高井 雄平

快速球左腕、野手転向型

左投左打
東北高 ヤクルト03ドラフト1巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 ヤクルト 1 0 0 0 0 0 2/3 1 1 0 2 0 0 1 13.50
09 ヤクルト 1 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0.00
投手通算 7年 144 1 18 19 1 17 297 1/3 287 35 265 174 16 39 164 4.96
試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
10 ヤクルト - - - - - - - - - - - - - - -
通算 8年 148 61 13 2 0 1 18 6 0 11 0 1 0 31 .213

高校時代、投げて150km、打者としてもクリーンアップ級の素質と謳われた逸材。7年間投手としてプレーした後、昨年から野手に転向。
「松坂世代」の大学生で沸き返った03年のドラフトで、高校生としては最も注目された選手。並外れた才能は下級生の頃から評判で、複数球団が獲得に動き堂々のドラフト1位でヤクルト入り。公称174cmと投手としては小柄ながら、高卒1年目から先発で5勝と素質の高さを発揮。技術的には未熟な面も強く不安定だったが、それ以上に光り輝くものを多く見せ付けた。2年目の04年は前半二軍暮らしで登板数は減るも、終盤は先発で安定感を見せ4勝をマーク。
ここまでは順調だったのだが、これ以降伸び悩み。05年は序盤ローテーション入りも6月に脱落。球は速いがノーコンと典型的なパターンで、これが一向に収まってこない。暴投が非常に多く、1年目は102イニングでリーグワースト。当然四球も多く、出入りの激しい投球ですっかり信用を落としてしまった。
近年はリリーフが中心となり、07年は50試合以上登板。左腕リリーフがいないというチーム事情から数多く起用された。ただ内容としては合格点には届かず、ショートリリーフ中心で6敗は負けすぎで、防御率5点台と失点がかさんだ。そして08,09年は登板数が激減。二軍でも課題が解消されず、08年は暴投リーグワーストタイ。09年も奪三振より四球が多く、7点近い防御率で散々。
制球難が解消されないことから、ついに09年秋転向を打診され、フェニックスリーグには野手として出場。その後一時はサイドスローに変えての投手続行を訴える一幕もあったが、秋季キャンプ中に正式に外野手へ転向となった。昨年は二軍でほぼフルに出場しまずまずの好成績。特に6月以降は3割と打撃の素質を発揮しつつある。野手としての一軍昇格も近そう。

高口 隆行

ユーティリティ、一軍半型

右投右打
創価高〜創価大 日本ハム06ドラフト(大・社)6巡〜10、ロッテ11、巨人12〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 日本ハム 74 167 36 5 4 0 49 14 1 12 0 7 6 49 .216
09 日本ハム 3 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 1 .000
10 日本ハム 84 69 12 3 0 2 21 5 0 5 0 2 0 19 .174
11 ロッテ 38 22 1 0 0 0 1 0 0 1 0 1 0 6 .045
通算 6年 202 270 49 8 4 2 71 19 1 18 0 12 7 78 .181

アマチュア時代はショート、プロ入り後セカンド・サードもこなす内野のユーティリティプレーヤー。3年目の08年一軍定着し、レギュラー争いにも参戦。
大学では八木(日)と同期で、同じ年の大・社ドラフトで日本ハム入り。二軍では二塁を主に守り、07年はもっぱら2番を打って二軍戦フル出場。そして08年は開幕一軍入りを果たし、プロ初ヒットも記録。以降出場数大幅増で、一軍に割り込んできた。打撃よりも守備力を評価されていた選手で、どちらかといえばつなぎ役の選手。ショートの金子誠が不振、サード候補も決め手を欠くという事情からスタメン機会も非常に多くなった。
二軍でメインにしていた二塁ではないためか、当初ショート守備はやや不安定だった。場数を踏むうちにこなれてきたが、打撃はまだ未熟。体格良く力強く足を上げるスラッガー然としたフォームとは裏腹にややパワー不足。後半も出番は多かったが打率はどんどん落ちていった。出場は多かったが結果を残したとまでは言いがたく、09年はまた二軍に逆戻り。
それでも10年は再び一軍戦力となり、自己最多の出場数と巻き返してきた。もっぱら一塁の守備要員として一軍定着。ただ打撃のほうはプロ初を含む2ホーマーを放つも、打率1割台と結果を残せず。故障した金子の代役というところまでは至らなかった。
守備に関しては安心感があるが、打撃のほうは弱いという典型的なタイプ。トレードでロッテに移った昨年は前半こそそこそこ一軍に出ていたが、後半はそれも減りトータルで出場数を半減させてしまった。ショートに空きがあったが、わずか1安打ではポジションを争うにはあまりに非力すぎた。
もう少し打てるようならもっと起用の幅も広がるのだが。今季はFAサブローの人的補償で巨人へ移籍。

高須 洋介

クラッチヒッター、故障多発型

右投右打
金沢高〜青学大 近鉄98ドラフト2位〜04、楽天05〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 楽天 123 383 108 20 1 4 142 45 6 32 1 29 4 38 .282
09 楽天 67 204 62 13 0 1 78 22 1 9 3 18 2 18 .304
10 楽天 102 369 99 16 0 6 133 48 1 12 3 30 7 44 .268
通算 13年 927 2797 755 138 12 18 971 289 60 165 17 217 35 359 .270

楽天移籍後急成長、中心選手となった内野手。堅実なプレースタイル以上に抜群の勝負強さが特徴的な選手。
即戦力内野手の期待を受けて近鉄入りし、2年目の99年に116試合に出場、実質レギュラーになっていた。打率は低レベルだったが、犠打24を記録しチームに少ない小技の出来る選手として台頭。水口の後継者として期待が高まった。しかし翌年故障、01年は病気で実質2年を棒に振ることに。せっかくのアドバンテージをふいにしてしまった。02年ようやく復帰したが翌年はまたも低迷。04年持ち直したが打率は低レベルで、控えの域を脱することはできなかった。
すっかり置いていかれてしまった格好だったが、05年分配ドラフトで楽天入り。これが大きな転機となった。安定した能力を持つセカンドとして開幕からスタメン起用され、そのまま完全にレギュラーに定着。低迷していた打撃も格段の進歩を見せ、ほぼ不動の2番打者として活躍を見せた。分配ドラフトからの楽天入りで最も成功した選手と言えるかもしれない。ここからは安定した活躍を続け、06年は初の規定打席到達で3割マーク。2番だけでなく3番に座る場面も。07年は出足いまいちで打率を落としたが、自己最多の盗塁を記録。
もともと器用な選手で、守備も堅実。最大のネックだった打力が向上したのが大きい。また非常に勝負強いことで知られ、06,07年と連続してリーグトップの得点圏打率を記録。「再現性が低い」と言われる得点圏打率だが、高須はコンスタントに高打率を続けている。
内野の要として重要な存在だが、タフさに欠けるのがネック。08年は前半好調だったが夏場に故障で戦線離脱。翌09年も5月の試合中に交錯で負傷し3ヶ月戦線離脱。相変わらずの勝負強さと安定した打棒を見せたが、故障に泣き出場数は移籍後最少に終わった。昨年も離脱があり、レギュラー復帰でも欠場する試合も多かった。打撃のほうではまたも3割5分とまたも高い得点圏打率をマークし、6ホーマー、48打点は自己最多。ただ極端な不振も目立ち、シーズン打率は移籍後最低だった。
出られさえすれば主力の選手だが、もともと故障が多く、年齢とともにフルシーズンのレギュラーというのは厳しくなってきた印象。しかし毎年変わらぬクラッチヒッターぶりは欠かせない戦力で、チャンスでの期待感は非常に高い。今季も存在感を見せるか。

高橋 信二

中軸打者、一塁転向型

右投右打 ベストナイン(09)、ゴールデングラブ(09)
津山工高 日本ハム97ドラフト7位〜11途中、巨人11途中〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 日本ハム 108 357 102 19 0 9 148 58 3 7 3 24 3 74 .286
09 日本ハム 134 508 157 22 1 8 205 75 7 7 3 35 5 78 .309
10 日本ハム 70 244 59 6 0 3 74 31 0 0 0 23 5 34 .242
通算 14年 801 2629 715 118 6 79 1082 392 21 30 21 171 35 501 .272

09年つなぐ4番打者として優勝に貢献の中心選手。08年までの捕手メインから一塁に軸足を移して大きく飛躍。
ドラフト7位と下位指名での入団で、02年までは全くの無名選手。しかし03年、ヒルマン監督に見出され早々に抜擢されると、持ち前の打力を存分に見せつけ急台頭。守備面では経験不足もいいところだったが、打撃では大いに長打力を発揮。いきなりレギュラー格となり12ホーマー。チャンスにも強いところを見せ、先行していた實松を完全に駆逐。ほぼ正捕手の座を手中に収めた。スイングはホームラン打者のもので、実質2年目の04年はさらに成長。ホームランは26本と倍増し、一時は4番にも座った。勝負強さも健在で、84打点はもう主軸打者の数字。打率も伸ばし、打者としては、もう7番辺りではもったいないレベルに。
順調に来ていたが、05年は思わぬブレーキ。開幕直後に満塁弾2発と派手な打棒を見せたが、膝の故障で戦線離脱。8月に再び膝を故障し、苦しいシーズンとなった。これで鶴岡の台頭を許し、復帰の06年はスタメンマスクを分け合う形に。当初低レベルだった守備力が向上した分打撃が目立たなくなった印象も。翌年は正捕手復権で100試合以上スタメンマスクを被ったが、打撃のほうはやや停滞期。打線全体が弱かった事情から主に5番を打ったが、成績は地味なものに終わった。
鶴岡の存在と、打力を活かしたいという思惑もあり、08年からは一塁での出場も増えてきた。それに伴って打撃も復調。かつての長打力が影を潜めた代わりに確実性が増した。08年は骨折での離脱もあったが、9月以降はチームトップの25打点を記録。
09年当初も一塁に新外国人ヒメネスがいたこともあって、まだポジションははっきりしない状態だった。しかし開幕から非常に打撃好調、膝の状態のこともあり、5月からは一塁がメインに。6月以降はもうほとんどマスクを被ることはなくなった。そしてこの時期から4番を任されるようになり、交流戦では4割1分で首位打者に。その後も安定した打棒を発揮し、5年ぶりの規定打席到達で自身初の3割達成。柔軟な打撃で勝負強さを発揮し、長打力ではなくつなぎの4番として活躍。ベストナインに一塁手としてのゴールデングラブを受賞。
しかし昨年はアクシデントに見舞われた。調子自体も波が激しかったが、7月に頭部死球を受け一時離脱。復帰したものの体調不良が治まらず8月頭に抹消され、以降を棒に振ることになってしまった。出場数半減で、成績も大きくダウン。
こうした事情もあって今季二軍でスタートしたが、開幕後巨人へ移籍。安定した打撃を取り戻したい。

高橋 由伸

好打者、故障低迷型

右投左打 Gグラブ(98〜03,07)、ベストナイン(99,07)
桐蔭学園高〜慶大 巨人98ドラフト1位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 91 275 65 11 0 17 127 41 1 0 1 30 5 76 .236
09 巨人 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000
10 巨人 116 280 75 9 0 13 123 56 2 0 6 44 2 75 .268
通算 13年 1377 4994 1483 252 8 277 2582 809 25 15 35 468 91 929 .297

かつて“天才打者”と謳われ、長年チームの中心打者として活躍してきた選手。ただ近年は故障の多さから影が薄くなっている。
大学屈指の強打者として注目され、争奪戦の末巨人入り。プロ入りするとすぐに能力の高さを見せ付け、1年目からレギュラーとなっていきなり3割。新人王こそライバル川上に譲るも、チームの中軸を担う存在となった。翌99年はさらに成績を伸ばし、3割とともに34ホーマー、98打点。主砲松井とともに打線の核として活躍し、1年置いた01年から4年連続の3割をマーク。
左打者特有の流し打ちはあまりせず、ボールを呼び込んでしっかり打つタイプ。特徴的なのは早打ちで、一球目から積極的に仕掛けてくる。タイミングを合わせるのが巧く、それが初球から振れる秘訣。3番を打っても5番を打っても似合う柔軟さを持ち、また当初は外野守備力も高く、タイトルを獲るほど突出はしないものの打撃三部門すべてにリーグ上位の成績を残し、高水準でまとまった強打者。
プロ入り以来目立ったスランプはなく過ごし強打者として君臨してきたが、30歳を越えた辺りから故障が目立つようになり、それとともに精彩を欠くようになってきた。05年は下半身の不安が一気に表出し、2度の長期離脱で入団以来続いていた100試合以上出場も途切れ、規定打席にも届かず。その流れは翌年も続き、5月末から1ヶ月リタイア。復帰後も打撃が振るわず平凡な成績に。
底力を見せたのが07年で、新たに1番に固定され、これがはまったか不振を脱出。開幕から好調を維持し、長期の離脱もなくシーズン完走。3年ぶりの3割30ホーマーを達成し、8年ぶりにベストナインにも選出。初回先頭打者ホームラン合計9本というプロ野球新記録を樹立した。
だが翌年はその反動のように一転して大不振。開幕から全く調子が上がらず、5月には腰痛で離脱。復帰後も冴えず、最後まで低打率に喘いだ。一発は出るものの2割前半の打率で終了。そして翌年はさらに落ち込み、腰の状態は戻らず、開幕からずっと二軍。8月末にようやく一軍に出たが、わずか1打席立っただけで腰痛再発。二軍でも5試合出場だけとほとんどゲームに出られないまま終わった。
さすがに力はある選手で落ち込んだままでは終わらず、昨年は一軍に復帰。ポジションを奪い返すとまではいかなかったが、準レギュラー格として3年ぶりに100試合以上出場。ただ好不調の波が非常に激しかったため、打率はあまり伸びなかった。波以上に東京ドームとそれ以外の球場とで成績が激変。13ホーマーすべてが本拠地でのもので、打率も3割4分に対してそれ以外の球場では1割台と極端な内弁慶状態だった。
09年の亀井、松本に続いて昨年は長野と外野陣は新旧交代が著しく、昨年は外野より一塁での先発のほうが多かった。腰に爆弾を抱えている状態から自然な成り行きだが、今季小笠原が一塁に戻るプランがあり、そうなると出られるところがなくなってしまう可能性も。ここで踏みとどまれるかどうか、ある意味正念場のシーズン。

谷 裕亮

遠回り捕手、一歩後退型

右投左打
小山北桜高〜富士重工〜白鴎大 ソフトバンク07ドラフト(大・社)3巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ソフトバンク 62 189 34 4 0 2 44 13 0 8 1 16 1 57 .180
09 ソフトバンク 25 62 13 1 0 0 14 5 0 2 0 7 1 18 .210
10 ソフトバンク 23 18 2 1 0 0 3 1 0 1 0 3 0 6 .111
通算 4年 122 292 52 8 0 2 66 23 0 13 1 31 2 96 .178

高卒後一度社会人を経てから大学に進んだ捕手。変則的なキャリアの理由は故障。社会人2年目に退部し、一浪して大学に進んだ。そのため入団時の年齢は若干高め。大学時にアマbP捕手と評され、大・社ドラフトでソフトバンクが「ポスト城島」として指名。
強肩に打力もある即戦力として大いに期待され、即レギュラーの声もあった1年目だったが、さすがにプロの壁は厚かった。わずか12試合の出場にとどまり、成績も低迷、大半を二軍で過ごすことに。2年目も当初二軍暮らしだったが、7月以降急台頭。
ようやくプロのスピードに慣れたか二軍で打撃好調。7月に的山が故障したことで入れ替わりに昇格すると、先発起用されるように。投手陣崩壊で連敗していた状況で、谷がスタメンになって失点が落ち着いたことから評価を大きく上げた。これ以降はほぼ正捕手となり、後半だけでチームトップの先発マスクを被った。
この結果を踏まえて、翌09年は開幕からスタメン固定。しかし前年悪くなかった守備面で不安定さを露呈。なんでもないフライを落球するなど、バタバタとした動きでミスが目に付いた。25試合の出場で3失策は多すぎ、5月頭にスタメンを外れると間もなく二軍落ち。その後田上が定着したこともあり、ほとんど昇格できずに終わった。
前年出来ていたことが出来なくなっていたのは不可解で、初めて一軍に出てきたように落ち着きがなかった。すっかり信用を落としたか、昨年は完全に控え。田上の不調に続き山崎が故障離脱という事態になっても出番はなく、スタメン出場はわずかに1試合のみだった。
スローイングには光るものがあるが、それ以外が頼りない。今季は細川がFAで加入し、さらに厳しい状況になることは必至。プロ入りが遅かったため年齢ももう中堅で、ここで踏ん張れないと一軍がかなり遠くなる。控えでもベンチに食い込めるか、正念場のシーズン。

高山 久

突如覚醒、遅咲き型

右投右打
九州学院高 西武00ドラフト1位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 25 42 10 2 0 0 12 3 0 0 0 1 0 10 .238
09 西武 3 11 2 0 0 1 5 3 0 1 1 1 0 2 .182
10 西武 116 382 111 23 2 11 171 48 4 5 3 25 8 100 .291
通算 11年 314 793 203 46 4 22 323 99 7 8 8 53 14 198 .256

プロ11年目の昨年、突然の開花でレギュラーを奪取した外野手。過去10年二軍を脱しきれずにいたが、別人のような活躍を見せた。
ドラフト1位入団で、2年目には早くも一軍で4ホーマーを記録。スイングの速さには定評があり、高校時代から評判の打力を早い内に一軍で発揮した。将来の中軸候補として期待を集めたが、その後停滞。02年プロの壁に突き当たり低迷すると、その後伸び悩みが続いた。03年は春先だけの一軍出場に留まり、04年は一軍出場なし。翌年は3年ぶりの一発を放ったが、シーズンの大半は二軍暮らし。
06年久々に持ち直し、55試合出場で初めて打席数が100を突破。自己最高の打率を残しいよいよ一軍定着かと思われたが、これが2年続かず。翌07年は立て続けに代打ホームランという活躍もあったものの、光ったのはここだけ。以降はさっぱりになり、また伸び悩みの印象を強めてしまった。出場数も徐々に減り始め、09年はシーズン終盤のわずか3試合のみという状態に。
同年代から年下の選手が一軍の主力で活躍する中すっかり取り残され、もう後のない立場だったが、昨年一気に大逆転に成功。開幕前からアピールし、初の開幕スタメン出場を勝ち取ると、そこから高打率を維持。ライトのレギュラーを勝ち取り、5月頭には早くもシーズン安打自己記録を更新。その後6月に一時落ち込み、故障で離脱という場面もあったが、復帰後後半も安定した活躍を続け、レギュラーとしてシーズンを完走。3割には届かなかったものの好成績を残し、09年までの通算を越えるヒットを1年で放った。二桁本塁打を含めすべての面で自己最高の記録。
活躍とともに、落合(現中日監督)ばりの「神主打法」が話題に。スイング自体は違うが、後ろ側の右足に深く体重をかけ、ゆったりと顔の前にバットを出す構えは非常に似ている。力まずボールを捉えられるようになり、広角に打ち分けて打率が急上昇した。またこれは以前からの持ち味だが、対左腕は4割近いアベレージを残し、滅法強かった。
昨年も一軍半のままなら戦力外もありうる状況から見事な開花。這い上がった底力で今季もポジションを確保したい。追い込まれてからのしぶとさが出れば3割も狙えるかもしれない。

田口 壮

ベテラン外野手、復帰型

右投右打 Gグラブ(95〜97,00,01)、ベストナイン(96)
西宮北高〜関学大 オリックス92ドラフト1位〜01、(米カージナルス02〜07、フィリーズ08、カブス09)、オリックス10〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
(08 PHI 88 91 20 5 1 0 27 9 3 4 0 8 0 14 .220)
(09 CHC 6 11 3 1 0 0 4 0 0 0 0 1 0 4 .273)
メジャー通算 8年 672 1369 382 74 7 19 527 163 39 31 10 102 12 195 .279
10 オリックス 53 119 31 6 0 3 46 10 1 2 2 7 1 28 .261
日本通算 11年 1160 4213 1165 214 21 70 1631 414 84 158 24 337 24 670 .277

8年ものメジャーでのプレーを経てきたベテラン外野手。昨年久しぶりに古巣加入で日本球界復帰。
大学時代屈指のショートとして話題となり、ドラフト1位でオリックス入り。即戦力と期待されたが、プロ生活は挫折から始まった。送球が非常に不安定で、47試合の出場で9失策を記録。打撃はそこそこもポジションを獲りきれず。翌年も守備の不安は解消されず、出場を減らしてしまった。
転機となったのは3年目の94年。この年就任の仰木監督によって外野起用がメインとなると、レギュラーに大きく前進。翌年からはほぼ外野に専念となり、フル出場で完全にレギュラーとなった。内野手時代守備に苦しんできた選手が、一転してレフトの名手と認知される存在に。すでにスターとなったイチロー、そしてベテランの本西と組む外野陣は鉄壁と評されチームの名物にもなった。
これ以降はレギュラーとして安定し7年連続規定打席到達。打撃のほうは平均レベルで、3割は1度もなし。突出した好成績も残さない代わりに極端な不振もなく、常に一定の成績を残し続けた。98,99年には内野に戻った時期も。01年オフFA宣言し、前年のイチローを追うようにメジャー移籍。
カージナルス移籍当初はマイナーのほうが長い状態だったが、04年100試合出場を果たすと、翌05年から3年間はレギュラー級の活躍。05年は4割の得点圏打率を残した。また06年、フィリーズ移籍後の08年にはワールドチャンピオンを経験。ただこのフィリーズ移籍から出番が減り、09年はカブスとマイナー契約でほとんど出場機会なし。シーズン終了後解雇となった。すると年明けてからオリックスと契約し、9年ぶりに日本復帰ということに。
すでに40歳というベテランながら、開幕2戦目にスタメン出場するといきなり3安打の復帰劇。序盤は非常に好調で味のある活躍を見せた。ただ4月後半に肉離れで離脱、これ以降は影が薄くなり出場も減少。ヒットの半分は序盤離脱までに放ったもので、5月以降の打率は2割台前半だった。
さすがに年齢からも多くは期待できず、後半はそれほど戦力にはならなかったが、まだまだ動けるところを見せた。今季も現役続行で、豊富な経験で存在感を見せる。

武内 晋一

代打屋、微前進型

左投左打
智弁和歌山高〜早大 ヤクルト06希望枠〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ヤクルト 116 169 39 11 2 1 57 13 2 3 0 7 3 37 .231
09 ヤクルト 112 144 37 4 0 2 47 13 0 1 1 15 1 23 .257
10 ヤクルト 109 142 38 9 0 6 65 22 0 0 0 16 4 38 .268
通算 5年 373 520 119 24 2 11 180 55 2 4 3 44 10 118 .229

希望獲得枠入団の外野手。少し時間はかかったものの、近年出番を増やし、緩やかながら成績も上昇中。
華々しいアマ球歴の持ち主で、高校時代は3度甲子園出場しセンバツ準優勝、夏の優勝を経験。大学でも早くからレギュラーとして数多のタイトルを獲得した。早稲田からヤクルトへは3年続けての入団で、青木と田中浩は元チームメイト。本来は一塁手だったが、プロでは外野も兼ねることに。即戦力の期待も大きかったが、ホームランこそ放ったもののわずか2安打、打率1割未満とレベル差を痛感させられる結果に終わった。二人の先輩同様2年目の飛躍も期待されたが、やはり打率は1割に届かない大低迷。二軍では首位打者獲得も完全に一軍の壁に跳ね返された。
期待を裏切るスタートとなったが、3年目の08年出場数急増。代打などで積極的に起用され100試合以上出場を果たした。成績は振るわなかったもののこれで一軍定着となり、09年は代打起用と同時に一塁の守備要員として起用された。わずかながら成績も向上。そして昨年も前年同様代打兼一塁守備固めとして多く起用され、3年連続100試合出場。打率の向上はわずかながら、自己最多の6ホーマーを放った。本当に少しずつだが前進を続けている。
ただ課題は数多く起用されながら代打成績が悪いこと。昨年もチームトップの45回起用されたが、打率は1割5分という低さ。過去3年いずれも代打成績は低く、1打席勝負に向いていないという印象。しかし外国人を競り落としてレギュラーというところまでは至っていない以上、ここでアピールする他はない。そろそろもう一歩突き抜けて欲しいところ。昨年対戦は少ないながら22打数10安打と左相手のほうがだいぶ分が良かった。

竹原 直隆

和製大砲、停滞型

左投右打
関西高〜城西大〜三菱自動車岡崎 ロッテ05ドラフト4巡〜11途中、オリックス11途中〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ロッテ 67 116 21 8 0 3 38 16 1 2 0 20 1 24 .181
09 ロッテ 89 215 49 9 1 5 75 30 2 6 2 34 5 61 .228
10 ロッテ 40 72 10 3 0 1 16 7 1 0 0 7 0 17 .139
通算 6年 272 548 112 26 0 17 191 76 6 10 6 73 6 134 .204

入団から2年連続ファームの本塁打王となった期待の長距離砲。先に一軍進出した大松とは同期入団で競り合う立場だったが、近年伸び悩み気味。
日本人には非常に珍しい、左投右打の選手。社会人のスラッガーとして知られた選手で、国際大会で4本塁打の活躍実績を持つ。プロ入りするとファームで本塁打量産。大松と競い合うように打ちまくり、23ホーマーでタイトル獲得。打点2位、打率3位とあわや三冠という成績を残した。2年目も本数こそ減ったものの本塁打と打点の二冠獲得。ただ一軍ではさっぱりで、この点では大松に遅れを取ってしまった。しかし勝負どころの3年目に一軍本格進出。
開幕一軍入りした07年は、序盤結果を残すことに成功。5月には待望の一軍初ホームランを放った。後半は持ち味を発揮して7ホーマーを放ちレギュラー争いに参戦。大きな前進のシーズンとなった。広い福岡ドームで4本放ち長距離砲としてアピール。
しかしさらなる飛躍が期待された翌年大きく足踏み。4月末までにわずか2安打と開幕から派手に躓き、以降も打撃低調。必然的に昇降格を繰り返すエレベーター状態に陥った。期待の一発もなかなか出ず、結局シーズン3ホーマー。打率は2割に届かず後退のシーズンに。
中軸となった大松とは随分水を開けられてしまった。09年は再び出場機会が増え、ほぼレフトの準レギュラーに。一発はあまり出なかったものの、7月末まではまずまずの成績を残していた。しかし8月以降64打数6安打という大不振に陥り、打率を一気に落としてしまった。そして昨年は大幅後退。前半は二軍が長く、出番の増えた後半はさっぱり打てず。出場数半減に加え1割台前半という低打率でシーズン終了。
どうも極端な不振が長期間続く傾向があり、昨年も7月以降は51打数4安打と1割にも届かない大スランプ。一発も6月に放ったのが唯一のものだった。打てなくなってしまうと左投げの使い勝手の悪さも際立ってしまう。今季開幕直後にオリックスへトレード、持ち味を取り戻して再台頭できるか。

武山 真吾

中堅捕手、急前進後退型

右投右打
享栄高 横浜03ドラフト10巡〜11、西武12〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 横浜 33 74 17 3 0 0 20 5 0 3 0 3 1 23 .230
09 横浜 49 120 29 5 0 0 34 5 1 2 0 7 1 35 .242
10 横浜 95 257 48 8 2 1 63 22 0 16 2 20 1 56 .187
11 横浜 46 88 11 3 0 1 17 5 0 6 1 4 3 26 .125
通算 9年 223 539 105 19 2 2 134 37 1 27 3 34 6 140 .195

08年の一軍初出場から10年筆頭捕手まで急上昇を果たした選手。正捕手有力候補として急台頭。
強肩強打の捕手として高校からドラフト下位でプロ入り。入団から5年は二軍で鍛えられてきた。徐々に力をつけ、07年は二軍でチームトップタイの9ホーマー、3割と打撃でアピール。1歳違いの斉藤とともに次の正捕手候補として浮上。
そして6年目に環境が大きく変化することに。5月末に昇格して守備で初出場、するとそのわずか10日後に鶴岡のトレードが決まり、いきなり2番手という立場となった。終盤9月以降は14試合に出場し、シーズン合計で22試合にスタメンマスクと一気に出番増加。相川が抜けた翌年は前半こそ二軍も、後半昇格すると混沌とする正捕手争いに参戦。49試合の内42試合で先発マスクを被り、これはチームで細山田に次ぐ数字だった。
そして翌年はさらに大きな前進のシーズンに。FA加入の橋本が不振に喘ぐ中、序盤非常に打撃好調。橋本が故障で離脱すると一気にポジション奪取となった。そのまま1番手としてシーズンを過ごし、前年から倍増の95試合に出場。81試合でスタメンマスクを被り、実質正捕手という立場に。
実績者の移籍からチームは2年続けてFA捕手を獲得したが、流動的な状況下の間隙を突いて台頭してきた。だが一方で売りの打撃はメインとなると急ブレーキ。昨年は序盤こそメインの捕手だったものの、再台頭の細山田に押され出番減少。黒羽根が台頭した後半は二軍暮らしと一転して大きく落ち込むシーズンとなった。出場数は半減し、正捕手争いから実質脱落。
4割台という高い盗塁阻止率をマークするなど光る部分もあったのだが…。シーズン後はトレードが決まり、今季は西武へ。この2年で環境が激変しているが、一軍に留まりアピールしたいところ。

田中 賢介

俊足好守、覚醒型

右投左打 ベストナイン(06,07,09,10)、Gグラブ(06〜10)
東福岡高 日本ハム00ドラフト2位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 日本ハム 144 536 159 32 9 11 242 63 21 26 3 62 11 80 .297
09 日本ハム 144 575 163 34 4 3 214 49 31 17 4 79 5 105 .283
10 日本ハム 143 576 193 24 4 5 240 54 34 7 5 72 2 66 .335
通算 11年 916 3017 857 139 38 35 1177 283 140 158 21 320 37 531 .284

リーグを代表する存在となった日本ハムの不動の二塁手。走攻守すべてにおいて安定した活躍を続ける中心選手。06年に急台頭、不動のセカンドとなった内野手。長らく期待されるも伸び悩んでいたが、一気に覚醒し主力に成長。
高校からドラフト2位入団。「次のショートストップ」「ポスト田中幸雄」として大いに期待された。特にバッティングセンスの高さが買われており、1年目からファームで3割をマーク、一軍昇格するとプロ初安打。2年目は打率を下げたものの出場機会を増やし、02年はさらに成績上昇。若いながら小技の技術もあり、もう数年でレギュラー確実というところまで成長した。
しかしここからちょっと伸び悩み。遊撃守備に難があり、手間取っている間に他の選手に押された格好となっていた。03年は低打率に喘ぎ、翌年は出場機会激減。木元や小田の成長で影が薄くなっていた。05年もファームで16ホーマーと力を見せるも一軍ではわずかな出場。これ以上停滞が続くようだと危ないのではという声も上がり始めていた。
しかし開幕一軍に食い込んだ06年、そんな不安を一蹴した。マシーアス・木元の不振に乗じて二塁レギュラーを奪取、交流戦中盤頃から2番に座り始め、一気に規定打席に達しての3割達成。リーグトップの犠打も記録し、まさに大飛躍の1年となった。
打撃センスの高さはあったが、二塁に専念して守備力も大きく向上。実質2年目の07年は全体的には低調で打率を大きく下げたが、ほぼフル出場でリーグ新となる58犠打を記録。もうすっかり安定戦力となり、08年は中軸の3番を多く任され中心打者の一角に。3割には一歩届かなかったものの、初の二桁本塁打で自己最多の63打点。いずれもチーム3位の数字で、さらに存在感を高めた。
二塁定着以降は目覚しい充実振り。09年は1番を任され、リーグ新記録となる680打席を記録。打率は前年より若干落とすも、リーグ最多の79四球を選び出塁役として貢献。さらに500打席以上では40年ぶりとなるシーズン併殺打0という記録も残した。昨年はさらに絶好調。開幕から打棒が冴え、6月には月間打率4割超。4年ぶりの3割はリーグ2位の高打率で自己ベスト更新。得点圏打率も4割を越えリーグトップと、隙のない活躍を見せた。盗塁数も自己最多。
昨年は三振が大幅に減り、四球・出塁率ともにチームトップ。1番として申し分のない成績を残した。ただ昨年の17失策はちょっと多すぎで、守備面ではやや精彩を欠くところも見られた。ここは今季に向けて修正したいポイント。

田中 大二郎

スラッガー候補、途上型

左投左打
東海大相模高 巨人07ドラフト(高)3巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000
09 巨人 5 12 1 0 0 0 1 0 0 0 0 1 1 1 .083
10 巨人 - - - - - - - - - - - - - - -
11 巨人 25 39 6 3 0 0 9 1 0 2 0 2 4 6 .154
通算 5年 31 52 7 3 0 0 10 1 0 2 0 3 5 8 .135
11年成績は7/24現在

5年目の今季チーム事情から一軍抜擢を受けた若手選手。結果は芳しくなかったものの、将来の強打者候補として期待される存在。
高校時代は早いうちから強豪高の主砲となり、センバツで2試合連続ホーマーなど高校通算44ホーマー。高校生ドラフト3巡で巨人に指名されプロ入り。もともとは一塁だが肩が強いといわれ、登録は外野に。1年目からファームでフル出場し、打率は低いながらもチームトップの10本塁打、44打点を記録。これ以降二軍では3年連続二桁本塁打を放ち、09年には一軍で初安打も記録。
内野登録となった今季は開幕一軍入り。主に代打で起用されていたが、レギュラー陣に不振と離脱が相次ぎ、5月半ばにはスタメン起用が続くなど出番が増えた。代打ではそこそこ打てていてもスタメンになると1割をやっと越える状態と力不足を露呈してしまったが、大きな経験を積んだ。
6安打中3本が二塁打とスラッガーの片鱗は見せた。二軍で1割台と不振に陥っておりまだまだ課題は山積だが、同期入団ですでに中心選手となっている坂本に少しでも追いついていきたいところ。高校の後輩大田とどちらが先に一軍定着まで進めるか。

田中 浩康

不動二塁、攻守安定型

右投右打 ベストナイン(07)
尽誠学園高〜早大 ヤクルト05自由枠〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ヤクルト 144 510 148 19 1 5 184 50 4 34 4 45 11 72 .290
09 ヤクルト 130 434 112 24 2 4 152 35 6 38 4 34 4 50 .258
10 ヤクルト 140 516 155 16 2 4 187 54 4 45 3 67 6 48 .300
通算 6年 627 2129 607 95 13 23 797 212 24 180 16 198 27 269 .285

ヤクルト不動のセカンドを務める内野手。派手さはないものの、打線のつなぎ役と堅守で安定した活躍を続ける。
早大から入って、1年目ファーム、2年目台頭というのは1年先輩の青木(青木が早生まれで年齢は同じ)と全く同コース。自由枠入団の1年目は二軍でレギュラーとして働いた。翌06年は開幕一軍入りも、前半はエレベーター状態。しかし夏場になると急台頭を見せ、7,8月に3割4分と打ちまくり一軍定着。終盤失速して打率は落ちたが、実質1年目としてはまずまずの結果を残した。当初のショートからラロッカ離脱後はセカンドのポジションを固め、これ以降は完全なレギュラーに。翌年は序盤絶不調も5月以降急上昇し、3割近いアベレージを残して飛躍に成功。主に2番を任されリーグトップの犠打を記録した。三塁打8本もリーグトップ。
特にこれといった際立った部分はないものの、どこをとってもソツなくまとまった好選手。二塁守備は堅実で、走攻守すべてにバランスの取れた力を持つ。目立ちにくいが打線のつなぎ役としてうってつけの選手。
08年は3番や5番といった中軸に入ることも多く、打順が一定しない中で前年並みの成績を残し、改めて器用さを印象付けた。ただ09年は調子にムラがあり成績ダウン。序盤と終盤に大きな不調があり打率をだいぶ落とした。犠打はリーグトップもやや物足りないシーズンに。
しかし昨年は持ち味を存分に発揮。2番に固定されると好調なスタートを切り、5月に一度落ち込んだものの、6月3割6分と大きく巻き返し。後半も安定した状態を続け、3割を維持したままシーズンを終えた。安打数とともに打点54も自己最多で、2番として犠打も前年を上回る数字。
目を惹くのが四球の大幅な増加で、前年から倍増。67はリーグで3番目の多さで、当然出塁率も高水準。三振も減り、非常にしぶとさを発揮した。過去2年苦手にしていた横浜戦も好成績。はっきり役割が固まったことが功を奏したかもしれない。穴のない選手で、今季もいやらしい存在となりそう。

田中 雅彦

変り種捕手、便利屋型

右投右打
PL学園高〜近大 ロッテ04ドラフト4巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ロッテ 45 66 17 2 0 0 19 5 2 2 0 5 0 13 .258
09 ロッテ 41 64 17 3 0 1 23 8 6 4 2 5 0 17 .266
10 ロッテ 11 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 .000
11 ロッテ 30 67 14 4 0 0 18 2 0 2 0 3 0 16 .209
通算 8年 141 219 49 9 0 1 61 16 8 10 2 14 0 55 .224

控え捕手というよりも控え内野手の色のほうが濃かった異色の選手。近年捕手に重心を移したが、長年便利屋的存在だった。
高校・大学ともに大西(横→ソ)と同期。ロッテ入りすると早くから捕手らしからぬ俊敏さが評価され、2年目から内野も守るように。3年目には内野での出番のほうが多くなり、07年初出場の一軍でもマスクは被らず守ったのは二塁と三塁。「内野もこなす捕手」というよりは「捕手もできる内野手」というほうが近かった印象。
08年は里崎の故障という時期があって一軍でもマスクを被ったが、やはり起用は内野が中心。17の先発出場のうち15が二塁でのものだった。出番は大幅に増え、8月以降は打撃でも好結果。一気に一軍定着が近付いた。09年は出場数ほぼ横這いだったが、6月以降一軍にほぼ定着。代打で12打数5安打という好成績を残し、前年より数字を上昇させてきた。6盗塁と脚力も発揮。
しかし橋本が抜け捕手としてチャンス到来と思われた翌年は、予想に反して大きく後退。移籍の的場が2番手に定着したことから、シーズンのほとんどを二軍で過ごすことに。終盤離脱の里崎に代わって一軍昇格したが、先発機会は一度もなく、わずかな出場に留まった。出場のなかった06年以来のシーズンノーヒットに。
昨年も一軍が遠く、夏場まではずっと二軍暮らし。ただ後半から終盤、里崎が離脱がちだった時期に昇格すると今度は積極的に起用された。スタメンマスク22試合を含む30試合に出場と前年よりやや上向きに。
チームの捕手事情は故障がちな里崎とベテラン的場以外の選手にほとんど実績がなく、ポスト里崎が混迷の状態。田中も若くはないが、捕手に絞った以上チャンスは狙いたいところ。今季は出番をもっと増やしたい。

谷 佳知

堅実派、中距離型

右投右打 ベストナイン(99,01〜04)、Gグラブ(01〜04)、盗塁王(02)、最多安打(03)
尽誠学園高〜大商大〜三菱自動車岡崎 オリックス97ドラフト2位〜06、巨人07〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 120 349 103 17 0 10 150 45 5 6 0 17 1 43 .295
09 巨人 101 287 95 23 1 11 153 48 3 3 1 22 3 44 .331
10 巨人 84 176 42 6 0 2 54 10 2 4 1 13 1 32 .239
通算 14年 1683 6057 1818 341 20 130 2589 708 164 56 43 507 32 624 .300

豊富な実績を誇るベテラン外野手。4年連続を含む5度の3割を記録し、長年中心打者として活躍。シーズン52本の二塁打最多記録保持者。
社会人からオリックス入りすると、1年目から即レギュラー獲得。穴の少ない実戦的なバッティングと俊足で、イチロー・田口のオリックス外野陣に完全に割って入った。これ以降特に壁に当たることも無く、安定した成績を残し続けた。5年目の01年に初の3割をマークすると、翌年からは首位打者争いの常連に。そのタイトルには届かなかったが、02年には9割超という圧倒的な成功率で盗塁王(成功率9割の盗塁王は木塚以来半世紀ぶりで、谷以降は出ていない)、続く03年は最多安打のタイトル獲得。チームどころかリーグの顔とも言える存在に上り詰めた。
内角球に強いのが特徴で、軸足できれいに回転するフォームは基本に忠実で素直な形。特筆するほどのパワーは無いが、高い打撃センスの持ち主。ただ脚力の割に守備力は、4年連続ゴールデングラブ受賞というほどには良くはない。03年は両翼の守備が不安定だったあおりも受けて11失策と散々だった。センターは少し微妙な印象で、04年は村松の加入でレフトに廻った。
間違いなくプロ屈指の好打者、だったが、04年五輪出場で負傷。これ以降精彩を欠くシーズンが続いた。05年は開幕に出遅れ序盤から低迷。4年続いていた3割どころか2割台前半と不振に喘いだ。翌年も復調はならず、最初から最後まで目立たないまま終わった。
下半身を痛めて以降色褪せた印象もあったが、若手二人との交換で巨人へ移籍した07年に復調。2番レフトに収まると開幕から久々の打棒全開。コンスタントに打ち続け、3年ぶりの3割復権を果たした。同時に10盗塁と脚も復活。オリックス時代は中心打者だったため、実は二桁の犠打というのはこれが初めて。
ようやく体調が戻って本領発揮。ラミレス加入でセンターに廻った08年は序盤の不振で一時ポジションを失いかけたが、4月後半から復調し以降は安定した活躍。主に5〜7番を任され堅実な成績を残し、代打では22打席で出塁率5割と貫禄の結果も残した。亀井・松本の台頭から09年は一歩引いた形で控えに廻ることも多くなったが、打撃のほうは好調持続。シーズン通して高打率を維持し、終盤9月以降は6ホーマーを放つ活躍。打席数は減ったものの3割越えで優勝戦力に。
移籍以降は好調に推移してきたが、昨年は低調。序盤不振でスタートし、その後もあまり大きくは向上しなかった。チームトップの起用数と代打の切り札的存在だったが、その代打成績も振るわなかった。出場数・打席数ともに自己最少、そして自己ワーストの打率でシーズンを終えた。
チーム状況から先発機会の減少は予想できたが、代打であまり打てなかったのは少々誤算だった。今季で38歳という年齢を考えると、よほど存在感を見せないとますます出番が減る可能性が高い。再度意地を見せられるか。

谷繁 元信

ベテラン捕手、不動型

右投右打 ベストナイン(98)、Gグラブ(98,06,07,09)
江の川高 大洋・横浜89ドラフト1位〜01、中日02〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 中日 113 329 77 18 0 2 101 27 0 9 1 39 6 45 .234
09 中日 115 298 62 7 0 9 96 33 0 19 4 44 3 62 .208
10 中日 110 308 75 15 0 7 111 32 0 11 1 42 5 81 .244
通算 22年 2534 7459 1810 344 20 210 2824 916 31 213 54 955 102 1605 .243

息の長い活躍を続ける中日の正捕手。横浜時代からすでに不動の地位を築き、移籍以降も投手陣をリードする要の存在。
超高校級の逸材捕手と注目され、ドラフト1位と大きな期待を受けてのプロ入り。高卒1年目から80試合に出場と、将来の正捕手を確約されたも同然だった。ただ当時の一軍捕手、市川や秋元といったところをなかなか抜けず。その原因は一にも二にもディフェンス。どちらかというとムラのある性格で、特にリードにはかなり苦労していた。打撃も確実性がなく、93,94年に正捕手となるも95年はまた秋元と併用状態に。
しかし3割を記録して磐石のレギュラーとなった96年頃からリードも急成長。特に優勝時にはリリーフ投手を巧みにリードし、「古田と甲乙つけがたい」とまで言われるほどになった。もともと評価の高かった強肩も、スローイング術を磨くことで高レベルの盗塁阻止率を記録。またキャッチング技術は日本一とも言われるほどに成長。
だが佐々木が退団した辺りから、どうも淡白なところが目立つようになった。生来のムラッ気が顔を出し始め、就任した森監督とは噛み合わなかった印象。それを嫌ってか01年オフにFA宣言。当初はメジャー行きを公言していたが、当時中村の衰えが深刻化していた中日入り。谷繁獲得に憤慨した中村は移籍志願し、前代未聞の正捕手入れ替わりという移籍劇となった。
予想外の中日入りだったが、移籍後は予想以上に活躍。それまで打つほうではさほど目立っていなかったが、01年から急激にホームランが増え、その傾向は移籍後も継続。移籍初年の02年は自己最多の24ホーマーを放ち、確実性は乏しいものの、チームにない一発長打を持つとあって中軸を打つこともしばしば。年とともにさすがに一発ラッシュは消え、近年打撃のほうはすっかり低打率に落ち着いたが、しかし守備面での存在感は依然健在。正捕手としてチームを引っ張り続け、後続を寄せ付けていない。05〜07年まで3年連続4割台の盗塁阻止率を記録。
さすがに40歳近いとあって体調不安が見え始め、08年は故障で1ヶ月離脱。09年は移籍の小山を起用する試合も多く、先発マスクは98試合にとどまった。リーグ最多の捕逸を記録するなど衰えも感じさせたが、昨年も引き続き正捕手に君臨。7月以降の後半3割近い打率と久々に打撃で活躍を見せた。盗塁阻止率は依然リーグ2位の高水準。
昨年は巨人戦に滅法強く、対戦打率3割8分をマーク。ヒットの3割以上、半分近い二塁打をこのカードで放った。40歳の大台に乗り、「ポスト谷繁」は急務の課題なのだが、依然として後続を大きく引き離す存在。どこまで時代は続くか。

田上 秀則

パンチ力、移籍開花型

右投右打 ベストナイン(09)
大産大付高〜九州共立大 中日02ドラフト3巡〜05、ソフトバンク06〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ソフトバンク 52 144 38 8 1 4 60 13 0 2 1 4 1 32 .264
09 ソフトバンク 138 463 116 16 1 26 212 80 0 18 5 29 5 122 .251
10 ソフトバンク 84 232 47 11 0 7 79 25 0 11 1 10 1 61 .203
通算 9年 440 1313 327 56 3 49 536 176 0 42 12 60 9 312 .249

戦力外から這い上がり、09年正捕手となった選手。城島退団以降混戦が続いていたポジション争いを強打で制した。
谷繁の後継候補として中日入り。当初は9番という背番号を貰っていた。捕手としてよりも打者としての魅力があり、2年目にファームで本塁打王を獲得。一時は4番候補に挙げられたことも。しかし一軍の壁は厚く、05年は故障の影響で不振。オフには戦力外となり、トライアウトを経てソフトバンク入り。
移籍後も開幕は二軍で、成績も芳しくなかったが、5月の下旬に「打てる捕手を」ということで一軍に抜擢。これが大きな転機となった。先発出場した試合でプロ初ホームラン。これ以降強打で大いにアピールし、一気に一軍定着に成功した。後半はDHで3番に座る機会が急増。戦力外から一転、一躍中軸に座ることに。一時は内野転向も視野に入れていたが、改めて捕手で勝負の07年はさらに出場数増加。先行していた山崎・的場が低調で、先発マスク56試合はチーム2番目。打撃では二人を大きく引き離し、9ホーマーをマーク。正捕手候補の一人に数えられることに。
移籍で視界が大きく開けた。大学が九州共立で、新垣や馬原はかつてのチームメイト。環境が合っていたのかもしれない。長打力が最大の魅力で、特に左投手の内に入ってくる球にはスイングの軌道が合って非常に強い。
08年は試合中の故障で長期離脱、不在の間に谷が台頭しポジション争いから一歩後退。09年も序盤は控えに廻っていた。しかし谷が攻守ともに期待を裏切り脱落すると形勢逆転。5月中からスタメンに定着し、交流戦での活躍で打線に欠かせぬ存在となった。それ以降は完全に正捕手となり、打率のほうは後半下がっていったものの初の二桁本塁打はチーム最多26本を記録。打点もチーム2位タイで、一気に主力の一角に食い込んだ。ベストナインに選出され、大飛躍の1年に。
城島日本復帰でもフロントの反応が鈍かったのは田上の存在あったればこそ。ところが昨年は一転して大不振に陥り、ポジションを失うことに。開幕から1ヶ月でわずか3安打、1割にも届かぬ低迷で4月後半には一時二軍落ち。巻き返した山崎が予想以上の健闘を見せたことから、前半は完全に控えとなった。その山崎が故障離脱で再びチャンスを得、7月は好調なところも見せたが長続きせず。前年より大幅減の先発68試合に留まり、山崎の後塵を拝することに。
得意なはずの左投手まで打てず、打撃がダメになると守備の拙さが余計に目立った。捕逸5はリーグで嶋に次ぐ多さで、盗塁阻止率に至っては1割も遠いという惨状。劣勢が続くと投げやりになってしまう傾向がうかがえ、表情にはっきり出てしまう点も大きなマイナス。すっかり信用を落としたところで、今季は細川がFA加入。一気に出番が減る可能性も高い。とにかく持ち味の打撃を取り戻し、その上でさらに守備力の改善が必須。

多村 仁志 (仁)

スラッガー、故障連発型

右投右打 ベストナイン(10)
横浜高 横浜95ドラフト4位〜06、ソフトバンク07〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ソフトバンク 39 149 45 6 1 3 62 15 0 0 1 6 2 29 .302
09 ソフトバンク 93 308 87 17 1 17 157 57 0 0 4 22 4 66 .282
10 ソフトバンク 140 513 166 33 1 27 282 89 2 0 3 33 10 93 .324
通算 16年 990 3225 931 161 11 171 1627 525 41 6 15 237 41 775 .289

俊足・強肩・好守・強打を兼ね備える一方、あまりにも多すぎる故障でも知られる外野手。球界屈指の能力を持ちながら、常に離脱の不安と隣り合わせの存在。03年から急台頭で中軸に座り、04年横浜日本人初の40ホーマーを記録したスラッガー。
高校から横浜入り。右方向にも一発が放てる打者で、地元出身でもあり、その能力の高さは大いに期待されていた。入団3年目に一軍初登場、その年早くも初ホームランを記録するが、ここから苦難が始まった。ここぞというところでことごとく故障離脱し、これが完全に成長を阻害していた。98,99年は二軍暮らし。00年代打でチャンスを掴み7ホーマーをマークするも、その後2年はまた低調。高校時代からの満身創痍状態はなかなか治らず、せっかくの素質をなかなか発揮できず。
だが03年に18ホーマーを放ち、一気に一軍定着。そして翌年、3割40ホーマー100打点の大台を突破してレギュラーから中軸へと一気にジャンプアップした。横浜の日本人選手では初めての40ホーマーで、プロ入り10年目にして大器が開花。守備面でも能力の高さを発揮し、三拍子揃った球界でも屈指の外野手に。この結果は勢いだけでなく、翌年も交流戦12本と量産し前半だけで21ホーマー、2年連続の3割30ホーマーをクリア。
だがこの年はぎっくり腰などで離脱し後半失速。そしてWBC出場の翌06年は故障の連続に。6月以降はほとんど試合に出られず、わずか39試合の出場にとどまり、ホームランも4年ぶりに一桁に終わった。故障の多さもつとに有名となってしまった。
寺原とのトレードで07年からソフトバンクへ。不在だった3番適任者として大いに期待されたが、スタートこそ良かったもののその後はもう一つの状態。珍しく欠場は少なかったものの、成績のほうは平凡なものに終わった。巻き返しを図った翌年は4月末守備での交錯で骨折というアクシデントに見舞われ、シーズンの大半を棒に振ることに。開幕に出遅れた09年は昇格すると打棒が冴え、前半はかなりの活躍。だが後半細かい欠場が増えるにつれ調子も急降下。久々に存在感を見せた一方で持続力のなさも露呈してしまった。
移籍後も相変わらず不完全燃焼が続いていたが、昨年は実に久々にシーズン通しての活躍を見せ、能力の高さを見せ付けた。開幕から離脱もなく中軸に座り、交流戦で4割以上打ち首位打者に。後半に入っても今度は勢いは止まらず、シーズン最後まで完走。自己最高の打率で5年ぶりの3割クリア、そして27ホーマー、89打点を記録してチーム三冠王となり優勝に大きく貢献。移籍後最高の成績を残した。
まともに出られさえすればやはり能力は一級品。高いところからバットを振り下ろして運ぶ打球は、弾道が低めでも外野でグンと伸びる。問題はこれが続くかどうかで、実を言えば昨年もゲーム終盤ベンチに下がることが多く、首脳陣が非常に慎重に起用していた。オフにFA宣言も残留。2年活躍を続けられるか。