来という自身初の40ホーマー。37歳にして打撃三部門すべてで自己ベストを更新という凄まじさで、文句なしのMVP選出。
これほどのインパクトではないが、その後も依然として打線の中心。07年は30ホーマーも打率が低かったが、2000本安打達成の08年は自身8度目の3割をマーク。3度目の100打点を記録し、相変わらず最大の得点源として4番に君臨し続けた。年齢から守備力はかなり低下したが、40歳となっても安定した打撃を維持。
だがさしもの鉄人も09年は衰えを見せ始めた。好調だったのは序盤だけで、5月以降2割3分と低打率に喘ぎ、6〜8月の3ヶ月はわずか4ホーマー。終盤多少持ち直したものの、前年より打率が大幅にダウン。21ホーマー、91打点はいずれもチームトップではあったが、一発は3年続けて減少。
そして19年目、42歳となる昨年はオープン戦で右肩を故障。出場は続けたものの、送球はもちろんスイングにも支障が出るほどの重傷で、そんな状態では当然結果を残すことは出来ず。4月半ばついにスタメンをはずれ、連続フルイニング出場が1492試合で途絶えることとなった。その後は代打やDHで試合出場は継続。再び守備についたのは7月中旬になってから。打撃のほうは少し上向くようになり、8月には月間3割に5ホーマー。しかし序盤の不振を払拭しきれず、シーズン成績はレギュラーとなって以降で最低の数字に終わった。フル出場はしたものの16年ぶりに規定打席に届かず。
内野への返球すら覚束ない状態での守備はやはり無理がありすぎた。打撃では故障を抱えながらも最終的な数字を回復させたのはさすがも、一方で得点圏打率1割台とチャンスに弱く、やはりこれまでの存在感はなかった。今季も現役続行だが、本来治療に専念すべき状態で無理を押した影響が残らないか不安も大きい。さしもの鉄人もいよいよ現役晩年。半ば「聖域」となっていたフルイニング出場が途絶えたことで、柔軟な起用も可能となるか。

狩野 恵輔

控え後退、パンチ力型

右投右打
前橋工高 阪神01ドラフト3位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 阪神 12 9 2 1 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 .222
09 阪神 127 393 103 11 4 5 137 35 10 10 0 25 4 52 .262
10 阪神 32 42 9 0 0 2 15 5 0 0 0 3 1 9 .214
通算 10年 230 546 140 17 5 10 197 52 10 11 0 30 6 85 .256

09年正捕手格として活躍した選手。矢野の故障離脱からチャンスを掴み、一気にポジション奪取を果たした。
もともと入団時から期待の大きかった選手だが、しばらくは雌伏期間。最初の3年は完全に二軍で過ごし、一軍初出場後もしばらくは二軍暮らしが続いていた。しかし06年打撃開眼し、ウエスタンの首位打者獲得。この勢いで07年は開幕一軍入りし、代打で起用された巨人戦でプロ初安打となるサヨナラタイムリー。先発起用されたその翌日猛打賞にプロ初ホーマー、その翌日にも一発を放ち派手に名前を売ることに成功した。矢野が不振だったり故障したこともあり、5月には先発機会も多く与えられた。この活躍でポスト矢野の1番手に急浮上。
この勢いは持続しきれず、さらに08年は開幕前に右ひじを手術し大きく出遅れ。12試合と出場数を大きく減らしてしまった。一歩後退したが、翌年はそれを跳ね返す大飛躍。矢野が出遅れたことから開幕戦からマスクを被り、4,6月3割と自身も好調。そのままポジションを固めることに成功した。後半矢野の復帰後も1番手の座を維持し、100試合以上スタメン出場のレギュラーとしてシーズン完走。すべての面で前進の1年に。
捕手としては打力があり、また脚力も高いのが特徴。09年は10盗塁を記録し失敗は1度だけ、三塁打4本も光る数字。守備面では捕逸4は上々の数字で盗塁阻止率3割も及第点だったが、両リーグ最多の12失策を喫して不安定な印象を残してしまった。
大きな前進を果たしたが、昨年は城島加入で後退。城島が先発フル出場する中出場機会は激減し、32試合に留まった。この内マスクを被ったのは1度だけで、代打をメインとしてシーズン途中からは外野を守るように。少ない出番で調子も上がらず、2ホーマーは放つも低打率。
シーズン後腰を痛め、椎間板ヘルニアの除去手術。チーム状況やこういった事情を考えると今後も外野としての出場が多くなりそう。リハビリ明けとなるが、巻き返して再度一軍に食い込みたい。

アレックス・カブレラ

大砲、腕力型

右投右打 MVP(02)、本塁打王(02)、最高出塁率(02,10)、ベストナイン(02,03,07,08,10)、打点王(06)、Gグラブ(08)
西武01〜07、オリックス08〜10、ソフトバンク11〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 オリックス 138 504 159 28 2 36 299 104 2 0 4 62 6 110 .315
09 オリックス 65 239 75 10 0 13 124 39 0 0 1 33 2 53 .314
10 オリックス 112 408 135 21 2 24 232 82 1 0 2 69 2 91 .331
通算 10年 1142 4170 1292 207 6 346 2549 911 14 0 21 642 55 1039 .310

怪物的腕力で知られる大砲。古典的な表現だが、まさに丸太のような腕で軽々と打球はフェンスオーバー。一時の「貧打・西武」というイメージを完全に払拭させた主砲。
パワーはまさに桁外れで、ドームの天井に何度もぶつけたように、日本球界の規格に収まらない怪力。来日して西武入りすると1年目開幕からとんでもないハイペースで打ちまくり、リーグのホームラン王争いを過熱させた。そして圧巻は2年目の02年。前年ボール球を追い回して調子を崩したことを反省し、じっくりと打つべきボールを待てるようになった。こうなればまさに手がつけられず、当れば場外級というパワーをいかんなく発揮。シーズン日本タイ記録の55ホーマーを放ち、打率・打点ともにリーグ2位。一時は「三冠王」も視界に入る活躍で、チームを優勝に導いた。当然のごとくMVPも獲得。
基本的には粗い打者で、時にとんでもないボール球を追い掛けて調子を崩してしまう。しかしパワーばかりではなく、ツボに入れば確実にしとめるミート力もかなりのハイレベル。インハイの速球が打ち取るポイントだが、間違ってベルト付近に入れば持っていかれてしまうため、攻めきれないとやられる。低めや外のボール球でもリーチで届いてしまうため、打ち取るには極端なボールを投げる覚悟が必要。
03,04年と続けて開幕に出遅れながら、復帰するやすぐにハイペースでホームランを量産。だがその驚異的なパワーも05年からやや下り坂に。ホームランの頻度が確実に落ち始め、かつては10〜12打席に1本だった割合が、05年は14.6打席にペースダウン。06年は3年ぶりの100打点で初の打点王、2年連続4度目の3割と主砲の役目は充分に果たしたが、7月ノーアーチの不振もあって、17.3打席とさらに落ちてしまった。そして07年はついに30ホーマーに届かず。相変わらず鋭い打球を飛ばし、スラッガーとして立派な成績ではあるのだが、以前が凄すぎただけに印象が弱かった。
30代後半の年齢となってこの流れ、そして高額の年俸がネックとなり西武は再契約せず。08年はオリックスに移籍し、かつてタイトルを争ったローズとコンビを組むことに。そして移籍で発奮したか、久々に成績が上向きとなった。前半はそれほど際立つ数字ではなかったが、夏場に急上昇。特に8月は4割10ホーマーと暴れ、チームの上位進出の打の原動力となった。7月以降23ホーマーを量産し3割30本100打点をクリア。後半69試合で23ホーマーは全盛期を髣髴とさせる数字で、改めて強打者ぶりを見せつけるシーズンに。
09年は足の指骨折で前半を棒に振り、終盤にも離脱するなど故障に泣かされ半分しか出場できなかった。一発のペースもまた落ちたが、それでも3割はキープ。外国人枠をはずれ日本人扱いとなった昨年はまた主力として活躍を見せ、シーズン通して高打率をキープ。24本と一発はかなり控えめとなったが、スランプがほとんどなくコンスタントに打ち続けた。リーグ4位の打率を残し、8年ぶりの出塁率タイトル獲得。
さすがに柵越え量産は難しくなったが、豪快なスイングから放たれる打球は依然強烈。ただ昨年も脇腹や足を痛め前半に2度離脱するなど、コンディション面で不安を隠せなくなってきた。年齢的な懸念から交渉が折り合わず、シーズン後自由契約に。早いうちから噂のあったソフトバンクと契約し移籍することに。確実に大きな戦力になる選手だが、年齢的な問題に加えてポジションが被りまくっているチームでどうか。

亀井 義行

急上昇急落、万能型

右投左打 ゴールデングラブ(09)
上宮太子高〜中大 巨人05ドラフト4巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 96 276 74 21 3 5 116 23 7 5 0 14 3 43 .268
09 巨人 134 490 142 25 4 25 250 71 12 4 3 45 5 74 .290
10 巨人 71 205 38 13 0 5 66 17 4 1 2 9 3 38 .185
通算 6年 406 1173 292 74 8 39 499 133 25 12 9 77 13 215 .249

09年レギュラー定着を果たした外野手。走攻守バランスの取れた能力の持ち主で、大飛躍を遂げた。
ドラフト順位は下位だったが入団時から評価は高く、1年目の05年は二軍で.320の高打率を記録し、一軍も経験。06年は更なる成長を期待され、開幕一軍入り。故障者が続出した事情から出場機会を大幅に増やした。ただ打撃に関してはまだ穴も多く、特に左腕はほとんど打てず。チャンスは多かったが打率は低空飛行が続き、期待に応え切れなかった。07年は谷が加入、高橋由が復調し出番激減。1年目を下回る打席数で、結果を残せず停滞。
しかし08年は大きく出番を増やし、今度こそ台頭のシーズンに。特に序盤好調で、谷・高橋由に代わって先発出場が続き、ポジション奪取の勢いを見せた。5月に調子を落とし、さらに捻挫で離脱と躓いたが、終盤は再び出番を増やし、シーズンの出場数・打席数ともに激増。準レギュラーとして働き一軍定着。
この時点ではまとまってはいるが突出した部分に欠け、地味な印象もあった。しかし09年はWBCの代表入り。控え要員とはいえレギュラーとも言えない選手の選出は物議を醸したが、これが飛躍の契機となった。シーズンでは開幕は1番でスタメン、その後は李承Yの不振もあって主に5番に座り、完全にレギュラー定着。前半は地味な成績も、後半に入ると長打力を発揮するようになり、7月以降18ホーマー45打点の活躍。打率も3割近くまで押し上げ、最終的に25ホーマー、一気に主力クラスの活躍。
李承Yの不振、高橋由の故障といった要素をチャンスとして活かしきり、WBC代表入りをあとから裏付ける格好となった。これまではさほど発揮できずにいた長打力も見せ、全体的なレベルアップに成功。こうなると特に欠点のない好選手で、バランスの良さが長所に。
ところが昨年は一転大不振。開幕から極度の低打率に喘ぎ、せっかく掴んだポジションを維持できなかった。故障で一時戦列を離れ、復帰後も状態は変わらず。夏場の二軍調整後は一時的に調子が上向いたものの、すぐに当たりは止まってしまい8月後半からはまた二軍に。打率1割台のままシーズンを終え、前年の好成績から極端に落ち込んでしまった。
クライマックスシリーズで一塁先発起用されたがここでも結果を残せず、シーズンの最後まで悪いままだった。前年と比較して一目で分かるのが四球の激減。ボールの見極めがあまりに悪すぎた。また2ストライク後の打率が1割に届かないなど追い込まれた時の脆さも顕著。今季サードに転向という話も浮上しているが、巻き返しにはもう一段のレベルアップも必要か。早いうちにトンネルは抜けたい。

フランシスコ・カラバイヨ

パワーヒッター、異色の経歴型

右投右打
アイランド・リーグ高知〜BCリーグ群馬 オリックス10途中〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
10 オリックス 36 113 29 4 0 7 54 18 0 0 0 11 1 46 .257
通算 1年

昨年7月に加入の新外国人。09年から日本の独立リーグでプレーしていた選手で、昨年も直前までBCリーグに所属していた異色の選手。
ベネズエラ出身。03年からマイナーでプレーしていたが、キャリアは2Aが最高。08年はアメリカ・カナダの独立リーグでプレーし、09年来日してアイランド・リーグ高知に所属。ここで18ホーマー、76打点を記録し二冠王に輝いた。高知を退団した昨年はBCリーグの群馬に所属。ここではさらに力の違いを見せ、39試合で15ホーマー、46打点。打率も3割5分と一人次元の違う数字を叩き出して三冠王独走状態。7月に入ったところでオリックスが獲得表明し、NPB入りとなった。
半ば育成選手という印象もあったが、7月中旬に一軍登録されるといきなり初ホーマーを記録。その後オールスターまでノーヒットが続いたが、8月に入ると率も上向いてきた。シーズン終了まで7ホーマーを放ち、打率も2割5分まで上昇。
左投手を極端に苦手とした辺りに経験不足が垣間見えるが、独立リーグを席巻したパワーは充分。ちなみにBCリーグでは結局二桁本塁打の選手は他に現れず、2位に7本差をつけてのトップ、打点も2位という結果だった。まだ27歳と若さもあり、先がなかなか楽しみな存在。

ルイス・ガルシア

途中入団、苦戦型

右投右打
楽天11途中〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
11 楽天 28 92 20 2 0 2 28 7 0 0 0 3 0 21 .217
通算 1年
11年成績は7/24現在

今季途中入団の外国人選手。期待された選手が軒並不振で低調な打線強化を期待されて獲得された。
06年の第1回WBCで5番を務めていた選手。メジャー経験はなく、05年途中からはずっとメキシカン・リーグでプレー。シーズン毎に波が激しいが昨年は同リーグで21ホーマーを放っている。04年には3Aで32ホーマーを記録。今季もメキシコでプレーしていたところ、6月に楽天と契約し来日。
非常に特徴的なフォームで、腰を落として大きく足を広げたがに股の構え。バットも体に抱え込むように低い位置に持つ。二軍戦には出場せず即一軍で起用され、すぐにスタメン起用。4試合目で初ホーマーを放つなどスタートはいいものだったが、そこから急激に当たりが止まり低打率続きに。山アの故障から4番を任される試合もあったが、なかなか成績は上がらず期待には応えられていない。
一塁とDHのみの選手でこの打撃では厳しい。入団会見で積極的な打撃をアピールした割には仕掛けが遅く、率も低いが長打も少ないと現状見るべきところがほとんどない。超打高と言われるメキシコでも成績にムラがあり、今後どこまでアジャストできるか微妙なところ。

川ア 宗則

俊敏遊撃、巧打者型

右投左打 盗塁王(04)、最多安打(04)、ベストナイン(04,06)、Gグラブ(04,06)
鹿児島工高 ダイエー/ソフトバンク00ドラフト4位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ソフトバンク 99 424 136 16 6 1 167 34 19 6 5 16 6 40 .321
09 ソフトバンク 143 540 140 26 8 4 194 34 44 43 3 47 7 90 .259
10 ソフトバンク 144 602 190 27 5 4 239 53 30 10 0 43 7 86 .316
通算 11年 1001 3970 1182 154 58 26 1530 332 236 167 17 287 44 526 .298

いまやチームの顔とも言うべき不動のショート。03年急成長でレギュラーに定着し、順調な成長で中心選手に。
高校時代「薩摩のイチロー」と呼ばれた打撃センスの持ち主。中央では無名だったが入団時から期待は大きかった。瞬発力の高さとバットコントロールのセンスで1年目からファームで活躍。02年はウエスタンの首位打者となり、終盤井口の離脱もあって一軍定着。そして03年は負傷の小久保に代わってサードに定着し、走攻守に溌剌とした動きを見せた。最後まで3割近い打率をキープし、日本シリーズでも健闘。翌年は本職のショートに移り、1番に座って松中と並ぶ最多安打に3割達成。また失敗の多かった盗塁も、成功率をグッと上げてタイトル獲得。打撃だけではなく守備面も成長を見せ、当初は甘かったスローイングも徐々に克服。後半にはもうほとんど不安を感じさせなかった。
当初は内角に脆さを見せていたが、04年からはしっかり対応できるようになった。積極的にバントヒットを狙うなど顔に似合わずなかなかしたたかな面も見せる。守備範囲も広く、攻守両面でチームを引っ張る存在。
05年は故障などでやや足踏みしたが、WBCにも出場した06年巻き返し。「神の右手」と称された生還プレーで故障し出遅れたが、復帰以降は不動の2番定着で3割。ただこれ以降は常に安定した好成績を残しながら、どこかで離脱時期がある歯がゆいシーズンが続いた。07年は前半故障で1ヶ月以上離脱、08年は五輪直前に痛めた足の状態が本番で悪化、帰国後も最終戦まで復帰できず、ほぼ後半を棒に振ることとなった。代役はいずれも力不足で、終盤のチーム大失速の一因ともなってしまった。
2度目のWBC出場となった09年は、シーズンでは久々に1年フル出場。ただその代わりに打撃のほうがパッとしない一年だった。8月17盗塁を稼いで盗塁王争いに加わったが、打率は長いスランプもあり前年から大幅にダウン。レフト方向を意識しすぎるあまりタイミングが狂い、振り遅れから三振も大幅に増加。
3年続けていた3割を大きく割り込んでしまったが、昨年は復調を果たした。開幕から非常に好調なスタートを切り、出足の悪かった本多と入れ替わってほぼ1番固定。その後も大きな落ち込みはないまま推移し、離脱もなくフル出場。4度目の3割をマークし、190安打は自己ベストを更新。またチャンスにも強さを見せて打点も自己最多、チームを牽引する活躍を見せた。
前年の悪い癖はしっかり修正された。本多との二遊間、1,2番はもうすっかり固定化され、出塁すれば積極的に仕掛けてくるコンビ。イチローに心酔していることで知られ、権利取得間近な海外FA権を行使しての来オフメジャー挑戦は確定的と言われる。となれば今季は何かタイトル級の活躍を残したいところだが。

川島 慶三

俊足小兵、移籍台頭型

右投右打
佐世保実高〜九国大 日本ハム06ドラフト(大・社)3巡〜07、ヤクルト08〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ヤクルト 121 353 90 16 4 4 126 35 20 19 4 32 9 60 .255
09 ヤクルト 118 427 109 13 2 12 162 43 8 17 3 32 6 77 .255
10 ヤクルト - - - - - - - - - - - - - - -
通算 5年 273 831 209 33 6 16 302 80 31 38 7 66 18 148 .252

ヤクルト移籍の08年レギュラーに飛躍した俊足選手。日本ハム時代にもレギュラー候補に挙げられた力を見せ始めた。
もともとのポジションは二塁で、1年目の登録は内野手。172cmと小柄ながら思い切りのいいスイングでパンチ力があり、06年はファームで9本塁打を放った。シーズン中から外野で起用されるようになり、新庄が抜けた07年はレフト候補の一人に。ただ期待された2年目だったが出場数は半減。工藤の台頭にすっかり押されてしまった。終盤の先発起用でも結果はいまいちで、印象が薄いまま終わった。
停滞を味わったところで、年明けの大型トレードで08年はヤクルトへ。機動力を前面に押し出した新打線のキーマンに挙げられ、開幕1番スタメンに抜擢されるなど大きな期待をかけられた。4月一時故障離脱も復帰後は即スタメン。打撃のほうは期待とは裏腹に低調となり、6月を終えて2割前半。夏場も低打率に喘いでいたが、終盤9月以降急上昇して3割、一月余りでシーズン打率を3分も上昇させた。シーズン途中からショートも守るようになり、結果初の100試合以上出場で、打席数も400オーバー。20盗塁はチーム4位で、走りまくったチームを象徴する一人ともなった。ほぼレギュラーとしてシーズンを過ごす飛躍の年に。翌年は開幕からショートスタメンに定着し、初の規定打席到達で完全なレギュラーとなった。前半の低調で打率は振るわず前年並み、盗塁成功率大幅低下など確実性に欠ける成績で打順は一定しなかったが、12ホーマーで初の二桁本塁打達成。
移籍でチャンスを掴み開花したが、09年終盤ひじの故障でリタイア。年明けて3月に手術に踏み切ったため、昨年は一軍はもちろん二軍戦出場もなく、シーズン通してリハビリで過ごした。不在の間のショートは、前半FA移籍の藤本、後半は若い川端がメインと流動的。故障ブランク明けでも今季はレギュラー争いが期待される。候補の中でも守備の安定感は一段上。

川端 慎吾

大型内野手、ショート候補型

右投左打
市和歌山商高 ヤクルト06ドラフト(高)3巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ヤクルト 65 104 27 4 0 1 34 9 2 6 0 5 0 20 .260
09 ヤクルト 30 37 10 0 0 0 10 0 0 2 0 3 0 6 .270
10 ヤクルト 59 188 56 12 1 1 73 21 0 6 3 16 1 21 .298
通算 5年 169 360 98 17 1 2 123 32 2 17 3 26 1 61 .272

将来のショートレギュラーとして期待される若手内野手。入団1年目から一軍に顔を出していたが、近年レギュラーポジションに近付いてきた。実妹も09年発足の女子プロ野球で活躍中。
高校からプロ入り、1年目から二軍でレギュラー起用された辺りに期待の高さがうかがえる。一軍も経験してプロ初安打も記録。07年は後半故障に泣かされたが、3年目の08年は開幕一軍入り。いよいよ期待株が進出を始めた。前半こそ打席で結果が出せず、6月時点で1割台だったが、慣れてきたか夏場から急上昇。打数は少ないが8月以降3割で、打率を大幅に向上させた。シーズン終了間際にプロ初ホームランも記録し、出場数・打席数大幅増でほぼ一軍定着に。
左腕に非常に弱かったのは経験不足ゆえだが、代打で13打数6安打の好成績はポイントが高い。ただ故障が多いのが難点で、翌09年は肩痛で開幕出遅れ。5月に昇格後は主に代打として起用されまずまずの成績を残したが、終盤肩痛再発でまた離脱。前年より出場数を半減させてしまった。
昨年も前半は5月に3試合出ただけで二軍暮らし。しかし7月再昇格すると、ここからポジション奪取の勢いを見せた。前半の藤本に替わってショートで起用され、夏場は3割以上の高打率でアピール。52試合にスタメンと、後半はほぼレギュラーとなった。ほとんどの面で08年を上回る自己ベストを記録し、ポジション定着に大きく前進。
以前弱さを見せた左投手も苦にしなくなり、打撃はもう完全に一軍レベル。レギュラーを固めるにはゲーム後半にサードに廻ることも多かった守備力強化か。藤本に故障明けの川島慶、鬼崎や荒木も含めてライバルは多いが、一番底を見せていない存在として期待は大きい。今季が楽しみな選手。

川本 良平

控え捕手、パンチ力型

右投右打
崇徳高〜亜大 ヤクルト05ドラフト4巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ヤクルト 65 154 39 12 1 2 59 21 0 3 2 12 5 50 .253
09 ヤクルト 39 66 13 1 0 3 23 9 0 2 0 4 1 15 .197
10 ヤクルト 42 79 15 3 0 2 24 9 1 0 2 6 1 18 .190
通算 6年 197 443 97 19 3 14 164 58 7 8 6 36 10 121 .219

07年新たに正捕手候補に浮上した選手。後半のみの出場で一気に急上昇。
大学からプロ入り、初めの2年は一軍出場はなかったが、06年はファームでレギュラー格に。07年も前半は二軍にいたが、7月上旬に昇格すると初出場が即先発。この試合でプロ初安打となる3ランを放ち、ここからポジション争いに割って入った。9月以降は出番急増し、打率は低いものの7ホーマーとパンチ力を発揮。終盤はほぼスタメン定着で、一気に飛躍のシーズンとなった。
捕手としては非常に俊足の選手で、07年200未満の打席数、低い出塁率で6盗塁を記録。ファームでは12盗塁を稼いだ。またパンチ力も持ち味の一つ。
08年はキャンプ中の故障で出遅れたが、復帰後は正捕手争い。福川が一時故障離脱したこともあって、スタメンマスク50試合とほぼ五分に近い状態だった。一発こそ少なかったものの打撃では福川を上回る成績。ただ守備面は不安定そのもので、この争いは決め手を欠く状態。09年ここに相川がFAで加入し、やはり出番激減となった。8月まではほとんど出場機会もなかったが、9月後半相川が故障離脱すると代役スタメンで奮闘。激しい3位争いの渦中で存在感を見せた。
昨年も出番そのものは増えなかったが、18試合にスタメン出場するなど2番手の座はキープ。サブとしての地位を固めた印象。代打起用もそこそこあった割に結果を残せず、守備面でも相川との差は大きいが、このまま食い下がっていきたい。