2005年 退団投手

石毛 博史

本格派、ノーコン型

右投右打 最優秀救援(93)
市立銚子高 巨人89ドラフト外〜96、近鉄97〜02、阪神03〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 阪神 17 0 1 1 0 19 1/3 9 4 19 9 7 3.26
04 阪神 2 0 0 0 0 1 4 0 1 0 0 0.00
05 阪神 - - - - - - - - - - - -
通算 17年 375 0 34 29 83 580 1/3 458 56 594 363 222 3.44

威力のあるストレート、鋭いスライダーを武器に、巨人時代にストッパーとして活躍した投手。高卒4年目から抑えとなり、93年には30セーブを記録。橋本とのコンビで「勝利の方程式」ともてはやされた。
非常に奪三振が多かった投手で、台頭した92年は12を超える奪三振率を記録。その頃から四球も非常に多かったが、少々の瑕疵は力でねじ伏せる迫力があった。しかしタイトルに輝いた93年をピークに、急速に輝きを失っていく。30→19→11と、年々セーブが減少。こうなると改善されない制球難が仇となり、信頼も大幅低下。96年にはとうとう抑えの地位を追われ、翌年近鉄へトレード。
ある意味「ノーコンの代名詞」という扱いを受けていたが、どうも騒がれることで余計に症状が悪化していた印象も強い。活躍時にはそれほど表面化はしていなかったことを思うと、巨人という特殊な環境にスポイルされた面が強いかもしれない。
移籍した近鉄では先発にまわるなど心機一転を図ったが、結局実績を残せず。輝きは取り戻せず02年限りで解雇。それでも再起を期して阪神にテスト入団。03年は球威こそ落ちたものの、以前よりもはるかにまとまった姿を見せた。しかし翌年はほとんど登板機会なく、昨年は90年以来の一軍登板なし。35歳という年齢からも昨年限りとなりそうな雲行き。
所属球団すべてで優勝を経験した強運の持ち主だが、さすがにここまでか。

岩本 勉

総合力、気合型

右投右打
阪南大高 日本ハム90ドラフト2位〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 日本ハム 17 0 0 2 0 26 1/3 37 7 17 11 19 6.41
04 日本ハム 11 0 1 6 0 57 67 9 36 29 39 6.16
05 日本ハム 10 0 2 2 0 22 2/3 26 7 16 4 15 5.96
通算 16年 239 40 63 79 3 1244 1258 161 885 527 614 4.44

かつては「毎度っ」という掛け声で知られた投手。長いこと日本ハムの主戦投手として活躍してきた右腕だが、ここ数年大不振。成績が伴わないため露出もすっかり減ってしまった。
TVでは勇ましいが、実際の投球は渋い。スピードは平凡で、生命線は大きく曲がるカーブ。球を低めに集め、緩急をつけた投球が身上。いいときには非常に味のあるピッチングをする。ただ好調時にも波は大きく、それほど緻密なタイプではなかった。
二桁勝利を記録した98,99年当時はエースと呼ばれていたが、それ以降不振に。02年肘の故障でリタイアすると、そこから大低迷が始まった。3年連続防御率6点台と散々で、リリーフに廻ってもうまくいかない。03年は開幕前に抑え構想もあったが未勝利に終わり、04年はオール先発も1勝だけ。昨年も復活はならず、長い期間二軍暮らしが続いた。
技術で勝負する投手なのだが、ムラッ気が強いのが難点。変にムキになる傾向があって、肝心なところで制球が甘くなる悪癖。向かっていって一発被弾というのが非常に目立つ。昨年も7被弾と傾向は変わらず、重要な場面ではどうしても信用しきれない。
04年オフに移籍騒動も、手を挙げるところはなく残留。自由契約となった今回もオファーはなく、ついに引退となった。何年も浮上の兆しもなかったのではやむをえないか。

岡本 晃

サイド技巧派、乱高下型

右投右打
三田学園高〜関大 近鉄96ドラフト2位〜04、オリックス05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 近鉄 45 0 1 3 2 34 43 6 24 10 18 4.76
04 近鉄 4 0 0 0 0 3 6 2 1 2 3 9.00
05 オリックス - - - - - - - - - - - -
通算 10年 271 13 39 42 28 698 719 82 414 252 289 3.73

サイドスローからなかなか力強い球を投げる投手。シュート・スライダーでの横の揺さぶりが身上。スピードもそこそこあるが、持ち味は低目へのスライダーの制球。
即戦力を期待も1年目は登板なしに終わったが、2年目に先発で10勝、防御率リーグ2位の好成績を残し、投手陣の柱になった。しかし良かったのはこの時だけ。翌年からは尻すぼみに。
98,99年と連続負け越し。ボールの切れが落ちるとともに制球も不安定に。特に不用意に高めに浮くケースが多く、99年はとうとう先発を追われてしまった。
イメージを一新して復活したのが01年。中継ぎで立ち直ると、一時は不調の大塚に代わって抑えを務めたことも。先発の頃より明らかに切れが増し、特にスライダーの威力は絶品。ボールの自信が制球も安定させ、完全にリリーフとして一本立ちした。02年は大塚とダブルストッパーとも言える存在となり、18セーブをマーク。どうやら適性はリリーフにあったのだろう。
しかし、手中に収めた地位はするりと逃げてしまった。翌03年から一転不調に陥り、大塚退団の穴埋めどころか、開幕してみるとこれまでが嘘のような不安定な内容に。後半には登板機会もすっかり減り、04年はわずか4試合の登板で成績もぼろぼろ。昨年に到ってはついに一軍登板なしに終わり、あっという間に選手生活の危機まで追い込まれてしまった。
まだ32歳と衰えるような年齢でもないはずなのだが、信じられないような急落。二軍でもさっぱりで、ついに戦力外通告を受けてしまった。このまま終わってしまうか…。

柏田 貴史

ワンポイント球威型

左投左打
八代工高 巨人90ドラフト外〜96、NYメッツ97、巨人98〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 巨人 21 0 0 0 1 20 1/3 19 0 11 9 11 4.87
04 巨人 10 0 0 0 0 14 1/3 18 2 10 6 10 6.28
05 巨人 - - - - - - - - - - - -
通算 15年 203 0 4 2 1 186 1/3 170 12 115 71 81 3.91

メジャー帰りのワンポイントリリーバー。96年まではあまり一軍登板もなくパッとしない存在だったが、97年にメッツでそれなりの成績を残したことが自信となった。帰国翌年は依然出番がなかったが、99,00年は50試合以上登板。
どちらかといえばスリークォーターに近いサイドスローで、あまり変則という感じはしない。左右の揺さぶりを軸に球威で抑えるオーソドックスなタイプ。左打者の内角を突けるシュートが持ち味で、奪三振は少ないかわりに被本塁打も少なめ。
貴重な左腕リリーフだがここ数年は不調。故障もあって存在感が希薄になっている。リリーフ陣全体が不調で、ショートリリーフ専門の柏田を使う余裕があまりないという印象も受ける。03年防御率4点台でも、被打率はそう悪くはなかった。04年も数字はかなり悪いが、対左打者にはそれほど打たれてはいない。
ただ右打者にはだいぶ分が悪くなって、球威は落ち込んできた。昨年は一軍登板なく、シーズン後現役引退。特殊な経歴を活かして、国際スカウトに転身が決定。チームの悩みの種である外国人スカウティングに手腕を発揮できるか。

加藤 竜人

切れ味勝負、中継ぎ型

左投左打
徳島商高〜流通経済大〜NKK 日本ハム01ドラフト3位〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 日本ハム 19 0 2 0 0 19 2/3 10 1 23 10 4 1.83
04 日本ハム 23 0 1 1 0 35 26 5 26 10 14 3.60
05 日本ハム - - - - - - - - - - - -
通算 5年 91 1 3 5 0 119 2/3 103 18 106 49 53 3.99

小気味いいピッチングが持ち味の左腕。大きなカーブとストレートのコンビネーションで三振を取れるのが特徴。それほど制球は良くないが、勢いでねじ伏せる投手。
即戦力として入団し、1年目から実戦登板。左の速球派としてはオーソドックスなタイプで、01,02年とも防御率は4点台と安定感はいまひとつ。しかし03年は活躍期間こそ短かったものの、かなりの成長を見せた。これまで多かった被安打も減り、短いイニングながら高い安定感を発揮。特に対左被打率1割未満は役割を十二分に果たしたといえる。04年は対左が悪化して数字は落としたが、右打者にも通用するところを見せた。
だが昨年は二軍でもいまいちパッとせず、自身初めて一軍登板なしに終わった。力量を見切られてしまったのか、シーズン後には戦力外通告。かなり寂しいシーズンとなってしまった。
今オフ、チームは大胆な戦力の整理を敢行しており、一軍ボーダー付近の中堅どころが一気に切られた感が強い。大活躍は難しいかもしれないが、使いどころを絞ればまだ充分やれそうな気もするが…。ただ体力面には不安があるので、その点がどうか。

川尻 哲郎

下手技巧派、隔年型

右投右打
日大二高〜亜大〜日産自動車 阪神95ドラフト4位〜03、近鉄04、楽天05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 阪神 2 0 1 1 0 5 10 1 5 1 5 9.00
04 近鉄 20 4 4 9 0 122 2/3 142 16 70 34 58 4.26
05 楽天 2 0 0 1 0 8 1/3 16 2 2 2 8 8.64
通算 11年 227 20 60 72 3 1083 1/3 1139 110 744 348 439 3.65

下手投げの遅球技巧派投手。かつては「日米野球男」の異名も取った。打者どころか観ているほうも焦れるほどゆっくりとしたモーションから、放たれるボールはこれまたスロー。この独特の間合いが最大の持ち味。
即戦力と期待された入団当初はもっと球は速く、その分ポカの多い投手だった。1年目から8勝を挙げ主力となると、2年目には13勝。ここからが特徴的で、それ以降5→10→3→10勝と、見事なほどの隔年ぶり。その間に徐々に球が遅くなり、完全な技巧派に変身していった。01年に予定通り(?)1勝で終わったあと、ややスケールダウンしたが、それでもその翌年は5勝としっかりペースは守った。
03年はわずか2試合のみの登板。いかな隔年投手といえどさすがに年齢的なものが気になりだしたが、近鉄移籍の04年は前半かなりの活躍で復活。援護に恵まれず勝ち星にはなかなかつながらなかったが、シーズン通してほぼ先発定着。軟投派ゆえ常に被安打は多いが、それでもしのぐ粘っこさが身上。
しかし楽天に移った昨年は大きく期待を裏切ってしまった。開幕に出遅れ、6月末に昇格したものの、2度目の先発で2回持たずにKOされるとすぐさま二軍落ち。その後二度と一軍には戻れなかった。
前年後半から調子は落ちており、慣れられてしまった感は強い。層の薄いチームで期待は大きかったのだが…。すでに36歳と年齢的不安もあり、シーズン後戦力外通告。隔年通りなら今季は好調の順番だが、去就は厳しそうな雲行き。

紀藤 真琴

大ベテラン、本格技巧型

右投右打
中京高 広島84ドラフト3位〜00、中日01〜04、楽天05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 中日 23 0 7 8 0 88 97 20 57 26 48 4.91
04 中日 12 0 0 1 0 18 2/3 28 5 10 9 17 8.20
05 楽天 8 0 0 5 0 36 49 9 20 12 25 6.25
通算 22年 474 28 78 73 16 1456 1/3 1472 203 1146 495 659 4.07

プロ生活22年を数える大ベテラン投手。早いうちから一軍定着し、息の長い活躍を見せた。年齢の割にボールは若く、オーソドックスな本格派タイプ。
広島時代は万年エース候補。入団4年目から一軍に定着し中継ぎで実績を積んだあと、先発に廻った94年に16勝。北別府や川口らベテランの去った投手陣の新しい柱として期待された。そこから3年連続二桁勝利。しかしその間の防御率は4点前後で推移し、明らかに打線に助けられた数字だった。結局ローテーション投手としてはそこそこで、以降は精彩を欠いて成績が低下。中心投手として活躍したのは短かった。
01年中日へ移籍したが、それほど期待は高くなかった。しかし02年4勝を挙げ持ち直すと、03年は久々にローテーション入りし7勝。先発陣が次々リタイアしたという事情はあったにせよ、この成績は予想外。さすがに完投はなく5〜6回限定だったが、穴埋めはしっかり果たしてくれた。
圧倒的な投球術は持っていない平均点投手だが、先発もリリーフもこなした経験の多さは強み。高校時代は二番手投手だったが、プロでは息長く活躍する好投手となった。中日移籍後はむしろ若返ったような印象。
しかし04年ははっきり不調。前年から被本塁打が急増しており、どうやらようやく衰えが来たようだ。楽天移籍となった昨年も、昇格直後は良かったが徐々に打ち込まれ、オリックス戦の4被弾を最後に二軍落ち。そのまま登板機会はなく、勝てないままに終わった。
球威の衰えは深刻で、さすがにもう限界という印象。シーズン後戦力外となり、すでに40歳でこのまま引退ということになりそう。長いキャリアを大きな故障なく過ごしたのは大したもの。広島の91年日本シリーズ経験者も、投手では佐々岡を残すのみとなった。

リンゼイ・グーリン

超遅球左腕、手品師型

左投左打
ダイエー/ソフトバンク04〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
04 ダイエー 17 0 8 3 0 99 2/3 126 11 69 39 47 4.24
05 ソフトバンク - - - - - - - - - - - -
通算 2年 17 0 8 3 0 99 2/3 126 11 69 39 47 4.24

今の球界で、恐らく最も球が遅い投手。某所でつけられた「手品師」というあだ名は言いえて妙。MAXこそ130キロ中盤だが、ほとんどのボールは速くて120キロ台。遅さだけでなく、あらゆる面で類稀なる個性派。
身長190cmのすらっとしたというよりはひょろっとした外見。風貌は野球選手というよりも露店でアクセサリーを並べていそうな雰囲気。そして一塁方向に歩き出すようなステップから、全く力感を感じさせない奇怪なフォーム、時折サイドでも投げる変則。球種が豊富なわけでもなく、110キロ台のカーブとチェンジアップがあるのみ。時にそのチェンジアップをしつこいほど連投する、どこを取り上げても一度見たら忘れられないインパクト。特徴を並べているだけできりがない。
キャンプ・オープン戦で極端な低評価だったが、ヒットを打たれても返さない謎の投球でローテーション定着。むしろすいすい抑えると突如崩れたりもして、相手だけでなく味方からも捉えどころがない。開幕から常に3割を超える被打率ながら、相手打線に残塁の山を築かせ前半だけで6勝。後半打球を当て離脱してしまったが、無事ならば二桁到達していたかもしれない。中村紀にはまともにバッティングをさせず、近鉄から4勝の荒稼ぎ。
王監督の「阪神ウィリアムスのような投手」というリクエストを、スカウトがどう曲解したのか連れてきた格安助っ人。予想外の活躍を見せてくれたが、昨年は一軍登板なし。外国人枠からはみ出た面も強いが、自身も不調で二軍での内容も悪かった。戦力外となり、一時横浜が獲得の噂もあったものの、どうやら立ち消え。
解説者が揃って言葉に窮し、「リズム」や「テンポ」などまるで無関係の怪しい投球はぜひともまた見たいものだが。

小池 秀郎

大型技巧派、モデルチェンジ型

左投左打 最多勝(97)
信州工高〜亜大〜松下電器 近鉄93ドラフト1位〜99、中日00〜01、近鉄02〜04、楽天05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 近鉄 65 0 1 1 0 52 1/3 33 3 57 30 22 3.78
04 近鉄 49 0 0 2 0 27 39 3 13 15 19 6.33
05 楽天 11 0 0 0 0 7 2/3 12 0 4 5 6 7.04
通算 13年 309 13 51 47 2 944 890 129 715 493 462 4.40

亜細亜大時に8球団の競合指名となった大器左腕。しかしロッテ入団を拒否、進んだ松下電器時代にさしたる実績を残せず、プロ入りは結局近鉄の単独指名。入団後数年も大した成績を残せず、「終わった」投手というイメージを植え付けるのみ。
ところが入団5年目の97年に突如15勝。そこまでの通算勝利を一年で稼ぎ最多勝まで獲得。いきなりエースの座に上る。ものの、良かったのはその年のみ。年々成績は下がり、中日移籍も転機にならなかった。結局ろくな戦力にもならず自由契約となり、再び近鉄へ。
学生時代のピッチングは知らないが、プロ入り後のスタイルはコンビネーションピッチャー。スピードは無く、多彩な球種を駆使して打たせて取るタイプ。それだけに繊細な制球力を要するはずだが、それほどコントロールがいいタイプではない。最多勝獲得時もリーグトップの与四球数。つまりボールの切れを失えばまったく通用しないタイプ。97年以外は全く平凡な投手だった。
出戻り移籍直後も春先こそ良かったものの尻すぼみに終わり、後半はほとんど二軍暮らし。いよいよ後がなくなったがここで一念発起してサイドスローへ転向。両腕を左右に広げて1テンポ間をおく特徴あるフォームに変え、これが予想以上にはまった。チーム最多の65試合に登板し、切れも甦った。ほとんどワンポイントだったが、球種もスライダーに絞ることで大成功。03年の安定感は数字以上だった。
ただ年齢的に疲労は相当なものだったようで、04年はもう一つ精彩を欠いた。昨年楽天に移ると、再び先発を目指してフォーム変更。オーバースローに戻したが、しかし成果は残せなかった。結局ワンポイントとして一軍合流も被打率は3割を越え、許出塁率は4割以上。ほとんど戦力にはならず、8月を前に二軍落ち。シーズン後戦力外に。
成功しなかったフォーム回帰だが、横手投げも慣れられてきた面もあり、そろそろ手詰まりかもしれない。すでに36歳で年齢的にもかなり苦しい。左にも打ち込まれ、ここが限界か。

小林 幹英

力投本格派、真向勝負型

右投右打
新潟明訓高〜専大〜プリンスホテル 広島98ドラフト4位〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 広島 5 0 0 0 0 6 5 1 7 1 4 6.00
04 広島 14 0 0 0 0 14 2/3 17 2 12 6 6 3.68
05 広島 2 0 0 0 0 2 1/3 2 1 2 0 1 3.86
通算 8年 238 0 19 22 29 337 301 43 356 173 146 3.90

ルーキーイヤーに鮮烈な活躍を見せた投手。真向勝負の小気味いい投球が持ち味だったが、その後低迷。
98年、ドラフト下位入団ながら開幕一軍を果たすと、いきなりストッパーに定着。ダイナミックなフォームから投げ込む速球とフォークで9勝18セーブをマーク。果たせなかったものの、川上(中)、高橋由(巨)らとハイレベルの新人王争いを演じた。
しかし2年目以降燃え尽きてしまったように不振に陥る。99年は10セーブも5点台後半の防御率と散々。ストッパー失格となり先発も試されたが、これもうまくいかない。低迷は翌年も続き、0勝3敗0セーブと落ち込んだ。登板機会も年を追うごとに減少。
好調時には低めに伸びのあるストレートを決めていたのだが、1年目の疲労からかスピードが落ち込んでしまったのが痛かった。制球も乱れがちになり、フォークも見極められる悪循環。球が走りがすべての生命線だっただけに、非常に苦しい投球を強いられた。
01年ようやく不振を脱し、かつての球威が戻り、一時期の低迷は乗り切った。二年続けて50試合以上に登板し、セットアッパーとして貴重な働き。しかし03年はまたも故障でシーズンをほぼ棒に振り、今度ははっきり球威が落ち込んでしまった。04年後半から復帰したものの、かつての痛快な投球は影を潜めた。
昨年は2試合の登板のみ。二軍では好成績だったが、シーズン後現役引退となった。活躍期間が短かったのが惜しまれる。

小林 宏

総合力、衰退型

右投右打
崇徳高〜広島経済大 オリックス93ドラフト1位〜04、楽天05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 オリックス 19 1 4 8 0 76 1/3 95 13 40 31 47 5.54
04 オリックス 17 0 1 0 0 24 44 2 14 15 30 11.25
05 楽天 3 0 0 1 0 3 1/3 9 2 3 0 6 16.20
通算 13年 245 10 53 47 19 753 2/3 769 68 448 354 370 4.42

オリックス投手陣を一人で支えるはずだったかつてのエース候補。95年の日本シリーズでヤクルト・オマリーと14球に渡る名勝負を演じ、一気に名を売った。またその打席でシュートのコツを会得したとも言われる。
将来性を買われてドラフト1位で入団。3年目の95年からローテーション入りし、シリーズの好投で自信を深めた。ここからは主力投手に定着し、97年は抑えに廻って15セーブ。翌98年には先発に戻って初の二桁勝利を達成。ここまでは期待通りの活躍を見せた。
しかし、星野・野田といった一時代を築いた投手が去り、いよいよエースの働きが期待された矢先に故障。ここから低迷が続くことに。00年には復帰して5勝も、またも肘を故障して01年は一軍登板なし。なかなか満足なシーズンが送れず、すっかり影が薄くなってしまった。
スライダーを多用するタイプで、低めを丹念に突くのが持ち味。なのだが、故障以降あまり低めを突けないでいる。かつてよりはっきりと球威も落ち、浮いた球を痛打されるケースが目立った。懐を攻めきれなくなったのが痛かった。
02,03年は回復傾向も見られたが、04年は一転大不振。どこで投げても全く通用せず、防御率は10点を越える散々な内容。楽天移籍で期待された昨年も低落は止まらず、わずか3試合の登板で防御率はさらに悪化。初登板(先発)時に打球を受けて降板という不運もあったが、被打率4割超ではどうにもならなかった。
ここ数年の投球は一軍戦力としては苦しく、シーズン後戦力外に。故障禍ですっかり力が落ちてしまった印象。年齢的にも復活はちょっと厳しいか。

斎藤 隆

先発復帰、本格速球型

右投左打 最多奪三振(96)、カムバック賞(98)
東北高〜東北福祉大 大洋・横浜92ドラフト1位〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 横浜 17 1 6 7 0 103 1/3 103 16 72 31 48 4.18
04 横浜 16 0 2 5 0 44 1/3 64 12 37 15 38 7.71
05 横浜 21 0 3 4 0 106 111 12 93 36 45 3.82
通算 14年 339 30 87 80 48 1514 2/3 1441 175 1284 495 639 3.80

横浜投手陣の中心を務めてきたベテラン投手。188cmの長身からスピンのきいた切れのいい速球を投げ込む。最速150キロの直球だけでなく、スライダー・フォークも兼ね備え、非常にスケールの大きな投手。
大学途中までは内野手だったため投手経験は浅かったが、類稀なる素質を買われてドラフト1位。2年目に8勝を挙げてローテーション入りし「エース候補」に。それ以降は常に主力投手となった。ただし、例えば槙原もそうなのだが、抜群のセンスを持った投手は往々にして煮え切らない傾向が見える。この斎藤もそうで、ボール自体は一流ながらピンチに逃げ腰になる精神面の甘さがあり、一級品のストレートを持ちながらスライダーに頼る悪癖。
97年に故障で一年離脱するまでは勝ったり負けたりの内容。しかし故障から復帰した98年からようやく本領を見せてくれた。13勝、14勝で負け数も少ない抜群の成績。優勝への貢献度も高かった。
30歳を越えた今でも投げるボールはトップクラス。01年から2年務めた抑えも絵になっていた。しかし、満を持して先発復帰した03年から急降下。故障がちな上に一時は影を潜めていた脆さがまた前面に出てきて、冴えない成績が続いている。04年は2勝に7点台の防御率とボロボロ。昨年は多少持ち直したが、故障で一ヶ月ほど離脱し3勝止まりに終わった。
02年のFA宣言時に希望していたメジャー移籍を賭けて、昨年限りで自由契約に。しかしキャンプの時期が迫ってきても去就が固まっていない。ベテランの年齢の上、ここ数年の印象が良くないだけに状況は非常に厳しい。

櫻井 幸博

切れ重視、伸び悩み型

右投右打
仙台工高 日本ハム95ドラフト3位〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 日本ハム 17 0 0 1 0 31 2/3 28 6 12 17 24 6.82
04 日本ハム 4 0 0 0 0 7 1/3 15 3 2 4 11 13.50
05 日本ハム - - - - - - - - - - - -
通算 11年 43 0 0 3 2 76 1/3 81 17 34 50 63 7.43

サイドスローから切れのある球を投げる右腕。金村とは同期入団で同じ宮城出身、さらに同じように長身で線の細いタイプ。年数を重ねてもあまり大きくならないのも似ている。
金村とともにかなり期待されていたが、実績では大きく離されてしまった。ここまではほとんど二軍暮らしで、実績らしい実績は皆無。03年ようやく17試合に登板し一軍への足がかりを掴んだが、防御率は6点台といまいち。被本塁打と四死球が多く、未熟な点も目に付いた。
どうも体格同様、ボールに“重み”が足りないのが気になる。04年も登板機会は貰ったが大炎上。シュートやスライダーの切れには見るべきものがあるが、制球が甘くては意味がない。滅多打ちでかなり印象は悪くなった。
昨年は一軍はおろか二軍でも登板なく、シーズン後戦力外から引退が決定。ついに一軍定着はならず、初勝利を挙げることはできなかった。

佐々木 主浩

歴史的投手、生涯抑え型

右投右打 最優秀救援(92,95〜98)、MVP(98)、ベストナイン(98)
東北高〜東北福祉大 大洋・横浜90ドラフト1位〜99、米・マリナーズ00〜03、横浜04〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 sea 35 0 1 2 10 33 1/3 31 2 29 15 15 4.05
米通算 4年 228 0 7 16 129 223 1/3 165 24 242 77 78 3.14
04 横浜 25 0 1 2 19 22 2/3 18 4 18 3 8 3.18
05 横浜 9 0 0 3 4 6 11 2 5 2 6 9.00
日本通算 12年 439 0 43 38 252 627 2/3 402 59 851 240 168 2.41

いまさら説明の必要もない、球史に残るストッパー。「大魔神」の異名とともに日本でのクローザーの象徴。
その素質の高さは高校時代から注目されていたが、その一方非常に故障が多く、90年ドラフト1位組の中では比較的地味な存在だった。実際ルーキーイヤーは故障がらみでぱっとしない成績。しかし2年目に17セーブを挙げリリーフの主軸となると、ここから快進撃が始まった。どっしりとした大柄な体に似合った重そうな速球と、そして代名詞とも言える信じられない落差を誇るフォーク。球種はほぼこの二つのみながら、これで必要充分。特にフォークの威力は当代随一で、全盛期には「わかっていても打てない」魔球と称され続けていた。
93年ごろまでは盛田とコンビを組み、比較的長いイニングも投げていた。しかし94年に故障で一時リタイアすると、その翌年からはほぼ1イニング限定に。これが現在の抑えの形を作ったといっても過言ではない。95年から4年連続セーブ王。97,98年は0点台という凄まじい防御率を残し、チームの優勝もこの人あってこそのものだった。
00年、前々から噂されていたメジャーへ移籍。そこでも当然のごとく抑えの地位におさまり、まさしく世界レベルの選手であるところを見せ付けた。類を見ないフォークの威力でメジャーで100セーブを突破、日米合わせて350セーブ以上という快挙を成し遂げた。
04年、年明け早々に急転直下の日本復帰宣言。5年ぶりの古巣復帰で注目を集めた。当然のようにストッパーの座が用意され、当初はネームバリューで威圧。しかし夏場に入ると突然乱れだし、連続リリーフ失敗で二軍落ち。一時は引退を報じられる騒ぎともなった。撤回して昨年を迎えたものの、すでに衰えは明白。内容はあまりに不安定で、膝の故障で離脱。夏前についに引退表明となった。
03年の故障で大幅に球速が落ちたのが痛かった。魔球フォークもこうなれば見切られてしまい、下半身の不安で制球も浮きがちになっていた。最後はボロボロになったが、しかし日米通算381セーブは偉大な記録。間違いなく時代を代表する投手だった。

澤崎 俊和

竜頭蛇尾、コンビネーション型

右投右打 新人王(97)
志学館高〜青学大 広島97ドラフト1位〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 広島 40 0 4 1 1 45 2/3 56 6 35 19 22 4.34
04 広島 38 0 2 2 0 43 52 11 28 16 32 6.70
05 広島 2 0 0 0 0 1 1/3 1 0 1 0 0 0.00
通算 9年 180 2 24 17 15 360 401 53 243 141 188 4.70

エースになり損ねた投手。チームには珍しい即戦力入団で、期待通り1年目から12勝を挙げ新人王獲得。しかし2年目に信じられない大不振に陥り、それ以降いまだに立ち直ってはいない。
バランスの取れた好投手型で、そこそこ力のあるストレートは持っているが、フォームに威圧感が無くボールが見やすいタイプ。武器はスライダーで、当然制球力が求められるはずだが、入団時こそ良かったものの年々低下気味。そのためスライダーの切れを失ってからはまったく特徴の無い投手になってしまった。ボールの見やすさもあいまって、徹底的に打ち込まれることも少なくない。
3年目に抑えにまわって14セーブを挙げたものの、防御率6点台と到底成功とは言えない内容。それでも少しは立ち直ってきたかと思われた01年に右ひじを故障し二軍でも登板なし。02年終盤にようやく戻ってきたが、かつての切れは失われてしまった。
03年は久々にシーズン通して登板し、リリーフで4勝。これが3年ぶりの勝ち星だったが、しかし安定感には程遠い内容。04年は夏場以降徹底的に打ち込まれ、被本塁打が致命的なほど急増。自身ワーストの防御率を記録してしまった。
昨年は春先にわずか2試合の登板のみ。球威はついに取り戻せず、昨年限りで引退が決定した。完成度の高さを1年目しか見せられなかったのが惜しまれる。

條辺 剛

急台頭、急降下型

右投右打
阿南工高 巨人00ドラフト5位〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 巨人 9 0 0 0 0 10 2/3 14 2 14 7 12 10.13
04 巨人 4 0 0 0 0 4 2/3 6 2 8 1 3 5.79
05 巨人 4 0 0 1 0 5 1/3 7 2 1 1 4 6.75
通算 6年 111 0 9 13 6 125 2/3 131 19 113 74 64 4.58

01年のジャイアンツ投手陣の救世主。高卒2年目、当時の背番号96の選手がリリーフ陣を一人で支えた。まさに「シンデレラボーイ」。
ドラフト5位入団とほとんど無名に近い存在だったが、01年途中に彗星のごとく現れると瞬く間にリリーフの軸に。若い投手の活きのいい投球で大いにもてはやされたが、一時期はとにもかくにも條辺で、さすがにこれはあまりに無茶だった。夏場には明らかに球威が落ち、結果的に成績は平凡なものに。翌年は役割が明確になって成績が良化したが、どうもこの酷使以降スケールが小さくなった印象が強い。
フォークがメインの球種で、当初はもう少し速かった球速がどうも伸び悩んでいる。まだ01年の疲労が抜けていない感じで、03年は故障もあって能力を全く発揮できず。あっという間に大きく落ち込んでしまった。
04年も昨年も4試合に登板したのみで結果を出せず、シーズン後に戦力外となってしまった。開き直って体力強化からやり直しても、と思っていたのだが…。ジリ貧傾向とはいえまだ24歳、再起を望みたいところだが。

杉本 友

本格派、期待外れ型

右投右打
川越高〜筑波大 オリックス97ドラフト1位〜00、横浜01〜03、ヤクルト04〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 横浜 - - - - - - - - - - - -
04 ヤクルト 43 0 1 0 0 46 1/3 57 12 44 9 27 5.25
05 ヤクルト 1 0 0 0 0 1 4 1 2 0 3 27.00
通算 8年 126 3 12 23 1 319 1/3 332 42 258 156 175 4.93

筑波大からドラフト1位入団した異色の投手。投手キャリアは浅かったため、即戦力ではなく将来性を買われた指名。荒削りながらもスケールの大きさで、将来のエースと期待されていた。
1年目に3勝はまず計算通り。ここで経験を積み、翌年一気の飛躍がチームの狙いだった。満を持して開幕からローテーション入りした2年目、だが順調だったのは開幕前までだった。制球難でつまずき、勝てない焦りから自分を見失う悪循環。この年0勝7敗に終わり、目算は完全に狂ってしまった。一度おかしくなってしまうともう修正がきかず、99年は2勝、00年も4勝止まり。浮上のきっかけをつかめないまま横浜へ。
しかし移籍も開花の引き金にはならない。リリーフでぼちぼち投げてはいたものの、信頼を掴むには至らず。当初よりスケールダウンした印象も否めず、03年登板なしに終わると戦力外に。
どうも扱いづらい選手で、契約更改で揉めまくった過去も。もう少し謙虚になってもいいような気がする。04年テスト入団したヤクルトでは、前半はなかなか安定。ドラフト1位の片鱗は見せてくれた。しかし後半は完全に崩れて、結局はあまり変わり映えしない成績に。
気の強さはいいが、投球にはあまりに慎重さが足りない。昨年二軍では好成績も、唯一の一軍登板ではボロボロ。シーズン後戦力外になってしまった。まだボールには威力があるが…。

マット・スクルメタ

不安定抑え、スピードのみ型

右投左右打
ダイエー03、楽天05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 ダイエー 18 0 1 1 11 16 1/3 21 4 12 6 7 3.86
05 楽天 5 0 1 0 0 7 1/3 7 2 6 4 5 6.14
通算 2年 23 0 2 1 11 23 2/3 28 6 18 10 12 4.56

解雇したペドラザに代わるストッパー候補として獲得された外国人。150キロを軽く越える速球の持ち主で、外国人投手には珍しいフォークも投げる。
スピード、球種の多さといったカタログスペックは非常に高かったのだが、肝心の投球内容は少々迫力不足。スピードガン表示の割に空振りが奪えず、変化球もどれも決め球にはもう一つも二つも足りない。それでも開幕当初はピンチを迎えながらも何とかしのいでいたが、徐々に覚えられてくると痛打を浴びるケースが増えてきた。
被打率の低い投手、という評判だったが、実際には被打率が非常に高かった。高めの速球で空振りを奪えないのはやや見掛け倒しの感も。結局抑えをやっていたのは序盤のみで、故障で離脱するとそのまま退団。
04年はマイナーでプレーしていたようだが、昨年楽天のキャンプにテスト参加で合格を勝ち取り、日本球界復帰。あわよくば抑えという構想だったが、しかしやはり力不足だった。初めの2試合は良かったがソフトバンク戦で滅多打ち。その後二軍でも数字が残せず、夏場に早々と解雇が決定。速さだけは確かにあったが、一度失敗と判断された投手に期待するのは無謀だった。

高橋 憲幸

リリーフ専門、遅球型

左投左打
拓大紅陵高〜日本石油 日本ハム97ドラフト5位〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 与四死球 自責点 防御率
03 日本ハム 55 0 3 3 0 50 44 7 27 17 17 3.06
04 日本ハム 10 0 0 0 0 8 2/3 8 1 11 2 3 3.12
05 日本ハム - - - - - - - - - - - -
通算 9年 272 0 9 10 1 240 231 33 177 93 105 3.94

入団以来一貫してショートリリーフ専門の投手。非常に球の遅い投手で、典型的な変則タイプと言える。
ボール自体には遅い以外に特にこれといった特徴はないが、印象的なのは投球フォーム。ステップ幅が非常に小さく、まるでキャッチボールのような力の抜けた投法。往年の安田投法にイメージが近いかもしれない。相手打者を小ばかにしたような投げ方で、挑発するような緩い球を投げ込む。しかしこれが最大の武器。
入団当初は不安定だったが、年々内容良化。特に制球の向上は目覚しく、00年は非常に安定。03年も前半投げまくり、味のある仕事を見せた。メインの球種はシンカーで、この比率が非常に多い。着地のタイミングを微妙にずらすなど、細かいテクニックも満載。
難点は故障の多さで、03年も途中離脱を経験。下半身が弱く、これが最大の不安点となっている。ただ04年の故障は方向性が全く別。自転車で転倒して骨折という、ほのぼのするような痛々しいような故障でほぼ一年を棒に振ってしまった。結局これが尾を引いたのか、昨年もとうとう一軍登板のないまま終了。二軍ではまずまず投げていたのだが、一度も昇格ならなかった。
シーズン後戦力外となり、現役引退へ。味のある一芸タイプが姿を消すのは少々寂しいところ。制球は年々向上していたのだが…。

村 祐

剛球派、万年エース候補型

右投右打 新人王(92)
宇都宮南高〜法大 近鉄92ドラフト1位〜04、楽天05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 与四死球 自責点 防御率
03 近鉄 39 0 6 4 9 80 1/3 87 10 65 35 37 4.15
04 近鉄 13 1 2 2 0 60 2/3 69 11 35 31 32 4.75
05 楽天 1 0 0 1 0 2 8 1 0 1 9 40.50
通算 14年 287 32 83 102 9 1476 2/3 1519 175 1094 670 707 4.31

150キロの速球を誇り、長いことエース候補と呼ばれ続けた投手。だがもう一つ煮え切らないまま、候補は候補のままここまで来てしまった。
法大から入団した1年目にいきなり13勝を挙げ新人王獲得。一躍その名を高めたが、いまだに1年目が自己最高というのがこの投手を物語る。毎年期待されながら以降二桁勝利は一度も無し。故障も多く、能力を発揮できないシーズンが続く。いつしか期待感も薄れ、毎年のようにトレード候補に名前を挙げられていた。
01年もチームは優勝したが、村の貢献度は低い。日本シリーズでの登板も無かった。02年は一念発起したか94年以来の9勝を挙げたが、それでも二桁に届かないあたりがこの人らしい。防御率が4点を切ったのも過去三回しかなく、好調期間が短いのは相変わらず。
ボールの威力はいまだ健在で、好調ならかなり速い。だが乱高下が激しく、低めに決まっているときは素晴らしい投球を見せるが、高めに浮くと痛打の連続。この不安定さが信頼を掴みきれない理由で、好調が長続きしないのも欠点。
03年は途中で抑えに廻るなどそこそこ活躍を見せたが、04年は波に乗れずじまいで2勝止まり。分配ドラフトで楽天入りした昨年は、実績ある投手として期待されたが出遅れ。ようやく7月に先発機会を得たが、打者15人に8安打を浴びる散々な内容で、しかもそれっきり登板機会がなかった。もちろん自己最悪の成績で、未勝利に終わったのも初めて。
シーズン後戦力外となり、11月現在去就は未定。36歳の年齢と波の激しさ、ここ二年のふがいなさを考えると見通しは少々暗い。昨年もう少しやれると思っていたのだが…。ラストチャンスはあるか否か。

谷口 邦幸

先発型、総合力型

右投右打
町野高 横浜98ドラフト1位〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 与四死球 自責点 防御率
03 横浜 - - - - - - - - - - - -
04 横浜 1 0 0 0 0 1 1 0 0 1 0 0.00
05 横浜 - - - - - - - - - - - -
通算 8年 42 0 4 10 0 107 1/3 113 10 73 56 50 4.19

98年ドラフト1位指名の投手。中央では無名だったが、先発型の投手として期待されてのプロ入り。
2年目に早くもプロ初先発。3年目はファームでじっくり鍛えられ、4年目の01年、満を持しての一軍起用となった。結果は先発に中継ぎに重宝され3勝をマーク。防御率も上々で、順調な成長ぶりをアピール。いよいよドラフト1位が花開くかと思われた。
しかし02年はせっかくの起用にも応えられず伸び悩み。そして03年故障に泣き、このところすっかり存在がかすんでしまっている。04年も登板はわずかに1試合。はっきり躓いてしまった。
力でねじ伏せるタイプではなく、シュートやスライダーで左右を揺さぶるタイプ。技術が必要なスタイルだけに、経験が何より欲しいところ。しかしあまり投げられていない現状はかなり厳しい。あまり特徴が感じられないのもマイナス。
昨年は一軍に上がることも出来ず、シーズン後ついに戦力外に。ここ3年で1試合登板のみではさすがに厳しいか。01年までは非常に順調に見えたのだが…。

ブランドン・ナイト

速球右腕、ノーコン型

右投左打
ダイエー03〜04、日本ハム05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 与四死 自責点 防御率
03 ダイエー 16 0 6 4 0 87 105 9 77 48 47 4.86
04 ダイエー 6 0 0 0 0 6 11 0 5 7 8 12.00
05 日本ハム 8 0 0 2 0 11 1/3 20 3 14 8 14 11.12
通算 3年 30 0 6 6 0 104 1/3 136 12 96 63 69 5.95

03年入団の外国人投手。新人の加入で一気に若返った先発陣の柱に期待された投手。150キロの快速球に球種も豊富なタイプ。
身長183cm(公称)だが、それより若干小さく見える。入団前、日本ハムにヒルマン監督が就任すると両チーム間で争奪戦が勃発。最終的には先に交渉していたダイエー入りとなったが、この経緯を考えるともっと成績を残しても良さそうな気がする。故障で途中離脱とはいえ、1年目は結局6勝止まり。球は速いものの制球が悪く、立ち上がりの悪さもありもう一つ安定感もなかった。防御率も4点台後半といまいち。
それでも期待され残留した2年目だったが、オープン戦から全く奮わず。内容はさらに不安定になり、一軍昇格しても散々な結果ですぐに見切られてしまった。制球の悪化は特に酷く、いいところなくシーズン終了。
12点という防御率では弁護の余地がない。戦力外となったところをヒルマン監督に拾われ日本ハム入り。だが制球の不安は解消されておらず、結果的には何の戦力にもならなかった。早々と解雇が決定。打者のベルトより上にしかボールが行かないのでは…。

永井 智浩

未完の大器、尻すぼみ型

右投右打
明石高〜JR東海 ダイエー/ソフトバンク98ドラフト1位〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 与四死 自責点 防御率
03 ダイエー 6 0 3 1 0 26 2/3 34 5 24 16 17 5.74
04 ダイエー - - - - - - - - - - - -
05 ソフトバンク - - - - - - - - - - - -
通算 8年 96 6 28 21 0 439 2/3 434 62 339 241 228 4.67

社会人bP右腕として逆指名入団。140キロ中盤の速球とフォークを武器にしながらも、一本立ちしきれない未熟な投手。
即戦力の期待を受けた1年目はアマ時代からの故障で全く戦力にならず。2年目は奮起し、いきなり10勝を挙げ優勝に貢献。日本シリーズでもノーヒットピッチングを見せるなど、これでエース誕生かと思われた。ところが翌年は9勝を挙げるも5点台の防御率。さらに01年はわずか3勝に終わり、すっかり信用を失ってしまった。
ふがいない理由は一にも二にも制球難。立ち上がりの悪さも球数の多さも、結局はそこに行き着くわけで、制球を良くしないことにはこれ以上の向上は難しいだろう。03年もシーズン途中に一軍昇格し3勝は挙げたが、はっきり打線のおかげで防御率は5点台後半。二桁勝てるボールを持ちながら相変わらずそれを活かせていない。
制球難を気にするあまり投球のスケールも小さくなってきた。ここ二年は故障もあって登板なし。戦力外となり、スタッフとしてチームに残り復帰を目指す形での引退となった。道は相当に険しいが…。

長崎 伸一

平均点いまいち型

右投右打
天理高〜プリンスホテル ロッテ01ドラフト3位〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 与四死 自責点 防御率
03 ロッテ 3 0 0 0 0 7 10 3 4 1 7 9.00
04 ロッテ 7 0 0 1 0 7 1/3 12 2 9 5 5 6.14
05 ロッテ - - - - - - - - - - - -
通算 5年 14 0 0 4 0 30 2/3 41 11 20 15 26 7.63

97年の選抜優勝投手。社会人を経て、即戦力投手として期待されての入団も、なかなか二軍を脱し切れず。
投手としては平均よりやや小柄な体格だが、ストレートにはなかなか切れがあり、2年目には先発に抜擢されたことも。全体としてまとまりの良さは感じるのだが、反面こじんまりというか、これといった特徴がない。中継ぎとして期待したいところだが、なかなかいいところを見せてくれない。
切れの良さの裏返しというべきか、被本塁打が非常に多いのが最大の難点。つまりそれはきちんとした制球力がないという証左ともいえる。03年ファームではリーグ最多セーブを記録したが防御率は5点台。特徴がなく被本塁打が多いとあっては打者に脅威とならない。昨年はついに一軍登板なく、シーズン後戦力外となった。二軍での内容も悪く、トライアウト受験も状況は厳しい。

中村 隼人

乱高下、力投型

右投右打
長崎日大高〜創価大〜本田技研 日本ハム01ドラフト4位〜04途中、巨人04途中〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 与四死 自責点 防御率
03 日本ハム 4 0 0 3 0 19 1/3 31 3 6 4 15 6.98
04 巨人 38 0 2 0 1 35 2/3 29 2 23 16 15 3.79
05 巨人 6 0 0 1 0 6 2/3 12 0 5 6 5 6.75
通算 5年 84 4 15 18 1 286 281 31 181 122 138 4.34

ルーキー年、全滅状態だったファイターズ投手陣を救った投手。度胸満点のピッチングで途中からローテーション入りすると、高い安定感で6勝を挙げた。
どっしりした体形から威力のある真っ直ぐと鋭いスライダーを放る。ボールや投球術よりも勝負度胸に特徴のある投手。一発を食らうケースも多いが、3完封が示すとおり好調時には安定感抜群。オフにはワールドカップメンバーにも選ばれ国際舞台でも持ち味を発揮した。
2年目も7勝と先発定着していたが、首脳陣が変わった03年から存在が浮いてしまった。ファームでは11勝を挙げるも一軍ではわずか4試合登板に終わり、04年も序盤出番なし。少々忘れられた存在になりかけていたところへ、シーズン中に巨人へ移籍。
移籍後は中継ぎとしてなかなかの活躍を見せた。スライダーの威力は健在で、特に移籍直後は抜群の安定感を見せた。だが疲労からか後半は調子を落とし、昨年は序盤に6試合登板のみ。内容もさっぱりで、シーズン後には戦力外となってしまった。
ピンチにひるまない性格だが、どうも体調の維持に問題がありそうな印象。好調が持続しないのが辛いところ。トライアウト受験も現状では去就は未定。

ホセ・パーラ

出戻り外国人、制球向上型

右投右打
巨人99、オリックス05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 与四死 自責点 防御率
99 巨人 12 0 2 3 0 47 1/3 43 5 25 26 28 5.32
05 オリックス 8 0 4 2 0 33 38 2 20 10 15 4.09
通算 2年 20 0 6 5 0 80 1/3 81 7 45 36 43 4.82

昨年のオリックス3人目の外国人投手。99年に一度巨人にホセの登録名で在籍したが、さしたる成績は残せず。その後アメリカ・メキシコ・台湾などを渡り歩き、6年ぶりに日本球界に復帰した。
JP、ケビンを擁する投手陣にどこまで食い込めるかと思われたが、開幕早々に先発起用で勝ち投手に。その後も何度か入れ替わる不規則な立場ながら結果を残し、4勝をマーク。ケビンが不調で大きく負け越す誤算をカバーして、予想以上に効果的な補強となった。
自責15点中13点が負けた2試合のもの。それ以外は非常に安定して、確実に勝ちを拾っている。かつてより明らかに向上したのは制球力で、四死球の数は半減。取り立てて目立つ要素はあまりないが、そこそこ球速もあり粘り強さが身上。
巨人在籍前は韓国でもプレーした渡り鳥投手。予想以上の活躍を見せたが、右肘じん帯を痛める重症でリタイア。シーズン中の復帰は絶望となり、残念ながら解雇となってしまった。結果を残していただけに非常に惜しい。

平松 一宏

キレ重視、中庸型

左投左打
倉敷商高〜広島経済大〜JR西日本 巨人98ドラフト8位〜01、中日02〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 与四死 自責点 防御率
03 中日 15 0 5 3 0 46 2/3 49 3 32 16 21 4.05
04 中日 3 0 1 1 0 15 21 2 4 5 6 3.60
05 中日 - - - - - - - - - - - -
通算 8年 80 0 11 9 0 144 2/3 175 14 101 63 71 4.42

巨人時代から評価は高かった左腕。制球は安定している。技術もある。ボールの切れもある。にも関わらずもう一つ殻を打ち破れなかった。その原因は一にも二にも球威不足。
リリーフとしてはやや辛い球威で、これといった特徴に乏しい。あまりリリーフには向かないタイプで、事実4勝を挙げた00年は先発で活躍した。これでようやく一本立ちかと思わせたが、翌年からまた低迷。00年に向上していたスピードが翌年落ちていたのが痛かった。
FA移籍した前田の人的保障として移籍の02年も、思わぬ拾い物という前評判とは裏腹に戦力にはならず。しかし03年は先発陣大量リタイアという幸運に恵まれ、久々に5勝という好結果を残した。
短い瞬発力よりも、4〜5回ぐらいの中でトータルで結果を出すタイプ。ただ完投能力にも欠けるため、どうしても使い方が難しい。体力が落ちてくると打ち頃になってしまうのも難しいところ。この辺を克服できないと「谷間の先発」からの脱却は難しい。
04年はわずか3試合の登板に終わり、さらに昨年は初めて一軍登板なしに。二軍でも成績は冴えず、シーズン後戦力外になってしまった。左腕といえどリリーフ実績の低さは辛い。平凡なイメージを払拭しきれず。

ジェイミー・ブラウン

先発右腕、平凡型

右投右打
阪神05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 与四死 自責点 防御率
05 阪神 11 0 4 1 0 33 44 6 24 16 19 5.18
通算 1年

阪神の新外国人投手。メジャーでの実績はほとんどないが、ローテーション入りを期待された先発型右腕。
同時入団のダーウィンと残り一枠を競う形になったが、結局両者とも開幕二軍スタート。4月の終わりにようやく初登板を果たし、次の先発登板で初勝利。5月の終わりからはローテーションにも入り、シーズン4勝の記録を残した。
ただ助っ人という観点で見ると、だいぶ印象が薄い。球速も変化球もそこそこという感じで、あまり強烈な武器はなく威圧感にも乏しい。先発ではだいたい5回が目処で、それなりに試合を作ってくれればというタイプ。
悪くはないが、取り立てて良くもないといったところで、阪神先発陣の中でも格落ちという感じは否めない。5点台の防御率は内容的にも微妙で、結局一年限りで解雇。どうしても必要な戦力というわけではなく、やむをえないところ。

ペドロ・フェリシアーノ

リリーフ左腕、変身型

左投左打
ソフトバンク05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 与四死 自責点 防御率
05 ソフトバンク 37 0 3 2 0 37 30 5 36 19 16 3.89
通算 1年

中継ぎ要員として獲得された外国人投手。左腕からのカーブ・スライダーが持ち味で、切れが身上の投手。
開幕前、オープン戦での評価はいまいちで、左腕という以外に何の変哲もない投手だった。このときは上から投げていたが、開幕後サイドスローに変えて一軍昇格。すると別人のように切れが良くなり、左打者を抑えて一軍定着。以降は対左のリリーフとして、地味ながらも堅実な働きを見せた。
ちょっと四球は多めだが被打率が低いのが特徴。特に左は1割台に抑えた。左打者の背中越しに曲がってくる変化球は厄介な球筋で、横手に変えたことが功を奏した。圧倒的に抑えるというタイプではないが、ワンポイントに限定すればまずまずの戦力。ただ覚えられたのか、終盤は不調で、一時2点台だった防御率も3点台後半に。結局一年限りで解雇となってしまった。
役割はそこそこ果たしていたが、外国人としては確かに物足りないか。四球が多めだったのがもったいなかった。

ケビン・ホッジス

ムービング系、制球衰退型

右投右打 最多勝(02)
ヤクルト01途中〜03、楽天05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 ヤクルト 20 0 5 9 0 100 2/3 119 15 48 47 66 5.90
05 楽天 18 0 2 12 0 95 116 12 42 60 68 6.44
通算 4年 82 0 29 32 0 462 2/3 491 47 252 229 238 4.63

01年途中にヤクルト入りした外国人右腕。スピードはさほどではないが、カーブ・スライダーを軸に打たせて取るのが身上。打者の手元でボールが動くタイプ。
ヤクルト時代は粘り強い投球で、シーズン途中入団で5勝。凄みは感じなくても安定感は抜群で、疲労が顕著だった投手陣を支え優勝に貢献した。さらに翌年は開幕から好調を維持。すっかり投手陣の軸となり、見事最多勝のタイトルに輝いた。与四死球はリーグワーストだったが、投球イニングを考えれば飛びぬけて多いわけではない。死球の多さは厳しい内角攻めの副産物。
だが3年目の03年は開幕から不調。以前の安定感が見られず、波に乗れないままシーズンを終えてしまった。6点近い防御率で5勝止まりと大きな計算違いとなり、この年限りで解雇に。
低めに集める投球が持ち味が影を潜め、ずいぶん制球が粗っぽくなっていた。絶対的なボールはなく微妙な変化でミートポイントをずらすタイプなので、慣れられた面も否めない。04年は韓国でプレーし、昨年楽天で日本球界復帰。実績ある投手ということで期待されたが、以前の姿はもうそこにはなかった。開幕直後こそ勝てないまでもそこそこの投球をしていたが、段々と通用しなくなり、5月下旬に2勝目を挙げてから7連敗。低迷するチーム事情もあったが、制球はさらに悪化し、投球内容は冴えないものだった。
力が健在なら…と思わせたが、昨年を見る限りピークは過ぎてしまったか。奪三振よりも与四死球のほうが多いのでは、一年限りの解雇もやむなし。

マイク・ホルツ

リリーフ左腕、左殺し型

左投左打
横浜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
05 横浜 44 0 0 1 0 24 2/3 26 4 22 13 12 4.38
通算 1年

リリーフ専門の新外国人投手。メジャーではワンポイントを生業に通算350試合登板という実績を持つ。横浜でもショートリリーフをメインに想定されての獲得。
やや低い腕の振りで、クロス気味に攻めるタイプ。球速は平凡で、スライダーを含めて切れで勝負する。左打者には自信を持っており、その特徴は日本でもはっきり。前半の対左は2割前後で、奪三振もほとんどが左打者から。逆に右打者には攻め手が少なく、歩かせてしまうことも多い。
当初想定されたとおりの働きぶりで、好調時には抑えにつなぐ一員として活躍。ただ切れが身上で球威もさほどでもないため、疲労がたまってくるとちょっと苦しくなってくる。後半は肝心の左打者を抑えきれなくなり、対戦打率が悪化してしまった。
出足は良かったが失速で、結局一年限り。チーム事情ゆえだろうが、やはりこういうタイプの外国人はその場限りの穴埋めという印象が強い。交流戦を除けばそう悪い成績でもなかったが、なぜか広島戦だけは悪かった。

前田 浩継

技巧派、成上がり型

左投左打
東福岡高〜九州共立大 オリックス98ドラフト3位〜99、ヤクルト00〜04途中、ロッテ04途中〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 ヤクルト 15 0 0 1 0 19 2/3 22 7 11 4 10 4.58
04 ヤクルト 2 0 0 0 0 1 2/3 5 0 2 0 3 16.20
ロッテ - - - - - - - - - - - -
05 ロッテ - - - - - - - - - - - -
通算 8年 73 2 12 14 0 234 2/3 268 40 141 76 107 4.10

ある意味、01年藤井以上に化けた投手。3年間でわずか2勝、ろくろく一軍にもいなかった投手が、ほぼ一年間ローテーションを守り続けるとは予想も出来なかった。チームのリーグ優勝立役者の一人。
入団時の登録名は「ヒロ」。即戦力の中継ぎ左腕として期待されたが、持病のアトピーが深刻化し、練習にも身が入らない惨状。結局オリックス2年間で一軍登板はわずか1。たったの2年で解雇された。
ヤクルトへはテスト入団。恐らくはリリーフとして、当たれば儲け物くらいの期待だったと思うが、00年終盤先発としてそこそこいける感触を掴み、そして翌年の飛躍。あのままオリックスに残ってこの成績を残せた保障はないだけに、逆に解雇が糧となった。
やや癖球タイプで、スピード自体はない。スライダーをいかに低めに集めるかが生命線の投手。打者を圧倒する決め手に欠け、球威がないためなかなか続けて活躍するわけにはいかないが、調子次第ではやれるというところを見せた。
ただ近年のヤクルト投手の悪いジンクスを引き継いで、翌年以降はさっぱり。02年は早々に先発をはずされ、リリーフでの起用になるも成績は大きく後退。03年からサイドスローに転向したが、低落傾向に歯止めはかからず。04年シーズン途中に移籍したが、ロッテでは一軍登板もなく終わってしまった。
どうもリリーフに廻ってからの内容が悪い。球威がなく被安打が多いタイプのため、むしろ先発のほうが良かったかもしれない。昨年も登板なく終わり、シーズン後戦力外に。今季からはヤクルト打撃投手に。

マック鈴木 (鈴木誠)

逆輸入右腕、不器用型

右投右打
滝川二高中退 米独立リーグ〜メジャー(〜02)、オリックス03ドラフト2位〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
(メジャー通算) 117 1 16 31 0 465 2/3 501 67 327 265 296 5.72
03 オリックス 29 0 4 9 1 108 1/3 129 18 85 78 85 7.06
04 オリックス 24 0 1 6 0 48 1/3 70 10 45 31 46 8.57
05 オリックス - - - - - - - - - - - -
通算 3年 53 0 5 15 1 156 2/3 199 28 130 109 131 7.53

高校中退して単身渡米し、メジャーにも昇格した逆輸入選手。メジャー挑戦者としては野茂に次ぐ古株で、独立リーグからマイナーも経験した叩き上げ。何年も前から帰国の噂はあったが、02年正式に日本行きを表明、ドラフトでオリックスに入団となった。
メジャー通算16勝、2000年には8勝と実績は充分。新人王を自ら辞退するなど話題を呼び、メジャー帰りの実力者がどんな活躍を見せるのか大いに注目を集めた。しかしオープン戦で早くもその力量に疑問符がつき、やっと滑り込んだ一軍でも欠陥露呈、期待は一気に失望へと早変わり。
先発で期待されながら開幕からKO連発。それでも一軍にとどまり続けたが、リリーフ降格でも結果は出せず、大量失点をたびたび演出してしまった。与四球と暴投はわずか100イニングちょっとでリーグワースト。とにかく散々な内容で、「日本をなめていたのでは?」と疑われるのも無理からぬ惨状に終わった。
技術的にはとにかく欠点だらけ。球速はあってもあまり伸びはなく、変化球は添え物程度。しかもクイックその他がまるでだめで、ランナーを出せば走られ放題。おまけに制球も悪いとあっては、ほとんど見るべきところがなく、これは到底一軍レベルではなかった。淡々とした態度も、結果が出ていない中では不遜に映ることもしばしばだった。
1年目終盤に少しだけ光明を見せたが、04年も内容は良くなるどころかさらに悪化。周囲を改めて落胆させ、後半二軍に落ちると二度と上がっては来れなかった。昨年はついに一軍登板もなく、シーズン後戦力外に。
制球が悪い上にストライクは高めばかりではどうにもならない。あまりにも大雑把に過ぎた。アスレチックスとマイナー契約を結び、今季は再びアメリカへ。

松 修康

サイド転向、実戦成長型

左投左打
宇都宮学園高〜東北福祉大 ダイエー/ソフトバンク99ドラフト2位〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 ダイエー - - - - - - - - - - - -
04 ダイエー 40 0 0 1 0 28 34 3 18 14 15 4.82
05 ソフトバンク - - - - - - - - - - - -
通算 7年 59 0 1 5 0 70 1/3 77 9 47 37 39 4.99

03年からサイドスローに転向したリリーフ型左腕。入団時から期待されながら伸び悩んできたが、04年ようやく実績らしい実績を積んだ。
大学屈指の左腕として逆指名入団。当時1位吉本2位松の指名は満点ドラフトと言われ、新人王の有力候補という声も一部であった。しかし即戦力を期待されながら1年目は一軍登板なし。躍進を期待された2年目もわずか3試合登板に終わり、いつしか期待も徐々にしぼんでいった。
スピードが特にあるわけでもなく、目を見張る変化球を持つわけでもない。ドロンとした非常に遅いカーブが持ち味だが、それだけではなかなか一軍戦力にはなれなかった。3年目の01年に先発でプロ初勝利を記録するものの結局これっきり。先発に見切りをつけサイドに転向したが、一軍登板はなかなか巡ってこなかった。
04年実績のある吉田・篠原が故障で、左のリリーフが皆無となったチーム事情から登板機会は急増。しかし当初は芳しい結果は全く得られず、せっかくのチャンスもなかなかモノに出来なかった。鋭い変化球を持ち合わせていないため、横手になっても打者にさほど怖さがなく、制球力もないため内角を突けず踏み込まれる悪循環。春先は全く抑えられる印象がなかったが、起用回数を重ねるごとにどうにか徐々に成長は見せた。夏以降は一軍定着。
だが昨年は開幕一軍に名を連ねながら、登板ないまま二軍落ちするとそのまま再昇格なし。二軍でもパッとしない成績で、シーズン後には戦力外になってしまった。年齢的にもここで足踏みではやむをえないか。横浜の打撃投手に。

スコット・マレン

技巧派左腕、失速型

左投右打
横浜04、巨人05途中
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
04 横浜 28 0 7 10 0 151 182 20 87 47 79 4.71
05 巨人 22 1 6 8 0 94 118 14 80 31 65 6.22
通算 2年 50 1 13 18 0 245 300 34 167 78 144 5.29

04年横浜入団の左腕外国人。先発型の投手で、スピードではなく散らして打たせて取る技巧派。とにかく先発の足並みが揃わないチームにあって、唯一開幕からローテーションを維持してくれた存在。
とにかく球種は豊富な投手で、考えられる変化球は一通り投げる。こういうタイプは得てして勝負球がなく四球も多くなりがちだが、与四球は9回平均で2個程度とこの面ではかなり優秀。前半は被安打もさほど多くなく、横浜の先発陣ではもっとも安定していた。
途中までの成績なら残留確実だったが、終盤大きく数字を落としてしまった。少なかった四球も格段に増え、最後は連続序盤KOと散々。まるで見切られてしまったような乱調で、1年限りで戦力外となってしまった。
しかし捨てる神あれば拾う神あり、で、昨年開幕後に投手陣崩壊に悩む巨人に急遽入団が決定。だが波が極端に激しい投球で、04年よりも内容は大幅に悪化してしまった。被打率は左右ともに3割を越え、救世主とは到底なれず。結局巨人も1シーズンで解雇となった。
本拠地東京ドームでは2点台の防御率で5勝2敗、それ以外では9点台で1勝6敗というあまりにも極端な相性は不可解なところ。ただこの打ち込まれ方は、やはり04年で見切られていた可能性が高い。最後はリリーフもこなしたが、戦力外はやむなし。

ジョン・ミアディッチ

緊急補強、制球難型

右投右打
巨人05途中
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
05 巨人 15 0 0 0 0 21 1/3 22 3 29 15 17 7.17
通算 1年

昨年途中に獲得された外国人投手。大きく期待を裏切ったミセリに代わり、リリーフ陣穴埋めのために緊急補強された。
6月に入団して7月に一軍合流。ごつい体格からかなりのスピードがあるという触れ込みだったが、いきなり3試合連続失点。その後もピリッとせず、セットアッパーには到底使えず、敗戦処理をこなすのがやっとだった。
結局15試合に登板したが、内9試合で失点。これではリリーフ戦力にはならない。四球もやけに多く、わずか数ヶ月の在籍で戦力外になったのもやむをえないところ。ミセリともども、失敗の記録を残すだけに終わってしまった。

ダン・ミセリ

構想崩壊、究極失敗型

右投右打
巨人05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
05 巨人 4 0 0 2 0 2 2/3 9 3 3 2 7 23.63
通算 1年

チームの宿願であるストッパー定着を大いに期待されて入団した外国人投手。メジャー通算579試合登板、95年に21セーブの記録を持ち、04年も74試合で6勝と輝かしい実績を誇る。これまでのアルモンテやサンタナとは比べ物にならない大物で、抑え定着は当然とまで言われた。
だが、大きかった期待は早くもオープン戦で不安の声に変化。そして迎えた開幕戦、早速のセーブ機会に2発被弾で逆転負け。不安は最悪の形で現実化した。平凡なスピード、三流の変化球に制球、クイックの気配もないフォーム……。続く登板も一死しか取れずにサヨナラ負け、それならばと楽な場面で登板しても3失点。結局4試合の登板で失点しなかったのは最後だけ、その時ですら1回で2安打を許す冴えない内容。「契約で二軍に落とせない」と言われていたが、とうとう我慢も限界に達してここで決断。開幕から一月も持たずに解雇処分となった。
あまりの惨状から「似た顔の別人を連れてきたのでは」と言う冗談も囁かれたほどだが、本人が04年限りで一度引退を決めていたという報道も。真偽はともかく過去の映像からは比べ物にならないほど太っていたことは事実で、改めてチームの外国人スカウティングの欠陥を決定的にさらす結果となってしまった。これほど酷かった例はちょっと記憶になく(そもそもここまでいくレベルなら普通は一軍に出てこない)、逆の意味で歴史に残る存在。キャンプまでは夢を持たせたのだが…。

カルロス・ミラバル

転向成功、馬力型

右投左右打
日本ハム00〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 日本ハム 31 3 16 11 0 193 2/3 232 27 103 76 100 4.65
04 日本ハム 29 2 11 9 0 160 2/3 183 24 89 61 86 4.82
05 日本ハム 3 0 0 3 0 16 1/3 22 2 10 11 14 7.71
通算 6年 180 9 39 38 37 600 2/3 650 86 353 228 288 4.32

台湾経由で来日した外国人投手。当初はストッパーだったが、磐石の抑えには一歩も二歩も足りず。持ち味を活かすため先発に転向したが、これがはまった。
150キロの速球を持つが、三振を奪うタイプではなく持ち味は左右の揺さぶり。被安打はちょっと多めのタイプで、そのためリリーフでは苦労していたが、先発に廻ることで欠点が消えた。球威で打たせて取る投球がはまり、02年は開幕から好調を維持。故障で二桁には届かなかったが、明らかな先発適性を見せた。03年は故障もなく年間通してローテーションの軸となり、16勝とあわや最多勝の成績。04年も11勝を挙げ、金村と並ぶ柱として君臨。
球種は豊富で馬力で押すタイプ。走者を背負うと途端に落ち着きがなくなる悪癖も考えると、逆にこの投手が抑えをやっていたのが不思議に思えてくる。間隔を詰めて使えるのも苦しい先発陣にはありがたい存在。
先発で生き返った投手だが、年々内容が悪化。好不調の差が極端で、03年は勝ち星は挙げても失点・自責点リーグワーストと決して誉められない内容だった。04年も後半巻き返して戻したものの、前半はかなり低調。防御率も5点近いレベルまで後退。
昨年は開幕直後に肩を痛め離脱、そのまま7月に解雇となってしまった。力のある投手だったが、不安定さが軸としてはやや不足でもあった。

森 慎二

リリーフタイプ、ドクターK型

右投右打 最優秀中継ぎ(02,03)
岩国工高〜新日鉄光〜新日鉄君津 西武97ドラフト2位〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 西武 61 0 7 3 2 70 55 6 92 24 18 2.31
04 西武 34 0 0 4 4 49 50 5 49 38 25 4.59
05 西武 48 0 2 2 5 49 44 5 60 22 23 4.22
通算 9年 431 1 44 44 50 653 588 59 755 280 246 3.39

長身から投げ下ろす速球と落差の大きなフォークを武器にする投手。非常に奪三振率が高く、好調時にはまず打てないと思わせる高い能力の持ち主。
社会人より入団。抑えにうってつけの投手だったが、このタイプにありがちな粗っぽさも充分。好不調の波が非常に大きく、悪いときには制球を乱して自滅、一人相撲を連発。当初起用法が一貫しなかったのもこの自滅癖のせいだった。
ようやくピッチングが安定したのが4年目の00年。この年23セーブで抑えとして一本立ちした。翌年前半は故障離脱し、復帰後の投球もいまひとつだったが、02年からは豊田につなぐセットアッパーとして復活。2年で132試合と毎日のように登板し、連続で中継ぎタイトル受賞。絶大な信頼を勝ち取ることに成功した。
通算奪三振数が通算投球イニング数を大幅に上回る、まさしく「狙って三振の取れる」投手。フォーク以外の変化球はほとんどないに等しく、基本的に速球とフォークの二択で勝負する。こういうタイプゆえ暴投は多く、99年にはリーグワーストの10暴投を記録した。
猛威を振るった森−豊田の継投ラインだったが、ここ二年は両者とも不調であまり機能しなかった。森に関して言えば二年続けて前半に大きな不調。いずれも後半盛り返し、昨年夏場は代役抑えを務めるなど好調。しかし全体としては、一時の安定感からは程遠い内容だった。
以前からメジャー志望を打ち出していたが、シーズン後ポスティングを球団が承認。移籍先も決まり、今季はアメリカに渡ることとなった。能力的には充分なものがあるが、好不調の波が極端な上に中間がないというタイプ。圧倒的に抑える反面、ボロボロにやられる場面もありそう。西武とすれば勝ちパターンのリリーフ投手二人が一気に抜ける事態に。

山田 博士

大型右腕、リリーフ型

右投右打
大垣工高〜日通名古屋 中日95ドラフト2位〜01途中、横浜01途中〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 横浜 23 0 1 3 0 38 36 4 27 14 15 3.55
04 横浜 30 0 1 2 0 38 36 5 41 14 13 3.08
05 横浜 - - - - - - - - - - - -
通算 11年 89 1 9 16 0 203 2/3 199 18 164 92 88 3.89

ヤクルト・広島・ダイエーで活躍した山田勉投手の実弟。素質では兄を上回るとされ、高い評価を受けてのプロ入り。しかしなかなか殻を打ち破れず。
完全なリリーフ型だった兄とは違い、スケールの大きな先発候補として期待された。一軍初登板の97年、翌98年ともに6度の先発機会があり、この二年で5勝。しかしピッチングがかなり未熟で、調子のムラが大きかった。さらに精神的に脆い弱点もあり、制球も未熟。なかなか一本立ちを果たせず、01年途中に横浜に移籍。02年7試合はすべて先発登板だったが、ここでも結果はいまひとつ。デビューした97年が自己ベストという状態が続いていた。
素質の割に歯がゆさばかりが目立っていたが、03年リリーフに廻って少し安定。勝負弱い面は相変わらずも、以前より内容も格段に良くなった。04年も後半はすっかりリリーフの中心に落ち着き、成績はさらに良化。チームの低迷で目立たなかったが、フォークを武器に奪三振率も高かった。
しかし首脳陣が変わった昨年は一転、終始二軍暮らし。下では抑えとして悪くない成績も残していたのだが、チャンスはついに訪れず、シーズン後戦力外になってしまった。リリーフに適性を見出されたばかりだっただけに、非常に残念。買い手はつかず、今季からは中日の打撃投手に。もう少し見てみたかった投手だったが…。

山本 拓司

ワンポイント左腕、制球不安型

左投左打
金光第一高〜大産大 オリックス02ドラフト7位〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 オリックス 26 0 2 1 0 9 1/3 12 1 5 12 10 9.64
04 オリックス - - - - - - - - - - - -
05 オリックス - - - - - - - - - - - -
通算 4年 54 0 2 3 0 23 2/3 19 1 19 21 15 5.70

ワンポイント登板がほとんどの左腕。チームに左腕が少ないということもあって起用は多いが、ここまで結果はあまり芳しくない。
ドラフト下位ながら1年目から28試合に登板。特に変則というわけでもないがなかなかの結果を残した。しかし2年目は大誤算。技術的に成長があまりなく、特に変化球の制球が極端に悪かった。そのため恐る恐る投げていたが、これでは腕の振りで球種がわかってしまう。プロでこれが通用するはずもなく、当然のように滅多打ちを食らってしまった。
せっかくいいボールがあっても、投げられないのでは意味がない。04年からサイドスローに転向も、二軍を脱することが出来ずシーズン後戦力外に。トライアウト挑戦も声はかからなかった。ちょっと球威が不足だったか。

山本 樹

変則左腕、球威型

左投左打
玉野光南高〜龍谷大 ヤクルト93ドラフト4位〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 ヤクルト 50 0 1 3 0 47 2/3 46 2 33 15 14 2.64
04 ヤクルト 28 0 2 2 0 25 35 8 20 6 20 7.20
05 ヤクルト 9 0 1 0 0 14 1/3 16 2 4 6 10 6.28
通算 13年 405 4 27 37 10 573 1/3 557 63 448 217 245 3.85

ヤクルトの左のリリーフ。スピードは驚くほどではないが、球威はある。ギクシャクとした変則フォームが特徴。
山本も山部同様入団当初はひどいノーコンで苦しんだが、それを荒れ球レベルまで克服。するとフォームとの相乗効果で投球内容が一変した。打者から見れば間の取りにくいフォームで、適度に荒れた球が向かってくる、かなりの恐怖感を与えられる投手。96年に37試合に登板して一軍定着、この頃は先発が多かったが、翌97年からはリリーフが中心に。それ以降はすっかり左のリリーフエースにおさまった。98年には2点台の防御率で7勝を挙げる活躍。99年51試合、01年には61試合に登板と信頼も高かった。
02年故障で低迷したものの、翌年は復活して50試合に登板。しかし04年は思わぬ不振に喘いだ。スタートこそ良かったものの、5月に4被弾で大崩壊。その後も調子の波が激しいままシーズンが進み、トータルで防御率7点台と一軍定着以降では自己ワーストの成績。この不調は昨年も続き、二年続けての5月の大失速で二軍落ち。そのまま一軍には戻れず、わずか9試合の登板にとどまった。シーズン後戦力外に。
武器だった球威が落ち込んでしまったのが痛い。息長く活躍してきたが、さすがに疲労も顕著だったか。二軍でもパッとしないままで、トライアウト挑戦も声はかからず。全盛時にはセットアッパーもこなした左腕だが、どうやら見納めとなりそう。

ゲーリー・ラス

技巧派左腕、不安定型

左投左打
巨人03、楽天05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 巨人 13 0 3 4 0 63 79 7 42 25 29 4.14
05 楽天 23 0 3 9 0 91 118 10 57 30 64 6.33
通算 2年 36 0 6 13 0 154 197 17 99 55 93 5.44

先発型の左腕投手。メジャーでの実績は皆無に等しいが、02年に韓国で16勝をマーク。03年にジャイアンツが大量補強した外国人投手の一人として来日。
技巧派という触れ込み通り非常にスピードは遅く、良くてせいぜい130キロ台後半。豊富な球種でかわしてしのいでいくタイプ。それゆえ開幕前はかなり酷評されていたが、実際に投げてみると「思ったよりは」戦力になった。
球威がないため、全幅の信頼は置けない。調子がいい時は相手が戸惑っている間にするすると抑えてしまうが、調子が悪いと序盤に大炎上もしばしば。しかしこういうタイプではある程度仕方ない。被安打も多く圧倒的なものは何もない投手だが、それが持ち味といえば持ち味。
開幕前に肩を痛めたり、好投して援護がなかったりと、やや運に見放され、結局3勝で終わりシーズン後には解雇。しかし翌年は韓国に戻ってまたも17勝で最多勝獲得。投手補強を急ぐ楽天と契約し、再来日となった。
先発不足のチームゆえ期待もあったが、中盤をしのぐことが出来ず6回が大きな山となった。開幕からローテーション入りも結果が出ず、ようやく初勝利を挙げたのは7月。そこで3連勝と浮上の兆しを見せたが、その後立て続けに序盤KOで結局先発から脱落してしまった。また一年限りで解雇に。
騙し騙しかわすという投球は、5回程度で継投に踏み切れる環境でなら何とかなったかもしれないが、ちょっとこのチーム状況では荷が重すぎた。右打者を抑える術にも欠けていた。

若田部 健一

万年エース候補、二重人格型

右投右打
鎌倉学園高〜駒大 ダイエー92ドラフト1位〜02、横浜03〜05
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 奪三振 四死球 自責点 防御率
03 横浜 4 0 0 2 0 21 27 3 16 8 13 5.57
04 横浜 13 0 1 0 0 19 22 2 4 8 8 3.79
05 横浜 - - - - - - - - - - - -
通算 14年 271 43 71 75 0 1315 1427 150 761 407 607 4.15

ドラフト時、複数球団が競合した大物投手。誰もが認めるダイエーのエース候補であったが、どこかもう一つ詰めが甘く、「候補」の二字を取りきることができなかった。
入団当時弱投に泣いていたチームにとっては待望久しいエース級の投手で、その期待通り1年目は負け越したものの10勝。2年目こそジンクスにはまり5勝に終わったが、翌年は復活して10勝。内容も向上して、いよいよ覚醒かと思われたが、ここで大きく躓いてしまった。翌95年から絶不調に陥り、二年間でわずか3勝と先発からも脱落。97年7勝で持ち直したものの、翌年は1勝もできずまた脱落。ここというところでことごとく期待を裏切り続け、シーズンの中でもいい時と悪いときが両極端。二面性の強いピッチングに歯がゆさばかりが目立っていた。
球速もそこそこあって変化球の切れもいいのだが、投球フォームがおとなしくちょっと迫力には欠ける。豊富な球種を駆使して打たせて取るバランス型の投手だが、やや慎重さに欠ける嫌いがある。不調時には球が高めに浮きまくり、しかもストライクを集めすぎて滅多打ちにあうこともしばしば。完封した次の試合で序盤KOというベンチ泣かせの存在で、この辺りがもう一つ「信用できない」というイメージ。悪いなりに抑えるということの少ない投手だった。
一時の低迷で期待値も下がっていたが、初優勝の99年から復調。この年初めて3点台の防御率を記録して10勝を挙げ、その後は先発の一角を維持。特に西武戦には圧倒的な相性の良さを見せ、ペナントのライバルに対する切り札と目されたほど。02年は開幕一軍に洩れながらこれまでにない好調ぶりを見せ、復帰後6連勝を記録。自身初の2点台の防御率と万全の出来で4度目の二桁勝利。この実績に自信をつけ、満を持してもともとの地元である横浜へFA移籍を果たした。
だがFAでの凱旋はこれまで以上にほろ苦いものとなってしまった。ここまで大きな故障はなかったのだが、移籍した途端に肘を痛めてリタイア。期待されながらわずか4試合登板に終わり、復帰は翌夏までずれ込んだ。戻ってきてからは中継ぎでそこそこ働いたが、先発の軸にという期待からはあまりに物足りない姿だった。
首脳陣の替わった昨年は完全に構想から外れて終始二軍暮らし。プロ入り後初めて一軍登板なしに終わり、シーズン後戦力外になってしまった。トライアウトにも挑戦したが、36歳の年齢とここ数年の実績では声はかからず。このまま見納めとなる気配が濃厚になっている。常にもう一歩という面の消えない投手だったが、FA移籍しての故障はあまりに痛かった。


HOME