読売ジャイアンツ

00 寺内 崇幸

俊足内野、職人志向型

右投右打
栃木工高〜JR東日本 巨人07ドラフト(大・社)6巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 62 73 22 3 1 0 27 3 6 2 0 4 1 18 .301
09 巨人 78 84 14 2 0 1 19 1 2 4 0 2 2 22 .167
10 巨人 31 8 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 4 .000
通算 4年 171 165 36 5 1 1 46 4 8 7 0 6 3 44 .218

俊足・強肩で高い守備力が評価される内野手。2年目の08年一軍初出場で急台頭。
社会人出身もドラフト下位でのプロ入りで、1年目は一軍出場なし。当初は二軍でも打撃に苦しんでいたが、後半急上昇し、チームトップタイの7盗塁を記録した。2年目は3月に一軍初出場もすぐ二軍落ちしたが、5月後半に再昇格。ゴンザレスの解雇、李承Yの不振など内野が手薄となったこともあり、これ以降出番が急増した。本来のショートよりも二塁・三塁を多く守り、代走・守備要員で売り出し。後半に入ると打撃でも結果を残し、7月以降50打数17安打の好成績。先発出場も何度かあり、ほぼ一軍定着を果たした。
極端にバットを短く持って食らいつく打撃スタイルで、長打力はないがこつこつと当ててくるタイプ。地味な選手だが、守備も手堅く渋い職人になれそうな存在。プロ初ホームランを放った09年は低打率に苦しんだが、守備要員として出場数をさらに増やした。ただ昨年は出番が半減。それもほとんどが代走・守備固めに限定され、打席機会は極端に少なかった。
利便性は高い選手だが、ちょっと印象が弱すぎるかもしれない。ジリ貧に陥らないためにも今季はもう一度アピールしたい。

 0 大村 三郎 (サブロー)

バランス型外野手、中距離型

右投右打 Gグラブ(05,07)
PL学園高 ロッテ95ドラフト1位〜11途中、巨人11途中〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ロッテ 105 346 100 22 2 6 144 56 6 0 4 36 4 70 .289
09 ロッテ 119 427 134 24 2 22 228 68 4 4 9 48 1 121 .314
10 ロッテ 125 452 118 15 2 19 194 71 2 2 1 56 2 118 .261
通算 16年 1387 4042 1095 231 25 107 1697 532 78 98 47 424 36 927 .271

05年「異色の4番打者」としてロッテの日本一に貢献、大いに名を売った外野手。長いこと1番筆頭候補だったが、意外な形で活躍を見せた。
PL学園からドラフト1位で入団、その高い野球センスは早くから期待されていたが、当初はなかなか二軍から抜け出せなかった。俊足強肩に加えて非常に器用な選手で、01年までは外野と二塁を掛け持ち。しかしそれが逆に成長を阻害している印象もあった。99年から一軍定着するも、もう一つ打撃が伸びず、スイッチへのチャレンジもうまくいかずに終わる。また体力面でも不安がつきまとった。
中途半端な状態が続いていたが、外野に専念した02年に大きく向上。右打ちの上達で打撃が急上昇し、3割近いアベレージでチーム待望の1番定着を果たした。翌年も夏場の故障を乗り越えて終盤絶好調、初の二桁ホームランも記録。しかし04年はまた伸び悩んでしまい、手中に収めたポジションも半ば手放してしまった。
行ったり来たりの状態で05年も前半まではパッとせず、好調なチームの中で埋没していた。しかしそれが8月以降急変する。中旬に驚きの4番に抜擢されると、いきなり2試合連続ホームラン。ここから4割近いアベレージで突っ走り、通年でも初めての3割を記録。好成績を残し、この年のチームを象徴する一人ともなった。
もともと外野守備力はチーム内で抜けた存在で、打力が伴えば万能選手。ただ安定感にやや欠け、翌06年は開幕から不調、2割そこそこの打率で4番どころかレギュラーからも滑り落ちることに。それでも07年には復調しレギュラー返り咲き。ズレータ離脱後は4番に座り、自己最多の打点を記録した。08年は序盤の故障で出場数が減ったが、4割超という得点圏打率で存在感を発揮。
「つなぐ4番」という言葉が先行しすぎて非力な印象を持たれがちだが、まずまずパンチ力のある中距離打者。井口の加入や大松の台頭で4番を打つことは少なくなったが、ここ2年はしばらく鳴りを潜めていた長打力を発揮。09年は後半非常に好調で、規定打席到達でシーズン3割、チーム最多にして自身初の20ホーマー突破と自己ベストを大きく更新。新戦力の台頭でライトに廻った昨年は、全体的に確実性を欠き打率を大きく下げたものの、それでも19ホーマーを放ち71打点は自己最多。
今季も当然レギュラーとして出場していたが、序盤故障を理由に二軍落ちすると実戦復帰しても一軍に戻れず。交流戦明け直後巨人へ移籍ということに。若手の成長目覚しい外野陣ではあるが、ほんの数ヶ月前まで主力だった選手のトレードは唐突の印象が強い。移籍に伴って長年続けすっかり定着していた登録名を「大村」に変更。もう脚力に期待できる年齢ではないが、打力は確かなものを持つ。あまり丈夫な選手ではないため、細かい故障は多め。

 2 小笠原 道大

フルスイング、高打率中距離型

右投左打 ベストナイン(99〜01,03,04,06,07)、最多安打(00,01)、Gグラブ(00〜03,06)、首位打者(02,03)、最高出塁率(03)、本塁打王(06)、打点王(06)、MVP(06,07)
暁星国際高〜NTT関東 日本ハム97ドラフト3位〜06、巨人07〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 144 520 161 27 1 36 298 96 0 1 5 56 7 105 .310
09 巨人 139 514 159 25 1 31 279 107 2 0 2 60 4 107 .309
10 巨人 137 510 157 24 1 34 285 90 1 0 5 73 3 101 .308
通算 14年 1719 6285 1989 359 24 371 3509 1111 62 1 47 812 44 1126 .316

躍動感あふれるフルスイングで名高い強打者。常に強振しながらボールを的確に捉え高打率をマークする。打撃タイトル争いの常連で、日本を代表するスラッガーの一人。
社会人でも屈指の捕手だったが、打撃センスを優先して野手転向。これが正解だった。2年目に代打の切り札として台頭。翌年からレギュラーに座ると、25ホーマー83打点を挙げ、「バントをしない2番打者」として脚光を浴びた。00年からは中軸に収まり、ここから5年連続3割をマーク。打率は右肩上がりで、02,03年と連続首位打者。さらにホームランも4年連続30本台で、00,03年は100打点も達成。安定した成績は日本屈指の存在。
大きく高くバットを掲げた構えから、体全体を鋭く回転させて力一杯に振り切る。このフルスイングこそ小笠原の最大の魅力。一見無謀にも映るスイングだが、類稀なミート力がこのスタイルの裏づけとなっている。前日本ハム監督のヒルマン曰く「若い選手に見習って欲しくない」代表格だそうで、確かにこのスイングでこの打率は並の技術では残せないだろう。00年には24盗塁という一面も。
基本的には中距離打者で、広い札幌ドームに本拠地が変わった04年はホームラン数ほぼ半減。しかし05年は再び倍増し、自身最多の37ホーマーを放った。ただその代わりに打率が伸びず、特に前半は大不振で6年ぶりの3割未満。ちょっと無理をした印象もあったが、これで終わらないのはさすが。06年は長打を捨てずに打率を回復させ、3割に加えて32ホーマーを放ち初の本塁打王、そして打点王の二冠に輝いた。主砲としてチームを優勝に牽引しMVPに。
07年はFAで巨人へ。リーグが変わっても打棒は健在で、打撃タイトルには届かなかったが3割30ホーマーをクリア、江夏以来史上二人目という両リーグでのMVPに選出された。2年連続の受賞は94〜96年のイチロー以来。08年は前半2割5分と精彩を欠いたが、7月以降猛チャージ。常に3割後半の高打率を叩き出し、一発も7月以降24本と量産。最終的には無冠というのが不思議なほどの好成績を残し、逆転優勝に大きく貢献。WBC出場の09年も不動の3番として君臨し、リーグトップの得点圏打率で4度目の100打点突破。これも4度目となる3割・30本・100打点をクリアした。
昨年も相変わらず安定した打棒を発揮。終盤やや調子を落としたものの、これで5年連続10度目となるシーズン3割に、6年連続10度目の30ホーマー。37歳となるシーズンも全く変わらぬ安定感を見せた。ただ主に守ったサードでは15失策を喫し、こちらはそろそろ辛くなってきた印象も。それでも打撃面にはいささかも衰えを感じさせない。今季も不動の3番として一定の成績を残しそうで、あと11本に迫った通算2000本安打到達はほぼ確実。昨年なぜか横浜に相性が悪かった。

 5 アレックス・ラミレス

スラッガー、高安定型

右投右打 本塁打王(03,10)、打点王(03,07,08,10)、最多安打(03,07,09)、ベストナイン(03,07〜09)、MVP(08,09)、首位打者(09)
ヤクルト01〜07、巨人08〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 144 548 175 28 0 45 338 125 1 0 3 39 10 90 .319
09 巨人 144 577 186 35 0 31 314 103 4 0 6 21 4 88 .322
10 巨人 144 566 172 28 0 49 347 129 1 0 7 21 12 98 .304
通算 10年 1414 5625 1717 291 11 336 3038 1109 18 0 52 252 65 1107 .305

長期間安定した活躍を続けている強打者。数々のタイトルに輝き、すでにベテランとなったが衰えを見せない。
圧倒的な安定感を誇っていたペタジーニと対になる右の大砲として01年にヤクルト入団。当時26歳と若く、1年目はもっぱら7番を打っていた。当初はストライクゾーンや投手の攻めに戸惑い苦戦していたが、シーズンが進むにつれ徐々に対応。穴も多いながら変化球自体は克服し始め、夏場以降は急上昇。好成績を残し、翌年もリーグ最多の三振こそ喫するも、3割近い打率で徐々に存在感を高めていった。
そして圧巻は03年。ペタジーニが抜けた4番にどっしり落ち着き、開幕直後から打棒爆発。その後もペースは全く落ちず、過去2年20本台だったホームランは40の大台到達でウッズと並んでホームラン王、同時に初の100打点突破で打点王の二冠に輝いた。打率も3割に乗せるどころかリーグ2位の好成績で、「準三冠」とも呼べる成績。完全に打線の軸となり、リーグでも屈指の強打者と認知されるに至った。
ホームランを打ったあとのパフォーマンスで有名になったが、打席での眼光の鋭さは威圧感満点。外国人としてはやや小柄でも、スイングは非常に力強い。早打ちで成績の割に四球がかなり少ないが、つまり気味でもヒットゾーンに持っていく選手で高アベレージ。チャンスにも強く、まさに頼れる主砲といった雰囲気。
05,06年は相変わらずの安定感も一発が少し減り、打率も3割を切りとやや印象が弱まっていた。しかしもっぱら3番を打った07年は再び鮮烈な活躍。開幕から常に高打率を維持し続けヒット量産、同僚青木と激しい首位打者争いを演じた。打率ではあと3厘及ばずも、当時のリーグ新記録となる204安打。打点では2位に20もの差をつけて2度目のタイトルを獲得した。
これだけの選手ながら枠との兼ね合い・金銭的な問題からヤクルトは再契約せず。巨人へ移籍するとさらに存在感を見せ付けた。08年は5月に月間4割に10ホーマー、そして後半は25ホーマー65打点を叩き出し、逆転優勝の大きな原動力となった。2年連続3度目の打点王を獲得し、MVPに選出。外国人枠を外れた翌年も4番としてフル出場し、ホームラン・打点こそ前年より減らしたものの、コンスタントな活躍で3度目の最多安打を放ち、初の首位打者獲得。2年連続MVPはセ・リーグでは王以来32年ぶりの快挙。
もう30代半ばとなったが打棒は一向に陰りを見せない。昨年も不動の4番に君臨、春先は低打率のスタートとなったもののホームラン・打点は快調に量産。3度目の大台到達となる自己最多の49ホーマーを放ち7年ぶりの本塁打王。打点も自己最多更新の129で4度目のタイトルを獲り、二冠王に輝いた。打率もぐんぐん上げて、8月以降は3割6分の高打率。4年連続6度目の3割到達。
ここまでに打撃三部門のタイトルをすべて獲得し、8年連続100打点以上は王を越える日本最長記録。外野守備に難があろうとも、この打棒では文句のつけようがない。大きな故障が全くないのも頼もしいところで、現在6年連続フル出場中。まだ落ち込む要素が見当たらない。

 6 坂本 勇人

不動ショート、切り込み隊長型

右投右打 ベストナイン(09)
光星学院高 巨人07ドラフト(高)1巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 144 521 134 24 1 8 184 43 10 15 1 28 2 98 .257
09 巨人 141 581 178 33 3 18 271 62 5 7 4 44 4 101 .306
10 巨人 144 609 171 35 4 31 307 85 14 10 7 47 3 83 .281
通算 4年 433 1714 484 92 8 57 763 192 30 32 12 119 9 282 .282

高卒2年目でレギュラー奪取、すっかり不動の存在となった若きショート。1番を任され、主力として活躍。
高校生ドラフト1巡指名。将来のショートと期待され、1年目早速二軍のレギュラーとなり、一軍でプロ初安打も記録。これだけでも順調だが、翌年鮮やかな飛躍を遂げた。オープン戦から活躍を見せて開幕一軍を通り越し、一気にスタメン出場。この時は二塁での出場だったが、その開幕戦で二岡が故障離脱し、以降はショートレギュラーとなることに。さすがにキャリアの乏しさは否めず、攻守ともに粗さは見せたが、打撃は夏場に上昇。後半はまずまず安定し、8月以降で5ホーマーとシーズン中にも成長のあとを見せた。二岡復帰でもポジションは譲らず、そのままスタメンフル出場。想像以上に早い台頭を果たした。
台頭の早かった西岡(ロ)でも一軍定着は2年目後半であり、これほど早いレギュラー定着は1年目からの立浪に次ぐ。力強く引っ張る打撃スタイルで、内角の捌きは非常に巧み。三振は多いものの切込隊長的なトップバッターとして存在感を発揮。
二岡が去った翌年以降は不動のショートに。09年は開幕から打撃好調で前半3割5分の高打率をマークした。腰を痛めたこともあって8月に不振が続き、後半はだいぶ数字を落としたが、3年目にしてシーズン3割を達成。一発も18本と倍増させると、昨年も開幕から好調で前半だけで15ホーマー。ショートでフルイニング出場し、打率は落としたものの、一気に30本の大台に乗せてきた。85打点をマークし、盗塁も再び二桁を記録。1番として大きな戦力に。
リーグワーストの21失策を喫した守備は依然ポカが多く課題が残るものの、もうすっかり中心選手となった。今季も何もなければ1番ショートは固定。年々の成長を見せているが、2年続けて後半調子を落としたのは気になるところ。昨年7月以降は2割3分と低調で、大幅に打率を下げてしまった。30ホーマーといっても7割以上の23本が東京ドームで放ったもので、長距離砲とは言えないだけに、強引になり過ぎない意識付けが必要かもしれない。

 7 長野 久義

即戦力外野手、中距離型

右投右打 新人王(10)
筑陽学園高〜日大〜Honda 巨人10ドラフト1位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
10 巨人 128 430 124 24 3 19 211 52 12 2 0 25 2 72 .288
通算 1年

2度のドラフト指名拒否を経て、念願の巨人入りを果たした外野手。1年目からレギュラーとなり新人王の活躍を見せた。
外野手となった大学から急激に伸びた選手で、最終学年で春秋連続首位打者の急成長を遂げ、その年の大・社ドラフトで日本ハムから4巡指名。しかしドラフト前から巨人入りを熱望しており、入団拒否して社会人へ。1年目から社会人ベストナインに選出されるなど活躍を見せ、08年ドラフトで今度はロッテから2位指名を受けたが、これも拒否。社会人に1年残留した後、念願の巨人から1位指名を受けてようやくプロ入りとなった。
最近では珍しい巨人へのこだわりが話題となったが、入団すると即結果を出した。開幕直後から打撃でアピールし、不振の亀井からライトのポジションを奪取。松本が故障するとセンターも兼ね、完全にレギュラーに定着。交流戦では1割5分と極度の不振に喘ぐも、その後持ち直し夏場7,8月は3割5分の好調。終盤また大不振に陥ったものの、1年目から規定打席に到達しまずまずの打率。19ホーマー放ち12盗塁も決めて、なかなかの好成績を残した。圧倒的な得票で新人王獲得。
誤算のあった外野陣を救う存在となった。打席のかなり後ろに構える選手で、低めの対応はやや難があるものの、初球から積極的に振ってくる割には追い込まれてもなかなかしぶとい。また右方向にも長打があり、一発の警戒も必要な打者。
入団までの経緯から即結果が欲しい立場ではあったが、これだけの成績を残したのは見事というほかない。阪神戦に滅法強く、4割超の対戦打率をマークした。3割20ホーマーは充分可能な力量。

 8 谷 佳知

堅実派、中距離型

右投右打 ベストナイン(99,01〜04)、Gグラブ(01〜04)、盗塁王(02)、最多安打(03)
尽誠学園高〜大商大〜三菱自動車岡崎 オリックス97ドラフト2位〜06、巨人07〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 120 349 103 17 0 10 150 45 5 6 0 17 1 43 .295
09 巨人 101 287 95 23 1 11 153 48 3 3 1 22 3 44 .331
10 巨人 84 176 42 6 0 2 54 10 2 4 1 13 1 32 .239
通算 14年 1683 6057 1818 341 20 130 2589 708 164 56 43 507 32 624 .300

豊富な実績を誇るベテラン外野手。4年連続を含む5度の3割を記録し、長年中心打者として活躍。シーズン52本の二塁打最多記録保持者。
社会人からオリックス入りすると、1年目から即レギュラー獲得。穴の少ない実戦的なバッティングと俊足で、イチロー・田口のオリックス外野陣に完全に割って入った。これ以降特に壁に当たることも無く、安定した成績を残し続けた。5年目の01年に初の3割をマークすると、翌年からは首位打者争いの常連に。そのタイトルには届かなかったが、02年には9割超という圧倒的な成功率で盗塁王(成功率9割の盗塁王は木塚以来半世紀ぶりで、谷以降は出ていない)、続く03年は最多安打のタイトル獲得。チームどころかリーグの顔とも言える存在に上り詰めた。
内角球に強いのが特徴で、軸足できれいに回転するフォームは基本に忠実で素直な形。特筆するほどのパワーは無いが、高い打撃センスの持ち主。ただ脚力の割に守備力は、4年連続ゴールデングラブ受賞というほどには良くはない。03年は両翼の守備が不安定だったあおりも受けて11失策と散々だった。センターは少し微妙な印象で、04年は村松の加入でレフトに廻った。
間違いなくプロ屈指の好打者、だったが、04年五輪出場で負傷。これ以降精彩を欠くシーズンが続いた。05年は開幕に出遅れ序盤から低迷。4年続いていた3割どころか2割台前半と不振に喘いだ。翌年も復調はならず、最初から最後まで目立たないまま終わった。
下半身を痛めて以降色褪せた印象もあったが、若手二人との交換で巨人へ移籍した07年に復調。2番レフトに収まると開幕から久々の打棒全開。コンスタントに打ち続け、3年ぶりの3割復権を果たした。同時に10盗塁と脚も復活。オリックス時代は中心打者だったため、実は二桁の犠打というのはこれが初めて。
ようやく体調が戻って本領発揮。ラミレス加入でセンターに廻った08年は序盤の不振で一時ポジションを失いかけたが、4月後半から復調し以降は安定した活躍。主に5〜7番を任され堅実な成績を残し、代打では22打席で出塁率5割と貫禄の結果も残した。亀井・松本の台頭から09年は一歩引いた形で控えに廻ることも多くなったが、打撃のほうは好調持続。シーズン通して高打率を維持し、終盤9月以降は6ホーマーを放つ活躍。打席数は減ったものの3割越えで優勝戦力に。
移籍以降は好調に推移してきたが、昨年は低調。序盤不振でスタートし、その後もあまり大きくは向上しなかった。チームトップの起用数と代打の切り札的存在だったが、その代打成績も振るわなかった。出場数・打席数ともに自己最少、そして自己ワーストの打率でシーズンを終えた。
チーム状況から先発機会の減少は予想できたが、代打であまり打てなかったのは少々誤算だった。今季で38歳という年齢を考えると、よほど存在感を見せないとますます出番が減る可能性が高い。再度意地を見せられるか。

 9 亀井 義行

急上昇急落、万能型

右投左打 ゴールデングラブ(09)
上宮太子高〜中大 巨人05ドラフト4巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 96 276 74 21 3 5 116 23 7 5 0 14 3 43 .268
09 巨人 134 490 142 25 4 25 250 71 12 4 3 45 5 74 .290
10 巨人 71 205 38 13 0 5 66 17 4 1 2 9 3 38 .185
通算 6年 406 1173 292 74 8 39 499 133 25 12 9 77 13 215 .249

09年レギュラー定着を果たした外野手。走攻守バランスの取れた能力の持ち主で、大飛躍を遂げた。
ドラフト順位は下位だったが入団時から評価は高く、1年目の05年は二軍で.320の高打率を記録し、一軍も経験。06年は更なる成長を期待され、開幕一軍入り。故障者が続出した事情から出場機会を大幅に増やした。ただ打撃に関してはまだ穴も多く、特に左腕はほとんど打てず。チャンスは多かったが打率は低空飛行が続き、期待に応え切れなかった。07年は谷が加入、高橋由が復調し出番激減。1年目を下回る打席数で、結果を残せず停滞。
しかし08年は大きく出番を増やし、今度こそ台頭のシーズンに。特に序盤好調で、谷・高橋由に代わって先発出場が続き、ポジション奪取の勢いを見せた。5月に調子を落とし、さらに捻挫で離脱と躓いたが、終盤は再び出番を増やし、シーズンの出場数・打席数ともに激増。準レギュラーとして働き一軍定着。
この時点ではまとまってはいるが突出した部分に欠け、地味な印象もあった。しかし09年はWBCの代表入り。控え要員とはいえレギュラーとも言えない選手の選出は物議を醸したが、これが飛躍の契機となった。シーズンでは開幕は1番でスタメン、その後は李承Yの不振もあって主に5番に座り、完全にレギュラー定着。前半は地味な成績も、後半に入ると長打力を発揮するようになり、7月以降18ホーマー45打点の活躍。打率も3割近くまで押し上げ、最終的に25ホーマー、一気に主力クラスの活躍。
李承Yの不振、高橋由の故障といった要素をチャンスとして活かしきり、WBC代表入りをあとから裏付ける格好となった。これまではさほど発揮できずにいた長打力も見せ、全体的なレベルアップに成功。こうなると特に欠点のない好選手で、バランスの良さが長所に。
ところが昨年は一転大不振。開幕から極度の低打率に喘ぎ、せっかく掴んだポジションを維持できなかった。故障で一時戦列を離れ、復帰後も状態は変わらず。夏場の二軍調整後は一時的に調子が上向いたものの、すぐに当たりは止まってしまい8月後半からはまた二軍に。打率1割台のままシーズンを終え、前年の好成績から極端に落ち込んでしまった。
クライマックスシリーズで一塁先発起用されたがここでも結果を残せず、シーズンの最後まで悪いままだった。前年と比較して一目で分かるのが四球の激減。ボールの見極めがあまりに悪すぎた。また2ストライク後の打率が1割に届かないなど追い込まれた時の脆さも顕著。今季サードに転向という話も浮上しているが、巻き返しにはもう一段のレベルアップも必要か。早いうちにトンネルは抜けたい。

10 阿部 慎之助

大型捕手、スラッガー型

右投左打 ベストナイン(02,07〜10)、Gグラブ(02,08)
安田学園高〜中大 巨人01ドラフト1位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 125 428 116 27 0 24 215 67 1 4 0 44 8 66 .271
09 巨人 123 409 120 20 2 32 240 76 1 2 7 34 10 87 .293
10 巨人 140 498 140 27 2 44 303 92 0 1 1 58 11 91 .281
通算 10年 1243 4287 1218 217 8 248 2195 724 11 24 35 439 86 773 .284

強打で知られる巨人の正捕手。不動の存在としてホームを守り、打撃でも主軸級の活躍を見せる中心選手。
大学在学時から全国に名を轟かせ、輝かしい実績を引っさげてドラフト1位入団。長年捕手難と言われ続けたチームだけに、開幕どころかオープン戦から即正捕手に抜擢。しかし当初は守備面で不安が大きく、投手と呼吸が合わないシーンが多々あり、一時は捕手の適性がないとまで言われた。それでもベンチは我慢してほぼフルシーズン起用。その苦労が実ったか、翌年は目を見張る活躍を見せた。開幕から投手陣を一人で引っ張り、優勝に貢献。このときには外野の批判の声も消えていた。
もともと評価が高かった打撃面では守備以上に存在感を発揮。1年目はプレッシャーからか低迷した打率も2年目に大きく伸ばし、何より満塁やサヨナラといったゲームを決める場面での活躍が目を惹いた。天才的な打撃センスの持ち主で、シャープなスイングで低めに強く、対応力も非常に高い。03年は故障離脱も初の3割、04年は4月月間16本塁打と量産し、初の30本塁打を記録。05年も3割を打ち、プロでも有数のスラッガーに。打線の中核を担う存在となっている。
一時チーム投手陣が崩壊した関係でリードを疑問視する声もぶり返し、05年終盤肩の不調から一塁出場が続くとにわかにコンバート説も浮上。しかし翌06年は強肩復活でリーグトップの盗塁阻止率をマーク。不動の正捕手として君臨し続けている。06年は珍しく自己最少の10ホーマーに終わったが、07年は一転して33ホーマー。6番に座ってチームトップの101打点を稼ぎ、攻守の要として活躍。08年北京五輪、09年WBCと国際試合にも代表出場。09年は終盤ホームランを量産し、9月以降の29試合で14本の大爆発。日本シリーズでもサヨナラホームランを放ちシリーズMVPに輝く活躍。
昨年も正捕手、そして中軸として引き続き大きな存在。開幕時こそ7番だったものの、シーズンの大半で5番に座った。交流戦では10ホーマーを放ち、6月月間14本塁打の量産。夏場の不調から5年ぶりの3割はならず、前年より打率は落としたものの、ホームランは初めて40の大台に乗せ、自己最多の44本を放った。
捕手のシーズン40本塁打は75年の田淵以来35年ぶりで、野村克也を含めて史上3人目の記録。また昨年は盗塁阻止率トップに返り咲き、年齢的にも今が全盛期という状態。攻守の要として当分君臨は確実。

12 鈴木 尚広

韋駄天外野、遅咲き型

右投左右打 ゴールデングラブ(08)
相馬高 巨人97ドラフト4位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 105 247 75 9 4 3 101 17 30 2 1 17 3 43 .304
09 巨人 122 202 53 5 1 1 63 8 25 2 0 13 3 44 .262
10 巨人 61 25 7 0 0 0 7 4 10 0 0 1 0 9 .280
通算 14年 691 1192 319 35 12 9 405 65 150 30 2 61 7 217 .268

チームでbPの俊足を誇る選手。原監督の生え抜き重用の波に乗ってきた選手の一人で、02年から主に代走で起用され始めた。
無名の存在に近く、入団から5年間は二軍暮らし。02年に一軍デビューし、30試合出場で4盗塁を記録した。この時は完全に代走要員だったが、03年は仁志の穴埋めで二塁を守りスタメン機会が激増。打力には課題を残したが、それでも初ホームランを放つなど予想以上の働きを見せた。自慢の俊足もチームトップの18盗塁で猛アピール。また盗塁成功率も大幅に上げ、走塁技術に格段の進歩を見せた。
04年以降は外野に専念。1番候補となるもレギュラー陣が磐石でなかなか抜け出せなかったが、五輪期間中に高橋由の代役を務めるなど足場を固め、05年は夏以降ほぼセンターに定着。終盤故障も課題の打撃で3割と成長を見せ、06年は一気にスタメン機会急増。自己最多の打席数で、25盗塁はリーグでも4位。
徐々にポジション定着に前進してきたが、一方で3割未満の出塁率は1番を任せるには低すぎる数字で、信頼を掴むまでには至らず。高橋が復調、谷が加入した翌年は予想通りスタメン機会が減り、ほぼ代走・守備要員に落ち着いた。チームトップの18盗塁に打撃でも結果を残したが、あまり目立たないシーズンとなった。
それでも脚力はチーム内で際立った存在で、打撃も以前より随分向上。08年は成長を大いにアピールした。序盤こそ代走専門だったが、離脱者の出た5月頃から打席機会も増え、夏場からはほぼレギュラーに。1番センターを任され、打撃はずっと安定しシーズン3割、初の100試合以上出場で自己ベストの成績を残した。シーズン30盗塁は、チームでは90年の緒方以来実に18年ぶりで、ゴールデングラブも受賞。
しかしこの地位を完全に固めきれないところがもどかしい。09年は開幕からスタメンも不調。急台頭の松本にポジションを奪われてしまい、5月以降は控えに廻ることが多くなった。出場数は増えたがスタメンは40試合にとどまり、チームトップの25盗塁を記録するも終盤は打席機会もあまりなくなった。
似たタイプの松本に抜かれたのはかなり痛恨。昨年その松本が離脱しても代役とはならず、スタメン機会はわずか3試合。大半が代走での出場で、打席機会は非常に少なく、8年ぶりに一桁の安打数に終わった。6年連続二桁と脚力は依然強力な武器だが、ポジション争いからはちょっと遠ざかってしまった。代走としては確実だがもう一度巻き返せるか。

23 脇谷 亮太

レギュラー奪取、スピード型

右投左打
柳ヶ浦高〜日本文理大〜NTT西日本 巨人06ドラフト(大・社)5巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 56 120 25 5 2 1 37 8 4 3 0 7 0 32 .208
09 巨人 89 231 62 7 2 2 79 16 5 1 0 10 3 52 .268
10 巨人 132 414 113 14 8 7 164 43 28 6 1 35 3 80 .273
通算 5年 428 1157 308 39 19 12 421 92 49 14 1 65 11 236 .266

俊足が売りの中堅内野手。1年目から準レギュラー格となり、5年目の昨年はじめて規定打席に到達。
分離ドラフトの5巡指名で名前の通った存在ではなく、当初は注目度も低かった。開幕一軍はならなかったが、二軍で好調。故障の小久保に替わって一軍昇格すると、早速スタメン出場で2安打。その後一旦二軍に戻ったが、後半再昇格。打撃不振の仁志・小坂に取って代わり、二塁スタメンで起用されるようになった。8月に3割中盤の好成績を残し、注目度も大幅アップ。後半は完全にレギュラーとなり、1番候補に浮上。
パワーはないが打撃はなかなか実戦的で、ミート力は充分一軍レベル。俊足を武器とするチャンスメーカータイプで、1年目からチャンスを掴んだ。2年目は打席機会は減ったものの、盗塁数を増やして打率向上。流動的な二塁のレギュラー候補と期待されたが、翌08年大きく足踏み。開幕から打撃不振に喘ぎ、ポジション奪取どころか夏場には二軍調整。冴えない成績に終始した。
09年も前半は不調継続でパッとしなかったが、後半ようやく復調。チーム最多の二塁スタメンを勝ち取り、3年ぶりに打席数が200を越えた。そして昨年はついにレギュラー格に台頭。李承Y、エドガーといった外国人が振るわず、空いた二塁や三塁でスタメン出場。特に6,7月はかなりの好調ぶりを見せた。終盤調子を大きく落とすなどムラはあったが、100試合以上に先発出場し規定打席到達。自己ベストの成績を残し、チームトップの28盗塁をマーク。
リーグトップの三塁打を記録とスピードを存分に発揮し、左投手も苦にしなかった。まだポジションは定まらない状態だったが、今季は改めて二塁定着を期待される。調子の波を小さくして地位を固めたいところ。昨年2番に入ったときの成績がかなり悪かったので、この点も課題。

24 高橋 由伸

好打者、故障低迷型

右投左打 Gグラブ(98〜03,07)、ベストナイン(99,07)
桐蔭学園高〜慶大 巨人98ドラフト1位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 91 275 65 11 0 17 127 41 1 0 1 30 5 76 .236
09 巨人 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000
10 巨人 116 280 75 9 0 13 123 56 2 0 6 44 2 75 .268
通算 13年 1377 4994 1483 252 8 277 2582 809 25 15 35 468 91 929 .297

かつて“天才打者”と謳われ、長年チームの中心打者として活躍してきた選手。ただ近年は故障の多さから影が薄くなっている。
大学屈指の強打者として注目され、争奪戦の末巨人入り。プロ入りするとすぐに能力の高さを見せ付け、1年目からレギュラーとなっていきなり3割。新人王こそライバル川上に譲るも、チームの中軸を担う存在となった。翌99年はさらに成績を伸ばし、3割とともに34ホーマー、98打点。主砲松井とともに打線の核として活躍し、1年置いた01年から4年連続の3割をマーク。
左打者特有の流し打ちはあまりせず、ボールを呼び込んでしっかり打つタイプ。特徴的なのは早打ちで、一球目から積極的に仕掛けてくる。タイミングを合わせるのが巧く、それが初球から振れる秘訣。3番を打っても5番を打っても似合う柔軟さを持ち、また当初は外野守備力も高く、タイトルを獲るほど突出はしないものの打撃三部門すべてにリーグ上位の成績を残し、高水準でまとまった強打者。
プロ入り以来目立ったスランプはなく過ごし強打者として君臨してきたが、30歳を越えた辺りから故障が目立つようになり、それとともに精彩を欠くようになってきた。05年は下半身の不安が一気に表出し、2度の長期離脱で入団以来続いていた100試合以上出場も途切れ、規定打席にも届かず。その流れは翌年も続き、5月末から1ヶ月リタイア。復帰後も打撃が振るわず平凡な成績に。
底力を見せたのが07年で、新たに1番に固定され、これがはまったか不振を脱出。開幕から好調を維持し、長期の離脱もなくシーズン完走。3年ぶりの3割30ホーマーを達成し、8年ぶりにベストナインにも選出。初回先頭打者ホームラン合計9本というプロ野球新記録を樹立した。
だが翌年はその反動のように一転して大不振。開幕から全く調子が上がらず、5月には腰痛で離脱。復帰後も冴えず、最後まで低打率に喘いだ。一発は出るものの2割前半の打率で終了。そして翌年はさらに落ち込み、腰の状態は戻らず、開幕からずっと二軍。8月末にようやく一軍に出たが、わずか1打席立っただけで腰痛再発。二軍でも5試合出場だけとほとんどゲームに出られないまま終わった。
さすがに力はある選手で落ち込んだままでは終わらず、昨年は一軍に復帰。ポジションを奪い返すとまではいかなかったが、準レギュラー格として3年ぶりに100試合以上出場。ただ好不調の波が非常に激しかったため、打率はあまり伸びなかった。波以上に東京ドームとそれ以外の球場とで成績が激変。13ホーマーすべてが本拠地でのもので、打率も3割4分に対してそれ以外の球場では1割台と極端な内弁慶状態だった。
09年の亀井、松本に続いて昨年は長野と外野陣は新旧交代が著しく、昨年は外野より一塁での先発のほうが多かった。腰に爆弾を抱えている状態から自然な成り行きだが、今季小笠原が一塁に戻るプランがあり、そうなると出られるところがなくなってしまう可能性も。ここで踏みとどまれるかどうか、ある意味正念場のシーズン。

25 ジョシュ・フィールズ

途中入団、期待はずれ型

右投右打
巨人11途中〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
11 巨人 10 31 6 1 0 0 7 0 0 0 0 1 0 7 .194
通算 1年
11年成績は7/24現在

今季途中入団の巨人の新外国人。持ち味の打線が低迷し、新外国人のライアルも結果を残せない状況で、7月に契約し来日。
ドラフト1巡で指名され、メジャーでは07年100試合に出場し23ホーマーという実績の持ち主。以降は故障などで成績を落としていたが、今季3Aで50試合に出場し3割後半の打率に11ホーマーと復調気配を見せていた。
三塁を守れる外国人と期待され、7月前半には一軍登録。すぐに先発起用された。だが消極的な姿勢に加えどうにも力強さに欠け、打撃はずっと低迷。良くなる気配を見せることもあったが持続せず、オールスター後ようやく打率が2割に載ったところで二軍落ち。ここまでほとんど戦力になっていない状態。
補強期限が近いということもあって、ほぼ同時期に同じ内野手でロッテがカスティーヨ、日本ハムがスケールズと契約。両者が大きな戦力となる一方、フィールズだけがさっぱりという状態で、またもチームの外国人スカウティングの弱さをさらけ出す結果に終わりそうな状勢。起用数が少ないのは確かだが、文字通りの即戦力が求められる途中入団選手で、さらに直前まで3Aで好成績にもかかわらずこの状態ということで、ちょっともうチャンスはなさそうか。

31 高橋 信二

中軸打者、一塁転向型

右投右打 ベストナイン(09)、ゴールデングラブ(09)
津山工高 日本ハム97ドラフト7位〜11途中、巨人11途中〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 日本ハム 108 357 102 19 0 9 148 58 3 7 3 24 3 74 .286
09 日本ハム 134 508 157 22 1 8 205 75 7 7 3 35 5 78 .309
10 日本ハム 70 244 59 6 0 3 74 31 0 0 0 23 5 34 .242
通算 14年 801 2629 715 118 6 79 1082 392 21 30 21 171 35 501 .272

09年つなぐ4番打者として優勝に貢献の中心選手。08年までの捕手メインから一塁に軸足を移して大きく飛躍。
ドラフト7位と下位指名での入団で、02年までは全くの無名選手。しかし03年、ヒルマン監督に見出され早々に抜擢されると、持ち前の打力を存分に見せつけ急台頭。守備面では経験不足もいいところだったが、打撃では大いに長打力を発揮。いきなりレギュラー格となり12ホーマー。チャンスにも強いところを見せ、先行していた實松を完全に駆逐。ほぼ正捕手の座を手中に収めた。スイングはホームラン打者のもので、実質2年目の04年はさらに成長。ホームランは26本と倍増し、一時は4番にも座った。勝負強さも健在で、84打点はもう主軸打者の数字。打率も伸ばし、打者としては、もう7番辺りではもったいないレベルに。
順調に来ていたが、05年は思わぬブレーキ。開幕直後に満塁弾2発と派手な打棒を見せたが、膝の故障で戦線離脱。8月に再び膝を故障し、苦しいシーズンとなった。これで鶴岡の台頭を許し、復帰の06年はスタメンマスクを分け合う形に。当初低レベルだった守備力が向上した分打撃が目立たなくなった印象も。翌年は正捕手復権で100試合以上スタメンマスクを被ったが、打撃のほうはやや停滞期。打線全体が弱かった事情から主に5番を打ったが、成績は地味なものに終わった。
鶴岡の存在と、打力を活かしたいという思惑もあり、08年からは一塁での出場も増えてきた。それに伴って打撃も復調。かつての長打力が影を潜めた代わりに確実性が増した。08年は骨折での離脱もあったが、9月以降はチームトップの25打点を記録。
09年当初も一塁に新外国人ヒメネスがいたこともあって、まだポジションははっきりしない状態だった。しかし開幕から非常に打撃好調、膝の状態のこともあり、5月からは一塁がメインに。6月以降はもうほとんどマスクを被ることはなくなった。そしてこの時期から4番を任されるようになり、交流戦では4割1分で首位打者に。その後も安定した打棒を発揮し、5年ぶりの規定打席到達で自身初の3割達成。柔軟な打撃で勝負強さを発揮し、長打力ではなくつなぎの4番として活躍。ベストナインに一塁手としてのゴールデングラブを受賞。
しかし昨年はアクシデントに見舞われた。調子自体も波が激しかったが、7月に頭部死球を受け一時離脱。復帰したものの体調不良が治まらず8月頭に抹消され、以降を棒に振ることになってしまった。出場数半減で、成績も大きくダウン。
こうした事情もあって今季二軍でスタートしたが、開幕後巨人へ移籍。安定した打撃を取り戻したい。

32 松本 哲也

育成飛躍、小兵俊足型

左投左打 新人王(09)、ゴールデングラブ(09)
山梨学院大付高〜専大 巨人07育成ドラフト3巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 3 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 .000
09 巨人 129 372 109 11 1 0 122 15 16 27 0 21 4 59 .293
10 巨人 94 317 91 13 2 0 108 22 17 12 0 17 4 56 .287
通算 4年 226 690 200 24 3 0 230 37 34 39 0 38 8 115 .290

育成選手から一気にレギュラーへ飛躍した俊足外野手。09年センターにほぼ定着し、新人王獲得の活躍。
大学時代は長谷川(ソ)と同期で1番を打ち、チームの一部リーグ昇格に貢献。大量7人が指名された育成ドラフトの3巡で巨人入りした。そして注目されたのは非常に早く、1年目の開幕前に早くも支配下登録。これはいまや主力の山口よりも先で、チームでは最初の育成枠からの支配下登録だった。ただ1年目は二軍で盗塁死が多く一軍出場はなし。2年目待望の一軍出場を果たすも、スタメン出場のプロ初打席で、一塁に駆け込んだ際に骨折という不運。
しかし3年目の09年ついに力を発揮し始めた。開幕当初は代走がメインも、鈴木の不調もあって先発機会急増。そして打撃でも6月3割と結果を残し、オールスターまでに10盗塁を記録。坂本と新1,2番コンビを形成し、一軍定着を飛び越して2番センターの座をほぼ獲得。規定打席には届かずも、一気に96試合の先発出場、打席数は400を越え3割近いアベレージをマーク。新人王とゴールデングラブを受賞する大躍進の1年となった。
身長170cmと小柄で、持ち味はなんといっても脚力。プロ入り後打撃スタイルを変えて、バスター気味の打法を取っている。元祖の「天秤打法」ほど極端なものではないが、バントのようなバットの持ち方をする独特の構え。
昨年もレギュラーセンターとして序盤は絶好のスタート。開幕から4割の高打率をキープし盗塁もリーグトップを快走。ところが4月末に太ももを痛めてしまい、復帰まで2ヶ月を要する長期離脱となってしまった。7月ようやく戻ってきたが、序盤の好調は完全に消え、後半は2割2分と低調。故障の影響か足のほうも冴えず、盗塁企図数自体8と少なく、成功も5に留まった。
故障で勢いが止まってしまったのも残念だが、当初の見込みより大幅に復帰が遅れたのも痛かった。また脚力への影響残りも気になるところ。左投手を苦にせずしぶとい打撃が出来る選手で、今季は改めてフルでの活躍を望まれる。

33 ラスティ・ライアル

2世選手、期待はずれ型

右投右打
巨人11〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
11 巨人 27 86 18 4 0 0 22 4 0 0 0 3 1 26 .209
通算 1年
11年成績は7/24現在

巨人の新外国人選手。右打ちの内野手で、小笠原が一塁に移ったあとの三塁候補として獲得。
父マーク・ライアルはかつて中日に2年在籍し、91年24ホーマー、87打点の好成績を残した左打ちの外野手。息子ラスティは内野のユーティリティ・プレーヤーで、09年3Aで2割9分17ホーマー、この年メジャーに初昇格。そして昨年はメジャーで内外野様々なポジションを守り104試合に出場。
上り調子の状態で来日し、開幕は7番サードでスタート。しかしひたすら三振は量産するものの率は上がらず、さらに一発もないという状態で交流戦を前に二軍落ち。1ヵ月後再昇格するも、全く向上の気配はなく短期間で再度二軍落ち。ほとんど戦力にならずに前半を終えた。
これだけ三振して率も低くてなおかつ長打も期待しにくいというのでは、あまりに魅力がない。後半故障した小笠原に替わって思わぬ昇格のチャンスがあったが、相変わらず三振を繰り返した末に試合中勝手にクラブハウスに引き揚げ、罰金を科せられるという事態まで引き起こして二軍落ち。もうモチベーションも失っていると思われ、どうやらこのまま解雇が濃厚か。

40 加藤 健

控え捕手、下積み型

右投右打
新発田農高 巨人99ドラフト3位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 28 36 7 1 0 1 11 3 0 1 0 1 0 9 .194
09 巨人 12 10 2 1 0 0 3 0 0 0 0 1 2 3 .200
10 巨人 4 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000
通算 12年 96 108 23 2 0 2 31 13 0 3 3 6 3 33 .213

二軍生活の長かった捕手。半ば忘れられかけていた存在だったが、06年から一軍出場機会が巡ってくるようになった。
入団当時はなかなか評判の高かった選手で、ドラフト指名も上原、二岡に次ぐ順位。阿部入団前のことであり、将来の正捕手という期待も高かった。2年目の00年に一軍初出場。しかし一軍の壁は厚く、阿部が定着して以降は02年に2試合出たきりでその後3年間二軍暮らし。年齢的にも残り1〜2年で浮上できなければ危ない立場だった。
しかし06年、実に4年ぶりに一軍昇格、プロ初安打などを記録し久々に存在をアピール。実績のある村田や實松をかわして前進してきた。07年も阿部のリザーブ役として開幕一軍入りを果たし、わずかながら出場数も増えた。
08年も控えとしてベンチ待機し、阿部の五輪不在期間もあって先発出場も増えた。ただシーズン途中に鶴岡が加入し3番手となったことで数字は横這い。翌年もこの立場は変わらず、一軍出場は後半のみ。
鶴岡加入後はまた存在感が薄くなり、昨年は出場一桁に。それもマスクを被ったのは1試合のみで、3試合が代打でのものだった。捕手陣は不動という状況で浮上は苦しいが、少ないチャンスは確実にアピールしたい。キャリアは長いがまだ中堅。

43 鶴岡 一成

中堅捕手、控え型

右投右打
神港学園高 横浜96ドラフト5位〜08途中、巨人08途中〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 横浜 27 52 15 2 0 0 17 2 1 5 0 4 0 7 .288
巨人 31 48 8 2 0 2 16 6 0 2 0 6 0 12 .167
09 巨人 59 142 37 10 0 5 62 18 1 8 1 8 1 30 .261
10 巨人 32 35 8 1 0 0 9 0 0 3 0 3 2 8 .229
通算 15年 318 575 146 30 2 13 219 57 2 30 2 47 9 131 .254

阿部のサブを務める控え捕手。横浜時代の04年以降台頭し、地味ながらも安定した力量を持つ中堅。
5年目に一軍初出場も、しばらくは結果を出せずにいた。しかし9年目となる04年、相川が五輪で不在の夏場に猛アピール。打率4割と絶好調で、先行していた小田嶋を越える存在感を見せた。これで2番手に浮上し、相川がやや精彩を欠いた06年は先発30試合など出場機会急増。
横浜でもサブの地位をがっちり固めていたが、08年6月投手難のチーム事情から、真田と交換で阿部の代役を求める巨人へトレード。捕手の同一リーグシーズン途中移籍というかなり珍しいケースとなった。そして巨人でもしっかり2番手に定着し、五輪期間の代役、そして阿部が故障していたポストシーズンはすべて先発マスクと期待通りの働きを見せた。
09年はさらに存在感アップ。阿部の休養時にはマスクを被り、またグライシンガーとの相性の良さを認められるなど、39試合に先発出場。自己最多の打席数となり、打撃のほうもムラはあるものの、序盤に4ホーマーを放つなどなかなか好調。意外なパンチ力を発揮し、貴重な戦力として活躍を見せた。
昨年は阿部の好調から出番は減ったものの、2番手の地位は全く揺るがず。そろそろベテランの域にも入ってくるが、当分はこのポジションを維持しそう。状況次第では先発機会も。

44 紺田 敏正

俊足外野、守備要員型

右投左打
高岡商高〜国士舘大 日本ハム03ドラフト6巡〜10、巨人11〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 日本ハム 89 140 33 4 1 1 42 6 14 10 0 9 1 40 .236
09 日本ハム 56 65 15 2 1 0 19 4 2 5 1 4 0 22 .231
10 日本ハム 55 66 17 4 0 1 24 5 6 2 1 7 0 18 .258
通算 8年 317 352 86 14 3 2 114 21 30 18 2 22 1 103 .244

守備固めとして07年大きく出場機会を増やしてきた外野手。身体能力の高さが売り。
入団1年目からファームでレギュラーとなり、3割に14盗塁の好成績。一軍でもヒットを放った。ただその後は故障などもあって2年間二軍暮らし。06年久々に昇格し、プロ初打点に初盗塁を記録した。
新庄が抜けレフトのレギュラー候補にも挙げられた07年は開幕一軍入り。スタメン機会はほとんどなかったが、守備・代走要員として出番を大きく増やした。100試合近く出場して一軍定着。08年は出場数は横這いだったが、前半打撃がなかなか好調。スタメン機会が大幅に増え、打席数は前年の3倍増となった。6月にはプロ初ホームランも記録。
ただ09年糸井が外野の一角を占めると、こちらは出場数が減少。感染症による離脱など順調さを欠いた面もあり、一歩後退となってしまった。昨年も状況はほとんど変わらず、出場数は横這い。スタメンに代打にと様々な形で出番はあったものの、ポジション争いに絡むまでには至らなかった。
稲葉が一塁に廻ることも多かった昨年だったが、その分のライトには内野から陽が入ったため、紺田の出番はあまり増えなかった。シーズン後トレードが成立し今季は巨人へ。ただこちらも似たようなタイプの外野が多いチームで、どこまでチャンスに恵まれるか微妙なところ。もう30歳となっただけに、なんとしても一軍を勝ち取りたいところだが。

48 矢野 謙次

準レギュラー、パンチ力型

右投右打
国学院久我山高〜国学院大 巨人03ドラフト6巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 3 5 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2 0 0 .000
09 巨人 6 9 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 .111
10 巨人 42 74 23 4 1 2 35 13 0 4 0 10 0 11 .311
通算 8年 355 803 221 44 4 23 342 88 14 21 3 51 25 145 .275

パンチ力が魅力の右の外野手。05年急台頭を見せて脚光を浴び、一時レギュラー格に。
俊足強肩に大学時代通算23本塁打を記録したスラッガー。しかし東都二部ということでドラフトでは下位指名だった。注目度も低く最初の2年はほぼ二軍暮らし。だが04年はファームのレギュラーとなり、一軍でも初ホームランを記録。
そして3年目の05年はオープン戦の活躍で開幕一軍入り。すぐに二軍落ちするも、再昇格後立て続けに一発を放ち、4割近いアベレージで一気に外野の一角を狙う位置に急浮上。準レギュラークラスの出場機会を得て、一軍定着を果たした。翌年はさらに出場機会増加。高橋由が故障がちで、清水が大スランプという状況下先発機会は一気に増え、100試合300打席を突破した。チームでは鈴木に次ぐ11盗塁を記録し、足のあるところもアピール。順調に地位を向上させてきた。
思い切りのいい打者で、一発を放てるパンチ力が魅力。また走力・肩も評価され、守備固めに入る機会も多め。すでにレギュラーでやっていけるだけのバランスの取れた力を持っている。
07年は谷の加入、高橋の復調でポジションからは遠ざかり、打席数は大幅に減った。しかし代打で強烈な活躍を見せ、むしろ前年以上の存在感も見せた。特に交流戦は絶好調で、代打逆転満塁弾の離れ業も。チーム最多の代打起用で3割4ホーマー15打点の結果を残し、切り札ともなった。
しかし翌08年肘の疲労骨折で大きく出遅れると、ここから故障の連続に泣くことに。5月末に昇格も故障再発で離脱、終盤ようやく実戦復帰も束の間、今度はフェニックス・リーグで膝を故障。この影響は翌年まで続き、実戦復帰は8月に入ってからだった。2シーズンとも一軍出場は一桁に留まった。
影が薄くなっていたが、昨年は少し持ち直し。序盤は打撃低調でしばらく二軍調整とパッとしなかったが、再昇格した8月以降打撃でアピール。特に代打で18打数8安打2ホーマーと活躍、久しぶりに存在感を発揮した。打席数は100未満も3割を越え、復調に成功。
改めて力のあるところを見せ、一軍に再浮上。やや長野と被るタイプだが、代打での結果がいいのは好材料。後半の調子を維持して今季はフルシーズン一軍定着したい。

50 加治前 竜一

若手外野手、パンチ力型

右投右打
智弁学園高〜東海大 巨人08ドラフト(大・社)4巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 35 35 8 1 0 2 15 2 1 2 0 2 0 12 .229
09 巨人 14 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 .000
10 巨人 4 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 3年 53 45 8 1 0 2 15 2 1 2 0 2 0 15 .178

08年ルーキーながらまずまずの結果を残した外野手。高校時代からスラッガーとして活躍し、大学では主砲としてMVPを2度受賞。分離ドラフト4巡でプロ入り。
1年目当初は二軍スタートだったが、6月に一軍昇格。プロ初打席でサヨナラホームランという史上初の快挙を成し遂げ脚光を浴びた。守備要員としての起用が多かったが1年目から35試合に出場、2ホーマーを放ちまずまずのデビュー。
魅力ははまった時の長打力。そう大きな選手ではないが、右方向にも大きく飛ばせる。正直粗いところもかなり多いが、二軍でも3割7ホーマーの好成績を残し、順調な滑り出しを見せた。
ただスタートは良かったものの、ここ2年は一軍の外野競争からはじき出された格好で出番減少。09年は14試合出場、それも大半が守備・代走でのものでスタメン機会はなし。昨年はさらにチャンスが減り、交流戦中に代打で4回出場したのみ。ほぼフルシーズン二軍暮らしで、2年続けて一軍ノーヒット。
すっかり存在感が薄くなってしまったが、二軍では昨年3割12ホーマーの好成績。正直もう少しチャンスが欲しかったところ。外野の競争は激化する一方だが、パンチ力をアピールして何とかチャンスを待つほかない。

51 古城 茂幸

守備代走要員、万能型

右投左打
中央学院高〜国士舘大 日本ハム98ドラフト5位〜05、巨人06〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 83 159 34 8 0 3 51 16 6 8 2 8 5 32 .214
09 巨人 77 179 45 5 1 2 58 18 3 3 2 10 10 39 .251
10 巨人 67 82 20 1 0 2 27 7 2 1 0 10 3 17 .244
通算 13年 625 908 204 30 4 8 266 68 34 32 5 67 23 191 .225

内野全般を守るユーティリティプレーヤー。主に終盤の守備固め・代走を任され、使い勝手の良さに特徴のある選手。
大学から日本ハム入りし、2年目から一軍登場。以降こつこつと出番を増やしてきた。打撃のほうは非力で弱々しかったが、ソツのない守備力を発揮。目立たずとも着実に出場機会を得ていた。
04年はプロ初ホームランを放ち、初めて打席数が100以上に。しかし翌年出番が大幅に減り、ちょっと伸び悩んだようにも見えた。足踏みしたところで06年開幕直後(セは開幕前)に巨人へトレード。移籍で大きく変わったということはなく、主に三塁の守備要員として出場。目立つところは少なかったが、この年はかつてないほど打撃好調で自身最高の打率をマーク。少ない打席ながらも意外なアピールを果たした。それは2年続かなかったが、07年は内野全般の守備要員として出場数増加。しっかり一軍戦力となっている。
派手な働きは望みにくいが、堅実なプレースタイルが持ち味。近年は内野の編成、特に二塁が流動的になったことからスタメン機会も増加。08年は4年ぶりに100打席以上立ち、自己最多の出場数を記録した。09年は開幕を二軍で迎えたものの、5月末に昇格すると以降はしっかり一軍定着。古城としては打撃の状態も良く、主に二塁で46試合にスタメン出場。シーズンの打席数が初めて200を越えた。
レギュラーとするには打力が明らかに不足だが、場数を踏んでいることもあって計算の立てやすい選手。昨年はスタメン機会が減ったものの、守備固めをメインに役割をこなした。今季もゲーム終盤を固める存在として出場機会は多そう。代走としての出場も多いが盗塁成功率はやや低め。

53 實松 一成

元正捕手候補、極貧打型

右投右打
佐賀学園高 日本ハム99ドラフト1位〜05、巨人06〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 7 5 1 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 3 .200
09 巨人 - - - - - - - - - - - - - - -
10 巨人 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 .000
通算 12年 322 571 85 17 0 13 141 39 2 31 2 34 10 236 .149

日本ハム時代の高卒3年目に正捕手候補に抜擢された捕手。大いに将来を嘱望されたが、あまりに打てないことでその後停滞。
高校からドラフト1位で日本ハム入りともともと期待は大きかったが、3年目の01年、チームが大低迷から若手の積極起用に入り、この實松もテストに近い形で抜擢。ここで評判通りの強肩を再三披露、さらに低打率ながら6本塁打を記録。終盤は完全なレギュラー扱いとなり、正捕手の野口を外野に追いやってしまった。この活躍はあまりに鮮烈だったのだが。
これ以降は伸び悩み、はっきり言って期待外れの感が強い。足踏みの原因は想像を絶するほど弱いバッティング。2割どころか1割も怪しい打率で、02年は積極的にスタメンで起用されながら、200打席で1割台前半、終盤まで打点ゼロという惨状。野口放出の03年も定位置確保どころか出場試合減少で、あとから現れた高橋に抜かれる形になってしまった。
打席の半分近くで三振を喫するなど、まともにバットに当たることすら珍しいという状態では正捕手は厳しすぎた。05年高橋故障のチャンスにもアピールできず、ついに見切られたのか06年開幕直後に巨人へトレード。阿部が定着しているチームで当然出番は激減し、ジリ貧加速で全く存在感がなくなってしまった。毎年出場数は一桁に留まり、09年は10年ぶりに一軍出場なし。
鶴岡の移籍加入でチームの捕手でも4番手ぐらいの立場。阿部が不動のチームでこの位置ではほとんど一軍に上がれない。昨年も夏場に2試合出たのみで、シーズン通して二軍暮らし。久々の一軍打席でも2打席いずれも三振と相変わらずの状態。守備全般はサブとしては充分のものはあるが、鶴岡や加藤と比して圧倒的に上回っているというほどのものではなく、再浮上は相当厳しい。二軍に埋もれたままでは寂しいが…。

54 藤村 大介

小兵内野手、俊足型

右投左打
熊本工高 巨人08ドラフト(高)1巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 - - - - - - - - - - - - - - -
09 巨人 - - - - - - - - - - - - - - -
10 巨人 - - - - - - - - - - - - - - -
11 巨人 51 141 30 3 0 0 33 5 10 13 0 5 1 33 .213
通算 4年
11年成績は7/24現在

スピードが売りの若手内野手。4年目の今季一軍初出場し、二塁レギュラーに挑戦中。
古豪のレギュラーとして甲子園3度出場。高校生ドラフトで由規の外れ1巡指名を受け、巨人入りとなった。プロでも有数の快速の持ち主で、高校の先輩でもある「緒方耕一の再来」という期待を受けた。当初の3年は二軍で過ごし、昨年はチーム最多の17盗塁(同時にリーグ最多の失敗15のおまけつきだが)を記録。
今季も開幕は二軍で迎えたが、当初好調だった脇谷が急激に調子を落とし、手薄な二塁補強のため5月に昇格。すぐにスタメン起用され、初スタメン試合で初盗塁、翌日に初安打を放った。以降ほぼレギュラーとなり、一気に出場数急増。オールスターまでに10盗塁を記録。
小柄な体で俊敏に動き回るスピード感が最大の武器。正直まだ一軍レベルでは非力の印象は拭えず、打撃は力負けというところが目立つ。もともとチームの二塁はやや本命不在で、脇谷を欠くと人材難という面が強く、現在の立場はライバル不在ゆえとも言える。しかし実質1年目ながら期待できる動きは端々に見せており、打撃が向上してくればこのままポジション確保という可能性も充分。そうなれば22歳という年齢からもチームにとっても大きな意味を持つ。

66 田中 大二郎

スラッガー候補、途上型

左投左打
東海大相模高 巨人07ドラフト(高)3巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000
09 巨人 5 12 1 0 0 0 1 0 0 0 0 1 1 1 .083
10 巨人 - - - - - - - - - - - - - - -
11 巨人 25 39 6 3 0 0 9 1 0 2 0 2 4 6 .154
通算 5年 31 52 7 3 0 0 10 1 0 2 0 3 5 8 .135
11年成績は7/24現在

5年目の今季チーム事情から一軍抜擢を受けた若手選手。結果は芳しくなかったものの、将来の強打者候補として期待される存在。
高校時代は早いうちから強豪高の主砲となり、センバツで2試合連続ホーマーなど高校通算44ホーマー。高校生ドラフト3巡で巨人に指名されプロ入り。もともとは一塁だが肩が強いといわれ、登録は外野に。1年目からファームでフル出場し、打率は低いながらもチームトップの10本塁打、44打点を記録。これ以降二軍では3年連続二桁本塁打を放ち、09年には一軍で初安打も記録。
内野登録となった今季は開幕一軍入り。主に代打で起用されていたが、レギュラー陣に不振と離脱が相次ぎ、5月半ばにはスタメン起用が続くなど出番が増えた。代打ではそこそこ打てていてもスタメンになると1割をやっと越える状態と力不足を露呈してしまったが、大きな経験を積んだ。
6安打中3本が二塁打とスラッガーの片鱗は見せた。二軍で1割台と不振に陥っておりまだまだ課題は山積だが、同期入団ですでに中心選手となっている坂本に少しでも追いついていきたいところ。高校の後輩大田とどちらが先に一軍定着まで進めるか。

69 隠善 智也

小兵外野手、巧打者型

左投左打
広島国際学院高〜広島国際学院大 巨人07育成ドラフト4巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 巨人 36 62 18 2 0 0 20 4 2 0 0 1 0 19 .290
09 巨人 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000
10 巨人 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 4年 39 64 18 2 0 0 20 4 2 0 0 1 0 20 .281

育成選手として入団、2年目に支配下登録された外野手。08年一軍でなかなかの存在感を発揮。
大学時代は文字通り中心選手として活躍し、投手を兼任したことも。06年オフの育成ドラフトで巨人は大量7人を指名、その一人として入団した。同期からはいち早く松本が支配下登録されたが、この隠善も1年目後半二軍のレギュラー格に。そして08年キャンプからアピールを続け、オープン戦で活躍。開幕直前に支配下登録され、そのまま開幕一軍も勝ち取ることに成功した。さらに5月初スタメン試合で猛打賞3打点の活躍を見せ、この月3割超の好成績。大きく名前をアピールすることとなった。高橋由と入れ替わる形で6月に二軍落ちしてしまったが、成績は上々のもので一軍でも通用することを示した。
打撃センスの高さが売りで、守備力・脚力もありバランスの取れた選手。ただ09年は同期入団の松本が新人王獲得の活躍、それに押し出されるように出番が大幅に減ってしまった。さらに昨年は一軍出場なく終わり、はっきり停滞状態に。
左打ちの外野手はチームに数多く、昨年二軍でも低打率では再台頭は難しい。今季は正念場のシーズンとなりそう。