中日ドラゴンズ

 0 金剛 弘樹

フォーク投手、二軍の帝王型

右投右打
帝京高〜立正大〜朝日生命〜日本通運 中日05ドラフト9巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 12 0 0 0 0 1 12 2/3 19 0 10 5 0 1 9 6.39
09 中日 - - - - - - - - - - - - - - -
10 中日 2 0 0 1 0 0 2 1/3 4 1 1 2 0 0 4 15.43
11 中日 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 7年 27 0 0 1 0 1 28 2/3 42 5 20 16 1 5 26 8.16

なかなか浮上できない一軍半の右腕。二軍では不動の存在として活躍も、一軍ではここまで結果を残せていない。
アマチュア歴が長いが、その間も何度かドラフト候補に名前の挙がった存在。かなり下位だったがドラフト指名され中日入り。デビュー時26歳ということで1年目から一軍登板を果たしたが、粗っぽい投球で結果は残せず。以降も時折昇格するものの内容が伴わず、一軍定着には程遠い状態が続いている。
フォークを絶対の武器にする投手で、タイプとしてはリリーフ向き。ただ投球全体がかなり未熟で、一軍には一歩も二歩も足りない印象。こういうタイプらしく暴投も非常に多い。
07年ウエスタンのセーブ王を獲得したが、08年も一軍では傾向は変わらず。初の二桁試合登板も12試合中7試合に失点ではアピールできなかった。これ以降は一軍に呼ばれる機会が大幅に減り、ほぼ二軍定住状態。09年は13セーブで再びウエスタンのセーブ王となったが、一軍登板はなかった。10年は交流戦で2試合登板したものの、いずれも失点し、サヨナラ被弾でプロ初黒星を記録。
昨年は09年に続いて一軍登板なし。ファームでは31試合で失点わずか2と相変わらず無敵状態で、14セーブは同僚矢地と並んでウエスタンセーブ王。だがこのタイトルがすでに3度目というのが問題で、台頭のきっかけとしては弱い。もう32歳という年齢でこの一軍実績は貧弱としか言えず、いつ整理されてもおかしくない状況は変わらない。今度こそ二軍の帝王から脱却できるか否か、今季はそろそろ一杯一杯。

12 清水 昭信

速球派、荒れ球型

右投右打
三重高〜名城大 中日07ドラフト(大・社)6巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 15 1 2 2 0 2 44 34 2 33 17 5 0 12 2.45
09 中日 8 0 0 1 0 1 4 2/3 3 0 4 6 1 0 2 3.86
10 中日 44 0 1 1 0 8 63 1/3 53 5 56 30 7 7 32 4.55
11 中日 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 5年 67 1 3 4 0 11 112 90 7 93 53 13 7 46 3.70

08年後半先発連勝で注目された右腕。終盤先発にリリーフにと使われ一軍定着の足がかりを得た。
高校卒業時に米パドレスの入団テストに挑み、最終選考まで残るも不合格。ここで一度就職するも、一浪して名城大に進んだ経歴を持つ。そのため浅尾とは同期入団だが、年齢では一つ上。分離ドラフトの6巡指名で中日入り。
1年目は前半故障に苦しみ二軍暮らし。2年目の7月に初昇格しリリーフでしばらく投げていたが、1ヶ月持たずに二軍落ちとここまでは目立つ存在ではなかった。しかし8月末に再昇格すると初先発初勝利、続く登板では完投勝利を挙げ、一躍その名を高めた。その後勝ち星はなかったが、リリーフでなかなかのところを見せて最後まで一軍に留まり続けた。
140km台中盤から150kmの速球とフォークを主な武器とする。速球主体の力の投球をするタイプで球威が魅力。反面制球は粗削りでやや難あり。
前年の活躍から開幕一軍入りの09年だったが、制球難が顔を出し4月中旬に二軍落ち。その後二軍でも四球多発で再浮上できなかった。しかし10年はリリーフに廻って一軍定着。序盤4イニングや5イニングのロングリリーフをこなし、戦力となった。7月には2年ぶりの勝利を挙げ、自己最多の44試合に登板。
ただ四球は依然多めで、そこからの失点から防御率はいまひとつ。そして昨年は一転一軍登板できないまま終わってしまった。投手陣が好調というのもあったが、それ以上に自身が不調。17試合で防御率6点台の二軍成績では割り込みようもなかった。
昨年二軍でも19イニングで11四球と課題の粗さはなかなか解消されない。この制球難を克服できないと、チーム状況を考えればなかなか浮上は難しい。もう一段二段のレベルアップが必要。

13 岩瀬 仁紀

鉄壁左腕、守護神型

左投左打 最優秀中継ぎ(99,00,03)、最多セーブ(05,06,09,10)
西尾東高〜愛知大〜NTT東海 中日99ドラフト2位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 51 0 3 3 36 5 49 55 2 41 10 0 0 16 2.94
09 中日 54 0 2 3 41 1 46 2/3 41 2 34 13 2 2 11 2.12
10 中日 54 0 1 3 42 3 48 47 1 41 13 2 1 12 2.25
11 中日 56 0 0 1 37 7 48 2/3 50 1 45 10 2 0 8 1.48
通算 13年 746 0 50 35 313 26 769 659 30 695 178 21 12 173 2.02

輝かしい実績を誇るリリーフ左腕。絶対の武器であるスライダーで打者を牛耳り、入団からここまで常に50試合以上登板という鉄腕。中日投手陣を支える重要な存在で、紛れもない守護神。
1年目の99年からリーグトップの65試合登板で10勝という破格の成績を残してデビュー。MVP級の活躍でチーム優勝の原動力にもなった。疲れを懸念する周囲の不安を吹き飛ばすように翌年もリリーフで10勝。接戦に非常に強く、重要度では1イニング限定のクローザー以上の存在だった。3度の中継ぎタイトルに輝き、日本代表にも文句なしの選出。
スリークォーターで低いところから腕が出てくるため、スライダーは真横にゾーンを横切るような球筋。左打者にはもちろん、右打者にも鋭く食い込んで捉えづらい球種で、スピードも充分にある。昨今主流の、言うなればよくいるタイプではあるのだが、滅多に高めに浮かない制球力も含めてすべての面でハイレベル。このタイプの完成形といっても過言ではない。
長年セットアッパーを務め、大塚が抜けた04年からストッパーに廻った。この年序盤は疲労からかスライダーがあまり切れず、これまでになく打ち込まれる場面が目立った。それでも不調は前半だけで、後半は非常に安定。翌05年は開幕から万全で、絶対の守護神として君臨。46セーブを挙げ、98年の佐々木(横)を抜いてシーズン新記録を樹立した。被本塁打0というのも凄まじい。
不調が長引かない、引きずらないのはリリーフとして理想的。これ以降鉄壁のクローザーとして君臨し、3年連続40セーブの記録樹立。ただ08年は、若干その輝きに翳りもちらついた。絶好スタートも5月中旬以降はやや失点が目立つように。五輪で散々に打ち込まれた印象が強いが、シーズンでも以前ほどの安定感ではなく、3点近い防御率は4年ぶりで、通算防御率も2点台となった。 しかし確かに衰えを見せながらも大崩れはせず、引き続きクローザーに君臨。09年は体調不良で終盤登板しない時期もあったが、自身4度目、両リーグ唯一の40セーブ到達で3年ぶりにタイトル奪還。そして10年も変わらぬペースでセーブを量産し、またも40セーブ突破で2年連続4度目のタイトルに輝いた。
昨年は序盤10登板で6失点と不安定なスタート。それでも抑えとして登板を重ね、6月に通算セーブ日本記録更新。37セーブを挙げ、通算では前人未到の300セーブ突破。防御率も最終的に5年ぶりの1点台としてシーズンを終えた。
ただ右打者に3割打たれた前年に続き、確実に昔のボールではなくなっている。抑えてはいるものの昨年の被打率は平凡な数字で、被出塁率3割はクローザーとしてかなり物足りないもの。浅尾の信頼感が高まっており、配置が逆になるケースも見られた。そろそろ限界かと言われつつも数年経っているが、果たして今季は。

14 朝倉 健太

先発右腕、隔年型

右投右打
東邦高 中日00ドラフト1位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 12 1 3 4 0 2 56 1/3 67 5 30 20 1 2 21 3.36
09 中日 24 0 10 8 0 0 151 1/3 159 14 83 45 9 7 68 4.04
10 中日 9 0 3 6 0 0 41 1/3 56 8 31 13 2 0 26 5.66
11 中日 2 0 0 1 0 0 7 10 2 4 4 0 0 7 9.00
通算 12年 192 16 61 63 0 2 1030 2/3 1144 85 675 346 30 43 442 3.86

二桁勝利4度記録の先発型右腕。高校時代には岡本(元阪神)との二枚看板で甲子園でも活躍しドラフト1位指名でプロ入り。
「将来のエース」という球団の期待は非常に高く、入団1年目から一軍登板を経験。制球の粗っぽさでなかなか勝てなかったが、3年目の02年に開花。野口が離脱して手薄になった先発陣に割って入り、初勝利はおろか一気に二桁勝利を記録。11敗は喫したものの、200イニングで防御率は2点台と安定し、次世代のエース誕生と大いに期待された。走者なしの場面でもクィックで投げ込む「すり足投法」も話題を呼んだ。
しかし、翌年肘を故障してから、ちょっと足踏み。03年は前年の疲労からか滅多打ちが続き、再調整で二軍落ちするとまもなく故障発覚。ほぼ一年を棒に振る重症で、これは大きな痛手となった。04年に戦列復帰したものの、登板数少なめで3勝。復活を期待された05年ももうひとつで、輝きを取り戻すまでには至らず。
パッとしない状態が続いていたが、復帰3年目となった06年は一気に素質開花。当初はリリーフも5月からローテーション復帰。常に2点台の防御率を維持する安定感で4年ぶりの二桁勝利は自己最多の13勝。エース川上に次ぐ存在として大きく飛躍を遂げた。翌07年も主力投手としての立場は揺るがず、7,8月の夏場に7勝を稼ぐ活躍で2年連続の二桁勝利。シュートを習得したことで投球の幅が広がり、安定感を発揮できるようになった。
かつては150km球の速球とフォークを武器としていたが、この辺りから若干スピードを落とした代わりに幅広く攻めるタイプに。ここまでは打たれだすと止まらない傾向があったが、そういう面が薄れてきた。
ただ故障が比較的多い投手で、継続的に活躍というのがなかなか出来ない。08年は故障で後半を棒に振り3勝止まり。翌09年は復活を果たし、開幕からローテーションを守ってシーズン完走で10勝達成。しかし10年はまた順調さを欠いた。腰痛で開幕に出遅れ、4月後半に昇格してローテーション入りも、非常に出入りの激しい投球でピリッとせず。3勝目を挙げたあといずれも5回持たずに3連敗を喫し、7月中旬に二軍落ちして以降再昇格なし。このところの隔年傾向をはっきり見せたシーズンに終わった。
順番でいけば復調という昨年だったが、今度はさらなる落ち込み。開幕4戦目に5失点KOされるとしばらく二軍生活が続き、7月再昇格も冴えない投球で4回持たず降板。これ以降登板機会はなく、10年ぶりに1勝も出来ないまま終わってしまった。ほぼ忘れられたようなシーズンに。
ここ2年の登板は印象がかなり悪く、二桁勝った面影はすっかりかすんでしまっている。二軍では7勝を挙げたものの、8月以降こちらでも登板がなく、状態がはっきりしないところ。まだ30歳ということで、何とかこのところのトンネルを抜け出したいところ。

17 川井 雄太 (進)

連勝ブレイク、技巧派型

左投左打
上田西高〜大東文化大〜日本通運 中日05ドラフト4巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 14 0 1 5 0 0 56 2/3 69 3 37 11 0 1 25 3.97
09 中日 20 1 11 5 0 0 119 126 10 57 31 2 4 50 3.78
10 中日 6 0 1 3 0 0 33 2/3 34 2 13 13 1 3 12 3.21
11 中日 16 0 5 3 0 0 83 76 6 46 23 1 2 22 2.39
通算 7年 60 1 18 17 0 0 303 1/3 316 23 161 81 4 10 114 3.38

09年破竹の連勝劇で大ブレイクした左腕。その後不調に陥っていたが、昨年再浮上の気配。
高校大学と無名の存在だったが、社会人で台頭。即戦力を期待されてプロ入りとなった。1年目は4試合と登板数は少なかったが2度先発を経験。ただその後2年は昇格できず、二軍生活が長かった。しかし08年4月に久々昇格すると、3年ぶりの先発登板で待望のプロ初勝利。その1勝限りで後が続かず、5連敗という形でシーズンを終えたが、一軍定着の足がかりを得た。
まだこの時点では一軍半という存在で、09年もスタートは二軍。しかし4月末に昇格すると即先発で勝利を挙げ、以降はローテーション入り。5月の時点でも勝ってはいてもまだ目立つ存在ではなかったが、ここから快進撃が始まった。6月7月計8度の先発登板すべてに勝ち、これで開幕から怒涛の11連勝。プロ通算1勝だった投手がいきなり無敗の二桁勝利を達成する離れ業を演じて話題となった。この時点で最多勝を争い先発の軸に。
スピードは平均レベルで、これにカーブを中心とした変化球を織り交ぜ、配球で打ち取る技巧派タイプ。なかなか二軍を抜け出せずにいたが、一つのきっかけを掴んでトントン拍子に大出世を遂げた。登録名を変えて挑んだシーズンに急上昇。
一気に主力級の活躍を見せたが、同時に苦しさも味わった。派手に打ち込まれて連勝が止まると、今度は一転して勝てなくなり、8月以降は1勝も出来ず5連敗。活躍は前半だけのものとなり、ポストシーズンも登板しなかった。10年は故障で開幕に出遅れ、昇格直後に1勝も後が続かず二軍落ち。前年後半からの不調を脱することが出来ず、登板数激減で終わった。
連勝自体運に恵まれすぎた面が否めず、勢いが止まると元の一軍半に逆戻りしていた。しかし昨年はまた上向いてきた。開幕直後からしばらく先発に食い込み前半3勝をマーク。この時点ではさほど目立たず、乱調となって夏場から2ヵ月二軍調整と存在感も薄かった。しかし終盤再昇格すると、9月末から4試合先発して2勝、その間の失点わずか2という好投。チームの逆転優勝に貢献し、CS、日本シリーズでも先発登板。シーズン5勝という成績以上に大きな戦力となった。
決して驚くようなボールはないものの、低めに集まっていると捉えどころがなくなかなか打ちづらい。若い投手ではないので、今度こそこれを持続したいところ。ホームとそれ以外で被打率が1割7分も変わる極端な内弁慶は克服すべきポイント。

19 吉見 一起

エース右腕、バランス型

右投右打 最多勝(09,11)、最優秀防御率(11)、ベストナイン(11)
金光大阪高〜トヨタ自動車 中日06希望枠〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 35 3 10 3 0 10 114 1/3 118 11 82 25 4 1 41 3.23
09 中日 27 5 16 7 0 1 189 1/3 166 10 147 33 3 6 42 2.00
10 中日 25 1 12 9 0 0 156 2/3 159 19 115 25 5 5 61 3.50
11 中日 26 5 18 3 0 0 190 2/3 143 8 120 23 4 0 35 1.65
通算 6年 122 14 57 23 0 11 679 621 54 488 116 16 13 195 2.58

左のチェンと左右の両輪となる中日のエース右腕。08年の急台頭以降中心投手に定着。
社会人で評価を上げて希望枠入団。ただ肘の手術を経たこともあって即戦力とはいかなかった。それでも終盤に先発でプロ初勝利を記録。期待された2年目だったが、散々に打ち込まれて結果を残せず。シーズンの大半を二軍で過ごすこととなった。
2年で登板数9と当初は苦しんでいたが、3年目の08年に大躍進。オープン戦無失点投球で開幕一軍入りすると、いきなり2連続完封の快投を見せ、開幕から24イニング連続無失点で大いに脚光を浴びた。さらに進撃は続き先発5連勝、交流戦からリリーフに廻ってさらに3連勝、6月末まで無傷の開幕8連勝を記録。7月に入ると急失速し、さらに右肩故障で離脱と後半は苦しんだが、終盤復帰後は立て直して二桁勝利を達成。
140km台後半の速球に豊富な球種を持つバランス型の投手。三振をガンガン取るというタイプではないが、重心の低い安定感のあるフォームで非常に丁寧なピッチングを見せる。制球も安定し穴の少ないタイプ。
そして09年はさらに成長を遂げ、先発の軸に。開幕から安定した投球で快進撃。前半で7勝を挙げると後半はさらに勝ち星を積み上げ、16勝で館山と並び最多勝獲得。防御率も2点ちょうどとタイトル級の優秀な成績を残し、チェンと左右の二枚看板としてチームを牽引した。年間通して安定した投球を展開。
もうすっかり安定戦力となり、開幕投手となった10年も4月から5月半ばにかけて6連勝をマーク。後半やや失点が増え、最終的に3点台半ばと前年よりだいぶ数字を落としたが、12勝を挙げた。オフに手術したことで若干開幕に遅れた昨年だったが、復帰するとエースとして安定した働き。特に8月半ばからは連勝街道に突入しチームを押し上げる活躍。最後の救援勝利を含めてシーズン終了まで10連勝をマーク。逆転優勝の大きな原動力となった。自己最多の18勝で内海と並び2度目の最多勝、そして防御率タイトルも獲得。
優勝を争ったヤクルトから4勝というのが光る。これで4年連続二桁勝利となり、リーグを代表する先発の一人となった。チェンが抜けた今季は一本柱としてチームを支える活躍を期待される。08年以来の横浜戦の連勝は11で止まったものの、昨年も4勝をマーク。

20 中田 賢一

先発右腕、荒れ球型

右投右打
八幡高〜北九州市大 中日05ドラフト2巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 23 1 7 9 0 0 129 2/3 148 13 126 46 11 5 67 4.65
09 中日 13 1 5 4 0 0 81 77 5 73 25 5 4 31 3.44
10 中日 19 4 7 4 0 0 118 99 9 105 41 4 8 38 2.90
11 中日 6 0 2 3 0 0 30 1/3 29 5 26 4 3 1 14 4.15
通算 7年 124 10 50 35 1 1 728 2/3 698 69 678 263 37 36 302 3.73

力強い速球とフォーク、と同時に荒れ球で知られる先発右腕。10勝級の力量を持つが安定感に欠けるのが課題。
高校時代は全くの無名も、大学で成長を見せてドラフト2巡で中日入り。即戦力として開幕ローテーションに名を連ねた。ただ前半はかなり苦しみ、6点台の防御率で一度二軍落ち。期待を裏切ったかと思われたが、8月中旬再昇格するとそこから快進撃開始。先発6連勝を飾り、ちょうどこの時期川上が不調だったこともあって、最も頼りになる先発投手と変貌した。前半とは別人のような投球で大きな戦力となりシーズン8勝。次のエース候補と目される存在に。
150kmの速球を持ち、鋭いフォークで三振を狙える本格派。2年目は前半故障で2ヶ月離脱があり、7勝止まりと足踏みしたが、07年はその素質を遺憾なく発揮。シーズン通してローテーションを維持し、自身初の二桁達成。暴投・四球がリーグワーストと制球は非常に粗っぽいながらも、ボールそのものの威力は絶大でイニングを越える奪三振を記録。14勝でチームの勝ち頭となり、ポストシーズンでも快投でチーム53年ぶりの日本一に貢献。
これで一本立ちと思われたが、翌年は一転不調に。制球の悪さを意識したか四球をかなり減らすも、同時に投球全体が冴えなくなってしまった。シーズン途中からはっきり不安定となり、故障もあって勝ち星半減。防御率も4点台後半と大幅に悪化。翌年も不調は尾を引き、4月頭に先発KOされると前半二軍暮らし。ただ後半は復調を果たし、7月に昇格して以降5勝をマーク。登板数は減ったもののスランプは脱出。
10年は故障の影響で開幕に出遅れ、一軍昇格は5月になってから。6月にようやくシーズン初勝利とパッとしないスタートも、ここから状態を急上昇させた。8月には先発4試合で失点わずか5という快投を続け、後半の防御率は2点ちょっとという安定。もうひとつ勝ちにはつながらず7勝に留まったものの、初めてシーズン防御率を2点台とした。
ただ安定感を欠くとともに、もう一つ大きな欠点が故障の多さ。昨年は開幕ローテーション入りも調子が冴えず一時二軍落ち。再昇格後リリーフで2勝目を挙げたが、その直後右肩の痛みを訴え戦線離脱。これ以降実戦登板はなく、プロ生活で初めて登板数が一桁に留まった。
近年はフルシーズン一軍にいることがなく、歯がゆさが残る。二桁勝利が07年の一度だけというのは力量を考えれば物足りない。今季はローテーション復活で存在感を見せたいところだが。

21 チェン・ウェイン(陳偉殷)

快速左腕、エース成長型

左投左右打 最優秀防御率(09)
中日04〜11
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 39 1 7 6 0 12 114 2/3 101 7 107 33 5 5 37 2.90
09 中日 24 5 8 4 0 0 164 113 10 146 40 3 2 28 1.54
10 中日 29 3 13 10 0 1 188 166 21 153 49 8 5 60 2.87
11 中日 25 4 8 10 0 0 164 2/3 138 9 94 31 5 2 49 2.68
通算 8年 127 13 36 30 1 14 650 2/3 547 50 520 159 21 16 187 2.59

150kmの速球を誇る、台湾出身の左腕。一度は育成登録になるなど波乱のキャリアを送っていたが、故障癒えた08年から一気に台頭。
04年に18歳で来日。台湾国立体育学院に在学中という身分でのプロ入りだった。この年のアテネ五輪に台湾代表として選ばれ、2年目には一軍登板、プロ初セーブも記録。順調に来ていたが、しかし06年オフに肘を故障してしまい、07年は育成枠に。
それでもポテンシャルは非常に高く、リハビリ終えた08年に再び支配下登録。のみならず新戦力として注目され、開幕一軍入りも勝ち取った。緊急登板だった3年ぶりの一軍マウンドでプロ初勝利。以降完全に一軍定着を果たし、夏場からは先発に定着。シーズン7勝に12ホールドを記録し、北京五輪にも台湾代表として出場と大きく飛躍のシーズンに。
なんといっても大きな魅力は左腕最速クラスの速球。ストレートのみで押しても打ち取れる力を持つ。これに加えて100km台の大きなカーブを持ち、かつての今中を髣髴とさせるという評も。このタイプにして四球も少なく、打ち崩すのは容易ではない。
開幕からローテーション入りの09年はさらに安定感を増し、左のエースに成長。肩の故障で1ヶ月離脱があったが、復帰後も5連勝など鉄壁の投球を見せた。援護に恵まれず勝ち星は8に留まったが、5完投の内4試合が完封、結果1点台半ばという成績で最優秀防御率に輝いた。これは89年の斎藤雅(巨)をしのぎ、この時点で71年以降では両リーグを通じて最も低いという圧倒的な数字。
翌10年は開幕直後から4連敗を喫するなど前半はピリッとせず、6月終了時点で3点台半ばの防御率で負け越し。しかし後半一気に調子を上げた。6月末から5連勝をマークし、前年届かなかった二桁勝利をクリア。10敗も喫したが、チームトップの13勝を挙げて優勝に貢献。防御率も2点台とし、1位前田健とはちょっと差があったもののリーグ2位に。
ただ昨年は足の故障で開幕に出遅れ。5月から復帰したものの、これまでの力強い投球とは少し違う姿だった。6月から5連敗を喫するなど前半は大きく負け越し。後半4連勝などで巻き返したが、8勝に留まり2年連続の10敗で負け越し。やや不完全燃焼のシーズンに終わった。
前年までのスピード感があまりなく、例年7〜8の奪三振率が昨年は5台に減少。成績以上に物足りない印象の残るシーズンだった。10年オフにポスティングが取り沙汰されたようにメジャー志向が強く、移籍を目指してオフに自由契約に。オリオールズと契約し今季からはメジャーに。

23 鈴木 義広

サイド速球派、変則型

右投右打
多度津工高〜中部大 中日05ドラフト5巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 8 0 0 0 0 3 8 2 0 9 1 0 0 1 1.13
09 中日 6 0 0 0 0 0 4 2/3 4 0 2 2 2 0 1 1.93
10 中日 41 0 1 0 0 7 36 2/3 27 2 21 16 2 0 13 3.19
11 中日 55 0 2 1 0 12 41 2/3 34 0 20 19 4 1 5 1.08
通算 7年 233 0 10 5 1 39 243 193 12 183 95 20 2 69 2.56

身長188cmの大型サイドスロー投手。変則フォームで、しかもスピードがかなりあるタイプ。1年目から活躍し、リリーフの一角に食い込んだ。
なんと言っても特徴的なのはそのフォーム。腕が長いだけでもかなりの武器だが、その使い方が独特。変則的な手首の動きを見せ、一見しただけでも強烈な印象を残す。球威も充分でなかなか打ちづらそうな球筋。
ドラフト下位入団ながら評価は高く、新人ながら開幕一軍入り。前半はややムラがあったが、オールスター以降31試合に登板して防御率1点台と安定。40試合以上の登板を果たした。2年目の06年は開幕から11試合連続無失点と快調なスタート。さらに安定感を増した投球で2年連続40試合以上登板。すっかり主力に収まった。
浮き上がってくる球筋で、やや荒れ気味の制球も打者に恐怖感を抱かせる。07年は少し浮き沈みが激しく登板数が減ったが、終盤9月以降は14試合登板とフル回転。四球が増えたことで防御率も落ちたが、被打率は1割台と打たせなかった。
充分な実績を積み、岡本が抜けた08年はセットアッパー候補1番手に。期待通り開幕から快調な投球を見せていたが、しかし肘を痛めて4月半ばに離脱。そのまま実戦復帰できずに終わった。この故障は翌年も尾を引き、ずっと二軍調整。ようやく一軍登板を果たしたのは9月になってからだった。
故障癒えた10年は開幕から一軍も、前半はやや乱調気味で何度か二軍調整。しかし後半は別人のように安定し復活。7月頭から9月後半まで19試合連続無失点を続け、通年では4年ぶりに40試合以上登板。自責点のほとんどが前半のもので、後半の防御率は1点未満。
どうやら完全に復調した模様。昨年はさらに状態良く、開幕からコンスタントに登板。ショートリリーフを中心に戦力となり、シーズン通して好調を維持。自己最多の55試合に登板、12ホールドを記録し、防御率1点そこそことほぼ自己ベストの結果を残した。
阪神戦10試合無失点、さらに横浜には8試合で被安打1、四死球0と完璧に抑え込んだ。体調さえまともならやはり打ちづらい投手で、リリーフとして貴重な存在。今季も登板数は多そう。

26 山内 壮馬

ドラ1右腕、先発型

右投右打
杜若高〜名城大 中日08ドラフト(大・社)1巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 4 0 0 0 0 0 9 1/3 9 3 12 2 0 0 6 5.79
09 中日 1 0 0 0 0 0 1 1/3 3 0 0 0 0 0 2 13.50
10 中日 6 0 2 1 0 0 35 24 2 18 18 1 0 8 2.06
11 中日 11 1 3 2 0 1 62 1/3 46 6 31 20 2 0 12 1.73
通算 4年 22 1 5 3 0 1 108 82 11 61 40 3 0 28 2.33

一軍戦力に前進中の右腕。まだ実績は乏しいながら、後半はローテーションに食い込む活躍を見せた。
高校時代は長谷部(楽)とチームメイト。大学に進んだ後、大学・社会人ドラフトでその長谷部の外れ1巡指名を受け、中日入り。当初はスライダーを決め球とする力勝負の投手で、即戦力とはならなかったものの一軍登板では10イニング未満で12の三振を奪った。しかし翌年はわずか1度の登板に終わり、二軍成績もパッとせず停滞。
転機となったのは3年目。その前のオフにドミニカのウインター・リーグに派遣され、ここでカーブを覚えるとともに投球スタイルをモデルチェンジ。シーズンに入ると二軍で好成績を挙げ、一軍に昇格すると、2度目の先発でプロ初勝利をマーク。故障もあって序盤だけの一軍生活に終わったが、内容も良く2勝を挙げステップアップ。
転換した投球スタイルはスライダーを完全に軸に据え、この球種の割合が非常に多い。スピードは平均130km台前半〜中盤と控えめで、シュートやカーブを交え打たせて取る技巧派タイプに。
昨年は開幕から2試合リリーフで投げた後、先発で6回を1安打零封し降雨コールドで完投勝利を記録。5月頭の登板を最後に前半は二軍暮らしが続いていたが、球宴明けに再昇格し今度はローテーション入り。さらに2勝を上積みし、初めて一軍登板を二桁に乗せた。終盤は二軍だったとはいえ総じて安定した投球を見せ、今季はさらなる台頭の可能性充分。いよいよ一軍定着なるか。

29 山井 大介

先発右腕、隔年型

右投右打
神戸弘陵高〜奈良産大〜河合楽器 中日02ドラフト6巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 2 0 0 1 0 0 9 5 1 10 0 0 0 1 1.00
09 中日 17 0 0 4 2 2 36 2/3 42 6 29 20 2 6 26 6.38
10 中日 19 1 7 4 0 1 110 1/3 105 10 84 39 5 5 46 3.75
11 中日 10 0 3 3 0 1 45 2/3 51 3 35 18 1 1 22 4.34
通算 10年 132 3 27 25 3 6 508 2/3 512 51 406 191 21 25 225 3.98

沈んだかと思うと浮上してくる先発右腕。力は充分あるものの故障の多さもあり、活躍が2年続かない投手。
所属していた河合楽器の休部で、規定より1年早くドラフト下位で中日入り。本来ならもっと高い順位でおかしくない選手と言われた。1年目は即戦力の期待通り6勝をマーク。特に後半は完全にローテーションに定着し、強気の投球で好成績を収めた。しかしリーグワーストの暴投を記録するなど技術は荒削り。2年目の03年は完全に出遅れてしまい、一軍先発陣の足並みが乱れてもお呼びすらかからずに終わってしまった。04年も前半は二軍暮らしと低迷していたが、後半谷間で先発した試合で完封の快投。「じゃんけんで先発し完封(実際は違ったようだが)」と話題になった。そのまま最後まで一軍に残り、日本シリーズでも6回零封で勝利投手に。再び先発候補として台頭。
140km台後半の速球に鋭いスライダーを軸とする速球派。もともとボールの威力は持っており、いつローテーション定着してもおかしくない投手。なのだが、どうもムラが強く安定しない。05年は開幕から先発で投げたが、ここでまた大きく期待を裏切った。前半12試合先発で6点近い防御率に1勝5敗とさっぱり。その後持ち直したが期待外れのシーズンとなった。06年は肩の故障で1年を棒に振ることに。
07年夏場に復帰すると、ここでまた脚光。後半ローテーション入りし、巨人戦3勝を含む6勝の活躍。それ以上に話題となったのが日本シリーズでの快投。日本一に王手のかかった試合で先発し、8回まで完全投球。一人の走者も許さぬまま9回岩瀬にマウンドを譲り、史上初の2投手リレーによる完全試合日本一を演出した。
大いに物議を醸した投手リレーだがそれはともかくとして、このパフォーマンスをまた持続できないのが歯がゆい。翌年は先発好投した直後に肘の故障で離脱。シーズン中は復帰できず、次の登板はクライマックスシリーズだった。ここで大きく後退すると09年は不調に喘ぎ、6度の先発は5回持ったのが1度だけという内容で3敗。二軍では最多勝タイ・最高勝率・最優秀防御率と投手三冠となり力の違いを見せ付けたが、一軍では自己ワーストの防御率でパッとしないままのシーズンに終わった。
現れては消えてを繰り返し、なかなか立場が安定しない。それでも地力の高さは確かで、10年は再々浮上に成功。前年来の不調を引きずり前半は二軍のほうが長かったが、6月以降は復調を果たしてローテーション入り。後半5勝を挙げ、自己最多の7勝をマーク。対巨人4戦3勝など優勝への大きな戦力となった。
まともなら10勝級の能力を改めて発揮し、今度こその期待もあった昨年。だったが故障で出遅れ、1試合投げたところで足首骨折で離脱とまた後退に。一軍に戻ったのは9月になってから。ここから3勝し逆転優勝の戦力になったが、安定感は全くない内容だった。
もうベテランの域に近付いており大きな変わり身は難しいかもしれないが、せめて一度ぐらいはシーズン通した活躍を見せたいところ。良かった年でも活躍が後半に集中しており、シーズンの入りがいつも悪いところを改善したいものだが。

33 平井 正史

ベテランリリーフ、移籍再生型

右投右打 新人王(95)、最優秀救援(95)、最優秀勝率(95)
宇和島東高 オリックス94ドラフト1位〜02、中日03〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 37 0 1 1 0 9 28 36 3 23 6 3 1 16 5.14
09 中日 25 0 0 1 1 5 19 17 4 16 8 1 0 9 4.26
10 中日 46 0 2 1 0 5 49 40 5 29 16 3 2 12 2.20
11 中日 33 0 1 1 0 5 27 2/3 32 3 12 8 2 1 12 3.90
通算 18年 545 3 63 42 41 81 815 2/3 772 79 598 218 32 18 301 3.32

高卒2年目の95年に抑えとして大活躍した剛球右腕。優勝に大きく貢献し、新人王、最優秀救援を獲得。その後不調に陥ったが中日移籍後復活。
高校屈指の豪腕として活躍し、ドラフト1位でオリックス入り。1年目から一軍登板を果たし、早速プロ初勝利をマーク。そして2年目は圧巻の活躍を見せた。抑え役を任されると150kmの速球を武器に力でねじ伏せ、15勝27セーブの大活躍。セーブ数リーグトップに加えて、チームの勝ち頭であり最多勝のグロスとは1勝差であった。MVPでもおかしくないほどの働きで複数のタイトルを獲得。
しかしこれはやはりオーバーワークだったのか、翌年途中に故障。ここから長い苦難が始まることになる。復帰に時間がかかり、97年に先発にチャレンジするも失敗。全力投球が持ち味だった投手が先発で持ち味を殺し、また故障明けの不安から腕が振れず。完全に自分を見失い、フォームまで崩してしまった。98年はリリーフに戻って持ち直しかけるも、翌99年からは完全なスランプに。4年間一桁登板が続きその間1勝も出来ずと大低迷。
だが03年中日への移籍が大きな転機となった。オリックス時代コーチだった山田監督の下、先発にリリーフにフル回転。前半こそ不安定さも目立ったが、山田監督の解任が発表されて以降怒涛の5連勝をマーク。40試合に登板して12勝、8年ぶりの二桁勝利達成に防御率リーグ2位となり、カムバック賞受賞の大復活となった。
かつてはなんとも不器用な投手だったが、ようやく一皮むけた印象。04年も前半こそもう一つだったが、リリーフに廻った後半は獅子奮迅の働き。岩瀬不在の8月は抑えも務め、6年ぶりのセーブも記録。一時落ち込んでいた球速も甦り、完全に輝きを取り戻した。これ以降はリリーフ専念、セットアッパーの一人として活躍し、特に06年はチームトップのホールドを記録した。07年は肩を痛めて出遅れたが、復帰後は変わらず主力リリーフとして働いた。
このあと2年不調が続き、特に09年は後半二軍暮らしと印象が薄くなっていたが、10年再奮起。主にビハインド時のリリーフを任され、3年ぶりに40試合以上登板。防御率も久々に2点台前半とし、一軍リリーフの一角に返り咲いた。昨年はちょっと成績を落とし、夏場二軍調整などもあったが、33試合に登板し目立たないながらも戦力に。
ただすでに36歳のベテランということで、スピード表示はあっても力はやや落ちた印象。ここ2年奪三振が随分減り、カットボールやフォークでかわす投球中心になってきた。先を考えると今季はもう少し安定感を見せたいところ。

34 山本昌 (山本 昌広)

ベテラン技巧派、大投手型

左投左打 最優秀防御率(93)、最多勝(93,94,97)、沢村賞(94)、ベストナイン(94,97)、最多奪三振(97)
日大藤沢高 中日84ドラフト5位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 23 2 11 7 0 0 133 2/3 127 15 84 26 2 1 47 3.16
09 中日 6 0 1 4 0 0 27 45 5 14 12 0 1 32 10.67
10 中日 8 1 5 1 0 0 47 2/3 55 4 28 12 3 1 17 3.21
11 中日 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 28年 547 79 210 160 5 0 3195 1/3 3077 331 2220 814 65 40 1220 3.44

プロ生活28年、数々のタイトルに輝き、90年代以降の中日を支え続けてきた大ベテラン左腕。引退が迫る状況から何度も復活を遂げている不死鳥投手。
ドラフト下位で高校からプロ入りし、米マイナー留学で一本立ちした。5年目の88年、優勝争いするチームが終盤の秘密兵器として急遽アメリカから呼び戻し、この年後半だけで5勝負けなし、防御率1点未満の素晴らしい成績。これをステップに主力投手となり、翌年からローテーション入り。90年に10勝を挙げると、92年から3年連続二桁勝利、93,94年は連続最多勝でエースとして君臨。その後故障で一時躓いたが、97年に18勝で最多勝、リーグ2位の防御率に最多奪三振と復活。その後は派手に大勝ちすることはなくなったが、中心投手として着々と実績を積み上げた。
傍目からはぎこちなく映る、カクカクとした変則的なフォームから、繰り出す絶対の武器はスクリューボール。しかしそのスクリューのみには頼らず、多彩な変化球に時にはズバッと直球勝負も見せる。スピード自体は若い頃からなく、130km台前半とはっきり言えば遅い投手だが、コンビネーションで速く見せ打者が差し込まれる。制球力も高く投球術を駆使する投手。
02年は7年ぶりに規定投球回に届かず、年齢的にそろそろ苦しくなってきたかと思わせた。ところがその後2年続けて後半まで防御率1位を争う活躍。特に04年は抜群の安定感で3年ぶりの二桁13勝を挙げ、優勝に大きく貢献した。これ以降ははっきり隔年傾向になったが、限界と思わせながら復活を繰り返している。06年は終盤9月にノーヒットノーラン達成、当時41歳で史上最年長記録。
通算200勝達成がかかった07年は大不振でわずか2勝、7連敗でシーズンを終えたが、翌年はまたも復活。5月以降ローテーション入りし、特に7月から8月にかけて先発7連勝をマーク。200勝は当然クリアし、通算10度目の二桁勝利をマークした。11勝はチームの勝ち頭で、43歳での二桁勝利はプロ野球史上最高齢記録。
隔年傾向はより強まり、09年は一転大不振。4月10失点KOされるとしばらく二軍落ち。再昇格後も投球は冴えず、9月にようやく1勝を挙げたのみに終わった。一桁の登板数は実に21年ぶりで、防御率10点台と無残な成績に。さらに10年はキャンプで故障し前半はずっと二軍。実戦登板も6月になってからで、鉄腕もいよいよ限界かと思わせた。しかしここからまたも復活。8月に一軍復帰すると最年長記録となる完封勝利を挙げるなど先発5連勝をマーク。優勝争いのさなかに貴重な戦力となった。
ただ昨年はまたキャンプ中に故障し、これが尾を引いてとうとう実戦登板のないままシーズンを終えた。もう無理かというところから何度も甦ってきた投手だが、現役最年長の46歳という年齢で丸1年のブランク明けというのはどうなるか。隔年サイクルであればまた復調、ということになるが。いずれにせよ大幅減俸で迎える今季は、間違いなく進退のかかったシーズンとなる。

39 三瀬 幸司

リリーフ左腕、長期不振型

左投左打 新人王(04)、最優秀救援(04)
観音寺一高〜岡山理大〜NTT西日本中国野球クラブ ダイエー/ソフトバンク04ドラフト7巡〜10途中、中日10途中〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 ソフトバンク 44 0 2 1 0 5 35 28 5 25 14 2 3 16 4.11
09 ソフトバンク 17 0 0 1 0 0 20 26 1 19 8 0 2 14 6.30
10 ソフトバンク 6 0 0 0 0 0 3 1/3 6 0 2 3 0 1 4 10.80
中日 6 0 0 1 0 1 3 5 0 3 4 0 0 5 15.00
11 中日 44 0 1 1 0 7 35 1/3 38 0 25 7 3 0 16 4.08
通算 8年 294 0 10 13 47 39 261 218 23 222 89 28 9 124 4.28

04年新人ながら抑えに定着し、タイトルを獲得した左腕。最高のスタートを切ったが、2年目の不調以降長期低迷。
04年にダイエー入り。ドラフト前には新聞などの候補リストにも出ていなかったほどの無名選手。7巡と低い順位での指名で、中継ぎで使えればという程度の期待だった。しかし三振を奪える切れの良さを買われて不在の抑えに抜擢されると、ここから大躍進。一気に不動のクローザーに定着し、そのままシーズンを完走。55試合登板で28セーブをマークし、横山(日)と並んでタイトル獲得。文句なしの新人王に。
最大の武器はスライダーで、右打者の内角へのボールは、切れすぎて何度か足にぶつけてしまったほどの威力を誇った。腕を振っての投球は非常に勢いがあり、当初平凡だった球速も徐々に向上。被打率の低さと奪三振率の高さはまさに抑えにうってつけで、テンポの良さも大きな武器となった。
2年目も抑えとしてスタートし、春先は非常に快調。4月終了時点で12試合を無失点、被安打わずかに1という、前年以上の快投を見せた。ところが5月に入ると急激に不安定となり、頭部死球退場で腕が振れなくなり大スランプに陥った。中継ぎに廻るも調子は最後まで戻らず。そしてこれ以降精彩を欠く状態が続くように。
06年は中継ぎとして40試合に投げたものの、4点台後半の防御率と冴えない成績。登板数が減った07年は少し回復傾向も見せたが、翌08年は前半不調。後半持ち直して登板数は多かったが、もう一つ信頼の置けない投球だった。09年になると状態はさらに落ち込み、シーズンの大半を二軍で過ごして登板数激減。この流れは翌年も止まらず、ワンポイント起用も内容は散々。二軍にいたところで6月末中日へトレードとなった。しかし移籍後も結果は変わらず、環境が変わっても落ち込みは止まらなかった。
ずっとジリ貧続きで一軍半というところまで落ちていたが、昨年は一転久々に浮上に成功。開幕から積極的に起用され、ほぼシーズン通して一軍に帯同。3年ぶりに登板数が40を越え、移籍後初勝利も記録した。低落状態から脱出。
ただ4点台の防御率もさることながら、被打率は3割近く内容としてはやや微妙な印象。特に左に強いということもなく、走者を置いて勝負弱い面も見られた。年齢からも昨年からの流れは何としても持続したいところ。もう少し信頼できる投球を見せたい。

41 浅尾 拓也

セットアッパー、鉄壁型

右投右打 最優秀中継ぎ(10,11)、ゴールデングラブ(11)、MVP(11)
常滑北高〜日本福祉大 中日07ドラフト(大・社)3巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 44 0 3 1 1 12 50 1/3 43 0 35 9 3 0 10 1.79
09 中日 67 0 7 9 6 33 113 1/3 108 6 96 24 6 4 44 3.49
10 中日 72 0 12 3 1 47 80 1/3 60 4 75 10 1 3 15 1.68
11 中日 79 0 7 2 10 45 87 1/3 57 0 100 15 2 1 4 0.41
通算 5年 281 0 33 16 18 138 382 1/3 319 15 346 78 12 10 93 2.19

今や完全に中日リリーフ陣の中心となった速球右腕。10年シーズン最多ホールド記録を樹立し、チームの継投に欠かせない存在として君臨。
高校も大学も地元愛知の出身。決してメジャーではない日本福祉大を所属リーグ一部に導き、同大学初のプロ選手となった。投手としてのキャリアが浅いため素材を買われた印象だったが、開幕直後に一軍昇格。予想よりも早いデビューを果たし、初勝利も記録。5月以降は先発に廻って3勝、前半戦で4勝の活躍を見せた。夏場に故障などで後半はほとんど登板機会がなかったが、上々のデビュー。
コンパクトな投球フォームで、テイクバックが非常に小さく素早いのが特徴的。腕の使い方は元巨人の上原と似た印象。打者が間を取りづらく、そこから繰り出す150km超の速球とフォークのコンビネーションは非常に攻略が難しい。
2年目の08年は6月に昇格すると快投を見せ、岡本移籍、平井不振などで手薄になった右のリリーフ筆頭格となった。疲労からか8月に打ち込まれたが、終盤は持ち直して3勝。40試合以上の登板で被本塁打0とリリーフの新星に。先発に戻った翌09年序盤はパッとしない状態が続いたが、リリーフに戻ると安定。セットアッパーとして定着しチームトップの登板数、リーグ3位のホールドを記録。一時的に乱れるところも見せたが、終盤には5セーブを挙げる活躍も見せた。
防御率が先発とリリーフで2点も違った結果を受けて、10年はリリーフに専念。開幕からフル回転の活躍でチームを支えた。特に序盤4,5月は27試合に投げてわずか3失点。中盤の6,7月は少し失点が増えたが、夏以降は立ち直り安定。9月以降は4勝を記録し、リリーフのみで自身初の二桁12勝をマーク。チームトップの72試合登板、そしてシーズン最多記録となる47ホールドを稼ぎ、優勝の大きな原動力となった。
前年残した課題を完全にクリアし、もう不動の存在に。昨年も引き続き、というよりも前年以上の投球を見せ、投手陣を支える活躍を続けた。特に圧巻は後半で、8月頭を最後に以降シーズン終了まで33試合自責点なし。その間4勝5セーブ22ホールドを挙げ、チームの逆転優勝に絶大な貢献を果たした。2年続けてリーグトップのホールドを挙げ、さらにセットアッパーに留まらず抑え役もこなす機会が多く、自身初の10セーブ。79試合登板もリーグトップの数字。
87イニングで自責点わずかに4、被本塁打0、100奪三振と圧倒的な数字が並ぶ。球速充分で制球も良く、安心感の非常に高い存在。今季も鉄壁のセットアッパー、状況次第ではクローザーという可能性も高い。

43 小笠原 孝

便利屋左腕、復調型

左投左打
市立船橋高〜明大 中日99ドラフト3位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 26 0 8 11 0 1 132 147 20 89 42 5 2 69 4.71
09 中日 21 0 7 2 0 0 118 104 10 86 34 2 4 41 3.13
10 中日 5 0 1 3 0 0 25 34 9 8 7 3 0 19 6.84
11 中日 1 0 0 0 0 0 2 2/3 0 0 3 0 0 0 0 0.00
通算 13年 184 1 31 38 0 2 674 699 94 525 205 28 17 312 4.17

先発もリリーフもこなす左腕。地味で小柄な投手だが、谷間の先発をこなすなどの利便性が売り。
当初は制球が悪く即戦力とはいかなかったが、3年目の01年後半から台頭。02年は開幕からローテーション入りし、プロ初を含む5勝をマークした。途中から中継ぎに廻ったものの、ほぼ1年一軍帯同。前年からの勢いを持続し、主力投手の仲間入りを果たす成長を見せた。
技術的にはシュート系の球を覚えて投球の幅が広がったことが大きい。加えて制球がだいぶ安定してきた。自滅で試合を壊すケースが減ったため、より長いイニングを投げられるようになった。
03年不調で全く戦力にならず。04年復調も05年はほぼ二軍暮らしと、この期間は安定感がなく、シーズンの一時期だけ働くといった印象が強かった。06年も5月にプロ初完投勝利を飾るも、実働期間は2ヶ月程度。
パートタイマーといった感が漂っていたが、07年復調。5月に昇格してこの月先発4勝。これ以降星は伸びなかったが、投球内容が安定し最後まで先発に残り続けた。そして08年はさらに存在感アップ。開幕から先発で好調なスタートを切り、6月中に自己ベスト更新の7勝をマーク。後半失速して二桁敗戦を喫してしまったが、完全に先発の一角に定着する働きを見せた。開幕に出遅れた09年も6月から8月にかけて5連勝と活躍。最終的に7勝止まりも、前年より防御率を大幅に改善。
目立たないながらも堅実な働きを続けていたが、ここ2年は急激な落ち込み。10年は開幕から先発も8失点を3度も喫する大乱調で、一月余りで二軍落ち。二軍戦でも状態上がらず、途中故障もありそのまま一軍に戻れずに終わってしまった。昨年は開幕直後の先発マウンドでふくらはぎを痛め途中降板のアクシデント。二軍戦登板が7月になってからと復帰に時間がかかり、一軍登板はこの1試合のみで終わってしまった。2年続けて一桁登板に。
そろそろベテランの年齢域で、2年一軍から遠ざかったのは痛い。今季こそは復調できないと厳しい立場に。ちょっと故障が続いているのは気になるところ。

49 マキシモ・ネルソン

長身右腕、快速型

右投右打
中日08〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 6 0 0 0 0 0 6 9 0 6 4 0 0 2 3.00
09 中日 26 0 1 3 1 1 50 1/3 48 6 49 16 1 4 20 3.58
10 中日 15 2 4 3 0 0 68 1/3 65 7 38 37 5 0 24 3.16
11 中日 31 2 10 14 0 0 209 1/3 171 12 149 49 6 5 59 2.54
通算 4年 78 4 15 20 1 1 334 293 25 242 106 12 9 105 2.83

204cmの長身から150km超の速球を誇る外国人投手。力強い投球で来日2年目から台頭。
近年中日が積極的に獲得してきたドミニカ出身の選手。かつて米ルーキー・リーグで結果を残すも、集団偽装結婚への関与が発覚し国外追放処分に。ドミニカやイスラエルでプレーした後、08年春季キャンプのテストを経て中日入りとなった。この時点で満25歳という若い選手で、将来性も期待されての獲得。
1年目は二軍11試合でわずか1失点という快投を見せ、一軍にも昇格。ただトップリーグの経験皆無ということでやはり粗く、四球の多さから定着はできなかった。しかし2年目は開幕一軍入りし、登板数増加。開幕直後にセーブを挙げ、オールスター直前に来日初勝利をマーク。メインの存在ではないものの、大幅に存在感を増した。ほぼ一軍定着に成功。
慣れたのか四球が随分減ったことで、力を発揮出来るようになった。長いリーチから放たれる速球は最速で150km台中盤に達し、潜在能力は相当に高い。球威と角度は非常に魅力的な存在。
期待を高めた10年だったが、春季キャンプ終了後、空港にて実弾所持で逮捕される騒動。不起訴にはなったものの3ヶ月の出場停止処分が下された。一軍登板は処分明けの6月から。とんだ不祥事で出遅れたが力はやはり高い。当初のリリーフ5試合は派手な失点があってさっぱりだったものの、再調整を挟んだ7月後半からは先発起用。9月には完封を記録するなど力を発揮し、最終的に4勝を挙げた。日本シリーズではリリーフ登板。
昨年はトラブルもなく、吉見・チェンの出遅れもあって開幕投手に。その後もなかなか足並みの揃わない先発陣にあって、フルシーズンローテーションを守り通した。ただなかなか援護には恵まれず、勝ち星はあまり伸びず。7月から9月にかけては悪夢の9連敗を喫するという時期も。それでも終盤は勝ち運も廻り、最終的に来日初の10勝到達。すべて先発で31試合に投げ、イニング数は200越え。
2失点以内で勝てなかった試合が11もあり、その内8試合で敗戦投手。チームの得点力不足の影響を強く受け、この勝敗は逆になっていても不思議ではなかった。体調を崩してCS登板回避、日本シリーズでは調子いまいちとポストシーズンでは力を発揮できなかったが、レギュラーシーズンでの働きは非常に大きかった。主力投手の一人となり、今季も先発での活躍を期待される。

60 河原 純一

故障多発、返り咲き型

右投右打
川崎北高〜駒大 巨人95ドラフト1位〜04、西武05〜07、中日09〜11
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
09 中日 44 0 3 0 0 15 34 24 2 18 10 2 0 7 1.85
10 中日 4 0 0 1 0 2 3 2/3 5 0 1 0 0 0 2 4.91
11 中日 30 0 1 4 0 10 20 1/3 19 1 12 8 0 0 6 2.66
通算 16年 275 8 31 42 40 27 600 1/3 613 81 452 211 21 23 284 4.26

1年の浪人生活を経て09年復活を遂げたベテラン右腕。ブランク明けとは思えない投球で見事な返り咲きを果たした。
ドラフトの目玉として鳴り物入りで巨人入りし、1年目に8勝。しかし翌年には早くも故障禍に陥り、それ以降先発では4勝が最高という状態。見るからに線が細く、1シーズンすら体力が続かず。そのため年のうち一時期だけ働く「パートタイマー」と化して、入団から7年間の通算は20勝。高い能力を持ちながら、なかなかそれを発揮できずにいた。
癖のないきれいなフォームから切れのいい球を投げる投手で、ボールだけなら入団時からエース級のものがあった。しかし疲労のたまりやすい体質で常に故障の不安があり、それが大成を阻んできた。
状況が一変したのが02年。低迷が続き存在感も薄くなっていたが、この年ストッパーに指名され大変身を遂げた。体力面で不安視されたが、圧倒的な能力と安定感で28セーブをマーク。もともと球質は軽いものの四球で崩れるタイプではなく、スピードも変化球の切れも一級品で、この抜擢は大成功。特に前半は抜群の活躍で、優勝に大きく貢献した。
しかし…絶頂のあとには長い悪夢が待っていた。心配された体力の不安は、予想より遅かったものの後半から露呈しはじめ、そして翌年以降かつてなかったほどの大低迷。調子が戻らないまま滅多打ちを食らい、抑えどころか敗戦処理すら覚束ないほどの散々な結果に。
散々な不振が続き、05年西武にトレード。しかしこれも復活のきっかけにはならなかった。4年ぶりの先発となった移籍初登板こそ勝ち投手となるも、その後は7連敗を喫するなどでシーズン11敗と大負け。06年は膝の手術で登板なく、復活を目指した翌年も内容はさらに悪化。3試合の登板いずれも打ち込まれ、いいところのないまま戦力外に。
トライアウト参加も声はかからなかったが、現役続行に意欲を燃やし1年浪人。入団テストを経て、09年中日入りで復帰となった。ブランク明けに加えて近年の不振からどの程度やれるか不安のほうが強かったが、なかなか果たせずにいた復調をここで成し遂げた。5月後半に昇格するとリリーフの一角に食い込み、しばらく見られなかった安定感を発揮。短いイニングが中心だったが、7月には4年ぶりの勝利も記録。そのままシーズンを完走し、抑えで活躍した02年以来のシーズン40試合登板。チームでは浅尾に次ぐホールドを記録した。
これほどの活躍は予想外だった。さすがにスピードはだいぶ落ちたが、落ち着きのある投球が光った。さすがに疲労が抜けなかったか10年は夏場と終盤だけのわずかな登板に終わったが、昨年は再びショートリリーフとして一軍に。二軍調整を挟みながら30試合に投げ、CS、日本シリーズにも登板。
ただポストシーズンが始まる前に戦力外通告を受け、今季の去就は未定の状態。起用法次第でまだまだ使えそうな投手だが、来年で39歳という年齢は難しいところ。現役続行を希望しているが…。

61 久本 祐一

リリーフ左腕、故障停滞型

左投左打
柏原高〜亜大〜河合楽器 中日02ドラフト4巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 - - - - - - - - - - - - - - -
09 中日 - - - - - - - - - - - - - - -
10 中日 6 0 0 0 0 0 6 9 1 4 1 0 0 5 7.50
11 中日 10 0 1 0 0 0 21 13 0 20 8 3 0 3 1.29
通算 10年 191 0 9 4 2 8 242 1/3 226 21 196 97 10 13 92 3.42

速球とスライダー、カットボールのコンビネーションを武器にリリーフで活躍してきた左腕。故障でしばらく一軍から遠ざかっていたが、10年ようやく復帰を果たした。
所属する社会人チームの休部で、規定より1年早く指名され中日入り。即戦力期待も1年目は5登板のみとほとんど戦力にならなかったが、2年目に急成長。ボールの切れが向上し、チームのリリーフ陣に割って入った。リードされた展開での登板が多かったが、一気に51試合登板。イニングを上回る奪三振をあげ、防御率も上々。有望株として存在感を大きく高めた。
タイプとしては岩瀬と近く、セットアッパーも期待できる存在。力のある投手だが、本家岩瀬に比べて劣るのが制球力。そのため安定感にもう一つ欠ける。04年前半に大きく躓き、成績後退。翌年も前半こそ一軍にいたものの長期の二軍落ち。終盤復帰したが復調とはいかず、6点台の防御率と大きく期待を裏切った。
はっきり停滞していたが、その後再浮上。06年は5月に3年ぶりのセーブを挙げるなど復調し、27試合に投げて防御率1点台の好成績を残した。07年は開幕二軍も昇格後初登板は4年ぶりの先発。その後はリリーフのみとなったが、夏場に13試合連続無失点の好投を見せるなど、前年を上回る登板数を得た。
上り調子になってきたところだったが、08年肘を痛め初めて一軍登板なしに。翌09年故障再発し、手術したため二軍でも登板なし。丸2年を棒に振ることとなった。苦難を味わったが10年ようやく実戦復帰。6月には3年ぶりの一軍復帰も果たした。内容は悪く、二軍成績も振るわなかったものの、日本シリーズで2試合登板し復調をアピール。
ただ昨年も完全復活とはいかず、前半はほぼ二軍、登板機会もまばらという状態だった。それでも終盤は力を見せ、4年ぶりの勝利を記録し12イニング無失点。あくまでポストシーズン戦力のテストという形で3イニング限定だったが、最終戦では4年ぶりの先発にも上がった。日本シリーズでは敗戦処理ながら三者三振の力投を演じ、確実に力を戻しつつある。今季こそは本格的に一軍復帰を果たしたいところ。

67 高橋 聡文

速球左腕、セットアッパー型

左投左打
高岡第一高 中日02ドラフト8巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 54 0 2 1 1 15 54 47 4 48 10 4 0 14 2.33
09 中日 49 0 2 2 0 10 49 2/3 38 6 53 14 2 3 17 3.08
10 中日 63 0 4 1 0 31 61 1/3 44 3 62 24 2 2 11 1.61
11 中日 2 0 0 0 0 1 2 0 0 2 0 0 0 0 0.00
通算 10年 304 0 12 9 1 82 275 249 25 279 99 17 10 101 3.31

150km前後の速球で力強く攻めるリリーバー。左腕としてはトップクラスのスピードが最大の魅力にして武器。
ドラフト8巡で入団したように当初はほぼ無名。高校時代から故障を引きずっており、1年目はリハビリでファームでも登板なし。2年目も二軍で9試合に投げただけだった。しかし3年目の04年急台頭。開幕直後から一軍登板を果たし、速球と切れのいいスライダーで、特に前半はショートリリーフで非常にいい働きを見せた。さすがに夏場はばてて乱調気味だったが、それでも秋にはしっかり回復。そして05年はさらに存在感が増した。左のメインリリーフとしてチーム最多の登板数61を記録。特に前半は安定感も高く、左打者をきっちり封じて欠かせない戦力として一本立ち。
力でグイグイ押していく投球スタイルで、それが可能なスピードを持つ。翌06年は調子を持続できず防御率10点オーバーと乱調、07年ももう一つ振るわずと停滞が続いたが、08年復調。開幕からフル回転でチームトップの登板数・ホールドを記録。ずっと不安だった制球も改善し、岩瀬不在の8月にはプロ初セーブもマーク。ここからは主力リリーフに定着し、やや好不調の波が激しかった09年も49試合に登板。
そして10年はさらに一段上の投球を見せた。開幕から一月足らずで3勝を挙げるなど序盤から非常に好調。浅尾とともにセットアッパーの両輪として活躍。交流戦はやや不調も、後半はさらに勢い加速。7月前半から9月中旬までの2ヵ月半に亘って26試合連続無失点という快投を見せ、チームの優勝に欠かせぬ存在となった。最終的に自己最多の63試合に登板し、初めての防御率1点台。抜群の安定感を発揮。
抜群の力強さで打ち返すのも困難な投手だが、昨年は故障に泣くことに。肩の痛みでずっと投げられない状態が続き、二軍の実戦登板にたどり着いたのが9月後半になってから。終盤一軍でも登板し、CSにも登場したが本来のスピードではなく、日本シリーズには登板しなかった。
もともと故障がちな選手ではあるが、かなり長期の離脱になったことで不安も残る。万全なら豪快な投球を見せられる投手だけに、今季は復活が望まれるところ。

68 長峰 昌司

長身左腕、伸び悩み型

左投左打
水戸商高 中日03ドラフト5巡〜11、オリックス12〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 33 0 2 1 0 3 43 63 1 30 10 3 1 27 5.65
09 中日 6 0 1 2 0 0 4 2/3 4 0 5 3 0 0 4 7.71
10 中日 11 0 0 1 0 1 17 2/3 19 1 19 8 0 0 8 4.08
11 中日 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 9年 69 0 5 5 0 4 111 1/3 142 10 89 41 4 1 70 5.66

190cm以上の長身から投げ下ろす角度が大きな武器の左腕。スケールの大きな投手として期待されるも、やや停滞。
入団1年目は二軍で育成。防御率7点台も23イニングで21奪三振4四死球と光るものを見せた。そして2年目の04年夏場に一軍昇格。リリーフと先発でそれぞれ1勝ずつを挙げアピール。
ストレートとスライダーが軸のオーソドックスな本格派タイプ。早くに一軍定着の足がかりを得たものの、このあと伸び悩み。05年登板なしに終わると、06,07年も足踏み続き。07年は開幕から3試合先発も結果が出ず、シーズンの大半を二軍で過ごした。
頭打ちの感も漂っていたが、08年久々に一軍進出。ほとんどリリーフで起用され30試合以上の登板数。4年ぶりの勝利も記録し少し持ち直しに成功。ただ登板数が増えたといっても成績は芳しくなく、防御率は5点台。左右問わず3割中盤と被安打が多かった。この状態では一軍定着はしきれず、翌年は二軍に逆戻り。ウエスタンの最多勝タイとなるも、一軍登板は6試合のみに終わった。
同じ年に一軍デビューした同じ左腕の高橋とは随分差がついてしまった。10年登板数は増えたものの一軍滞在は前半のみ。そして昨年はシーズン通して二軍で、5年ぶりに一軍登板なし。シーズン後戦力外に。
近年は二軍に落ち着いてしまった感もあり、すっかり影が薄くなってしまった。オリックスと契約し移籍となるが、ここでアピールできないようだと相当厳しい。何としても一軍に食い込んでいかないと。

69 小林 正人

変則左腕、左殺し型

左投左打
桐生一高〜東海大 中日03ドラフト6巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 46 0 0 2 1 10 28 2/3 33 4 21 12 3 1 14 4.40
09 中日 32 0 3 1 0 1 21 1/3 15 1 19 7 1 1 2 0.84
10 中日 36 0 0 0 0 6 21 17 1 16 2 2 0 5 2.14
11 中日 58 0 5 0 0 18 31 10 0 26 7 2 0 3 0.87
通算 9年 217 0 9 4 1 41 130 99 8 109 40 13 2 38 2.63

ワンポイントリリーフ専門のサイドスロー左腕。対左のスペシャリストとして近年充実したシーズンが続く。
大学から下位指名で中日入りし、当初2年は完全な二軍暮らし。05年終盤一軍昇格を果たしたが、初登板で危険球退場となるほろ苦いデビュー。4試合中3試合で失点と芳しい結果は残せなかった。しかしサイドスローに転向し、ワンポイントに専念した06年は登板数急増。夏場まではほとんど二軍だったが、9月に昇格後は一軍定着。一月半の間に15試合に投げ、急台頭を見せた。結果は死球だったが日本シリーズにも登板。大きく前進の1年となった。
決してスピードのある投手ではないが、果敢に懐を攻め左右の揺さぶりでしとめる。内角球が抜けて死球にもなるケースも多かったが、内角攻めは生命線といってもいい。腕を下げたことではっきり特徴が出てきた。
07年は序盤4月末までに12試合と積極的に使われながら、5月以降は登板数激減。後半二軍暮らしで停滞のシーズンに終わった。しかし08年は一転して登板数大幅増。それまでの通算を上回る46試合に登板し、岩瀬不在の8月にはプロ初セーブも記録。再台頭で存在感を高めるシーズンとなった。09年は前半起用数が控えめで、シーズン登板数は前年より減。しかし左打者を1割台に抑え、四死球もぐっと減って役割をこなし、後半はワンポイントにとどまらず1イニング投げきる起用も増加。10年も前年ほどではないものの左打者を抑え、リリーフ陣の中でしぶとい働き。
そして昨年は見事な結果を残し自己ベストのシーズンに。開幕から16試合ヒットを許さず、役割を完璧にこなした。夏以降は勝ち星にも恵まれ、自己最多の5勝をマーク。58試合登板、18ホールドも自己最多で、1点を切る防御率。文句のつけようのない結果を残した。
全体でも1割そこそこという極端に低い被打率で、対左では1割未満と圧倒的な数字。シーズン通して安定感が揺るがず、ほとんど走者を出さずにこなしきった。ここまでの出来を続けるのは難しいだろうが、ここ数年はずっと安定しており、今季も貴重な戦力として計算出来そう。

70 エンジェルベルト・ソト

流浪左腕、掘り出し物型

左投左打
中日11〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
11 中日 22 0 5 1 0 0 78 65 4 59 19 2 0 15 1.73
通算 1年

中日の新外国人投手。テスト入団で期待は高くなかったが、前半リリーフ、後半は先発に廻って大きな活躍。
ベネズエラ出身の左腕で、メジャー実績はなし。マイナーも07年の2Aが最高で、米球界でのキャリアはパッとしないもの。08年はメキシコに渡り、さらに09,10年はイタリアでプレーと諸国を渡り歩いていた。中日へは春季キャンプにテスト参加し、そのまま契約。
実績はほとんどない選手ながらも開幕一軍入り。しかし体調を崩してすぐに抹消とスタートは躓いた。それでも5月末に昇格すると、そこからリリーフでなかなかの投球を展開。好成績を残し、7月半ばに先発すると来日初勝利。するとオールスターを挟んで先発5連勝をマーク。先発の頭数が揃っていなかったチームを救う働きを見せた。終盤は勝ちがつかなかったものの、そのままローテーション定着。
構えからテイクバックまでは小さいモーションで、そこから急激に力を込め、体ごと突っ込んでいくようなちょっと変わった投球フォーム。やや低いスリークォーターの腕の振りから140km前後の速球とスライダーを軸とする。ややタイミングの取りづらい投手で、制球もおおむね安定。
大きく乱れるという場面がなく、先発での投球は最後まで安定。それだけに肩を痛めてポストシーズンに投げられなかったのは残念だった。下馬評は低い(というよりも無かったと言ったほうが近いか)ものだったが、大きな掘り出し物だった。今季はシーズン通しての活躍を期待される。

*203 齊藤 信介

サイドスロー、リリーフ型

右投右打
高松一高〜龍谷大〜NTT西日本 中日06ドラフト(大・社)6巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 17 0 1 1 0 0 15 10 2 10 6 0 0 5 3.00
09 中日 18 0 2 1 0 3 12 10 2 13 9 1 1 4 3.00
10 中日 - - - - - - - - - - - - - - -
11 中日 (- - - - - - - - - - - - - - -*育成)
通算 6年 36 0 3 2 0 3 28 22 4 23 15 1 1 9 2.89

リリーフ陣に食い込みを狙うサイドスロー右腕。3年目の08年登板を増やし、一軍台頭の足がかりを得た。
大学では杉山(神)の1年後輩。社会人を経てプロ入りとなった。ややオーバー寄りのサイドスローで、肩より若干高い位置からリリースする。速球とスライダーを中心に攻める投手。
1年目に1試合投げたものの、最初の2年はほぼ二軍。ただファームではリリーフとして多くの登板をこなしており、07年は1点台の防御率と好成績を残した。そして翌年は5月に一度昇格。いいところを見せるも故障で離脱となったが、9月に再昇格。そこから12試合と登板数が増え、プロ初勝利も記録。着実に前進のシーズンとなった。
やや手薄となった右のリリーフに台頭が望まれ、09年は開幕から一軍。だが4月は抑えていたものの、5月に制球を乱して失点が続き二軍落ち。その後は二軍でも内容が悪く、再昇格できずに終わってしまった。結果的に前年と変わらない成績で足踏みのシーズンに。
左に弱いのは仕方ないが、もともと多めだった四球がさらに増えてしまったのは大問題。12イニングで10四死球では主力となるには厳しい。10年はずっと二軍で過ごし、さらに故障。7月に膝の手術に踏み切り、3年ぶりに一軍登板なく終わった。昨年は育成選手として迎え、支配下登録はされなかったものの二軍では20試合で防御率1点台と好成績を残した。再び支配下登録となった今季は、30歳となるシーズンでもあり何としても一軍復帰を果たしたいところ。