埼玉西武ライオンズ

 0 大ア 雄太朗

小兵外野手、巧打型

右投左打
常総学院高〜青学大 西武07ドラフト(大・社)6巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 5 9 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 4 .111
09 西武 75 160 44 13 1 0 59 14 2 13 0 11 4 30 .275
10 西武 28 62 15 6 0 1 24 4 0 1 0 2 2 12 .242
通算 4年 115 252 64 21 1 1 90 18 2 16 0 14 7 47 .254

巧打者タイプの新鋭外野手。大卒3年目の09年、安定した打撃を見せて一軍台頭。
青学大から同時に4人(高市、円谷、横川)プロ入りしたうちの一人で、さらに横川(楽)とは高校・大学通してのチームメイト。公称身長169cmと小柄な選手で、シュアな打撃の1,2番タイプ。1年目はシーズンインしてすぐ骨折というアクシデントがあったものの、二軍でまずまずの結果を残して一軍出場、初ヒットも記録。08年出番増加とはならなかったが、二軍ではレギュラーとして3割に13盗塁という好成績を残した。
09年も二軍スタートだったが、5月中旬に昇格するとそこから2度の猛打賞など打棒を発揮。特に交流戦3割7分の高打率で大きくアピール。レギュラー争いに参戦してきた。6月後半まで続いた高打率はリーグ戦再開とともに下降、最終的に打率はだいぶ落としてしまったものの、3年目に出場機会急増で一軍定着目前に。
コンパクトなスイングのミート力の高い選手で、機会は少ないものの左投手も苦にしない。幅広い戦術に対応できそうな2番タイプの好打者。一軍ではそれほど走っていないが、二軍では盗塁数も多い。
昨年は4月後半に昇格しプロ初本塁打を記録。5月はなかなか好調だったものの、6月ノーヒットが続くと二軍落ち。これ以降再昇格できず、前年から大幅に出場数を減らす停滞のシーズンとなってしまった。二軍では規定打席到達で3割の好成績を残すも、上には呼ばれず。
中堅の高山や大島の再台頭に、新鋭坂田のアピールと外野陣は競争激化。チャンスに恵まれなかった印象が強い。選手のタイプとしてもレギュラー栗山と若干被るところがあり、いかにアピールするかは今季も大きなポイントとなりそう。少ない機会の中で、ソフトバンク戦では13打数7安打4二塁打と大当たり。

 1 栗山 巧

2番定着、巧打者型

右投左打 最多安打(08)、ベストナイン(08,10)、ゴールデングラブ(10)
育英高 西武02ドラフト4巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 138 527 167 31 3 11 237 72 17 22 8 49 6 61 .317
09 西武 140 569 152 24 6 12 224 57 18 8 3 53 10 106 .267
10 西武 144 554 172 35 2 4 223 74 14 18 3 80 5 69 .310
通算 9年 682 2383 699 127 16 44 990 282 61 63 16 267 31 381 .293

主に2番を任される巧打の外野手。07年以降レギュラーとなり、もはや不動の主力に。08年2番定着で優勝に大きく貢献した外野手。シャープな打撃が大きく開花した。
高校からドラフト4巡で西武入り。しばらくは二軍暮らしだったが、下では2年目に7ホーマー、04年は3割11ホーマーと順調に成長。そして4年目の05年、開幕直後に佐藤の故障で昇格すると、1番抜擢でチャンスを掴んだ。2安打を放ち翌日にはプロ初ホームラン。4月3割の好成績でスタメン定着し、打力の高さを存分に発揮した。交流戦でも5ホーマーを放ち、一過性の活躍に終わらずシーズン通して3割近いアベレージを維持。守備面では大きな課題を残したが、レギュラー候補に名乗りを挙げた。
翌06年は序盤の不調に加えて8月骨折で離脱。大きく足踏みとなったが、07年は夏場に調子を上げ初の100試合以上出場。ほぼポジション定着というところまで前進した。そして08年は開幕から2番にほぼ固定され一気の上昇。序盤は目立たなかったが、交流戦高打率で調子を上げ、さらに8月以降3割6分と後半絶好調。初の規定打席到達で堂々の3割、のみならず1番片岡と同数で最多安打のタイトルに輝いた。一発長打が注目された打線にあって、2番としてつなぎ役と同時に下位打線の掃除役もこなし、優勝に大きく貢献。
思い切り良く柔軟性もある打撃の持ち主で、はまれば一発のパンチ力も兼ね備える。追い込まれても粘り強く、左投手も苦にしないため穴が少ない。デビュー当初拙さの目立った外野守備も向上し、完全なレギュラーに。脚力も高い。
09年は前年の活躍から一転、開幕から26打席ノーヒットなど序盤絶不調。三振激増など打撃が狂った状態だったが、6月4割に迫る高打率で復調。シーズン打率は落としたものの、途中からはおおむね安定した活躍を見せた。そしてセンターに固定された昨年はシーズン通して安定した打棒を発揮。例年強い交流戦では珍しく不調だったものの、それを補って余りあるほど後半絶好調。7月以降は3割3分の高打率をマークし、シーズン打率も3割に乗せた。2番に留まらず、中村離脱時には4番、片岡不在の終盤からCSにかけては1番を務めるなど得がたい存在となった。
前年多かった三振も激減し、四球が大幅増で出塁率は4割。またチャンスに強さも見せ、打点74はチーム3番目の多さだった。出塁役もつなぎ役も返す役目もこなせるオールラウンダーで、西武打線の重要なキーマン。

 2 銀仁朗 (炭谷 銀仁朗)

強肩捕手、大抜擢型

右投右打
平安高 西武06ドラフト(高)1巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 46 64 8 4 0 0 12 5 0 1 1 2 0 30 .125
09 西武 112 273 60 15 0 3 84 25 1 14 3 15 1 75 .220
10 西武 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 5年 241 522 101 24 2 7 150 51 1 22 5 21 1 157 .193

高卒1年目ながら開幕スタメンを射止め、注目を集めた若手捕手。高卒捕手の開幕先発は51年ぶり二人目の快挙。細川と野田が争っていた正捕手争いにいきなり参戦。
強肩強打の高校bP捕手という評価だったが、まさか1年目から名を売るとは予想外だった。打撃では4試合目に満塁弾に2ランの2ホーマー6打点。肩では前年の盗塁王西岡を刺すなど、堂々たる働きぶり。序盤はチームで最も注目される存在となった。さすがに粗い部分は多々あり、このあとは何度か一軍と二軍を往復。特に打撃はずっと低打率に喘いだ。しかし新人ながら細川に次ぐ先発出場を果たし、大健闘としか言いようのないシーズンだった。涌井との10代バッテリーも話題に。
なかなか派手なスタートを切ったが、07年は改めて教育ということでシーズンの大半を二軍。ただこの間に細川が正捕手定着を果たしたため、08年一軍定着も出場機会は乏しかった。それでも日本シリーズでは故障細川の代役で先発など2番手の地位は確保。
そして09年は細川が前年来の故障の影響で長期離脱。必然筆頭捕手を任されることとなった。96と大半の試合でスタメンマスクを被り、出場数は一気に100越え。盗塁阻止率はリーグ2位の数字、前半1割台だった打撃も後半は多少改善が見られた。細川復帰後もメインを譲らず、存在感を急上昇させるシーズンとなった。
ただ昨年は、前年の細川と立場が入れ替わることに。オープン戦で故障、半月板損傷に靭帯断裂という重傷で、シーズンのほとんどを棒に振ることに。実戦復帰は9月になってからで、シーズン最終戦に唯一の一軍出場。
故障に泣いたが、オフに細川がソフトバンクへFA移籍。今季はいよいよ完全な正捕手という期待がかかる。まだ23歳ながらチームの鍵を握る存在に。

 3 中島 裕之

中軸遊撃、スラッガー型

右投右打 最高出塁率(08,09)、ベストナイン(08,09)、Gグラブ(08)、最多安打(09)
伊丹北高 西武01ドラフト5位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 124 486 161 32 0 21 256 81 25 0 3 55 12 96 .331
09 西武 144 560 173 31 3 22 276 92 20 0 3 75 10 113 .309
10 西武 130 503 158 33 3 20 257 93 15 0 11 52 13 97 .314
通算 10年 945 3497 1057 192 18 133 1684 564 113 7 33 319 87 705 .302

西武の3番ショートを務める中心選手。04年「ポスト松井」としてレギュラーに抜擢され大飛躍、一気の勢いで駆け上がり、チームの顔とも言える存在となった。
高校時代に名が通っていたわけではなく、ドラフトでも下位指名。しかし持てる素質の高さは入団時から高く評価されていた。打力のポテンシャルが高く、2年目はファームでレギュラー定着。03年に一軍で4ホーマーを記録すると一気にレギュラー候補と注目される存在に。松井稼がメジャー移籍すると、もう次のショートはこの人で決まりという雰囲気になっていた。
そして大いに注目され迎えた04年は、序盤から打棒炸裂。5月までは3割以上の打率をキープし、予想以上に打ちまくった。徐々に打率は下げたものの、27ホーマー、90打点と堂々たる成績を収め、フルシーズンレギュラーに定着。わずかに残っていたスタミナへの不安も、夏場に巻き返す活躍でいつの間にか消えていた。
バットを高々と掲げる構えは、一軍打撃コーチを務めていた土井正博などを髣髴とさせる迫力満点のもの。力強いスイングで思い切りが良く、早いカウントからどんどん振ってくる積極打法。狙いを外しても振ってくるため、ボールから随分離れたところを空振りすることも多々あるが、1打席中にアジャストも出来る。脚力も充分で、身体能力は相当に高い。
実質2年目の05年は本塁打半減、打率も低下とやや精彩を欠いたが、06年は巻き返し。フェルナンデスの抜けた3番にどっかりと落ち着き、開幕から安定した打棒を発揮した。故障で1ヶ月以上離脱という場面もあったものの、自身初の3割到達。翌年も引き続き3番定着で連続3割と安定した活躍。
順調な打撃に比して課題と言われていたのが守備力。06年リーグワースト、07年は12球団のショートで最多の失策を記録。スローイングに安定感がなく、なかなか向上しなかった。しかしこちらも08年急激に成長し、走攻守三拍子揃った存在となってきた。打撃ではあと一歩で首位打者は逃したものの、自己ベストの打率に4年ぶりの20ホーマーを達成。打線の軸としてチームを引っ張り、優勝に大きな貢献。五輪代表にも選出された。翌09年のWBCにはレギュラー出場し、シーズンでは引き続き不動の3番として君臨。フルイニング出場を果たし最多安打のタイトル獲得、3割8分という高い得点圏打率も記録した。
昨年も春先故障で一時離脱という場面があったものの、打棒は相変わらず健在で4月末時点で4割キープ。その後もコンスタントに打ち続け、5年連続の3割をマーク。3年連続の20ホーマーに加えて、打点は前年を1上回り自己最多更新。チームトップの数字で、中村が故障などで精彩を欠く中主砲として活躍。
オフにポスティングでのメジャー挑戦という話も浮上したが、とりあえず今季は残留。守備の向上した今特に穴はなく、長打力も脚力もある非常に頼もしい存在。同一リーグでは対戦相手の苦手も特になく、中でもソフトバンク戦では3割8分の高打率を残した。

 5 石井 義人

巧打者、拙守型

右投左打
浦和学院高 横浜97ドラフト4位〜02、西武03〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 108 306 85 21 1 4 120 29 0 0 4 25 0 53 .278
09 西武 125 383 115 17 3 6 156 39 3 5 1 30 3 73 .300
10 西武 98 222 65 8 0 6 91 22 0 2 5 31 1 35 .293
通算 14年 807 2083 612 116 7 30 832 194 22 17 16 237 9 385 .294

柔軟な打撃の光る巧打者。05年首位打者争いを演じ、急台頭を見せた内野手。かねてからセンスの高さには定評があったが、ついにその素質を開花させた。
横浜時代から次期主軸打者に、と目されていた選手。高いミートセンスの持ち主で、高卒1年目から一軍出場。2年目には代打で好結果を残し、三塁レギュラーは目前と思われていた。しかしあまりにも拙い守備が足を引っ張り、しかもそれがちっとも向上しない。打撃ではいつスタメンに名を連ねてもおかしくない力量を持ちながら、守備力の低さから出場機会も減少。後続に押し出されるように、03年西武に移籍。
移籍1年目もほぼ二軍暮らしだったが、04年急上昇。自己最多の出場機会を得て、ようやく一軍半の壁を打ち破った。確実性の高い打撃で3割を維持し、代打としても活躍。この好結果から翌年は開幕から積極的に先発で使われ、持ち前の打力をいかんなく発揮。5月には4割近く打ち、常に打撃成績の上位に位置し続けた。初めてのレギュラーでばてたか、後半から終盤にかけて打率を大きく落としてしまったが、シーズン3割を達成。規定打席到達はもちろん初めてで、ついにレギュラーに。
打撃は選球眼よく、無理なく左右に打ち返す柔らかさが特徴。長打こそないものの速球には滅法強く、上位や中軸も打てる実力の持ち主。脚力もあり、攻撃面では非常に魅力的。反面課題とされる守備は、二塁・三塁の経験があるものの非常に不安定。
06年故障でポジションを手放し、07年は不調で打率が伸びず準レギュラーの地位に後退と、05年をピークに少しジリ貧となっていたが、08年から復調。三塁に中村が定着したことからDHや一塁がメインとなった。やや調子にムラはあったが、代打で3割打つなど持ち味を発揮。09年は5月以降安定した打棒を発揮し、規定打席には一歩届かずも3割マークで存在感を見せた。
昨年も前半はほぼレギュラーとして出場し、6月末時点で3割と安定した働き。後半フェルナンデスが復帰し一塁に座ったことで出番が若干減り、さらに終盤は故障で1ヶ月戦列を離れてしまったが、代打でも好成績を残すなど相変わらず戦力となった。あまり早いカウントでは仕掛けてこない選手で、ボールを見極めてしぶとく仕留めるのが持ち味。FA移籍の可能性も囁かれた今オフだが、権利行使せず残留。打撃に関しては常に一定の水準を保ち安心感が高い。

 6 後藤 武敏

二軍卒業、復活型

右投右打
横浜高〜法大 西武03自由枠〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 49 166 50 14 0 12 100 27 0 0 0 16 2 31 .301
09 西武 54 147 43 4 1 5 64 23 0 0 1 13 0 33 .293
10 西武 16 29 4 0 0 0 4 1 0 0 0 3 1 9 .138
通算 8年 289 717 186 39 2 28 313 103 1 1 3 65 5 168 .259

08年長い低迷を脱して一軍に返り咲いたスラッガータイプの選手。1年目華々しいデビューも以降苦戦が続いていたが、ついに壁を打ち破った。
高校時代松坂のチームメイトで甲子園春夏連覇、進学後も六大学のスラッガーとして活躍し、自由枠でプロ入り。絶好のスタートを切り、開幕一軍どころか故障欠場のカブレラに代わって新人ながら開幕4番に抜擢。前半は魅力ある打撃をいかんなく発揮し、トータルで11ホーマー44打点の好成績を残した。夏場以降失速したが、新人野手としては充分以上の結果を残した。
順風な1年目だったが、2年目以降低迷。打撃が大きく落ち込み、元々守備難ということもあって出番が激減してしまった。低打率が続き、フェルナンデスの開幕出遅れという好機のあった05年も浮上できず。この年三塁候補に中村と石井義が大きく台頭し、ますます存在感を失ってしまった。逆風一辺倒で、06年はとうとう一軍出場なし。07年は出番こそあったものの相変わらず不振で影が薄いまま。
一方で二軍では05年に打率・打点の二冠に最高出塁率獲得。07年も規定打席未満ながら本塁打・打点でチームトップに3割と圧倒的な成績を残し、数字のギャップの大きさから「二軍の帝王」という印象を強めるばかりだった。苦しくなりかけていたが、08年ついにその状態から脱出。
二軍スタートで前半は相変わらずの状態だったが、6月末に昇格すると早速DH先発の試合で3安打猛打賞、一日置いて今度は2ホーマーと大爆発。7月からは外野を守るようになり、8月はさらに打棒発揮。この月7ホーマーを放ち、1年目以来の二桁本塁打到達。その後故障で一時離脱したものの、日本ハムとのCSでは2ホーマー8打点の活躍を見せた。後半のチームに大きな貢献を果たし、ほぼ自己ベストのシーズン成績で復活。劇的な変わり身を見せ付けた。登録が外野手となった09年は腰の故障に泣かされ、前半を棒に振ってしまったが、後半復帰後は好成績。
もう以前の姿ではないと思われたが、昨年は急ブレーキ。開幕から極端な打撃不振に苦しみ、5月頭に二軍落ちするとシーズン最終戦まで昇格できず。充実していたここ2年とは別人のように落ち込んでしまった。出場数は激減し、打率は1割台前半。
対左投手20打数1安打というのはあまりにも酷すぎた。野手の新陳代謝が早いチームであり、スランプが2年続くと戻る場所がなくなってしまう。今季は一軍でしっかりアピールしないと。

 7 片岡 易之

俊足二塁、1番不動型

右投右打 盗塁王(07〜10)、最多安打(08)、ベストナイン(08)
宇都宮学園高〜東京ガス 西武05ドラフト3巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 139 582 167 25 6 4 216 46 50 19 2 24 7 57 .287
09 西武 139 588 153 32 4 13 232 58 51 12 3 36 7 72 .260
10 西武 137 576 170 31 5 13 250 54 59 14 5 43 5 72 .295
通算 6年 727 2766 767 138 21 41 1070 252 232 127 20 153 30 3153 .277

4年連続盗塁王に輝く西武の1番打者。走攻守オールマイティに力を発揮する実戦向きの選手で、安定した力を発揮する不動の主力。
社会人からプロ入りし、1年目開幕一軍入りも、当初はすぐに二軍落ち。しかし4月の末に再昇格すると、以降はほぼ完全に一軍定着を果たした。主にセカンド、中島離脱中は代役ショートを務め、準レギュラー級の働きで上々のデビュー。守備難の選手が多いチームにあって、安定した守備力で異彩を放った。そして2年目の06年レギュラー定着。追い込まれてもしぶとい打撃で2番セカンドに座り、高木・石井義らライバルを退けレギュラーの座を掴み取った。中島離脱の夏場はショートもこなし、打率も大きく向上。内野陣のなくてはならない存在に。
大物打ちの選手が並ぶチームにあって貴重な小回りの利く選手。破綻が少ない安定感が最大の長所で、非常にバランスがいい。中島の守備向上で立ち消えとなったが、一時はショート転向の話も浮上していた。
07年打撃のほうは全体的に低調だったが、不動の2番として働き初の盗塁王獲得。そして08年からは1番を打つようになった。序盤と終盤いまいちで3割には届かなかったが、それ以外は常に破綻なく、特に夏場はかなりの好調。スタミナの不安も払拭し、50盗塁でタイトルはほぼ独走。日本シリーズでも5盗塁を決めて持ち味を発揮した。
WBC出場の09年は夏場から不振に陥りシーズン打率を下げてしまったが、今までになかった長打力を見せるようになり、自己最多の13ホーマーを放った。盗塁は8月以降の56試合で27個と猛烈な勢いで積み上げ、2年連続の50台で3年連続盗塁王。そして昨年は本塁打を減らさずに打率回復に成功。3割までもう一歩の自己ベストの数字を残した。盗塁も自己ベストを更新し、終盤の故障で本多を振り切れなかったものの、同数でタイトル獲得。
4年連続盗塁王は、リーグでは現ロッテ監督の西村以来21年ぶり。3割には本当にわずかに届かず、調子を落とした9月にもう少し踏ん張れていればというところ。中島と組む二遊間はチームの要で、攻守両面で重要な存在。今季パでは福本以来となる5年連続盗塁王を目指す。

 8 平尾 博嗣 (博司)

万能内野手、体力不安型

右投右打
大宮東高 阪神94ドラフト2位〜01途中、西武01途中〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 55 93 24 4 0 2 34 9 1 4 1 3 2 23 .258
09 西武 49 115 23 5 0 5 43 11 0 2 0 14 1 32 .200
10 西武 57 109 36 5 1 3 52 17 2 3 1 13 0 24 .330
通算 17年 713 1511 374 71 9 38 577 175 19 46 12 153 6 344 .248

伏兵的存在のベテラン。内野ならどこでもこなせるユーティリティで、堅実な守備と意外性ある打撃が持ち味。
阪神入団時は超高校級と謳われた大型内野手。ドラフト上位指名され、1年目から一桁の背番号をつけるなど期待は並々ならぬものがあった。2年目に一軍初出場、初ホームランを記録。3年目には76試合と出場数を伸ばしたが、ここで大きく足踏み。故障の多さから能力を発揮できず、伸び悩んでしまった。00年久々に出場機会を増やし注目されたが、翌年またも故障でシーズン途中に西武へ移籍。
移籍した年もほとんど出番はなくパッとしなかったが、翌02年一時三塁の定位置を奪う活躍を見せ復活。ここから成績が安定し始めた。右方向への意識向上で打撃も安定。三塁守備はチーム一の堅実さを誇り、貴重なバイプレーヤーとして台頭。完全にプロで生きる道が定まったようで、移籍が好結果をもたらした。松井稼頭夫が抜けた04年はその穴埋めを期待されたことも。若い中島が予想以上に活躍したためショートでの出番はなかったが、自身も好調で初の3割も記録。打撃は決め打ちが得意で時にとんでもないパフォーマンスも見せる。ムラッ気はあるが、侮れない存在。
相変わらず体力面には不安を抱えており、05年は出場数大幅減。続く06年は自己最多の打席数を記録し準レギュラーとして再浮上したが、成績はもうひとつ冴えなかった。打撃低調で目立たないシーズンが続いたが、08年再び意外性を発揮。シーズンはさほどではなかったものの、日本シリーズで5割以上の打率に2ホーマー6打点と大爆発し、目覚しい活躍で優秀選手賞獲得。
シーズンで2ホーマーがシリーズで2戦連発という辺りがいかにもらしいところ。これが持続しないところもらしい点で、翌09年は5ホーマーと一発だけは多かったものの全体的に低調。後半は出番が大幅に減った。しかし昨年は一転して絶好調。5月に昇格すると左投手に強いところを見せ6月は月間打率4割。7月極端なスランプに喘ぐも、8月以降はまた好調を維持し、自己ベストのシーズン打率を残した。左腕先発時は一塁や三塁でスタメン出場し、代打でも23打数8安打の好成績。
決して主力ではないが忘れた頃に何かやる選手で、数字以上に印象に残る癖のあるタイプ。さすがに以前のようにあちこち守るということはなくなったが、代打を含め打撃面で存在感を発揮。計算はしづらいが今季も戦力。

 9 阿部 真宏

守備堅実、職人候補型

右投右打
横浜高〜法大 近鉄01ドラフト4位〜04、オリックス05〜09、西武10〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 オリックス 55 119 26 5 0 0 31 9 1 9 0 6 3 15 .218
09 オリックス 46 148 39 10 1 1 54 23 1 14 1 18 1 19 .264
10 西武 64 125 32 8 0 1 43 10 0 9 0 21 2 14 .256
通算 10年 839 2374 595 123 8 26 812 249 23 128 22 219 30 280 .251

堅実な守備力で光る内野手。近鉄時代の02年レギュラーにほぼ定着し、03年それを確立した。地味で目立たないが、安定感あるプレースタイル。
前田や高須、山下など似たような位置にいたライバルは多かったが、それらを出し抜いた最大の理由は守備力。目を惹く派手さはないが大ケガなく安定。グラブ捌きが柔らかく、打率は2割ちょいと低かったがその点で首脳陣の信頼を勝ち取った。
それでもネックになっていた打撃だったが、03年それを克服。右打ちの精度を高めることで開幕から好調を維持し、前年までのような安全牌から卒業。下位の打順でしぶとい打撃を発揮し、打線に幅の広さを加えることに成功。終盤までは3割を維持し、脇役として欠かせない存在に成長した。
三振少なく、しぶとくミートを狙う打者。04年は前半かなりの不振で打率を下げたが、05年は巻き返した。合併球団でライバルは増えたがほぼレギュラーは確保。右狙いの徹底で左投手には強みを見せる。
しかし06年出足からの不調に加えて右手首を骨折。3ヶ月近く戦列を離れ、その間に後藤にポジションを奪われる形になってしまった。これ以降精彩を欠くようになり、後藤と二塁併用の07年も打撃の波が激しく、存在感としてはいまいち。そして08年は4月1割がやっとという低迷で二軍落ち。その後復帰して多少持ち直したが、シーズン打率はさらに落ちて出場機会もグッと減ってしまった。
度重なる故障や不調で準レギュラー格に落ち着いた印象。09年は足の故障で大きく出遅れ、一軍昇格はオールスター明けてから。それでも長期離脱中だった後藤に代わって二塁を守り、久々に打撃好調で復調気配も見せた。昨年キャンプ中にトレードで西武に移籍。さらにレギュラーは遠くなってしまったが、故障の中村に代わって三塁を任されるなど、なかなか貴重な存在となった。
どうやら一時の不振は脱してきた。昨年右投手には1割台とさっぱりだったが、左投手から3割。ヒットの7割以上が左腕から放ったもので、これは以前にも見られた傾向。内野全般と小技をこなせる利便性で今季も戦力に。

10 佐藤 友亮

準レギュラー、故障後退型

右投右打
慶應義塾高〜慶大 西武01ドラフト4位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 59 126 38 8 1 1 51 11 4 8 1 6 2 23 .302
09 西武 105 191 46 4 4 0 58 21 9 7 2 15 1 30 .241
10 西武 98 173 43 5 1 2 56 16 5 10 2 12 2 26 .249
通算 10年 678 1508 394 51 12 8 493 122 52 73 10 113 10 206 .261

高い守備力を誇る俊足外野手。入団当初は本職ではないセカンドでレギュラー争いしたほどの高いセンスの持ち主。実戦向きの選手で、欠点の少ないタイプ。
外野手としてプロ入りしながら、ルーキーイヤーは開幕からしばらくセカンド。スタミナ不足とプロの壁で打率は伸び悩み、後半は二軍暮らしとなった。しかし守備は予想以上にこなした。翌年は高木浩が定着したため出番が減少。ここは足踏みしたが、本職の外野に専念した03年レギュラー争いに参戦。
右打ちの向上で打撃が大幅に伸びた。勢いに乗る04年は開幕直後こそもう一つだったものの、ぐんぐん調子を上げレギュラー定着。初の3割を放ち、後半は不動の1番打者となった。勝負強さも見せて、あらゆる部分で急成長を遂げた。この年は全チームから3割と満遍なく打ち、ポストシーズンでも活躍。チームでもトップクラスの外野守備力で松井退団後の1番定着はほぼ目前に。
しかし05年、開幕直後にフェンス激突のアクシデント。骨折と脱臼という重傷でほとんどシーズンを棒に振ってしまった。この長期離脱以降ポジション争いからは大きく後退。06年復帰も打撃不振に加えて福地の活躍で出番はあまり増えず、07年は序盤こそまずまずだったものの5月以降また打撃が落ち込み、巻き返せないまま終わった。3年続けて2割そこそこの低打率に喘ぐ結果に。
落ち込みが続いていたが、08年久々に巻き返し。前半出場わずか7試合と一軍からも遠ざかっていたが、後半懸案の打撃が復調。高打率をマークして準レギュラー格に再浮上を果たした。09年は打撃は元の状態に戻ったものの、5年ぶりに100試合出場。
一時の不振は完全に脱したが、ポジションを狙うというところまではいかず控えに落ち着いた印象。昨年も打撃は好不調の波が激しく不安定だったものの、クリーンアップ以外のすべての打順で先発出場するなど便利屋的に起用された。派手な活躍はなくとも安定した守備力と小技で戦力となっている。常時出場は難しいだろうが、今季も出番は多そう。

22 野田 浩輔

中堅捕手、ジリ貧型

右投右打
八代東高〜新日鉄君津 西武01ドラフト6位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 9 9 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 4 .111
09 西武 22 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 5 .000
10 西武 5 8 2 2 0 0 4 0 0 0 0 0 0 3 .250
通算 10年 194 317 70 14 1 5 101 28 2 9 3 18 4 74 .221

細川のライバル的存在だった中堅捕手。社会人時代は渡辺俊(ロ)とバッテリーを組み、ともにシドニー五輪に出場。
ルーキーイヤーはまだベテランの壁が厚く一軍出場なし。2年目の02年から起用され始め、一時はポスト伊東の筆頭だった。しかし伊東がコーチ兼任となった大チャンスの03年に足踏み。後続の細川にあっという間に追い抜かれてしまった。伊東新監督となった04年は開幕スタメンを射止めるも、守備のミスが多発してまたも細川の後塵を拝することに。遅れを挽回する絶好のチャンスを取りこぼしてしまった。日本シリーズでも先発で起用されながらアピールできず、期待に応えることはできなかった。
課題と言われた打撃は一時期大当たりを見せたが、守備面で信頼を掴めず。ライバルに徐々に引き離され、06年は新星炭谷(銀仁朗)が登場。一気に出場数を減らしてしまった。その炭谷が育成の07年は2番手に再浮上したが、細川が安定して目立たぬまま。そして08年は完全に3番手に下がり、ほとんど出番のない状態に。
伊東前監督は野田のほうを買っていた節があったのだが、細川には完全に水を開けられ、もはや一軍すら覚束なくなってしまった。09年は久々に出場数が増えたものの控えという位置取りは変わらず、むしろ打撃が売りの上本にも抜かれた形で、実質4番手に後退。昨年はわずか5試合に出たのみでシーズンのほとんどを二軍暮らし。
ジリ貧を止められないままズルズル後退し、状況はかなり厳しくなってきた。チームの捕手陣最年長といっても今の立場では逆にマイナス要因。細川が抜け若い銀仁朗がメインとなる今季は巻き返しを図る大きなチャンスだが。

31 坂田 遼

外野新星、パンチ力型

右投左打
横浜創学館高〜函館大 西武09ドラフト4位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
09 西武 5 10 1 0 0 0 1 2 0 0 0 2 1 3 .100
10 西武 39 91 19 4 0 8 47 18 0 2 0 15 6 37 .209
通算 2年 44 101 20 4 0 8 48 20 0 2 0 17 7 40 .198

昨年夏場に急台頭を見せ、「左のおかわり君」と呼ばれた若手外野手。パンチ力ある打撃で大きく前進。
野球では無名の大学ながら、リーグで2度首位打者となるなど活躍し、ドラフト4位で西武入り。函館大から初のプロ入りとなった。1年目からファームで力のあるところを見せ、3割4分に9ホーマーの好成績。一軍出場も果たし、プロ初安打も記録した。
そして2年目の昨年は前半は二軍も、後半昇格すると代打で2ベース、先発するとプロ初ホームランを含む2戦連発。数日置いて今度は2打席連発とパワー炸裂。7月19試合で6ホーマーを放ち、新たな大砲候補として大いに脚光を浴びた。その後はプロの壁に阻まれ大きく数字を落としたが、強烈な印象を残すことに成功。
そのパンチ力と鮮烈なアーチ攻勢から上述の異名を取ったが、タイプとしては中村とはやや異なる。体重移動が少なく中心を軸に回転する中村に対し、坂田の場合は踏み出した足を軸とする前重心の打ち方。ただ捉えた打球の飛距離は目を見張るものがあり、可能性を感じさせる。
一軍で常時やっていくにはまだまだ課題も山積ではあるが、魅力たっぷりの存在。この余韻が残っている間に一軍定着を果たし、ポジション争いに割って入りたい。野手の台頭が多いチームに、また楽しみな選手が現れた。

32 浅村 栄斗

若手遊撃手、高センス型

右投右打
大阪桐蔭高 西武09ドラフト3位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
09 西武 - - - - - - - - - - - - - - -
10 西武 30 42 11 1 1 2 20 9 2 1 1 8 3 8 .262
通算 2年

2年目の昨年一軍初出場、「ポスト中島」と期待される若手内野手。攻守に高いセンスの持ち主で、将来を嘱望される。
高校3年時1番打者として甲子園優勝。初戦に5安打、2回戦で2ホーマーなど6試合で16安打の大活躍を見せた。強肩強打のショートとして注目され、ドラフト3位指名で西武入り。1年目から二軍のレギュラーとなり、ほぼフルに近い99試合に出場。打率は2割そこそこ、10盗塁する一方で失敗も12と好成績は残せなかったが、体力的に充分やれるところを見せた。
そして2年目の昨年は開幕一軍入り。代打で迎えたプロ初打席で2ベースを放った。故障欠場の中島に代わってスタメンショートも経験。4月末からしばらく二軍で過ごしたものの、7月末に再昇格。やはり故障の中村や中島の代役スタメンを務め、3番先発という試合も。8月にはプロ初ホームランを記録。最終的に30試合に出場し2ホーマー。スタメン出場が13試合あり、高卒2年目としては上々の結果を残した。
パンチ力と柔軟さを併せ持つ打撃以上に目立ったのが遊撃守備での軽快な動き。身体能力の高さから難しい打球も軽々と捌き、前年ファームで31失策というのが信じられないほどの動きを見せた。美技とミスが同居しそうな派手なタイプだが、一軍の舞台で臆するところを見せなかった。また若いながら50打席余りで11の四死球を取ったセンスの良さも光る。
まだデビューしたての立場だが、レギュラー中島のメジャー移籍が取り沙汰される状況で、その後継候補に急上昇。今季はさらなる躍進が期待される逸材。

33 星 秀和

若手外野手、転向型

右投左打
前橋工高 西武05ドラフト5巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 3 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 .000
09 西武 7 18 4 1 0 0 5 0 0 1 0 0 0 1 .222
10 西武 33 23 6 1 0 0 7 1 1 2 0 2 0 5 .261
通算 6年 43 48 10 2 0 0 12 1 1 3 0 2 0 9 .208

一軍に接近してきた若手選手。09年まで5年間ほぼ二軍で過ごしていたが、昨年出番が増えてきた。
高校からドラフト下位で西武入り。入団時の登録通り1年目は捕手として過ごした。ただ高校時代から様々なポジションを守っていた選手で、瞬発力を活かすため2年目には早くも内野に転向。06,07年は二塁を中心としたが、不慣れさは否めず失策も多かった。登録は内野のまま08年からは外野起用のほうが多くなり、この年一軍初出場。09年も一軍出場は一桁に留まったがプロ初ヒットを記録。
緩やかながらも成長を見せ、昨年は大きく出番が増えた。主に外野の守備要員ではあったが4試合のスタメンも。好守備を見せる場面もあり、少ない打席ながら打撃もそこそこ。入団以来ポジションが定まらず転々としてきたが、今季は正式に登録も外野手となり、さらなる上昇を狙う。競争の激しいチームでいかにアピールするか。

36 米野 智人

元正捕手候補、逸機型

右投右打
北照高 ヤクルト00ドラフト3位〜10途中、西武10途中〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ヤクルト 16 10 1 0 0 0 1 1 0 1 0 1 1 1 .100
09 ヤクルト 11 18 5 0 0 0 5 0 0 1 0 0 0 4 .278
10 西武 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 11年 247 576 120 17 1 12 175 53 3 22 4 35 6 141 .208

ヤクルト時代の06年正捕手を掴みかけた選手。しかしチャンスを活かしきれず、近年はジリ貧状態。
高校球界有数の捕手としてヤクルト入り。入団当初から「ポスト古田」と目され、2年目に一軍初出場。その後しばらくは二軍で育成されたが、05年スタメン機会が増加。そして翌年、古田が兼任監督となると後継候補として大きくクローズアップされるようになった。その古田が開幕から不調とあって、いつしかスタメンマスクはほとんど米野が被るように。初めて100試合以上に出場、99試合で先発と事実上正捕手と言える存在となった。1年間一軍にいたのもこれが初めてで、大抜擢のシーズンに。
抜擢はされたが技術的にはまだ未熟な面が強く、せっかくの肩も送球が逸れ気味であまり活かせず。それ以外の部分も頼りなさを見せたが、これまで苦労していた打撃面で進歩を見せるなど可能性も感じさせた。
しかし翌年大きく後退。序盤こそ前年同様福川と競り合っていたが、打撃低調に加えて守備面でも信頼を掴めず、6月からは出番激減。さらに川本の台頭に押されて後半は完全に二軍暮らし、先発出場23試合で捕手としては3番手に後退した。そして翌年はさらに出番減少。故障での長期離脱もあって、ポジション争いからは遠く離されてしまった。
09年相川が加入したことでさらに影が薄くなり、シーズンの大半を二軍暮らしで控えにも留まれず。昨年二軍にいたところで6月に西武へトレード。しかし移籍でも状況はあまり変わらず、7年ぶりに一軍出場なく終わった。07年から続くジリ貧を止められず。
昨年二軍戦では一塁での出場も多く、ファームの正捕手も掴めていない。この辺りで再度奮起したいところだが。せめて控え捕手の座は争う位置にいたいところ。

42 ディー・ブラウン

パワーヒッター、低確率型

右投左打
西武10〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
10 西武 118 424 102 20 0 21 185 76 2 0 4 49 2 101 .241
通算 1年

昨年西武入りの外国人。メジャーでは01年に106試合出場の実績を持ち、前年は3Aで2割9分19ホーマー。近年のマイナーでは二塁打がかなり多い中距離タイプ。
中島・中村の後を打つ5番として期待され、開幕戦でいきなり決勝の本塁打を放つデビュー。その後も打点をよく稼いだが、打率のほうは低空飛行。5月好調で7ホーマーを放ち率も良かったが、6月以降はまた低打率に落ちた。確実性は全くないものの、中村を故障で欠いたチームにあって、オールスター時点での18ホーマー65打点はトップの数字。
割合仕掛けの遅い打者で、三振は多いが四球も拾うタイプ。一発もあり打点が多いのだが、かなりムラが強く、中軸として当てにするのは少し辛い印象。交流戦で守る機会もあったが、外野守備力はだいぶ低くほぼDH専門。
後半は一発があまり出なくなり印象薄。終盤は不振で二軍落ちしてしまった。21ホーマー、76打点はいずれもチーム2位の数字だが、7月以降は5ホーマーに23打点に留まった。今季も残留だが、対戦相手ごとの相性もきつく、左投手に脆さもあって、固定して使うにはやや心許ない。魅力もあるが穴も多く、ちょっと読みづらい選手。

43 原 拓也

急上昇内野手、抜擢型

右投左打
東海大相模高〜関東学院大 西武07ドラフト(大・社)4巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 3 6 3 1 0 0 4 0 0 0 0 1 0 2 .500
09 西武 50 128 28 6 0 0 34 9 0 9 2 10 2 37 .219
10 西武 103 169 38 7 1 2 53 17 0 12 1 22 5 37 .225
通算 4年 168 318 72 14 1 2 94 26 0 22 3 33 7 79 .226

ここ2年急激に出番を増やし一軍定着の内野手。複数ポジションをこなし存在感を増しつつある。
大学時代はショートの主軸打者として活躍し、分離ドラフト4巡で西武入り。1年目から一軍出場があったが、二軍で2割に届かない低打率であり、目立つ存在ではなかった。しかし2年目の08年は二軍成績が大きく向上しレギュラーに。フレッシュオールスターでは3ランと2ベースの活躍でMVPを獲得した。
09年も引き続き前半は二軍。しかし夏場に中村が故障すると、その代役サードとして急浮上。二軍で2割そこそこという低打率ながらの大抜擢だった。後半だけで50試合に出場、うち40試合がスタメンで、大幅に出番を増やすシーズンに。
もともとはショートでセカンド、サードもこなす万能型の内野手。三塁守備は安定しており、不安が大きい中村・石井義といった主力陣よりも上を行く。打撃は総じて低調だったものの、光るところも垣間見せた。
そして昨年はさらに出番が増え完全に一軍定着を果たした。序盤は中島欠場時の代役ショート、夏場には中村の代役サードを務め、45試合に先発出場。三塁の守備固めとしても多く起用され、出場数は倍増で100を突破。プロ初を含む2ホーマーも放ち、オールマイティな内野の控えとして戦力に。
前半そこそこだった打率は後半急降下で結局前年と同水準まで落ちたが、四死球が多めで出塁率はなかなか高かった。信頼を掴みつつあり、今季も控えとして出番は多そう。

44 高山 久

突如覚醒、遅咲き型

右投右打
九州学院高 西武00ドラフト1位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 25 42 10 2 0 0 12 3 0 0 0 1 0 10 .238
09 西武 3 11 2 0 0 1 5 3 0 1 1 1 0 2 .182
10 西武 116 382 111 23 2 11 171 48 4 5 3 25 8 100 .291
通算 11年 314 793 203 46 4 22 323 99 7 8 8 53 14 198 .256

プロ11年目の昨年、突然の開花でレギュラーを奪取した外野手。過去10年二軍を脱しきれずにいたが、別人のような活躍を見せた。
ドラフト1位入団で、2年目には早くも一軍で4ホーマーを記録。スイングの速さには定評があり、高校時代から評判の打力を早い内に一軍で発揮した。将来の中軸候補として期待を集めたが、その後停滞。02年プロの壁に突き当たり低迷すると、その後伸び悩みが続いた。03年は春先だけの一軍出場に留まり、04年は一軍出場なし。翌年は3年ぶりの一発を放ったが、シーズンの大半は二軍暮らし。
06年久々に持ち直し、55試合出場で初めて打席数が100を突破。自己最高の打率を残しいよいよ一軍定着かと思われたが、これが2年続かず。翌07年は立て続けに代打ホームランという活躍もあったものの、光ったのはここだけ。以降はさっぱりになり、また伸び悩みの印象を強めてしまった。出場数も徐々に減り始め、09年はシーズン終盤のわずか3試合のみという状態に。
同年代から年下の選手が一軍の主力で活躍する中すっかり取り残され、もう後のない立場だったが、昨年一気に大逆転に成功。開幕前からアピールし、初の開幕スタメン出場を勝ち取ると、そこから高打率を維持。ライトのレギュラーを勝ち取り、5月頭には早くもシーズン安打自己記録を更新。その後6月に一時落ち込み、故障で離脱という場面もあったが、復帰後後半も安定した活躍を続け、レギュラーとしてシーズンを完走。3割には届かなかったものの好成績を残し、09年までの通算を越えるヒットを1年で放った。二桁本塁打を含めすべての面で自己最高の記録。
活躍とともに、落合(現中日監督)ばりの「神主打法」が話題に。スイング自体は違うが、後ろ側の右足に深く体重をかけ、ゆったりと顔の前にバットを出す構えは非常に似ている。力まずボールを捉えられるようになり、広角に打ち分けて打率が急上昇した。またこれは以前からの持ち味だが、対左腕は4割近いアベレージを残し、滅法強かった。
昨年も一軍半のままなら戦力外もありうる状況から見事な開花。這い上がった底力で今季もポジションを確保したい。追い込まれてからのしぶとさが出れば3割も狙えるかもしれない。

46 G.G.佐藤 (佐藤隆彦)

逆輸入スラッガー、調子激動型

右投右打
桐蔭学園高〜法大〜米1A 西武04ドラフト7巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 105 388 117 30 1 21 212 62 1 0 2 31 11 62 .302
09 西武 136 502 146 34 0 25 255 83 1 1 1 43 9 121 .291
10 西武 53 162 33 4 0 6 55 19 1 0 4 12 1 52 .204
通算 7年 557 1784 494 110 4 86 870 261 12 1 10 133 41 414 .277

アメリカ帰りの右のパワーヒッター。どっしりした体型のスラッガータイプで、一発長打のパンチ力が最大の魅力。異色の登録名は過去のニックネームに由来。
一応入団時の登録は捕手だったが、大学時代は内野手。アメリカでの入団テストで強肩から捕手に転向したという変り種。そのため実戦での捕手経験はほとんどなく、04年新人ながら45試合に出場したが、守ったのはすべて一塁。しかし守備は問題ではなく、期待されたのはその打力。キャンプで脚光を浴び、1年目は後半一軍定着。3割近いアベレージに3ホーマーと好結果を残し、まずまずのデビューを飾った。05年は成績を落としたが、外野に転向した06年は春先絶好調。勢いに乗って打ちまくり、大いに注目を集めた。また外野守備も強肩で見せ、ポジション定着の勢いを見せた。長続きせず5月以降急降下してしまったが、レギュラーへ大きく前進。
そして07年は一気に中軸打者に躍進。開幕からライトに定着し、ほぼフル出場でレギュラー完全定着。開幕から打棒発揮でクリーンアップに収まり、カブレラ欠場時には4番も任された。25ホーマー、69打点はいずれもチーム2位の数字で、主力の一角に急成長。
基本的には不器用で粗さのある打者なのだが、対応力が随分向上した。日本人離れした体格から軽々とスタンドに運ぶ打撃は魅力たっぷり。落ちる球にはだいぶ弱いが、ツボに入ると持っていかれる。
08年は5番定着で開幕から好調、5月末時点で3割中盤15ホーマー42打点と猛威を振るい、強打で脚光を浴びた打線の中心として活躍。初めてシーズン3割を達成、北京五輪にも出場を果たした。ただその五輪で大きなミスをしてしまい、帰国後は数試合出ただけで故障離脱。後半の印象が薄いシーズンに。翌09年は逆に前半そこそこだったが後半急上昇。7月に3割、終盤9月以降4割近いアベレージで爆発、そして10ホーマーを量産。最終的には例年通りの数字だが、打点は自己最多を記録。
すっかり主力となっていたが、レフトに移った昨年はとんでもない大不振に陥った。開幕から調子が上がらず4月半ばに一時二軍落ち。5月再昇格直後は復調したかに思えたが、6月に入るとまたも低空飛行。7月頭に再度二軍落ちすると、そのまま一軍に戻れずシーズン終了。打率は2割を越すのがやっとで、ホームランは4年ぶりに一桁。全くいいところのないシーズンに終わった。
毎年時期によって爆発的に打ちまくるかと思えば深刻なスランプに陥る、好不調の差が極端な選手ではあったが、昨年はずっと不調期のままだった。二軍では3割12ホーマーとさすがに力の違いを見せたものの、本来は上でこの数字を残さなければいけない存在。野手の新陳代謝の早いチームだけに、不振が2年続くと命取りになりかねない。今季のレギュラー奪回は至上命題。

49 上本 達之

攻撃型捕手、代打屋型

右投左打
宇部商高〜協和発酵 西武03ドラフト6巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 17 14 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 4 .071
09 西武 58 97 25 6 0 4 43 15 0 3 1 3 1 22 .258
10 西武 91 212 56 8 0 4 76 25 2 3 0 14 3 54 .264
通算 8年 204 369 89 16 0 8 129 43 2 6 1 20 4 93 .241

身長186cmの大柄な捕手。打撃に特徴のある選手で、控え捕手としてよりも代打の切り札として存在感を高めている。
社会人からプロ入りも最初の2年は完全に二軍で過ごし、05,06年も一軍出場は数えるほど。しかし07年は途中昇格した夏場、欠場カブレラの代役として捕手としてではなく一塁かDHで積極的に起用された。結果は伴わなかったものの、一軍進出への足がかりを得た。
08年は序盤から起用されるも、肝心の打撃が不振で足踏み。前半のみの一軍に終わったが、09年大きく前進。正捕手細川が故障で前半を棒に振ったこともあり、捕手としての出場も増えた。それ以上に光ったのが代打での活躍で、チームトップの37回起用、3割3ホーマーの好成績で切り札的存在に。プロ初を含む4ホーマーと期待されていた長打力を発揮した。
上昇の勢いは昨年も継続。開幕から非常に打撃好調で、8月上旬まで打率3割をキープ。銀仁朗の故障から2番手捕手としての役割が大幅に増え、スタメンマスク38試合。起用法は控え捕手に留まらず、外野でも8試合先発出場。先発出場の増加からシーズン打席数が初めて200を越えた。代打での存在感も健在で、リーグトップタイの41回起用で4割の高打率をマーク。8月以降急激に調子を落とし、最終成績も随分下げてしまったが、すっかり欠かせぬ戦力となった。
中堅の年齢となってから非常に充実している。前年より長打の割合が減った分柔軟さが増した印象。数少ないながら、対右より対左のほうが打率が良かった。細川のFA流出が有力な状勢で、今季は捕手としての需要がさらに増しそう。

51 大島 裕行

中堅外野手、再台頭型

左投左打
埼玉栄高 西武00ドラフト3位〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 38 74 18 4 0 2 28 7 0 2 0 10 0 14 .243
09 西武 - - - - - - - - - - - - - - -
10 西武 51 115 30 4 0 2 40 11 0 2 2 2 0 26 .261
通算 11年 375 846 218 43 2 23 334 103 3 4 8 51 3 180 .258

高校時代に通算86本塁打を記録し、打撃で大いに注目された選手。地元出身でもありもともと期待は大きかったが、03年台頭を見せたスラッガー候補。
左の巧打者が多かったチーム内にあって、ひときわ目立った強打者タイプ。こういうタイプは育成が難しいものだが、3年目の02年に一軍登場し早速初ホームランを記録。さらに03年は一気に出場機会を増やし7ホーマー。右投手の時には先発、それも後半には5番に座る場面も増え、想像以上に勝負強さも見せた。結局最後まで3割を維持し、大飛躍のシーズン。
ここ一番でも思い切り良く振れる打撃は魅力的で、意外と対応力も高く力一辺倒の打者ではない。03年二塁打18本を放ったように、パンチ力は一軍でも充分。
ただ実質2年目となった04年は、開幕当初こそ良かったもののその後急降下。一発は出るものの打率が大幅に低下し、出番を減らしてしまった。するとここからみるみる失速。05年もさらに数字を落とし、06年はとうとうほとんど二軍暮らし。下がる一方の打率は1割そこそこまで落ち込み、出場9試合、2安打のみでは一発も出なかった。
ここまで来るとはっきり伸び悩み、視界にあったはずのポジションもはるかに遠ざかってしまった。07、08年と代打ではなかなかの好成績も残していたが、09年は終始二軍暮らしで9年ぶりに一軍出場なし。すっかり影が薄くなってしまった。
プロ10年経過で尻すぼみ状態、昨年ダメならというところだったが、ここで巻き返しに成功。シーズン当初は二軍も6月に昇格、一月ほどで二軍に戻ったものの、8月再昇格で出番を増やしてきた。9月には2年ぶりの2ホーマー。5年ぶりにシーズン100打席を越え、崖っぷちから再台頭。
同じく低迷していた同期の高山が昨年レギュラーに飛躍、それに刺激された面もあるだろうか。若い頃からスタメン時より一発勝負の代打の方が結果の良かった選手で、昨年も17打数7安打1ホーマーという代打成績を残した。相変わらず左にはさっぱりで守備力も低く、使いどころの限定されるタイプだが、今季もしっかりアピールしたいところ。

52 ホセ・フェルナンデス

広角パワー、拙守型

右投右打 ベストナイン(06)
ロッテ03途中、西武04〜05、楽天06〜08、オリックス09、西武10途中〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 楽天 142 541 163 40 0 18 257 99 5 0 5 53 7 78 .301
09 オリックス 117 410 107 21 0 15 173 47 4 0 2 31 4 71 .261
10 西武 57 221 75 11 0 11 119 45 1 0 3 17 2 26 .339
通算 8年 957 3517 1027 199 4 185 1789 636 34 0 31 356 36 658 .292

移籍を繰り返しながら主軸を務める外国人。近年多いアジア経由の選手で、02年は韓国で45ホームランを放ったパワーヒッター。4番を想定されたローズがキャンプ早々に引退してしまったため、得点力の向上を図って03年急遽ロッテ入り。
来日当初は他の外国人野手と競争が続いていたが、メイ脱落以降は不動の4番に定着。慣れるとともに打棒もぐんぐん上昇し、特に9月はプロ野球タイ記録となる月間8度の猛打賞を記録。自身の打率も3割に乗せる活躍を見せた。途中入団ながら30ホーマー100打点の堂々たる成績。チーム待望の頼れる4番誕生となったが、再契約に難航し04年は西武へ。ここでも変わらぬ打棒を発揮して優勝に大きく貢献した。前半カブレラ、8月は五輪で和田が不在だっただけにその存在は非常に大きかった。2年連続の30本塁打、またプレーオフでも4ホーマーと大暴れ。
大柄なパワーヒッターだがしっかりと引き付けて叩くタイプ。速球に強く、打撃に関しては高い力量の持ち主。一定期間に集中的に打ちまくる傾向があり、好調時には手のつけられない活躍を見せる。05年も安定した成績を残したが、高額契約は困難という事情から自由契約に。当然これだけの打者を逃すはずもなく、大砲を渇望する楽天へ移籍となった。チーム待望の4番として期待通りの働きを見せ、3年ぶりの3割に28ホーマーを記録。主軸としてこの後も活躍を続け、07年は前半の不振を後半跳ね返し、08年はやはり8月以降高打率をマークして3度目の3割にチームトップの99打点。
ただ以前から守備の悪さがベンチを悩ませる選手で、三塁でも一塁でも非常に失策が多い。07年はリーグワーストの24失策を喫し、半分が一塁で記録と非常に不安定だった。この点と、年々一発が減少しパワーの低下が見られることから、楽天を自由契約となり09年はオリックスへ移籍。カブレラ、ローズと並ぶ打線は圧倒的とさえ評されたが、しかし蓋を開けてみると来日以来最悪の不振に。開幕からひたすら低打率が続き、一発も出ず。7月3割5分と当たりを見せるも、好調だったのはこの時だけだった。チャンスにも弱く、終盤には骨折で離脱。1年限りで退団に。
すぐに移籍先はなく昨年は当初メキシカン・リーグでプレーしていたが、中村を故障で欠いた西武がその実績を求め、シーズン途中緊急獲得。5年ぶりの西武復帰、日本では述べ5チーム目の在籍となった。そして今度はしっかり力を発揮。特に終盤9月は4割超の大当たりで、優勝争いの大きな戦力に。8年連続となる二桁本塁打を放ち、高打率をマーク。
落ち込みが続いていた打撃で久々に輝きを見せた。以前から後半、特に9月に滅法強い選手で、それがうまくはまった。フルシーズンとなるとまた変わるだろうが、改めて打力の落ちていないことを実証。今季も残留で日本9年目のシーズンに。

56 鬼崎 裕司

守備型内野手、貧打型

右投左打
佐賀工高〜関東学院大〜富士重工 ヤクルト08ドラフト(大・社)3巡〜11途中、西武11途中〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ヤクルト 3 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 .000
09 ヤクルト 15 45 16 2 0 2 24 8 0 1 0 4 0 3 .356
10 ヤクルト 60 87 17 3 0 1 23 5 0 3 0 5 0 25 .195
通算 3年 78 136 33 5 0 3 47 13 0 4 0 9 0 30 .243

ショートレギュラー候補の一人。プロ入り以来徐々に出番を増やしつつある。
大学時代にもリーグMVP獲得など活躍し、社会人を経てドラフト指名。宮本の後継候補としてヤクルト入り。即戦力の期待もあったが、1年目はほとんど二軍暮らし。ファームでは低打率に苦しみ、1割台に終わった。2年目もずっと二軍、前年より向上したとはいえ2割台前半と地味な成績だったが、故障者続出の状況からシーズン終盤一軍に抜擢されると、下での数字が嘘のような打棒を発揮。一躍脚光を浴び、クライマックスシリーズにも先発出場した。
基本的には守備上位の選手で、ショートを中心とした守備力を評価される。脚力も高い選手だが、今のところ盗塁にはつながっていない。
藤本がFAで加入した昨年だが、さらに出番が増えてきた。6月以降はほぼ一軍定着し、自己最多の出場数。ただ打撃のほうは前年終盤の勢いはなく、低打率に喘いだ。追い込まれるとだいぶ脆く、左打者ながら右投手を苦手にしているのも問題。また出場数が増えることで、肝心の守備でも要所でミスが出て、大きな課題を残してしまった。
二軍では昨年3割台後半の高打率をマークしたが、一軍では打力に優る川端にちょっと差をつけられた印象。3年目といえど中堅に差し掛かる年齢域で、向こう1〜2年の間が勝負どころ。今季開幕後、小野寺との交換で西武へ移籍が決定。

60 中村 剛也

巨漢打者、長距離砲型

右投右打 本塁打王(08,09)、ベストナイン(08,09)、打点王(09)
大阪桐蔭高 西武02ドラフト2巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 143 524 128 24 4 46 298 101 2 3 3 53 7 162 .244
09 西武 128 501 143 37 1 48 326 122 3 0 2 52 7 154 .285
10 西武 85 304 71 14 2 25 164 57 1 0 3 44 3 111 .234
通算 9年 666 2120 545 122 8 159 1160 405 13 17 10 220 39 654 .257

170cm前半の身長で100kg前後の体重というどっしりした体型が特徴的な選手。「おかわり君」のニックネームで知られ、リーグ屈指の長距離砲として活躍中。
高校時代にも知られたスラッガーで、「和製カブレラ」というあだ名が付けられた存在。ドラフト2巡でプロ入りすると、1年目はファームで満塁弾3発といきなり存在感を見せた。2年目にはイースタンの本塁打王を獲得して一軍も経験。そして04年は一軍で初ホームランとステップアップ。
ここまでも順調だったが、05年は一気に大ブレイクとなった。4月末に一軍昇格すると、5月に10ホーマーを量産。ちょうど交流戦の時期と重なり、その存在がキャラクターも含めて大いに注目された。6月に入って打率は大きく落としたが7ホーマー。二軍で連続20ホーマーの素質を存分に発揮し、初めての一軍定着で22ホーマーを放った。
これで新たな中軸候補と期待は高まったが、このあと少し伸び悩み。06年はアベレージはそこそこも一発半減で印象薄。07年は大きく落ち込み、開幕からずっと低打率で、しかも長打も出ない状態。中軸どころかレギュラー獲りも果たせず。
確実性を上げようとして袋小路に入っていた印象だったが、08年不振を打ち破る急上昇。率にこだわらず振り切ることに徹し、三塁に固定されて本塁打増産。圧巻は8月以降で、2ヶ月ちょっとで22ホーマーを量産。リードしていたローズ、ブラゼルを一気に抜き去り、40ホーマーの大台突破で見事本塁打王のタイトルに輝いた。2割5分を切る打率に162三振と、確実性はなく典型的な一発か三振かという状態だったが、欠点に目を瞑ることで本来の打撃を取り戻し大砲の素質を一気に開花させた。
この勢いは翌年も手放さず、不動の4番として君臨。後半故障で欠場がありながら、9月以降24試合で12ホーマーという驚異的な追い込みを見せて、前年を上回る48ホーマーで2年連続の本塁打王獲得、打点王との二冠に輝いた。打率も大きく上昇。
三塁守備は体格の割に動けると評されるが、2年連続リーグ最多の失策を喫したようにやはり水準より下。しかし一発長打の魅力はそれを補って余りある。日本人打者の2年連続45ホーマー以上は王・落合に続いて史上3人目の記録で、球界を代表するホームラン打者となった。打率より一発というタイプで、3番中島とともに西武打線を強力に牽引する主砲。
ただ昨年は故障に悩まされるシーズンとなった。オープン戦で自打球を当て頬骨骨折。開幕には間に合わせたものの、打撃はだいぶ低調。さらに肘の痛みに苦しみ、6月上旬に抹消されて手術、2ヶ月以上の長期離脱となった。復帰した終盤は11ホーマーを放つなど力を見せたが、序盤の不振が響き打率は大幅低下。離脱の影響で打点も半減。
苦難を味わったものの、それでも25ホーマーはチームトップでリーグ4位の数字。今季はシーズン通した活躍でタイトル奪回の可能性も充分。急成長を遂げたT−岡田との競争が楽しみ。

65 斉藤 彰吾

若手外野手、俊足型

左投左打
春日部共栄高 西武08ドラフト(高)7巡〜
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 西武 - - - - - - - - - - - - - - -
09 西武 - - - - - - - - - - - - - - -
10 西武 10 6 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 5 .000
11 西武 30 8 2 0 0 0 2 1 6 0 0 1 0 2 .250
通算 4年 40 14 2 0 0 0 2 1 7 1 0 1 0 7 .143
11年成績は7/24現在

4年目の今季主に代走で一軍進出の外野手。地元出身の若手で、将来を期待される一人。
高校時代は通算52本塁打のスラッガーとして鳴らし、甲子園にも1度出場。高校生ドラフト下位で西武入りした。最初の2年は二軍。ファームでいずれも打率1割台半ばと苦戦していたが、3年目の昨年成績が大きく向上。10本塁打にチームトップの15盗塁を記録し、前半には一軍出場も経験。フレッシュオールスターでは3安打に全打席出塁の活躍で優秀選手賞獲得。
そして4年目の今季は開幕一軍入りを果たし、出場数が大幅に増えた。ほとんどが代走で打席数は乏しいながらもプロ初安打も記録。足のほうでは6盗塁を稼ぎ、一軍定着に前進のシーズンに。
しっかりした体格の選手で、足だけの線の細いタイプではない。好成績を残した昨年の二軍でも非常に三振が多く、打撃には粗い部分が多そうだが、ここ2年の成長著しく可能性を感じさせる。代走要員に留まらず、早いうちにもう一歩踏み出したい。