東北楽天ゴールデンイーグルス

11 塩見 貴洋

先発左腕、切れ味型

左投左打
帝京五高〜八戸大 楽天11ドラフト1位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
11 楽天 24 4 9 9 0 0 154 2/3 144 14 113 34 2 4 49 2.85
通算 1年

1年目からローテーション定着を果たした即戦力左腕。二桁勝利には届かずも、先発の貴重な存在に。
投手となったのは高校以降。アマチュア時代は腰の不調に悩まされていたが、大学生活後半に急上昇。55イニング連続無失点など抜群の活躍を見せ、ドラフト直前にはノーヒットノーランを記録。ドラフトでは外れ指名ながら2球団が競合し、抽選で楽天入りに。
チームに不足の先発左腕と期待されるも、開幕には出遅れ。しかし二軍で好結果を残し5月に昇格すると、プロ初登板で6回無失点の好投を展開し初勝利をマーク。以降ローテーション入りして投げ続けた。初勝利のあと6月末まで4連敗を喫し前半は苦しむも、夏場に入ると勝ちがついてくるように。3連勝を含め8月以降の後半で6勝をマーク、シーズン9勝で勝敗もイーブンに。規定投球回に到達し、チームでは田中に次ぐ先発として活躍を見せた。
平均で140km前後の速球は表示以上に切れ味を感じさせ、スライダーやフォークといった変化球も実戦的。制球力が高く、3度の完投勝利などゲームのスタミナも充分。全体的に目立つ欠点が少なく、良くまとまった好投手。
前半もう少し援護があれば10勝は可能だった。安定した戦力になりそうで、持病の腰痛が出なければ今季は二桁勝利を期待できる。敢えて課題を言えば左打者に弱く、3割打たれたのが改善ポイントか。

13 井坂 亮平

長身右腕、スライダー軸型

右投右打
藤代高〜中大〜住友金属鹿島 楽天09ドラフト3位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
09 楽天 15 0 2 3 0 1 54 67 6 23 21 0 1 34 5.67
10 楽天 7 1 2 4 0 0 35 1/3 50 5 17 12 2 0 20 5.09
11 楽天 15 0 3 5 0 0 66 2/3 80 5 25 16 6 0 32 4.32
通算 3年 37 1 7 12 0 1 156 197 16 65 49 8 1 86 4.96

先発入りを目指す投手。ここまで目立つ結果は残せず一軍定着しきれないが、毎年ローテーション候補に名を連ねる。
大学・社会人時代たびたび肘を故障し、アマチュアではあまり注目されてはいなかった。しかしドラフトでは3位となかなかの順位で指名され楽天入り。二軍の内容もさほどではなかったが、5月に昇格即先発。この試合を6回3失点でこなし、チーム史上初の新人初登板初勝利を達成した。病気による離脱があって2勝に留まったが、先発候補に名乗り。
186cmの長身から最速150km級の速球という触れ込みだったが、実際のところスピードは平均で140kmを少し下回る中の下といったところ。持ち味はスライダーのほうにあり、これが投球の軸。
2年目の10年は交流戦の時期に昇格して先発勝利を挙げ、しばらくローテーション入り。プロ初完投勝利も記録した。ただその2勝目以降は冴えない投球が続き、8月以降は二軍暮らし。登板数半減で停滞に終わった。昨年も一軍合流は7月以降。連敗のあと1勝を挙げ、短期間リリーフで投げた後8月以降はローテーション入り。自己最多のイニング数を投げ、3勝をマークと少し前進に成功。
ただ4点台の防御率は昨年の水準ではだいぶ物足りない数字で、12度の先発中5試合で5回以前に降板。先発の一角に食い込んだとまでは言えず、あくまで谷間要員という印象を拭えなかった。被打率が3割を越えていては投球が綱渡りになるのもやむを得ず、もう少し球威か高い制球力かが欲しいところ。そろそろフルシーズン一軍にいたい。

14 佐竹 健太

リリーフ左腕、不安定型

左投左打
広陵高〜NKK 広島00ドラフト5位〜08途中、楽天08途中〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 楽天 24 0 2 0 0 4 21 15 0 22 9 1 2 5 2.14
09 楽天 34 0 1 1 0 10 32 35 4 22 16 2 1 18 5.06
10 楽天 20 0 0 1 0 0 21 2/3 24 1 20 6 1 2 11 4.57
11 楽天 17 0 0 0 0 4 16 1/3 19 2 15 2 2 0 9 4.96
通算 12年 258 0 5 8 0 41 219 2/3 255 23 185 98 11 8 115 4.71

ショートリリーフ中心の左腕。入団当初はもう一つパッとしなかったが、04年台頭を見せ一軍定着を果たした。
社会人から広島入りし、即戦力として1年目から22試合に登板。ただ成績平凡で信頼は掴めず。もう一つ特徴に欠けるということで、2年目には早くもサイドスローに転向となった。しかしそれだけで左打者を抑えられるほど甘くはなく、3シーズンほぼ二軍暮らしの状態が続いた。崖っぷちに近いところにいたが、元のフォームに戻した04年夏頃から一軍定着。左のリリーフ1番手に昇格。
ようやく信頼を掴んだが、対左という面ではそれほど良くない。特に個性が強いというわけではなく、あまり嫌がられていない印象。決め手に欠けるため被安打も四球も常に多め。05年は自己最多の50試合に登板も、対左のほうが被打率が悪く、ワンポイントとしてはいまいち。1イニング以上投げることも多くなった06年だが、後半大きく崩れて終盤は二軍落ち。3年連続30試合以上登板でも印象はいまひとつ良くなかった。07年はさらに状態悪く、前半は二軍暮らし。後半からワンポイントとして使われだしたが、4割近い被打率で内容はさっぱり。
08年も前半は二軍に埋もれていたが、ここで転機到来。シーズン途中楽天へ移籍となり、これで発奮したか移籍後はなかなかの投球を見せた。終盤には4イニングのロングリリーフで2年ぶりの勝利を挙げるなど大きく向上。2点台の防御率は、打者一人に投げただけの01年を除いて実質初めて。チームにとっても自身にとっても収穫の多いトレードとなった。
前年まで多かった四球が別人のように減ったのが大きい。が、翌年前半はまた元の状態に戻ってしまった。前半18試合の登板で9点近い防御率とさっぱり。二軍調整後終盤は復調したものの、シーズン成績は前半の不調が響いて悪化。10年はひじの故障で大幅に出遅れ、実戦登板は6月になってから。後半一軍復帰して20試合に登板したが、あまり安定感のない投球だった。
まずまずスピードがあり三振も取れるのだが、どうもきっちり抑えきるというところまでいかない。昨年は二軍にいる期間が長く、さらに登板数を減らしてしまった。移籍当初は良かったものの、このところはジリ貧気味。そろそろベテランの域に入る年齢で、この辺りでもう一度存在感を示さないと後がなくなってくる。要奮起。

15 藤原 紘通

緩急左腕、先発型

左投左打
長崎南山高〜福岡大〜NTT西日本 楽天09ドラフト1位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
09 楽天 17 1 5 4 0 1 84 2/3 83 6 49 28 7 4 38 4.04
10 楽天 4 0 1 3 0 0 14 1/3 30 6 8 6 1 0 19 11.93
11 楽天 1 0 0 1 0 0 2 2/3 4 0 1 4 0 0 2 6.75
通算 3年 22 1 6 8 0 1 101 2/3 117 12 58 38 8 4 59 5.22

1年目後半に台頭、即戦力となった先発左腕。出遅れたものの結果を残し、終盤の順位争いの中で戦力となった。
大学から社会人に進んで急成長、ドラフトでは外れ1位ながら競合となり、抽選で楽天入り。即戦力として期待されるも肩を痛め出遅れ、実戦登板は5月になってからだった。6月後半に昇格して先発も、最初の4試合は3試合で5回持たず降板。リリーフに廻るも3試合中2度失点とここまではパッとしない状態。
しかし8月に再度先発起用されると、ここで1安打残塁なしの完封という快投でプロ初勝利。一躍脚光を浴び、これ以降ローテーション入り。出入りの激しさを見せながらも5勝を挙げ、三本柱に続く存在として活躍を見せた。初勝利の相手で気分良く投げたか、オリックスから4勝とカモに。
140km台中盤の速球を軸に、緩いスローカーブやスライダーを織り交ぜる投球スタイル。奪三振率はそれほど高くなく、どちらかといえば打たせて取るタイプの投手。やや決め手には欠けるため、リリーフの瞬発力よりは先発向き。
チームが欠いている先発左腕として10年は開幕からローテーション入り。しかし2年目は大きく崩れてしまった。最初の登板こそ何とか勝つも、続く3登板すべて5点以上失い全敗。二軍落ちすると今度は肘を故障。6月に手術し、残りシーズンはリハビリに専念となった。昨年もその故障の影響で出遅れ。8月後半昇格し先発も制球定まらず、さらにまたも肘を痛め降板。これ以降は実戦登板なくシーズンを終えた。
期待はあるものの、プロ入り以来立て続けに故障に見舞われている。完治には時間がかかるということで今季は育成選手として契約。左腕の先発候補として復帰を望まれる。

16 山村 宏樹

ベテラン右腕、紆余曲折型

右投右打
甲府工高 阪神95ドラフト1位〜99、近鉄00〜04、楽天05〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
09 楽天 1 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 1 0 0 0.00
10 楽天 36 0 0 2 1 4 43 1/3 49 5 22 11 3 0 17 3.53
11 楽天 21 0 1 1 0 5 22 20 1 15 7 2 0 11 4.50
通算 17年 225 6 31 44 2 20 671 1/3 750 91 330 242 37 13 374 5.01

左右の揺さぶりを身上とする技巧派右腕。若くして自由契約となるも、そこから再起して息の長い活躍を見せる。
阪神にドラフト1位で入団したものの、5年間で一軍登板は15試合。プレー以前に環境面でなじめず、チーム内のトラブルから精神的に追い込まれてしまった。結局力を発揮できないまま自由契約となり、00年近鉄に入団。環境が変わったことがプラスに働いたか、この年ローテーション入りし6勝と、古巣を見返す活躍を見せた。翌年も7勝を挙げ、ようやく力を見せるようになった。
まさに意地を見せた形だが、しかし内容自体はいまひとつ。この2年とも防御率は5点台で、強力打線の援護なくしては語れない成績だった。この状態では長続きはせず、02年にはまた二軍生活に逆戻り。ローテーション復帰を果たせずエレベーター状態。
シュートとスライダーで攻めるタイプで、ボールそのものは平凡な投手。制球力が重要なタイプながら、それがあまり良くなかった。球威も少々見劣りし、低めに集まっているときはいいが、ちょっとでも浮くと痛打を浴びていた。
ジリ貧になりかけていたところで分配ドラフトで楽天入り。05年は2勝に終わったが、06年は自己最多タイの7勝をマーク。6年ぶりに規定投球回にも到達した。層の薄いチームでは貴重な先発要員として再浮上。とはいえ防御率は5点台で、総じて出入りが激しく終盤は先発から脱落。しかし07年は一転して非常に安定した投球を見せた。5度の先発ではいつもの調子だったが、リリーフでなかなかの好投。特に後半は大きな戦力となって、オールスター以降で25試合に登板、終盤にはプロ初セーブを挙げるなど活躍。3点台の防御率はこれが自身初めて。ベストシーズンといっていい1年だった。
いい感触を掴んだところで故障に苦しむことに。08年右肩を痛め、阪神時代以来9年ぶりに一軍登板なし。二軍での実戦復帰も9月になってからとシーズンを完全に棒に振った。この影響は翌09年も残り、リハビリスタートで二軍戦登板は6月になってから。終盤9月にようやく1試合だけ一軍登板。
ブランクが空いてしまったが、10年は立ち直り巻き返し。シーズン序盤からリリーフとして一軍で登板、時折乱れる時期はあったものの、夏場には好投を続けるなど復調。目立つ場面はないながらも自己最多更新の36試合に登板。3年ぶりのセーブを挙げるなど健闘。
昨年は前半ほとんど二軍で過ごし、登板数は減少。7月に昇格後はリリーフとしてしぶとい働きを見せ、8月には4年ぶりの勝利を記録。ただその後に派手な失点が2度あり、これで成績を随分落としてしまった。
昨年右打者に1割5分と滅法強かった反面、被安打20の内11本、打率で5割と左打者には異常に弱かった。ここまで極端な相性が出ると、起用は随分限定的なものにならざるを得ないか。投球術はあるだけに、今季はもう少し長く一軍にいたい。

17 ダレル・ラズナー

速球右腕、抑え覚醒型

右投右打
楽天09〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
09 楽天 15 1 4 7 0 0 81 1/3 94 13 52 23 7 0 55 6.09
10 楽天 26 1 5 11 0 0 152 2/3 154 13 118 58 9 7 76 4.48
11 楽天 34 0 3 4 17 1 53 52 1 46 16 0 1 12 2.04
通算 3年 75 2 12 22 17 1 287 300 27 216 97 16 8 143 4.48

来日3年目の昨年、途中から抑えに廻って急上昇の外国人右腕。期待外れの先発時代から一転、チームの弱点を補う重要戦力に。
08年メジャーで20試合に先発し5勝、3Aでは3シーズンで9勝負けなし、防御率1点台という好調な状態で09年楽天入り。実績からも期待は先発要員で、戦力として大いに期待されたが、初登板は4回に突如崩れてKO。続く登板は1失点完投で来日初勝利も、その次はまた4回持たずにKOと非常に波の激しい投球。4月に2勝も5月は勝てず、6月前半には二軍落ちとなった。再昇格した終盤も状態はあまり変わらず、シーズン4勝と期待外れの結果に終わった。
スピードのある癖球を軸とし、カットボールを始めとして球種も豊富なタイプ。いい時と悪い時の差があまりに大きく、安定感が全くない。投げてみなければ判らない投球で、ローテーション投手としてはかなり問題。自滅するほどの制球難ではないがいいというほどでもなく、ちょっと被弾も多め。
強調材料に乏しい内容だったが10年も残留。しかし開幕から3連敗、一つ勝った後4連敗と序盤はさっぱりで大幅に負け越し。ローテーション落ちも時間の問題かと思われた。ところが6月に入ると内容が一変。援護に恵まれず勝ち負けはつかなかったものの好投が続き、好調は夏場も持続。終盤また調子を落として最終的に二桁11敗、防御率も4点台半ばと微妙な成績に終わったが、一時期はなかなかの安定感も見せた。
昨年も当初は先発で、相変わらず安定感に欠け、さらに5月半ば足を痛めて降板し離脱。ところが7月に復帰すると、抑えに廻る大幅な配置転換。そしてこれが見事にはまった。ポンポンとセーブを重ね、以降すっかりクローザーに定着。4ヶ月で17セーブを挙げ、長年のチームの課題を解消する活躍を見せた。
リリーフに廻ってグイグイと力で押す投球を展開、内容は別人のように変わった。先発で3割だった被打率は1割減、奪三振率は6から8に上昇、逆に4を越えていた四球率は1に激減。あらゆる面で劇的に良化し、まさにはまったという印象。4年目となる今季は初めから抑えとして活躍を期待。

18 田中 将大

本格派、大器型

右投右打 新人王(07)、最多勝(11)、最優秀防御率(11)、最高勝率(11)、沢村賞(11)、ベストナイン(11)、Gグラブ(11)
駒大苫小牧高 楽天07ドラフト(高)1巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 楽天 25 5 9 7 1 0 172 2/3 171 9 159 54 2 6 67 3.49
09 楽天 25 6 15 6 1 0 189 2/3 170 13 171 43 7 3 49 2.33
10 楽天 20 8 11 6 0 0 155 159 9 119 32 5 1 43 2.50
11 楽天 27 14 19 5 0 0 226 1/3 171 8 241 27 5 7 32 1.27
通算 5年 125 37 65 31 2 0 930 854 56 886 224 26 12 270 2.61

高卒即主力投手となり、いまや球界を代表する存在となった怪物右腕。昨年圧倒的な成績を残しタイトルラッシュ。
早い内から大器と知られた投手で、高校時代2年生エースとして全国制覇、3年時には斎藤(日)擁する早実と決勝再試合の死闘を演じた。高校生ドラフトでは4球団が指名競合。楽天が抽選を勝ち取りプロ入り。
07年のルーキーでは最大の注目を集め、高卒ながら即戦力級の評価。その期待通り抜きん出た力をいきなり発揮した。初登板は2回持たずに6失点KOだったが、4試合目に初勝利を完投で記録。ここから年齢に似ぬ大物ぶりを発揮し、オールスターまでに7勝をマーク。岩隈が故障がち、一場が前半さっぱりという状況から自然と先発の中心に。高卒新人としては松坂以来の10勝到達、これは楽天史上初の二桁勝利でもあった。前評判以上の活躍で新人王獲得。
150kmの速球以上に際立つのが鋭く大きく曲がるスライダー。入団時からプロでも一級のレベルにあった勝負球で、奪三振はリーグ2位、率では1位のダルビッシュを上回った。また若いながらも動じず、ピンチにも攻めの投球を展開する気の強さが光った。
2年目も好スタートを切って前半6勝。7月勝てず、五輪に出場したこともあって二桁には届かなかったが、朝井と並ぶ9勝で先発の軸として活躍した。そしてWBCにも出場した09年は開幕するや5月一杯まで7戦7連勝。4連続を含む5完投、3完封と圧倒的な投球を展開。その後勝てない時期が続いたが、8月には4戦全勝と盛り返し、最終的に15勝。タイトルにこそ届かずも、最多勝にあと一つ、防御率リーグ3位の好成績。チームの2位躍進に大きな貢献を果たした。
順調すぎる成長ですでにリーグを代表する先発の一人に。ただ10年は後半故障が続くことに。7月足の肉離れで1ヶ月離脱、復帰して一月後今度は胸を痛めて再度離脱、そのままシーズン終了。順調さを欠くシーズンだったが、それでも投げればしっかり結果を残し11勝、20試合の先発で6回以前に降板は一度もなしとさすがの力を見せた。
そしてコンディションを整えた昨年はまさに球界のエースという投球で君臨。完投勝利でスタートし、6月から7月にかけて6連勝。8月7失点を喫する場面があったものの、その後また5連勝。最後まで力は落ちず、連続完封でシーズン完走。19勝でホールトンと並び最多勝、それ以上に1点台前半という破格の数字で防御率タイトル獲得。ダルビッシュを制して沢村賞選出とタイトルラッシュの1年に。
1点台前半というシーズン防御率は70年村山の記録に迫り、リーグでは59年杉浦以来となる快挙。統一球効果を加味しても飛び抜けた数字で、別格の投球といっていいものだった。14完投、6完封いずれも両リーグ最多(完封はタイ)。奪三振もタイトルには届かなかったものの、初の200突破でイニング数を上回る多さ。8月には史上2位となる1試合18奪三振を記録。
6戦5勝のロッテにはわずか2失点、4戦3勝のソフトバンクには1点しか許さなかった。すっかり隙のない存在となり、完成度では西武時代の松坂をもう越えているという印象もある。今季もタイトル級の活躍必至で、ダルビッシュメジャー移籍で先発タイトル独占の可能性も。20勝なるかどうか。

20 長谷部 康平

大物左腕、不安定型

左投左打
杜若高〜愛工大 楽天08ドラフト(大・社)1巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 楽天 13 0 1 4 0 0 35 1/3 56 6 23 22 2 2 39 9.93
09 楽天 25 0 5 8 0 1 109 1/3 132 12 65 49 6 8 63 5.19
10 楽天 10 0 3 5 0 0 43 2/3 49 10 30 23 2 3 38 7.83
11 楽天 7 0 1 0 0 0 35 1/3 26 0 20 13 0 1 10 2.55
通算 4年 55 0 10 17 0 1 223 2/3 263 28 138 107 10 14 150 6.04

07年の大・社ドラフトで大場(ソ)と人気を二分した目玉投手。だがここまでその評判ほどの結果を残せていない。
以前から評価は高かったが、北京五輪予選メンバーにアマからただ一人選ばれたことでにわかに注目度が上がった。アマbP左腕としてドラフトでは5球団が競合し、抽選で楽天入り。当然期待は即戦力だったが、1年目は開幕直前に左ひざ半月板損傷で出遅れ。実戦復帰するとすぐに一軍昇格となったが、四球が多い内容が続き結果は散々なものに。先発では何度も炎上を繰り返し、ロングリリーフで挙げた1勝のみ、10点近い防御率で終わった。躍進を期待された2年目は前半こそ4勝を挙げそこそこだったものの後半大崩れ。先発から脱落しても立ち直れず、シーズン防御率は5点台に。先発20試合の内8試合で5回持たずに降板と乱調傾向も変わらなかった。
やや二段気味のモーションで、テイクバックに特徴のあるフォーム。速さはあるのだが、制球が悪く自滅傾向が強い。粗っぽい投球の割に奪三振は少なく、カウントを苦しくして置きにいって痛打を浴びる場面が目立つ。崩れだすと止まらない脆さも大きな課題。
3年目の10年は連勝でスタートするも、4月中旬に膝を故障、3ヶ月戦列を離れた。球宴前に復帰勝利を挙げたが、球宴明けからは4連敗。最後のほうは大炎上を繰り返し、終盤は二軍落ちとなった。昨年はシーズンの大半を二軍で過ごし、一軍昇格は8月末。ほぼ終盤のみだったため登板数は自己最少となったが、何度か好投し成績は比較的安定。多少前進気配を見せた。
勝ちにはつながらなかったものの、昨年はいい時には潜在能力を感じさせる切れを発揮。ただ序盤降板も3度あり、相変わらず制球の悪さが顔を出すことも。それでも光明は見え、今季こそは先発左腕として力を発揮したいところ。一本立ちなるか勝負の年。

21 岩隈 久志

復活エース、変則速球型

右投右打 最多勝(04,08)、最優秀勝率(04,08)、ベストナイン(04,08)、最優秀防御率(08)、沢村賞(08)、MVP(08)
堀越高 近鉄00ドラフト5位〜04、楽天05〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 楽天 28 5 21 4 0 0 201 2/3 161 3 159 36 4 4 42 1.87
09 楽天 24 5 13 6 0 0 169 179 15 121 43 6 3 61 3.25
10 楽天 28 4 10 9 0 0 201 184 11 153 36 12 1 63 2.82
11 楽天 17 2 6 7 0 0 119 106 6 90 19 5 1 32 2.42
通算 12年 226 48 107 69 0 0 1541 1514 109 1195 342 58 23 557 3.25

楽天のエース右腕。近鉄時代に彗星のごとく現れ、それ以降瞬く間にエースに駆け上った。2度の最多勝など華々しい実績を誇る。
高卒2年目の01年終盤に登場し、伸びのある速球で4勝を記録、チームの優勝に勢いをつけた。翌年は勝ち星を倍にし8勝、さらに03年は一気に二桁突破の15勝。急成長の勢いはとどまるところを知らず、04年は開幕から破竹の快進撃で先発12連勝を達成。2年連続の15勝で最多勝に輝き、防御率もタイトル寸前まで向上。二十代前半の若さながら、リーグを代表する投手にのし上がった。
すらっとした細身ながら、完投能力は非常に高い。肘のしなりが抜群の投手で、腕が体に巻きつくようにスイングされる。制球力が非常に高く、コーナーサイドに切れのいい速球と鋭いスライダーを小気味よく投げ込む。総合的に隙の少ない完成度の高い投手。
04年末球団合併に際して志願の楽天入り。だがここからしばらく不振に陥ることに。チーム状況から勝ち星が減る事は当然予想されたが、自身の出来も以前ほどではなかった。蓄積疲労からか切れが鈍り、05年は被打率3割超で5点近い防御率、不安定な状態で15敗を喫してしまった。そして翌06年からは故障で長期離脱。肩を痛めて一時は球速ががた落ちする苦難を味わった。復帰して07年は開幕投手となるも、前半は依然体調不安な状態で再三離脱。
移籍以降精彩を欠き続けていたが、07年後半で4勝、復調の足がかりを掴むと、08年そのポテンシャルを一気に解き放った。開幕から安定感抜群の投球を展開し、5月から破竹の8連勝で4年ぶりの二桁勝利は6月中に早々と到達。7月に3敗目を喫してからまたも8連勝を記録し、ついに大台の20勝に到達。2度目の最多勝は85年の佐藤義(阪急)以来実に23年ぶりという21勝の大記録。もちろん勝率1位、そして1点台の防御率を最後まで維持し、見事な投手三冠に輝く最高のシーズンとなった。
復活というよりレベルアップという印象。近鉄時代はシーズン後半に失速することが多く体力不安を感じさせたが、それもなくシーズン通して鉄壁のままだった。この難攻不落ぶりが評価されたか、選考基準を満たしていたダルビッシュを抑えて沢村賞にも選出。
ここまでの圧倒的ペースではないものの、これ以降もエースに君臨。WBCでも活躍した09年は前半肘痛で1ヶ月離脱するなどしたが、7月末から6連勝など後半立て直して13勝。投球内容は前年より見劣りはしたが、充分存在感を示した。10年は開幕連敗スタートもその後4連勝。チームが下位に沈んで勝ち切れない試合も多かったが、フルシーズン働き3年連続5度目の10勝をマーク。通算100勝も達成。
オフにポスティングでメジャー移籍を目指したものの、入札後交渉決裂し一転残留。ただ昨年は影の薄いシーズンだった。開幕から3連勝と最初は良かったが、5月中旬肩の違和感で降板しそのまま抹消、2ヶ月の戦線離脱に。復帰後も本調子という印象ではなく、9月以降は4連敗。4年ぶりに二桁に届かず、5年ぶりの負け越しに終わった。
前年果たせなかったメジャー移籍のためオフにFA宣言。不安は再三長期離脱を繰り返している故障の多さで、終盤の投球がらしくないものだった点も気になるところ。

26 有銘 兼久

力投型左腕、馬力型

左投左打
浦添商高〜大仙〜九州三菱自動車 近鉄02ドラフト3巡〜04、楽天05〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 楽天 66 0 2 2 2 17 44 33 2 45 17 3 1 10 2.05
09 楽天 54 0 0 2 3 20 43 2/3 33 3 42 27 8 1 25 5.15
10 楽天 13 0 0 0 0 4 8 7 0 12 3 1 1 3 3.34
11 楽天 18 0 1 0 1 2 13 1/3 11 0 9 6 0 0 2 1.35
通算 10年 302 6 9 34 6 57 465 1/3 476 44 394 198 32 10 234 4.53

体全体を使ったダイナミックなフォームで投げ込むリリーフ左腕。細かい技術とは無縁だが、ボールの勢いには目を見張るものがある。
社会人からドラフト3位で近鉄に入団。即戦力のリリーフとして期待されたが、1年目は登板なし。2年目から一軍に顔を出すようになった。リリーフが中心の起用だったが、しかし内容はさっぱり。勢いはあっても制球がかなりアバウト。04年はイニングを上回る四死球を与えた。また抜け球も非常に多く、当初は被弾も多かった。
ここまでは雑なリリーフ要員という印象だったが、分配ドラフトで楽天移籍の05年一変した。前半こそ相変わらずリリーフで不安定だったが、7月に先発に廻るとかなりの好投を見せ、プロ初勝利をチーム初完封で記録。以降は左の中心投手として、特に夏場はチームで一番の安定感を見せた。3勝10敗と大きく負け越したものの、4完投とタフネスぶりを発揮。
しかし翌年は停滞。飛躍を期待されたが、序盤さっぱりで一軍と二軍を行ったり来たり。初勝利は7月に入ってからで、シーズン2勝止まり。07年も先発機会があったが1勝5敗と大きく負け越し、これ以降はリリーフでの起用が中心となった。
深く沈み込んで体ごとぶつかっていくようなフォームは迫力充分。スライダーの切れにも鋭さがある。いい時には打ちづらい上にいつまででも投げられる無尽蔵のスタミナの持ち主だが、悪い時は制球が乱れて自滅傾向。投げてみなければ状態のわからない難しい投手で、万全の信頼を得るまでには至らなかった。
完全にリリーフに専念した08年は快調。開幕から重要なリリーフ左腕として活躍し、安定感も大きく向上。特に後半の投球は特筆もので、8月前半からシーズン終了まで22試合連続無失点の快投を見せた。チームトップの登板数にホールドを記録し、左打者を1割台に封じる見事な仕事を見せた。翌年も貴重なセットアッパーとして前半快投。ただ前半とは一変後半は不安定な投球が続き、7月以降の防御率が9点台。自責点の8割近くが後半のもので、シーズン成績も急落してしまった。眼の覚めるような投球をしたかと思えば、ストライクを取るのに四苦八苦という極端さがぶり返してしまった。
それでも主力の一角に定着していたここまでだが、10年は故障に泣くことに。開幕から無失点で来ていた5月頭に登録抹消。8月に復帰したが、4試合で3失点と状態は戻りきらず終盤は二軍調整。移籍後はもちろん、プロ2年目以降では最少の登板数に終わった。これで大きく後退し、昨年は二軍スタート。交流戦から一軍昇格し、登板数は前年より増加。2年ぶりのセーブ、3年ぶりの勝利を記録したものの、ショートリリーフとしては信頼を掴めず。8月後半に二軍落ちすると以降一軍に戻れずに終わった。
前年左打者に滅法強かった投手だが、昨年は一転して11安打中8本を左打者に打たれた。四球も多く、ワンポイントとしては成績ほどのいい働きが出来なかった。左腕リリーフの地位をすっかり片山に奪われた格好だが、使い勝手の良さと勢いで何とか盛り返したい。

28 片山 博視

大型左腕、リリーフ台頭型

左投左打
報徳学園高 楽天06ドラフト(高)1巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 楽天 18 2 2 7 0 1 79 70 4 71 35 8 2 32 3.65
09 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
10 楽天 53 0 1 2 0 10 62 1/3 45 3 59 26 2 3 13 1.88
11 楽天 59 0 2 3 0 23 57 2/3 55 3 55 15 2 2 22 3.43
通算 6年 130 2 5 12 0 34 199 170 10 185 76 12 7 67 3.03

3年目の08年一軍台頭してきた期待の大型左腕。ここ2年はリリーフの中心的存在として活躍。
アマチュア時代早い内から名を知られていた存在で、高校では2年時にエースとして甲子園春夏出場。分離開催となった高校生ドラフトでは2球団が競合、抽選の末楽天入りとなった。高校通算36発の打撃も高く評価されていた選手。
期待は大きかったがプロ生活はいきなり躓き。1年目に肘を痛め、06,07年といずれも二軍登板が一桁のみ。しかし07年のフェニックス・リーグで活躍を見せて期待上昇。そして迎えた08年は二軍で前半だけで6勝をマーク。この好投が認められて6月待望の一軍昇格となった。何度かリリーフで投げた後先発に廻り、2度目の先発でプロ初勝利を完封で記録。しばらく好投が続きローテーションの一角に食い込むことに。ただオールスター前辺りから粗っぽさが強く出始め、全く勝てなくなった。2勝したものの6連敗という形でシーズン終了。
191cmの長身から投げ下ろす140km台中盤のスピードに変化球もなかなか多彩。奪三振の多さが力強さを物語る。上でも通用する球威を見せる一方で、9月以降の終盤は26イニングで18四死球の乱調。自滅癖という大きな課題も露呈した。
09年は開幕直前の故障で大幅に出遅れ一軍登板なし。足踏みの形となったが、復帰した10年は違う形で大飛躍を遂げた。シーズン序盤こそロングリリーフや先発だったものの、5月以降完全にリリーフ固定。そしてかなりの好投を続けて、貴重な戦力となった。状態の良さは最後まで続き、一気に増えた登板数は50を突破し防御率1点台をキープ。左のリリーフ1番手としてフル回転のシーズンに。
故障明けでも球威は健在で力強さを発揮。昨年も引き続きリリーフで回転し、前半は急な先発もあってさほどではなかったが、後半はセットアッパーとして活躍。チームトップの登板数にトップタイのホールドを記録し、すっかり継投に欠かせない存在となった。
シーズン防御率は3点台だが、これは先発時の4回11失点という大炎上が響いたもの。リリーフに限定すれば1点台で、特に8月以降は1点未満と非常に安定していた。故障歴があるのが気がかりだが、何事もなければ今季もセットアッパーとして期待大。

30 永井 怜

先発定着、フォーク投手型

右投左打
東農大二高〜東洋大 楽天07ドラフト(大・社)1巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 楽天 27 2 6 7 0 0 117 1/3 121 17 111 47 4 6 61 4.68
09 楽天 26 5 13 7 0 0 171 153 17 144 50 8 7 65 3.42
10 楽天 27 4 10 10 0 0 182 2/3 173 20 125 69 3 4 76 3.74
11 楽天 16 2 4 5 0 0 102 2/3 92 10 77 26 3 4 32 2.81
通算 5年 134 13 40 36 0 1 700 2/3 656 78 555 243 26 24 285 3.66

先発で活躍する右腕。チームで岩隈・田中に次ぐ存在として2年連続二桁勝利をマーク。
大・社ドラフト1巡指名でのプロ入りで、事前には希望枠も噂されていた投手。1年目は開幕直後に一軍入りし、そこから8月途中まで先発中心の起用。終盤はリリーフに廻り、シーズン7勝と即戦力になった。同じ新人の田中が二桁勝利で、その陰に隠れてしまった感はあるが、先発・リリーフ双方で回転した永井の存在も投手層の充実には大きかった。
2年目も先発でスタートし、5月までは3点台の防御率で5勝と快調なスタート。飛躍を期待されたが6月に調子を落とし、これ以降停滞。前年良かったリリーフが今度は悪く、19イニング19失点の大乱調。先発でも勝てなくなり、後半は1勝したのみ。6月以降防御率7点台と大崩れし、前年より少ない6勝止まりで終わった。2年目のジンクスにはまった形に。
しかし先発一本に絞った09年に大きく成長。開幕からローテーションを維持して乱れかけた6月も今度は立ち直り。大崩れしないことで自信を深め、終盤9月以降は6試合4勝と高い安定感を発揮。勝ち星を前年から倍増させ二桁勝利到達、一気に13勝をマークした。チームの2位浮上に大きな貢献。
まずまずの球速に幅広い球種も持つ投手で、一番の武器はフォーク。これを低めに落として空振りを奪う。切れが持ち味で、圧倒的な凄みはないものの三振奪取率は高め。09年からは制球を乱す場面が減り、完投能力も見せた。
10年も引き続き三本柱の一角として活躍。前半は勝ち星が伸びずにいたものの、7月以降6勝を挙げ2年連続となるシーズン10勝に到達。後半の防御率は4点台と内容自体は前半の方が良く、シーズン防御率も前年よりやや落ちたが、主力投手としての地位を確かなものに。
しかし昨年は故障に泣くこととなった。開幕から主力として投げていたが、6月に入ると勝ち運に見放され、7月肩の故障で途中降板。短い離脱で復帰するも、8月半ば同じ箇所に故障再発。今度は長期離脱となり、以降実戦登板なくシーズンを終えた。
夏場の一時的な復帰はやはり無理があったか。エースというには一歩二歩足らずとも、ローテーションを守って10勝する力のある投手だけにチームにとっても痛手だった。今季は主力への返り咲きが望まれる。

31 美馬 学

小兵リリーフ、速球型

右投左打
藤代高〜中大〜東京ガス 楽天11ドラフト2位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
11 楽天 23 0 2 1 0 5 26 1/3 19 1 13 4 1 2 9 3.08
通算 1年

小柄な体格のリリーフ右腕。故障に泣いたが、前半積極的に起用され即戦力に。
大学・社会人でリリーフとして活躍するも、一方で故障も多かった投手。楽天にドラフト2位指名されプロ入りとなった。開幕前には抑え候補として名前を挙げられるほど期待され、開幕一軍入り。4度目の登板で初勝利を挙げ、前半だけで23試合に登板。
身長169cmの小兵だが、140km台後半から150km超の速球が魅力。これとスライダーが投球の軸で、それ以外の球種もなかなか豊富。大きな失点が2度あるも、日程が進むに連れ安定感を増していたのだが、6月末肘の故障で戦線離脱。後半を棒に振ることになってしまった。力は充分に通用するところを見せたが、アマ時代から故障の多い体質が最大の課題か。今季は改めてリリーフでの活躍を期待される。

34 鎌田 祐哉

中堅右腕、一進一退型

右投右打
秋田経法大付高〜早大 ヤクルト01ドラフト2位〜10途中、楽天10途中〜11
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 ヤクルト 16 0 0 2 0 1 21 33 5 19 8 1 0 16 6.86
09 ヤクルト 9 0 0 1 0 1 12 8 2 10 4 0 0 7 5.25
10 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
11 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 11年 125 2 14 17 0 5 341 345 40 244 100 6 12 153 4.04

一軍半の状態が続く右腕。平均的な能力を持つが、ちょっと伸び悩みが続いている。
ヤクルト入団当初からまとまった投手として期待されたものの、故障で1年目は力を発揮できず。しかし02年後半に3勝を挙げたことで自信を掴んだ。翌年はいい投球を見せるものの前半は運に恵まれなかったが、後半はその不運も払拭。勝ち星を倍増し、2完封を含む6勝。ほぼローテーションに定着した。
スライダーを多用する投手で、特に速い球も持たず、目に付く特徴もわかりにくいタイプ。地味でもゲームをつくれる存在だったが、04年から伸び悩み。生命線のスライダーの切れが鈍り、04年は1勝しただけで先発から脱落。05年は一軍登板もなく、二軍でも5勝8敗とパッとしないままに終わった。
投手層の薄さに悩むチーム状況から期待はあるのだが、もう一つ突き抜けてこない。06年は後半昇格し先発機会も貰ったが、安定感がなく定着まで至らず。07年はリリーフで持ち直し久々に登板数増、1点そこそこの防御率とかなりの好投を見せた。しかしこれが続かず、08年は一転して乱調。16試合中9試合に失点では敗戦処理も厳しく、後半は二軍暮らしとまたも後退。
いいかと思えば期待を裏切る繰り返しで、なかなか定着しきれない。09年は登板数が一桁に減り、さらに存在感が薄くなってしまった。10年二軍にいたところで、6月にトレードが決まり楽天へ。しかし二軍でも5点台半ばの防御率では昇格は難しく、一度も一軍登板できずに終わった。
一進一退から近年は後退する一方で、後がない昨年も一軍からは声がかからず。シーズン後戦力外となってしまった。近年は二軍レベルに落ち着いてしまった印象で、年齢的にも厳しいか。

41 青山 浩二

便利屋、リリーフ覚醒型

右投右打
函館工高〜八戸大 楽天06ドラフト(大・社)3巡〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 楽天 41 0 3 8 4 5 78 2/3 86 8 61 26 4 3 34 3.89
09 楽天 28 1 3 5 5 2 62 1/3 70 10 53 25 4 1 38 5.49
10 楽天 41 0 5 1 1 15 52 1/3 48 2 63 14 0 1 10 1.72
11 楽天 51 0 3 4 2 23 71 58 4 64 23 3 3 22 2.79
通算 6年 229 2 19 29 12 49 414 2/3 453 40 349 139 18 15 191 4.15

大卒1年目から即戦力となり、リリーフでフル回転した右腕。先発もこなす一方、ここまで役割がなかなか一定しない便利屋型投手。
ストレートと切れのいいスライダーのコンビネーションを武器とし、飛び抜けた凄みはなくもまとまった能力を発揮。ただでさえ手薄だった楽天投手陣にあって、その使い勝手の良さは貴重な存在となった。開幕一軍入りを果たした1年目から積極的に起用され、先発が早期に崩れればまず確実に登板していた印象。交流戦終了時でチームトップの34試合に登板と非常にタフなシーズンに。さすがにこれは無理使いが過ぎ、疲労で切れが落ち成績悪化、夏場にはファーム落ちし、最終的には6点近い防御率に終わった。
バランスよくまとまった投手だが体力面に課題があり、持続的な活躍がなかなか出来ず。2年目は先発で連勝スタートも5連敗。2年続けてシーズン中盤に調子を崩してしまった。08年はチーム事情から開幕直後は抑えを経験。その後もリリーフを中心に投げ、シーズン防御率を大幅に改善。一方で先発では6戦5敗とさっぱりに終わり、頼りない印象も残したシーズンに。その傾向は翌年さらに強くなり、抑え役を任されながら1ヶ月の間に3度サヨナラ敗戦投手になるなど不安定。全体的に状態が悪く、終盤の先発でも結果を残せず不調のままシーズンを終えた。さらに10年は初登板の先発でわずか2球で故障降板となり、開幕直後に2ヵ月離脱。最悪の出足となったが、しかし6月復帰以降、リリーフに専念すると見違えるような安定感を発揮。夏場にはリリーフの中心的存在として活躍し、15ホールドはチームトップタイで、5勝は自己最多。これまでの煮え切らない印象を払拭することに成功。
リリーフで一皮むけた感じだったが、どうもベンチは先発で使いたくなる投手なのか昨年はまた先発構想でスタート。しかし2度目の登板で6失点KOされると以降は再びリリーフに専念となった。前半はムラがありそこまで良くなかったが、夏場以降調子を上げ右のセットアッパー格に。チームトップタイの23ホールドを記録し登板数は初めて50を突破した。
先発では多彩な球種を見せるものの持続力に欠ける印象で、リリーフでストレートとスライダーに絞ったほうが好印象。前年苦労した対左も克服し、さすがにこの結果を見ればリリーフ一本のほうが良さそう。対ロッテには前年から相性が良く、昨年もリリーフでは10試合無失点。

42 ケルビン・ヒメネス

先発右腕、癖球型

右投右打
楽天11〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
11 楽天 13 0 1 7 0 0 63 1/3 74 4 27 29 8 1 26 3.69
通算 1年

先発候補の外国人。地震後一時帰国し開幕から大幅に出遅れたが、6月以降一軍に。
ドミニカ出身で、07年にリリーフで3勝のメジャー実績。05年以降はマイナーでもリリーフ中心で投げていたが、10年韓国斗山でプレーし、先発14勝をマーク。オフに楽天と契約し来日。しかし3月の大震災の影響で一時帰国。
再来日後もしばらくは二軍調整が続いていたが、岩隈の故障など先発不足が顕著となり、6月に一軍昇格。最初のリリーフ2試合いずれも失点と冴えない結果ながらも3試合目からはローテーション入りとなった。ただいきなり5連敗を喫し、初勝利は8月になってから。その後も連敗して終盤は二軍落ちし、結局その1勝のみで7敗という結果に終わった。
軽く投げているようなおとなしいフォームで、そこそこのスピードはあるものの動くボールを低めに集めて打たせて取る投球スタイル。ゴロのアウトが多く、奪三振率は非常に低いタイプ。失点と自責点の差が14もあり(パの規定投球回到達者で一番多かった涌井でも13)、随分守備に足を引っ張られた面がある一方、被安打も四死球も多めで投球自体不安定なものだった。
左打者に滅法弱く、4被弾はすべて左に打たれたもの。被走者の非常に多いタイプで戦力として計算は立てづらい。今季も残留だがリザーブ要員か。

45 川井 貴志

両刀左腕、再浮上型

左投左打
大阪桐蔭高〜城西大 ロッテ99ドラフト3位〜06途中、楽天06途中〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
09 楽天 14 0 0 2 0 1 32 2/3 34 2 17 12 3 1 13 3.58
10 楽天 17 0 3 7 0 0 66 2/3 81 7 28 28 2 2 34 4.59
11 楽天 11 0 1 4 0 0 50 2/3 57 4 29 14 4 0 19 3.38
通算 13年 275 2 22 24 0 2 491 536 48 317 193 30 7 246 4.51

先発・中継ぎとどちらも可能な左腕。腕が長く、体に巻きつくように振るため、タイミングがややはかりにくいタイプ。
大学からドラフト3位でロッテ入り。1年目はわずかな登板に終わったものの、2年目の00年4勝を挙げ一躍名を売った。翌年も登板数を増やして2勝。ただこの年は先発入りを期待されていたため、印象としてはやや伸び悩み。本格台頭は翌02年で、登板数を一気に倍増の50試合突破で4勝をマーク。03年も続けて50試合以上の登板を果たし同じく4勝、リリーフの一角に定着。
しかし良かったのはここまでで、04年は思わぬ大不振。開幕から全く波に乗れず、7点前後の防御率と散々。せっかく掴んだ信頼を一気に手放してしまった。05年も不調は脱せず、登板機会も激減でほとんど二軍暮らし。
いいスライダーを持っており、好調時には相手を寄せ付けないピッチングもできる。しかし精神的に弱いというか、厳しいところを攻めきれない詰めの甘さがどうも消えない。何でもできるがその分どっち付かずという印象も。
06年開幕後に楽天へトレード。昇格即登板で2年ぶりの勝ち星を挙げ、6月には先発勝利など久々に持ち直した。だが好調は続かず、後半は二軍暮らし。07年はわずか3試合の登板、内2試合で失点と結果を残せず。08年は二軍で7勝3敗でも防御率は5点台後半、10年目にして初めて一軍登板なく終わった。
04年以降ジリ貧続きで崖っぷちに追い込まれたが、09年は3度の先発を含む14試合登板と少し持ち直した。勝ち星にはつながらず、後半はほとんど二軍暮らしと信頼を掴むまでには至らなかったが、一時の低迷からは脱出。10年は5月末に昇格するとリリーフで4年ぶりの勝利投手に。7月後半からは6番目の先発として回転し、計3勝を挙げた。登板数は17でも先発が多かったことで、投球イニングは楽天移籍以降最多を更新。
昨年は5月後半に昇格し、しばらくローテーション入り。まずまず抑えながら3連敗で始まるなど結果は伴わず、7月半ば、9度目の登板でようやく1勝。しかし8月頭にKOされると二軍落ちし、そのまま一軍に戻れなかった。
11試合すべて先発も内4試合で5回以前に降板。持っても6回というところで、あくまで谷間の先発要員という印象。もうベテランの年齢で以前ほど球速もなく、それほど際立ったボールはないので、低めに集めていかにゴロを打たせるかが鍵。粘り強さを見せたい。

47 松崎 伸吾

ドラ1左腕、伸び悩み型

左投左打
光星学院高〜東北福祉大 楽天06ドラフト(大・社)1巡〜11、阪神12〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
09 楽天 2 0 0 0 0 0 1 1/3 2 1 3 1 0 0 1 6.75
10 楽天 9 0 1 2 0 0 24 37 4 16 13 2 0 19 7.13
11 楽天 3 0 0 0 0 0 5 1/3 4 0 3 1 0 0 0 0.00
通算 6年 43 0 2 16 0 0 107 1/3 137 19 69 55 6 3 72 6.04

ずっしりした体型の左腕投手。ドラ1入団で期待は受けるものの、ここまでパッとしない状態が続いている。
高校時代は3年夏に甲子園ベスト8、大学では福田(巨)と同期で、ドラフト1巡でプロ入り。発展途上のチームにあって、当然期待は即戦力。しかし1年目は散々な結果に終わった。10試合中8度先発登板したが、5回まで持ったのが3度で他はいずれも早期KO。被安打も四球も多く防御率はボロボロで、リーグワーストとなる新人開幕8連敗という不名誉な結果しか残せなかった。汚名返上を期した2年目も先発KOを皮切りに3連敗、デビューからの連敗を11に伸ばしてしまった。その後5月にリリーフで待望のプロ初勝利を挙げたが、6月は先発でまた3連敗。オールスター前に二軍落ちしてしまった。
リリーフ時はそこまででもないのだが、どうにも酷いのが先発での内容。07年5度の先発でも防御率9点台で全敗とボロボロ。力みすぎてしまうのか不安定極まりなく、早い回に呆気なく失点してしまう。先発登板の大半で序盤にゲームを壊してしまうのではどうにもならない。
3年目の08年は1度も一軍登板できず。二軍でもさっぱりの成績で、すっかり期待値も下がってしまった。これ以降すっかり一軍が遠ざかり、09年も6月に2度リリーフ登板したのみ。10年は夏場に3年ぶりの勝利を挙げる場面もあったが、不安定な投球で長続きせず。二軍で6勝、防御率1点台の力は全く見せられなかった。昨年は終盤3試合に投げたのみで、その内容は悪くなかったもののシーズンのほとんどを二軍暮らし。
これで3シーズン一桁登板が続いており、完全に停滞してしまっている。年齢的にもこの辺りではっきりした結果を残せないともう後がなくなる。阪神移籍となった今季は正念場で、何としても一軍に食い込みたい。

51 川岸 強

サイドスロー、燃え尽き型

右投右打
桐蔭学園高〜駒大〜トヨタ自動車 中日04ドラフト7巡〜06、楽天07〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 楽天 54 0 4 3 3 13 55 2/3 49 2 47 20 1 1 12 1.94
09 楽天 26 0 4 3 2 3 31 31 5 16 12 2 0 15 4.36
10 楽天 49 0 2 5 13 4 50 67 8 46 18 3 0 34 6.12
11 楽天 12 0 1 1 0 3 16 21 3 6 6 0 0 8 4.50
通算 8年 187 0 12 14 18 27 212 2/3 232 25 163 75 12 3 101 4.27

力のある速球とスライダー、シンカーを駆使するリリーフタイプの右腕。やや小柄な体格だが、力感あるフォームで投げ込む。
社会人から中日入り。ドラフトでは下位指名だったが、キャンプから注目されて開幕一軍を勝ち取り、1年目から一軍登板を果たした。05年は5月に一軍昇格すると9試合連続無失点など、交流戦期間中なかなかの好投。登板数を倍増させ初勝利も記録。
勢いのいい投手で、追い込んでの勝負球を持っているのが強み。右打者にはなかなか打ちづらさがあり、好調なら重要な場面も任せられる。スタミナ不足で一軍定着しきれなかったが、その目前まで迫った。
ただ06年は故障続きで二軍でも9試合しか投げられず、シーズン後には戦力外に。諦めるような年齢ではなく、トライアウトを経て07年は楽天入り。移籍初年は開幕一軍入りを果たすも先発登板で滅多打ちを食らい、そのまま長期二軍暮らしとパッとしない成績に終わった。しかし終盤再昇格後はそこそこの投球で復活の足がかり。
そして迎えた08年は久々に力を見せた。4月前半に昇格するとリリーフでフル回転。3年ぶりの勝利を挙げるなど好調が続き、信頼もどんどん上昇。右のリリーフ一番手となり、チーム事情から抑え役に廻る時期も。その3セーブを挙げた7月は少し失点が増えたが、その後はまた復調。1年でこれまでの通算を上回る登板数をこなし、自己ベストのシーズンとなった。
右打者に強い投球が甦った。この活躍から抑えを期待された09年は開幕直後に右ひじを痛め、4ヶ月に亘る長期の戦線離脱。チームにとっても構想が白紙となる痛い故障となった。8月に復帰を果たしてシーズン4勝2セーブ。本調子ではなかったものの積極的に起用された。
10年は改めてクローザーとなり、開幕から13試合連続無失点など序盤は快調。5月末時点で20試合に投げ、1勝8セーブ防御率は1点未満という非常に高い安定感を見せた。しかし6月に入ると調子を崩し始め、月末には立て続けにリリーフ失敗。後半は抑えを外されるも調子は戻せず、かなり成績を落としてしまった。チームトップで自己最多の13セーブを記録も、防御率は6点台で終了。
どうもタフさには欠ける投手で、登板数が増えるとはっきり力を落としてしまう。それでも近年は短期間なら活躍を見せていたが、昨年はずっと不調。不安定で開幕直後に二軍落ちし、再昇格後もパッとしなかった。8月末に投げた後は機会なく、前年より大幅減の12試合登板に留まった。
一時の抑え候補から随分後退してしまった。「右に強く、左に弱い」はずが昨年は対右にかなり打ち込まれた。奪三振もかなり減り、力が落ちたのではという懸念も。今季は何としても巻き返してリリーフの一角に復帰したい。

54 木谷 寿巳

中堅右腕、実戦派型

右投右打
近江高〜東北福祉大〜王子製紙 楽天06ドラフト(大・社)6巡〜11
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 楽天 22 0 0 3 1 3 39 1/3 40 5 24 13 5 1 18 4.12
09 楽天 11 0 1 0 0 0 20 23 3 17 5 1 0 9 4.05
10 楽天 7 0 1 0 0 0 15 2/3 10 2 11 8 0 0 6 3.45
11 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 6年 40 0 2 3 1 3 75 73 10 52 26 6 1 33 3.96

3年目の08年一軍台頭の右腕。社会人から入団も故障で苦しんだが、ようやく力を見せ始めた。
分離ドラフト6巡で入団。即戦力の期待もあったが、肩を痛めて1年目は二軍でも登板なし。2年目にかけるも今度はキャンプで肘を痛めと故障続き。終盤ようやく二軍戦で復帰と、プロ生活は大幅に出遅れる形に。
長い雌伏の時を過ごしたが、08年ついに台頭の機会を得た。無事に迎えた開幕から好調で、まずは二軍で6月末までに8勝を挙げる活躍。7月に一軍昇格すると、プロ初登板から12試合連続無失点と一軍でも通用するところを見せ、プロ初セーブも記録した。その後は先発も試され、後半の投手陣期待株に。
そうスピードがあるほうではないが、スライダーの切れと制球が高レベル。丁寧な実戦向きの投手という印象で、落ち着いたマウンド捌きが光った。苦難を抜けて一軍定着に大きく前進。
ただ開幕から一軍の翌年はリリーフでパッとせず、5月頭に二軍落ち。8月に先発好投でプロ初勝利を挙げたが、その後のリリーフ2回はいずれも失点で終盤はまた二軍に。登板数は前年より半減してしまった。10年はさらに後退し、シーズンのほとんどを二軍。イースタンの最多勝獲得も一軍では終盤の数試合のみで、あまり存在感のないままだった。
停滞脱出を図る昨年だったが大きなアクシデント。4月末二軍戦で倒れ途中降板。この時脳梗塞寸前という状態だったようで、以降実戦に戻ることはなかった。シーズン後戦力外となり、引退することに。残念だが命に関わる状態ではやむを得ない。

57 小山 伸一郎

剛球右腕、逆転覚醒型

右投右打
明野高 中日97ドラフト1位〜04、楽天05〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 楽天 54 0 3 5 4 6 68 2/3 58 8 71 25 5 3 28 3.72
09 楽天 56 0 1 4 5 6 63 2/3 53 4 74 23 3 2 21 2.97
10 楽天 55 0 5 4 11 15 59 2/3 49 5 54 23 3 2 16 2.41
11 楽天 50 0 8 4 0 11 68 2/3 53 5 51 22 3 2 22 2.88
通算 15年 368 0 25 30 36 42 468 2/3 404 52 431 221 29 23 208 3.99

4年連続50試合以上登板のリリーフ右腕。長い間期待されながらも伸び悩み続けていたが、楽天移籍後開花し主力の一角に定着。
ドラフト1位で中日入りし、4年目の00年2勝。いよいよ期待の大器台頭かと思われたが、翌年はわずか4試合登板に終わり足踏み。その後も毎年期待されながら応えられず。登板数はあるものの内容はいまいちで、あまり進歩のあとが感じられなかった。
力感あるフォームはかつて中日に在籍した宣銅烈そっくり。球威抜群なところも似ているのだが、それ以外の点がかなり不足していた。制球も甘く、変化球にも特徴なく、「ただ速いだけ」の投手のまま中堅の年齢に。
04年はわずか2試合と全く冴えない成績に終わり、05年は楽天に移籍。ポテンシャルの高さから抑えにと期待を集めたが、良かったのは開幕直後だけで重要な場面を任せるまでには至らなかった。それでもスピードの魅力は強く、翌年も抑え候補に指名される。しかしまたも結果が出せず、しかも前年よりも内容が悪くなってしまった。8点台の防御率では敗戦処理としても失格。
さすがにこうも期待を裏切り続けては厳しく、07年は前半ずっと二軍暮らし。ついにここまでかと思われたが、後半別人のような快進撃が始まった。7月に昇格すると、オールスター後にプロ初セーブを記録。これ以降は故障した福盛に代わって抑えに定着し、3ヶ月未満で16セーブを挙げる活躍を見せた。その投球内容もこれまでとは雲泥の差で、昇格から13試合連続無失点、30試合登板で失点わずか3という抜群の出来。磐石の守護神へ定着し、大きな戦力となった。
11年目にしてついに壁を突破し覚醒を果たした。翌08年はオープン戦で早々に抑え失格と勢いを持続し切れなかったものの、後半復調で初の50試合以上登板。抑えという期待は薄まってしまったが、リリーフ投手としての地位は確実に掴んだ。09年もチーム最多の56試合登板とフル回転し、前年より成績向上。10年も引き続き主力リリーフとして活躍を見せ、川岸が乱調となった後半は抑えにも廻り11セーブを記録。
昨年は前半やや乱調気味で敗戦処理が中心、チーム事情から5月には実に11年ぶりの先発という場面も。6月までは防御率4点台後半と冴えない状態だったが、夏になると調子を急激に上げた。7月から9月にかけて29試合35イニングで被安打20、失点わずか4と非常に安定。最終的に4年連続の50試合登板を果たし、8勝は自己最多を記録。
もう中堅からベテランの域に差し掛かりつつあるが、150kmに迫る速球とスライダーが軸のパワフルな投球は健在。なかなか状態を維持できないため任せきるには至らないが、調子次第という注釈つきなら抑えでもいけるポテンシャルを持つ。脆さを見せる部分がもっと少なくなればさらに理想的。

58 辛島 航

小柄左腕、バランス型

左投左打
飯塚高 楽天09ドラフト6位〜
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
09 楽天 2 0 0 0 0 0 5 10 0 2 1 0 0 5 9.00
10 楽天 12 0 0 1 0 5 12 2/3 15 2 11 5 0 3 7 4.97
11 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 3年 14 0 0 1 0 5 17 2/3 25 2 13 6 0 3 12 6.11

高卒2年目にリリーフで台頭を見せた若手左腕。身長173cmと投手としては小柄だが、活きのいい投球を展開。
高校時代はエースとして3年時に夏の甲子園出場。とはいえ全国的に名の売れた存在ではなく、ドラフトも下位での指名だった。しかし1年目から二軍で好投。イニング数を越える三振を奪い、一軍登板も果たす好スタートを切った。そして2年目の10年は開幕一軍入り。5月半ばに二軍落ちするまでに12試合登板し、一軍定着に大きく前進。
若いながらもバランスの取れたフォームから、なかなか切れのあるボールを放る。一定の制球力をすでに持っており、一軍マウンドでも気後れしない度胸の良さはなかなかのもの。
日程が進むにつれ失点が続くようになった点で体力面に課題が残り、3年目の昨年はずっと二軍。一旦停滞となったが、意外に完成度は高く今後が楽しみな存在。今季は改めて一軍定着を目指す。

61 岡本 真哉 (慎也・真也)

ベテランリリーフ、晩成型

右投右打 最優秀中継ぎ(04)
峰山高〜佐藤工務店〜阿部企業〜ヤオハン・ジャパン〜アムウェイ・レッドソックス〜ヤマハ 中日01ドラフト4位〜07、西武08〜09、楽天11
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 西武 47 0 0 2 0 18 42 1/3 38 5 42 21 0 9 18 3.83
09 西武 22 0 0 1 0 6 22 2/3 18 2 17 14 2 5 10 3.97
11 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 10年 357 0 32 19 2 92 426 364 36 421 169 13 36 152 3.21

リリーフの実績豊富なベテラン右腕。1年韓国でプレーした後、昨年楽天入りで復帰。
アマチュア時代は休部・廃部などの苦難を味わい、社会人で所属したチームは5つに上った。多彩な球種と経験を買われて中日入りも、当初の2年間は戦力にならず。しかし03年、主力先発陣が次々離脱するアクシデントに乗って一気に台頭。30歳を眼前にして突然球速が大きく向上し、150km近い速球を放る豪腕に大変貌を遂げた。そして縦のスライダーとフォークで打者を牛耳り、高い奪三振率も記録。ここまで全く目立たなかった投手がいきなり主力の仲間入りを果たした。
先発では中盤が壁で、5回限定といった趣だったが、翌年はリリーフ専念でさらにブレイク。調子の上がらない岩瀬を強力にサポートし、チームトップの63試合登板で9勝の大活躍。安定感も非常に高く、すっかりリリーフの軸となった。05年は前年程の内容ではなかったものの、それでも欠かせぬリリーフとして活躍。故障で夏場に離脱も、勝ち運にも乗ってリリーフだけで10勝をマークした。
すっかり主力リリーフとなり、岡本から岩瀬という継投はチームの定番となったが、一方で投球内容自体は04年をピークに徐々に下降線。06年は交流戦で活躍も同一リーグとの対戦では4点台後半の防御率と冴えなかった。通年の防御率も年々悪化していたが、それでも07年は少し持ち直し。3年ぶりに60試合以上に投げ、登板数・ホールドがチームトップ。絶頂時ほどの鉄壁ではなかったが、4年続けてのセットアッパー役をこなした。
重要な戦力と思われただけに、プロテクト漏れは意外だった。08年はFA和田の人的補償として西武へ移籍。開幕直後は非常に好調で、手薄なリリーフの軸となった。4月末までの12試合で6ホールドを記録。しかし5月以降は一気に不安定となり、勢いは持続できなかった。特に夏場は14試合で10失点の大乱調で一時二軍落ち。40試合以上には登板したものの6年ぶりに白星なし、そして信用が随分落ちてしまった。翌年は失点せずとも綱渡りの投球が続き、6月3試合連続失点を喫すると二軍落ち。そのまま再昇格なく、後半は完全に二軍暮らし。リリーフに泣いたチームの戦力になれず、シーズン後戦力外通告。
一時大幅に増した球速はだいぶ落ちて、球威がだいぶなくなった。それと同時に致命的な失投が目立つようになったのが痛い。西武移籍後は暴投が急増し、制球力まで落ち込んでしまった。
トライアウト参加も声はかからず、10年は韓国LGでプレー。5勝16セーブの成績を残し、入団テストを経て昨年は楽天入りとなった。だが復活とはいかず、シーズン通して二軍暮らし。そのファームでも結果を残せず、シーズン後再び戦力外となってしまった。年齢的にもそろそろ厳しいか。

62 栂野 雅史

長身右腕、一軍半型

右投右打
桐蔭学園高〜新日石 巨人06ドラフト(大・社)3巡〜10途中、楽天10途中〜11
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 巨人 13 0 0 1 0 0 21 1/3 21 3 11 8 0 1 11 4.64
09 巨人 5 0 0 0 0 0 6 2/3 4 1 4 3 0 0 3 4.05
10 楽天 2 0 0 0 0 0 1 4 1 0 0 0 0 4 36.00
11 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 6年 27 0 0 1 0 0 36 2/3 40 8 20 12 0 2 25 6.14

社会人からプロ入りの右腕。一軍定着を期待されるが、ここまでこれといった実績はなく一軍半に留まっている。
甲子園には縁がなかったものの、名門のエースとして高校時代にもドラフト候補と呼ばれた存在。社会人に進み、分離ドラフト3巡でプロ入りとなった。1年目はリリーフで一軍7試合登板。07年は故障もあって二軍暮らしだったが、08年は開幕一軍を勝ち取り、チーム3戦目にプロ初先発。序盤は一軍で投げ続けた。一度二軍落ちして以降はエレベーター状態となり登板機会がめっきり減ったが、13試合に登板し一軍定着の足がかりを得た。
186cmの長身から低めに集める投球が持ち味。スピードとしては平凡だが角度をつけて打たせて取る。ただこれといった武器がなく、一軍レベルでは球威面でも物足りなさも。
09年も開幕一軍入りし、リリーフで最初の3試合をきっちり抑えた。しかし続く2試合崩れてしまい、4月中旬に二軍落ちすると以降昇格なし。シーズンのほとんどを下で過ごし、一歩後退という形になってしまった。翌年も引き続き二軍暮らしが続いたところで、7月末に楽天へトレード。しかし移籍後昇格はしたものの、リリーフ2試合いずれも失点と冴えない投球で、すぐに二軍落ち。交換相手の朝井が活躍したのとは対照的な結果に終わった。
移籍2年目となる昨年だったがさらに一軍が遠のき、シーズン通して二軍暮らし。その二軍でも10試合で29失点と派手に炎上し、シーズン後戦力外となった。まだ27歳とはいえ目立った実績はなく、ファームでもこの状態ではさすがに苦しい。現役は退き、今季は巨人と打撃投手として契約。

64 ライアン・スパイアー

リリーフ右腕、長身サイド型

右投右打
楽天11
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
11 楽天 30 0 1 4 8 3 29 1/3 29 3 27 7 3 0 15 4.60
通算 1年

楽天の新外国人投手。2mを越える長身のサイドスロー投手で、前半は抑えとしての起用も多かった。
メジャー実績は通算90試合登板で7勝、08年には43試合登板のキャリアを持つ。ただ10年は米独立リーグでのプレーで、日本へは春季キャンプにテスト参加。ここで合格となり楽天と契約した。長年チームの穴と言われる抑えを期待され、開幕戦で来日初セーブ。4月中に4セーブと好スタート。新たにサンチェスが合流すると起用が中継ぎ寄りとなったが、そのサンチェスが抑え失格となり再び後ろに廻り4セーブ追加。しかし6月に入ると失点が目立つようになり、逆転サヨナラ負けを喫した7月頭に二軍落ち。
長い腕を横から繰り出し、140km台中盤の速球とスライダーが投球の軸。奪三振が多く、当初は打ちづらさを感じさせもしたが、慣れられたのか急激に捉えられるようになってしまった。6月からの8試合で3被弾9失点を喫し、四死球も増加。
9月にようやく再昇格も、直後立て続けに失点。そのあとは落ち着いたが、ラズナーが抑えに収まったこともありすでに期待値は低下していた。シーズン後戦力外に。面白みもある投手だったが、外国人の戦力としては微妙だった。

65 松本 輝

中堅右腕、一軍半型

右投右打
熊本工高 ダイエー/ソフトバンク96ドラフト2位〜06途中、楽天06途中〜11
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 楽天 21 0 0 0 0 1 27 1/3 41 5 16 11 1 3 18 5.93
09 楽天 7 0 0 0 0 0 8 8 0 3 4 1 0 3 3.38
10 楽天 8 0 0 1 0 0 15 2/3 27 2 7 7 1 0 14 8.04
11 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 16年 109 0 2 7 1 5 152 2/3 196 14 86 66 15 7 98 5.78

07年12年目にしてプロ初勝利を挙げた投手。キャリアは長いが常に一軍半に留まっている。
高校からドラフト2位指名でダイエー入り。最初の4年を二軍で過ごし、同期の斉藤和巳が5勝マークした00年にこちらも一軍デビュー。しかしここで3敗を喫すると、以降もなかなか二軍を脱け出せなかった。時たま一軍に顔を出す程度の状態で年数経過。
なかなかボールに力はあるのだが、制球があまりに大雑把。また勝負球となる変化球に乏しく、球威があるといってもボールによってばらつきが大きい。ムラのある投球は成績にも反映されて、持続的に力を発揮することが出来なかった。
プロ入りから10年が経過し、06年途中に楽天へトレード。しかし二軍での内容が悪く、一軍登板できないままシーズンを終えた。後がない状況だったが、翌07年は大きく向上。開幕一軍入りを果たし、序盤リリーフで活躍。史上2番目の記録となる、12年目での待望のプロ初勝利も手にした。プロ初セーブも挙げ、4月末までに16試合登板とフル回転。
しかしこの勢いも持続はしなかった。5月に2勝目を挙げた辺りから捉まり始め、6月前半に二軍落ち。その後は故障もあり、完全に尻すぼみに終わってしまった。一度勢いが止まると脆く、みるみる悪化した防御率は最終的に6点台に。この竜頭蛇尾傾向は登板の減った翌年も同様。前年ほど重用されずとも前半は2点台前半の防御率だったのだが、7月以降は6試合中4試合で失点と失速。一軍と二軍を行ったり来たりのエレベーター状態を抜け出せず。
中堅になっても依然荒削りなままで、もうひとつ技術が備わっていない印象。これ以降は一軍登板が激減し、移籍前の状態に逆戻りしてしまった。2シーズン一桁登板が続くと、昨年は4年ぶりに一軍登板なし。シーズン後戦力外に。
年とともにややスピードが鈍り、いよいよ攻め手を失ってしまった。一軍で二桁登板したのが4度だけで、16年のキャリアはむしろ長かったほうだが、さすがにここまで。今後は古巣ソフトバンクで打撃投手となることに。

74 ロムロ・サンチェス

抑え候補、速球型

右投右打
楽天11
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
11 楽天 15 0 0 2 0 0 16 1/3 21 1 19 7 2 3 9 4.96
通算 1年

空位の続くチームの抑え候補として獲得された外国人右腕。150kmを軽く越すスピードが持ち味。
27歳と比較的若い選手で、メジャー実績は28試合で1勝1セーブと浅いもの。マイナーでは先発が多く、10年は3Aで10勝を挙げている。開幕直前の4月頭に楽天と契約し来日。一軍出場は5月になってからで、肩慣らし的な登板を無事に終え中旬から抑えとして起用されるように。しかし初セーブを狙った場面で逆転負けを喫すると、立て続けにリリーフ失敗。あっという間に失格の烙印を押され、6月中旬以降は二軍に。
身長196cmに体重120kgという巨体から、平均で150kmを越える速球は迫力充分。しかし楽な場面では良かったが、肝心の僅差の場面では元来の制球の悪さが顔を出し、一気に不安定に。8月にもう一度チャンスを得るも、2試合続けて失点と結果を残せず以降は二軍で終わった。ファームでは格上の数字を残したが、一軍では15試合中7試合に失点。これではさすがに厳しく、1年限りに。

*126 佐藤 充

長身右腕、一瞬の輝き型

右投右打
坂戸西高〜日体大〜日本生命 中日04ドラフト4巡〜10、楽天11(育)
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四球 死球 暴投 自責点 防御率
08 中日 8 0 1 4 0 0 40 2/3 47 4 23 7 0 1 20 4.43
09 中日 - - - - - - - - - - - - - - -
10 中日 - - - - - - - - - - - - - - -
11 楽天 (- - - - - - - - - - - - - - -*育成)
通算 8年 33 6 11 10 0 0 194 206 18 124 39 4 4 72 3.34

身長190cmの長身投手。社会人から入団し、3年目の06年投手陣の新星として大ブレイク。
長身からの速球にスライダーとフォークが武器。2年目の05年プロ初勝利を挙げたが、投手陣の入れ替えが激しく、6人もの新人投手がいたこともあってあまり脚光を浴びなかった。肘の不安もあって二軍での登板数も少なかった。
しかし06年は急上昇。開幕は二軍だったが、2完封3勝と絶好調。中田の故障で5月に一軍昇格すると即先発のチャンスを貰った。最初の2試合は勝敗はつかなかったが、8回無失点で勝ち投手になってから快進撃スタート。次の登板でプロ初完封を飾り、球団タイ記録となる5試合連続完投勝利を記録。内2回が完封という素晴らしい内容で、6月の月間MVPを受賞。その後連勝は8まで伸ばし、1点台の防御率と圧倒的な内容。中田の穴を感じさせないどころか、それ以上の存在感を見せた。
ただ8月に連勝が止まるとそこから急失速。これ以降5点台の防御率で1勝しか上積みできず、最後は3連敗でシーズン終了。確実と思われた二桁も新人王も届かずに終わってしまった。これが尾を引いたか07年は一転して二軍暮らしに逆戻り。4月末の先発登板が唯一の一軍マウンドで、二軍でも5点台後半の防御率と冴えない成績に終始。飛躍から一転大幅な後退の1年となってしまった。
中田の離脱でチャンスを掴み台頭したが、中田が復帰すると姿を消してしまった。08年も輝きは取り戻せず、途中昇格で7度先発したが1勝のみ。09年は1年の間に両膝にメスを入れるという状態で、二軍では好成績を残したものの一軍登板できず。
オフに手術した肘の状態が思わしくなく、10年も8月まで実戦登板できず。結局2年続けて一軍には上がれず、シーズン後には戦力外に。春季キャンプでテストを受け昨年は育成選手として楽天入り。ただ二軍成績は目立たぬもので、支配下登録までには至らなかった。シーズン後再び戦力外となり、年齢的にも状況的にも現役続行はかなり困難か。ここまで一軍から遠ざかってしまうと…。