長野 久義

即戦力外野手、中距離型

右投右打 新人王(10)
筑陽学園高〜日大〜Honda 巨人10ドラフト1位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
10 巨人 128 430 124 24 3 19 211 52 12 2 0 25 2 72 .288
通算 1年

2度のドラフト指名拒否を経て、念願の巨人入りを果たした外野手。1年目からレギュラーとなり新人王の活躍を見せた。
外野手となった大学から急激に伸びた選手で、最終学年で春秋連続首位打者の急成長を遂げ、その年の大・社ドラフトで日本ハムから4巡指名。しかしドラフト前から巨人入りを熱望しており、入団拒否して社会人へ。1年目から社会人ベストナインに選出されるなど活躍を見せ、08年ドラフトで今度はロッテから2位指名を受けたが、これも拒否。社会人に1年残留した後、念願の巨人から1位指名を受けてようやくプロ入りとなった。
最近では珍しい巨人へのこだわりが話題となったが、入団すると即結果を出した。開幕直後から打撃でアピールし、不振の亀井からライトのポジションを奪取。松本が故障するとセンターも兼ね、完全にレギュラーに定着。交流戦では1割5分と極度の不振に喘ぐも、その後持ち直し夏場7,8月は3割5分の好調。終盤また大不振に陥ったものの、1年目から規定打席に到達しまずまずの打率。19ホーマー放ち12盗塁も決めて、なかなかの好成績を残した。圧倒的な得票で新人王獲得。
誤算のあった外野陣を救う存在となった。打席のかなり後ろに構える選手で、低めの対応はやや難があるものの、初球から積極的に振ってくる割には追い込まれてもなかなかしぶとい。また右方向にも長打があり、一発の警戒も必要な打者。
入団までの経緯から即結果が欲しい立場ではあったが、これだけの成績を残したのは見事というほかない。阪神戦に滅法強く、4割超の対戦打率をマークした。3割20ホーマーは充分可能な力量。