2006年退団選手 野手

記載47名 飯田・川相・酒井・奈良原など職人選手の引退相次ぐ

浅井 樹  

代打屋、強打型

左投左打
富山商高 広島90ドラフト6位〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 広島 79 88 25 3 40 21 0 0 1 8 17 .284
05 広島 80 98 26 0 32 9 3 1 1 18 29 .265
06 広島 43 63 14 0 14 4 2 0 0 3 7 .222
通算 17年 1070 1832 523 52 778 259 41 7 8 192 345 .285

カープが誇る代打男。レギュラーでもおかしくない打力の持ち主で、スイングの力強さは折り紙つきのスラッガータイプ。
入団からしばらくは二軍暮らしだったが、6年目の95年に3割6ホーマーを記録して台頭。これ以降完全に一軍に定着した。ガッチリした体格とスイングの鋭さは中軸でも見劣りしないレベルで、強烈なライナー性の打球が魅力。決め打ちで強振しながら確実性もあり、98年にはほぼレギュラー級の働きを見せた。だが足の速さと肩の強さを持ちながら守備が拙く、また左投手に弱いこともあって町田との併用がほとんど。ここまで規定打席には一度も達していない。
キャリアのほとんどが準レギュラーという選手だが、異彩を放っていたのが代打での成績。思い切りの良さと勝負強さ、そして高い成功率を誇り、左の切り札として大きな存在感を見せた。バットを高く掲げる構えは威圧感充分で、まさに“代打屋”という風格。04年からは守備につく機会も減り、ますます専業代打という雰囲気に。
だが05年は成功率がそれほど良くなく、11年ぶりにホームランなし。打点も一桁に終わり、いまひとつのシーズンとなった。昨年はさらに出場機会が減り、さしもの代打男も存在感を発揮できず。後半はほとんど二軍暮らしとなり、ついに昨年限りでの引退を表明。
レギュラーには届かなかったが、通算の代打成功率3割以上というのは誇れる記録。通算安打の3割近くが代打で放ったものだった。今季は二軍打撃コーチに就任、今後は後進の育成に当たることに。

ジョージ・アリアス

一発屋、古典的大砲型

右投右打 ベストナイン(03)、Gグラブ(03)
オリックス00〜01、阪神02〜04、巨人06途中
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 阪神 117 412 112 25 215 84 3 0 4 35 119 .272
05 メキシコなどでプレー
06 巨人 17 60 10 2 18 5 0 0 0 4 15 .167
通算 6年 639 2364 612 161 1223 436 13 0 24 232 604 .259

両リーグをまたにかけてホームランを量産した大砲。右のプルヒッターで打率はやや低め。ある意味古典的な助っ人タイプといえる。
00年オリックス入りし1年目は26ホーマー。翌年は38ホーマー、97打点の実績を残した。しかし打率は低く、「得点圏に弱い」ことを理由に解雇。長打力を買われ移籍した阪神でも、02年は得点圏打率.231。ホームランこそ出るものの、存在感はいまひとつだった。いい場面で打っている印象が薄く、いつのまにか打っているといった感じ。中軸を任せるには物足りない印象だった。
しかし03年は発奮。というよりも、上位に力強い打者が揃って負担が軽くなった影響か、チームの進撃に歩調をあわせるかのように活躍。常に指摘されてきたチャンスでの弱さも克服し、ホームランも量産。初めて100打点も越え、印象をがらりと変えたシーズンとなった。
外国人らしいローボールヒッターで、膝元の球を巻き込むように運ぶ打球に特徴がある。かつては夏から秋にかけて調子を上げ「帳尻合わせ」の印象も強かったが、優勝という状況でモチベーションも維持できたかもしれない。このタイプには珍しく守備は非常に堅実で、オリックス時代にはセカンドも守ったほど器用な面もある。
基本的に中軸にはやや足りない7番タイプで、上位が前年ほどつながらなかった04年は印象が薄かった。それでも自己ベストの打率を残すなど悪い成績ではなかったが戦力外に。05年は日本を離れていたが、昨年故障者続出の巨人が期限ギリギリで緊急獲得。だがシーズン半ばのドタバタした入団で結果は残せず、わずか一ヶ月足らずで二軍落ち。そのまま使われることはなく終わった。
実績ある選手とはいえ、いかにも泥縄補強の典型といった感は強い。昨年の数字は参考にならない面もあるが、すでに知られつくしている選手でありこれ以上はきついか。わずか半年で解雇。

飯田 哲也

鉄壁外野、粘闘型

右投右打 Gグラブ(91〜97)、盗塁王(92)、ベストナイン(92)
拓大紅陵高 ヤクルト87ドラフト4位〜04、楽天05〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 ヤクルト 3 10 1 0 1 1 0 0 0 1 4 .100
05 楽天 54 127 42 0 46 15 2 4 1 4 18 .330
06 楽天 40 88 24 1 28 9 2 3 0 8 13 .273
通算 20年 1505 4564 1248 48 1650 363 234 106 26 370 700 .273

かつては俊足と、強肩及び正確なスローイングで野村ヤクルトを支えた名センター。特にその守備は、範囲の広さも含めて12球団bPの華麗さを誇り、球史に残る美技を何度も見せた。日本シリーズでの本塁返球は今も語り草の名場面。
入団時は捕手。高卒の、それもドラフト下位とあってまったくの無名。しかしその俊足に着目した新任の野村監督(当時)にセカンドに大抜擢される。当時は正直「だれ?」という印象だったが、前年新人王の苫篠からレギュラーを奪い、八面六臂の活躍。さらに勢いは止まらない。翌91年、強肩を活かすために今度はセンターにコンバート。「野村監督のID野球とは、IIDA野球の略」とまで言われた。このコンバートがまたも大当たりし、盗塁王も獲得。不動の1番センターの座に君臨した。
しかし野村野球の申し子の飯田、野村が去った99年から成績が急降下しはじめる。活躍時に「打撃が荒い」と評されることも多かったが、むしろ巧さを見せるようになってから出場機会減少。真中にポジションを追われて以降は完全に控え。三十代になった途端に急激に影が薄くなってしまった。故障に泣かされる場面も多く、04年はわずか3試合の出場にとどまり、事実上戦力外として楽天に移籍。
背水の陣の05年、シーズン当初は低打率でパッとしなかったが、6月以降急上昇。徹底的に粘るしつこい打撃を見せ、まだまだ死んでいないところを見せ付けた。さすがに守備は往時の動きはなく、再三の故障で離脱も多かったが、打率は久々の3割キープ。チャンスにも強さを見せ、18勝の杉内をカモにする活躍。
かつての恩師・野村監督が就任した昨年も、8月に3割を記録するなど随所にしぶとさを発揮。9月には3年ぶりの一発も放った。しかし05年より出場機会は減り、戦力外通告を受けシーズン終了前に引退を表明。
ファウルで逃げて投手を根負けさせる技術はまだ通用しそうだが、体力的にはそろそろギリギリだったか。名外野手も20年のプロ生活に幕。今季は古巣ヤクルトの二軍コーチに就任が決定。

井出 竜也

俊足好守、打撃荒削り型

右投右打 Gグラブ(97,02)
吉田高〜日本通運 日本ハム94ドラフト2位〜03、巨人04、ソフトバンク05〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 巨人 41 23 1 0 2 0 0 0 0 4 14 .044
05 ソフトバンク 77 55 10 1 17 4 1 1 0 7 17 .181
06 ソフトバンク - - - - - - - - - - - -
通算 13年 1108 3279 828 79 1264 336 105 92 27 340 709 .253

入団2年目からレギュラー定着した俊足外野手。当初から守備力は非常に高く、3年目にはゴールデングラブも受賞した名手。
社会人から入団、1年目は出場がなかったが、2年目の95年いきなり規定打席到達。以降日本ハムのセンターとして、99年に石本に奪われかけた以外はほぼレギュラーとして定着。4年連続二桁盗塁などの実績を持つ。ただ1番定着を期待されながら、打撃は常に荒削りのままだった。なまじ長打力がある分振り回しすぎの傾向があり、三振も多め。確実性が低く、打順は常に一定しなかった。00年から3年連続二桁本塁打を放ったが、02年は2割そこそこの低打率。8番や9番の「意外性の打者」から脱却できず、03年はまた石本に押されてレギュラー脱落。04年は新庄の加入に押し出された形で巨人へ移籍。
巨大戦力でも守備で貢献できると見られたが、しかし04年はほとんど二軍暮らしで終わってしまった。打撃はより悪くなった印象で、打席の半分が三振という状態。急落は止まらず、シーズン後戦力外に。
05年テストを経てソフトバンク入り。野手層の薄さもあって積極的に起用された。前半は代打で意外な活躍も見せ、後半は守備要員として一軍定着。トータルでは2割未満と低打率だが、どうやら少しは持ち直した。
しかし昨年は12年ぶりに一軍出場なし。守備固めとしては手堅いが打撃に確実性がなく、チームが若手起用策を打ち出したこともあって機会は巡ってこなかった。二軍でも低打率に終わり、シーズン後戦力外通告。
あともう少しの確実性があれば不動の1番打者も可能だったのだが。現役引退を表明し、今季はコーチに就任。後進の守備を指導することに。

井上 純

ベテラン、移籍開花型

左投左打
東陵高 大洋・横浜89ドラフト3位〜02、ロッテ03〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 ロッテ 80 225 65 3 103 24 5 2 2 20 45 .288
05 ロッテ 28 43 7 2 14 5 0 0 0 5 11 .162
06 ロッテ 30 55 12 0 13 1 0 0 0 5 14 .218
通算 18年 686 1124 302 18 450 105 28 18 7 76 285 .269

03年移籍で開花した選手。移籍当初はさほど出番もなく目立たなかったが、やがてスタメン機会が急増。3番を任されるほどの活躍を見せた。
控えで長いキャリアを積んできた選手。プロ生活18年を数えるベテランだが、横浜時代はレギュラー争いしたことは一度もなし。しかし万年二軍暮らしというわけでもなく、ほぼ常にサブプレイヤーとして控えていた。
若い頃はとにかく俊足で期待されていた。ただそれ以外に売りがなく、当初はなかなか一軍に定着できず。特に非力な打撃がネックとなっていた。しかし7年目の95年頃から課題の打撃が向上。これでようやく一軍に定着を果たした。守備・代走要員がほとんどではあったが、98年以降は打撃開眼。地味ではあるが代打の切り札的な存在ともなった。。
01年も打率3割と仕事をきっちりこなしていたが、02年は出番が激減、そのまま自由契約となり、働き場所を求めてロッテへ移籍となった。しかし打撃技術は依然健在で柔らかく、03年はこれまでなかった長打力も見せた。テスト入団で自己ベストの成績を残し、準レギュラー格に定着。
04年も前年ほどではないが、きっちりとベテランらしい安定した働きを見せた。だが05年は一転不振。出足で躓いたまま巻き返せず、かなりの低打率に終わってしまった。チームが好調で沸き立つ中、出場機会も激減。
すでに三十代も後半に入り、正念場となった昨年は開幕直後は好調もすぐにブレーキ。不振が続き、後半はほとんど二軍暮らしに終わった。辛うじて2割の打率で一発は6年ぶりになし。戦力外通告を受け、そのまま引退ということになった。
守備はすでにだいぶ衰えていただけに、打撃の落ち込みで武器がなくなってしまった。一度も規定打席に達することはなく、シーズン100試合出場もなかったが、18年のキャリアは立派なもの。古巣横浜の二軍コーチに就任が決定。

大西 崇之

遅咲き、万能地味型

右投右打
大阪桐蔭高〜鹿児島商工高〜亜大中退〜天城ベースボール倶楽部〜ヤオハンジャパン 中日95ドラフト6位〜05、巨人06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 中日 80 132 32 4 52 15 1 3 1 10 23 .242
05 中日 49 65 16 0 21 12 0 3 0 5 14 .246
06 巨人 20 30 4 0 4 0 0 3 0 1 1 .133
通算 12年 723 1069 292 18 412 108 46 41 2 92 196 .273

俊足で鳴らした外野手。当初はナゴヤドーム時代のレギュラーと期待されたが、打撃の非力さを克服することがなかなか出来ず、一時はやや忘れられた存在になりかけていた。
98年に95試合に出場しながら、翌年から出場機会減少。年齢的にも成長は望み薄かと思われたが、02年から課題だった打撃が急上昇。プロ入り初めて3割をマークし、後半はほぼレギュラーを手中に。03年も勢いは衰えず、打席数を増やしながら二年続けての3割キープ。遅まきながらの急成長を見せた。5月にはホームランを連発するなど意外な一面も発揮。
しぶとい打撃を身につけ、守備力も堅実。30歳過ぎての急台頭で、レギュラーにもグッと近づいた。しかし、04年は一転不振。落合新監督のフランクな起用法は本人にとってもチャンスだったはずだが、肝心の打撃で低迷。一度は抜き去った井上や英智に印象を食われた感が強い。05年はさらに出番を減らし、控えの地位に落ち着いてしまった。
三十代も半ばとなり、ちょっと先が見えてきた感もある中、昨年は金銭トレードで巨人へ。前半は何度か一軍登録されたが、出番はあまりなく、また結果も残せなかった。後半は完全に二軍暮らしで、シーズン終了前に引退を表明した。
ここ三年は完全なジリ貧で、年齢的にも引退はやむをえないところか。まとまっていた選手だがレギュラーにはもう一歩届かなかった。今後はスカウトに転身。

垣内 哲也

大砲候補、いまいち型

右投右打
日高高中津分校 西武89ドラフト3位〜02、ロッテ03〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 ロッテ 36 74 20 3 38 13 0 0 0 10 21 .270
05 ロッテ 24 38 5 0 7 3 0 0 0 5 21 .131
06 ロッテ 5 6 1 1 4 3 0 0 0 0 1 .167
通算 18年 917 2248 510 110 957 315 36 13 16 280 698 .227

秋山・清原が去ったのちの西武の主砲に期待された男。94年に7ホーマー、以降14本、28本と倍々ゲームで着実に成長の後を見せていたのだが…。
無名高からプロ入り。もともとは捕手だったが、類稀な長打力を活かすために外野へ転向。96年までは前述の通り順調な成長を見せポジション定着を果たした。この時点で26歳の若さもあり、大いに期待されたが翌97年わずか3ホーマーに終わる大スランプ。ここから精彩を欠き、レギュラーをも獲りきれない状態になってしまった。99年から3年連続二桁ホーマーも、かつての輝きは取り戻せず、00年以降は出番も年々減らしてロッテに移籍。
もともと技術の裏付けが無く、打率がほとんど向上していない。通算で2割そこそこの打率という確実性の低さが最大のネックで、中軸を打つには不足すぎた。体に似合わず足は速く、また守備面も悪くは無かっただけに惜しい。
移籍後も下落傾向は止まらなかったが、04年は少し持ち直し。しかし05年はまた一気に後退。13年ぶりにホームランなしに終わってしまった。昨年は開幕直後に代打3ランを放つも、それがシーズン唯一のヒット。4月上旬に二軍落ちしてそのまま再昇格なく終わった。シーズン後戦力外通告。
まだまだ飛ばす力は健在だが、極端な脆さも相変わらず。すでに36歳という年齢もあって、現役引退に。もう少しだけでも確実性があれば…。

片岡 篤史

好打者、中距離型

右投左打 ベストナイン(96,98)、Gグラブ(96〜98)、最高出塁率(98)
PL学園高〜同大 日本ハム92ドラフト2位〜01、阪神02〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 阪神 46 88 18 3 32 7 0 0 0 18 24 .204
05 阪神 50 57 12 1 16 7 0 0 1 15 17 .210
06 阪神 50 91 15 1 21 7 0 1 1 8 22 .165
通算 15年 1569 5272 1425 164 2226 717 35 46 37 825 1099 .270

日本ハム時代「ビッグバン打線」の一翼を担った好打者。お世辞にも格好いいとは言えないガニマタのフォームが特徴。打者としては勝負強さが持ち味の中距離ヒッター。
PL学園時代は立浪(中日)・野村(元横浜)らと同期。同志社大を経て日本ハム入団。1年目よりレギュラーに定着し、シュアなバッティングで不動の地位を確立した。懐の深い打撃で、時折大きいのも出るが基本的にはアベレージを残したいタイプ。二度の3割を記録し、00年には21ホーマー、97打点の好成績。リーグ最多四球に最多犠飛と勝負強さを存分に見せた。
02年FAで阪神へ移籍。異様な期待をかけられてしまったが、その前年に大きく数字を下げ、下り調子での移籍には不安が残った。開幕するとまさに不安的中。打率は超低空飛行を続け、最後まで向上しなかった。93年以来となる100三振も喫し、打撃不振から安定していた守備でも精彩を欠いた。
もともと一人で打線を支えるほどの存在ではなく、適性は6番くらい。重圧の取れた03年は本来の形を取り戻し、規定打席不足に終わったものの堅実な働き。自身初めての優勝も味わった。これぐらいが片岡の姿で、00年は少々出来すぎ、02年は背伸びをしすぎだった。
復活を果たした03年だったが、04年は故障もあって大きく後退。戦力の充実でポジションは一気に遠のいた。05年もほとんど代打に専念で、代打成績は悪くなかったが打席機会は自己最少を更新。
すでに37歳で、速球への対応にははっきりと衰えが見えるようになってきた。昨年は序盤1割前後の低打率。6月に多少持ち直してスタメン機会もあったが、7月以降はまた結果が出ず出番もめっきり減った。シーズン終了前に昨年限りでの引退を表明。引退試合で左腕から2安打を放ち現役にピリオド。ここ数年はすっかり動きが悪くなり、限界という印象は強かった。

カツノリ (野村 克則)

二世捕手、鈍重型

右投右打
堀越高〜明大 ヤクルト96ドラフト3位〜99、阪神00〜03、巨人04、楽天05〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 巨人 3 3 1 0 1 1 0 0 1 1 0 .333
05 楽天 6 10 1 0 1 0 0 0 0 0 3 .100
06 楽天 56 129 16 0 22 5 1 1 1 10 26 .124
通算 11年 222 356 66 4 93 17 1 2 3 25 90 .185

言わずと知れた野村克也氏の実子。父同様の捕手として、当時父が監督を務めていたヤクルトに入団。選手としての実績は乏しいが、その来歴から話題になることが多かった。
大学時代にもそれほど評価の高い選手ではなかっただけに、プロ入りは「縁故採用」と揶揄されたもの。結局ヤクルト時代はそんな風評を覆す実績は残せず、父がチームを移った99年は一軍出場なし。そして野村阪神へ移籍と、わかり易すぎるほどの経歴。思えば野村監督の評判が怪しくなったのも、このカツノリのプロ入りが契機だった。
どうしても色眼鏡で見られがちな選手だが、阪神移籍以降は「それなりに」頑張っている。捕手としては致命的にフットワークが悪く、ほとんど戦力にはならないが、打力は徐々に向上。ツボにはまれば一発のあるタイプで、特に移籍1年目は代打としてまずまず結果を残した。
性格はまじめで練習熱心、チームメイトの評判もいい選手だが、父がチームを去ると「予想通り」出場機会が激減。03年は一軍出場なしに終わり、04年巨人に採用されたのも「野間口獲得の布石」としか見られなかった。終盤まで一軍には上がれず、わずか一年であっさり解雇。引退勧告を突っぱねてトライアウトで楽天に移籍したが、05年もほとんど二軍暮らしに終わった。
阪神時代の一時期を除いてほとんど二軍に定住、年齢的にも微妙な立場だったが、昨年野村監督となると出番急増。藤井がもうひとつ信頼を掴めないこともあって、自己最多の出場機会を得た。リードは多少評価もされたが、良かったはずの打撃が壊滅的。それ以上に肩がもう完全に衰えていて、盗塁阻止率は1割にも届かないフリーパス状態。結局世評を覆すような働きはできず、逆に采配批判の格好の材料とされてしまった。
ここ数年満足な試合出場もなく、選手としてのピークはやはり過ぎていたか。プロ生活のほとんどを父の影響下で過ごしたのは好悪両面の要素があったように思える。昨年限りで引退し、二軍コーチに就任が決定。

ホルベルト・カブレラ

内外野兼務、中距離型

右投右打
ソフトバンク05〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
05 ソフトバンク 131 454 135 8 184 58 3 2 4 45 78 .297
06 ソフトバンク 90 342 89 8 136 50 6 0 4 29 52 .260
通算 2年 221 796 224 16 320 108 9 2 8 74 130 .281

メジャー移籍した井口に代わる戦力として入団した選手。内外野守れるユーティリティプレーヤーとして、メジャーでも準レギュラー格だった選手。弟はメジャーでバリバリのレギュラー内野手でもある。
キャンプ・オープン戦と評価は上々で、大物打ちのバティスタよりもはるかに日本向きで数字を残しそうと言われた。実際に開幕すると癖のない素直な打撃で高打率を維持。長打こそ少ないものの穴が少なく、常にセンターから右を意識したスタイル。後半数字を落として3割は逃したが、年間通じて安定した働きを見せた。
打撃スタイルはかつて中日・阪神に在籍したパウエルに似た印象。俊足の脇役タイプで長打は少ないが、内角もきれいに腕を畳んで対応する。ただ低めの落ちる球はちょっと泣き所。守備は当初二塁を守っていたが、外国人にしては送球が荒れがちでいまいち。途中からは外野のほうが多くなった。
昨年はバティスタの抜けた3番に据えられたが、当初は良かったものの5月に大不振。スタメンを外れることも多くなり、終盤にまた大ブレーキで期待はずれに終わってしまった。打線のキーマンとも目されていただけに大きな誤算。欠場も多く、影の薄いシーズンとなってしまった。
技術的には、昨年はやけに強引になっていたように思える。ポジションが一定せず、一時入院など体調が悪かったことも不振の一因だが、3番起用で変に強打を意識しすぎた面もあるかもしれない。センター返しが影を潜め、大振りする場面が随分目立った。
外国人としてはあまりに物足りない成績で、シーズン後戦力外に。中距離打者としても、打率を大きく下げたのは痛かった。

カリーム・ガルシア

パワーヒッター、巻き返し型

左投左打
オリックス05〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
05 オリックス 100 362 111 21 192 62 3 0 3 25 74 .307
06 オリックス 91 305 70 13 124 37 0 0 1 23 77 .249
通算 2年 191 667 181 34 316 99 3 0 4 48 151 .271

05年入団の外国人選手。メジャーでも02年から三年連続二桁本塁打の中堅選手で、大物打ちのいない打線の軸に期待されての獲得。
1年目は開幕からまずまずのスタートは切ったのだが、投手3人を起用するあおりで、枠から弾き出されて二軍落ち。その後もチャンスがまわってこなかったが、パーラが肘の故障で離脱。一ヶ月ぶりに昇格を果たすといきなりホームランを放ち、そこから巻き返しが始まった。7月に入ると3試合連発、1試合置いてまた3試合連発。さらに8月には6打席連続ヒット、2試合連続で1試合3ホーマーと大爆発。オールスター以降で11ホーマーを放ち、ほぼ4番に定着した。3割に20ホーマーをクリアする好結果。
アメリカ時代気性が荒くトラブル続きだったそうだが、腐らずにチャンスを待った甲斐はあった。なかなか強肩の持ち主で、アグレッシブな走塁も持ち味。で2本の三塁打も記録。チャンスにも強さを見せ、主砲として活躍を見せた。
メキシコ代表としてWBCにも出場した昨年は、4月4ホーマーなどまずまずのスタート。ところが5月に大不振に陥り、一、二軍を何度か往復。それでも調子は戻らず、9月にようやく巻き返すも時すでに遅し。すべての面で05年より大幅に成績を落としてしまった。
背筋を痛めたり、打順や起用法が一定しないなどの要素はあったが、ちょっと見切られたような成績の落ち方でもあった。シーズン後自由契約に。05年が良かっただけに残念な結果。

川相 昌弘

好守、犠打職人型

右投右打 Gグラブ(89〜91,93,94,96)、ベストナイン(94)
岡山南高 巨人83ドラフト4位〜03、中日04〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 中日 80 23 6 1 9 3 0 6 0 5 4 .260
05 中日 69 17 5 0 7 6 0 7 0 0 5 .294
06 中日 51 22 6 0 6 1 0 6 0 1 6 .273
通算 24年 1909 4512 1199 43 1558 322 47 533 19 463 570 .266

03年犠打の世界記録を樹立した職人。もはやバントといえば川相を連想するほどだが、巨人のショートとしては広岡以来ともいえる安定したレギュラーだった。
高校時代は投手だったものの、強肩を買われて内野手として入団。入団2年目から一軍に顔を出し始めた川相がレギュラーへの足がかりを掴んだのが6年目の88年。当時は「ポスト河埜」が懸案事項であり、すでに岡崎・鴻野・勝呂が名乗りをあげていた。熾烈な争いが予想されたが、岡崎・鴻野は打力はあるも守備に難あり、勝呂は守備で台頭したものの打力に難あり。軍配は堅実な守備とそこそこの打力を兼ね備えた川相にあがった。以降ショートは、90年代ジャイアンツで最も安定したポジションとなる。
レギュラーになった頃の川相は、バントよりはむしろ「併殺職人」といった感じで、その堅実な守備力はリーグbPの評価を得ていた。しかし犠打面に焦点が当たるようになってから、川相の守備は少し粗くなったように感じられる。そこが個人的にちょっと残念な点。自慢の強肩が衰え出した頃から、フィールディングも一時期雑になっていた印象。
不動の2番打者として長期に渡って安定していたが、大型補強が目立ち始めた98年から出番減少。99年二岡の入団で完全に控えに廻った。02年出番を増やしたものの、すでに四十近い年齢からさすがに打力の衰えは深刻で、03年途中に引退を決意。ところが原監督が不透明な辞任となると事態は急転。球団への不信を訴え、異例の引退撤回。造反といった形で中日への移籍となった。
年齢的に戦力としてはどうかと見ていたが、04年の働きには脱帽。守備要員としてきっちり結果を残した。その後出番は減ったものの、ここ一番では難しいバントをいとも簡単に決め、バント職人の名人芸を再三披露。大ベテランの意地にはただただ感心する他ない。
昨年も変わらず堅実な働きを見せたが、ついに正真正銘の引退を表明。24年にわたる現役生活を終えることになった。「ピンチバンター」が絵になる選手は後にも先にもこの川相だけだろう。今季はコーチとして技術を指導する立場に。

喜多 隆志

巧打者、伸び悩み型

左投左打
智弁和歌山高〜慶大 ロッテ02ドラフト1巡〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 ロッテ - - - - - - - - - - - -
05 ロッテ - - - - - - - - - - - -
06 ロッテ - - - - - - - - - - - -
通算 5年 53 97 22 0 28 4 1 5 0 4 26 .227

かつてのドラフト1位外野手。将来の中軸候補と大いに期待されたが、目覚しい結果は残せず。完全に伸び悩んでしまった。
六大学史上最高打率の首位打者に輝き、ドラフト時には野手の目玉の一人と注目された選手。野手層の、特に外野の薄いロッテとあって、近い将来の中軸と目された。入団時の背番号3というのが期待の大きさを物語る。1年目は19試合の出場も2試合連続サヨナラ打を放つ鮮烈な活躍も見せた。
だが2年目もいまいち打率が伸びず、04年からは出場機会すらなしに。当初良かった二軍成績も落ち込み、存在感はどんどんなくなってしまった。走守には魅力が薄く、打てないと全くアピールできないタイプ。層の薄い外野でも食い込めないまま。
昨年は久しぶりに二軍で持ち直したが、一軍には呼ばれずじまい。シーズン後戦力外となってしまい、トライアウト受験もオファーはなく、引退を決意した模様。1年目の勢いを持続できなかったのが痛恨だった。

ジェイソン・グラボースキー

第三の野手、扇風機型

右投左打
オリックス06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
06 オリックス 39 89 13 4 29 7 0 0 0 19 30 .146
通算 1年

ガルシア、ブランボーに続くチーム3人目の外国陣野手。打線強化を主眼としたチームの補強策の一環として獲得された。04年にはドジャースで100試合以上出場の実績を持つ。
05年3Aで3割以上の打率を残し、「広角に打てる中距離ヒッター」という触れ込み。2年目を迎える二人の外国人に不安も残る分、単なる刺激剤以上の期待を持たれていた。開幕は二軍スタートもブランボーが極端な打撃不振で4月中旬に一軍昇格。
だが4月中は12打数でヒットなしと期待に応えられず。一度降格し、6月上旬にガルシアと入れ替わって再昇格、来日18打席目にしてようやく初ヒット、次の打席で初ホーマーを記録した。だがこれも一時のもので、その後依然として打撃低迷。2割が遠い成績で、完全な期待はずれとなってしまった。
前評判とは裏腹に、打撃はかなり不器用。常に同じ球を打っているかのような変化のないスイングで、速球には差し込まれ変化球には空振りとさっぱり。当たれば飛ぶがまず当たらないという打撃で、これではさすがに通用しなかった。退団より先にマイナー契約が発表されるという、ややドタバタじみた顛末で一年限り。

酒井 忠晴

守備職人、晩成型

右投右打
修徳高 中日89ドラフト5位〜95、ロッテ96〜02、中日03〜04、楽天05〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 中日 - - - - - - - - - - - -
05 楽天 105 278 71 4 94 31 2 5 2 11 42 .255
06 楽天 7 6 0 0 0 0 0 2 0 1 3 .000
通算 18年 1034 2087 517 12 670 181 13 119 11 154 372 .248

守備の名手。一度目の中日時代、まだ若い頃から「守備で金が取れる」とまで言われたほど。例によって打撃は非力で、中日からロッテに移籍してもしばらくは守備固め専門。
しかしプロ入り9年目にして初ホームランを記録した98年から立場が変わり始める。主力選手の穴を埋める形で出場機会を増やすと、翌99年からはほとんどレギュラーに。堅実な守備力もさることながら、打撃もなかなかしぶといところを見せ、01年までは主力として活躍を見せた。
打撃に関しては2割5分前後といったところだが小技のうまさはある。それ以上にやはり守備力が光る。三塁も二塁も名手の域で、内野ならどこを守ってもAランクの安定感。派手さはないが堅実なタイプで、小坂との二遊間は鉄壁のコンビネーションだった。自分の役割を心得ているベテランで、ベンチとしては安心感がある。
02年やや出場機会を減らし、03年は古巣中日へ。しかし故障でほとんど一年出られなかった。客観的に見ると中日で必要な戦力とは思えず、この移籍は少々疑問。結局中日では出番もほとんどなく、05年は楽天へ。
ほとんどブランクに近い状態のあとだったが、05年は久々に職人の面目躍如。二塁・三塁・遊撃を満遍なく守り、依然守備力の堅実なところを見せた。4年ぶりの100試合以上出場で、3年ぶりの200打席以上、ホームランを記録。盗塁に至っては5年ぶり。さすがに打率はぼちぼちだったが、古巣の中日戦で4割、ロッテ戦で3割など意地を見せた。
しかし昨年は一転、わずかな出場数に。野村監督となって、レギュラー確立を目指した起用から外れてしまった印象。6月を最後に一軍昇格もなく、昨年限りでの引退を表明。基本に忠実な守備はいぶし銀の魅力で職人型の選手の一人だった。中日での二年間がもったいなかった印象も残る。

佐竹 学

内外野兼務、移籍台頭型

右投右打
東海大四高〜東海大 オリックス97ドラフト4位〜04、楽天05〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 オリックス 47 56 12 0 17 4 2 3 0 4 12 .214
05 楽天 64 200 62 1 72 14 1 6 1 18 33 .310
06 楽天 38 64 11 0 14 7 2 1 1 9 16 .172
通算 10年 538 1037 251 5 316 78 11 33 6 94 204 .242

内外野こなす便利屋選手。オリックスに塩崎と同期入団、徐々に水を開けられていたが、05年楽天移籍で活躍を見せた。
3年目までは出場機会も多かったのだが、塩崎がレギュラーとなった00年から出番減少。全ての面で特徴の薄いタイプで、まとまってはいるがこじんまり。特に売りだった打撃が2割5分が精一杯で、ポジション争いに完全に敗れた。肩の強さを活かすために外野に転向、02年は久々に出場機会も増やし、まずまずの打率も残した。しかし翌年は出場機会が大幅減。ほとんど二軍暮らしに終わり、04年もその状態を脱せず。半ば見切られたような形で、分配ドラフトで05年は楽天へ。
層の薄い環境といえども特徴が薄く、便利屋がいいところではないかと個人的には思っていた。事実前半まではその通りで出番もほとんどなかったのだが、夏場に突如打撃開眼。これまでにない好調ぶりで、後半はほとんどスタメン定着を果たした。自身最高の打席数で初めての3割を記録。特にソフトバンク戦では5割超のハイアベレージを残し、一気に存在感を増したシーズンとなった。
これまではどこをとっても中途半端な印象だったが、05年は1番でかなりの活躍。守備は平凡ながらもセンターとセカンドを兼務し、環境の変化で成功した選手の一人といって間違いないだろう。
しかしこれが二年続かないのが宿命なのか、昨年は開幕から全く調子が上がらず。6月以降は出場もほとんどなくなり、05年が嘘のような成績に終わってしまった。戦力外通告を受けるとそのまま引退を決意。わずか一年前にはポジション確保もありえる立場だったのだが。ほんの短い開花に終わってしまった印象。今季からはコーチに就任。

椎木 匠

ベテラン捕手、二軍の古株型

右投左打
南陽工高 中日90ドラフト外〜97、ロッテ98〜02、西武03〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 西武 - - - - - - - - - - - -
05 西武 1 - - - - - - - - - - -
06 西武 - - - - - - - - - - - -
通算 17年 161 267 46 3 67 15 0 9 0 22 65 .172

一軍実績はほとんどないが、プロ生活17年を数えるベテラン捕手。捕手としてよりも左打席でのパンチ力に特徴を持つ。
一軍初登場は6年目、中日時代の95年。この年2ホーマーを放ったが、これ以降一度もこの年の数字を越えることが出来ていない。一軍で2割を打ったのもこの年が唯一最後で、ロッテ移籍後それなりの出場機会を得ても常に1割台。捕手としてはおろか打者としても信頼は掴めず、一軍半というよりも二軍の古株といった風情。
03年垣内とのトレードで西武入りしたが、戦力としてというより捕手の頭数を揃えるためといった気がしないでもない。実際出場は1試合のみで、目立ったのは小久保がシーズンを棒に振ったオープン戦でのクロスプレーのみ。04年出番なし、05年もわずか1イニングマスクを被っただけで、移籍後の出場は2試合のみ。
昨年も一軍には呼ばれず、シーズン後現役引退。ブルペン捕手に専念することとなった。これまでも裏方的な存在だったので、これは予想通りの転身。選手としての実績はほとんどなかったが、長い現役生活を全うした。

SHINJO (新庄 剛志)

俊足強肩、規格外型

右投右打 ベストナイン(93,00,04)、Gグラブ(93,94,96〜00,04〜06)
西日本短大付高 阪神90ドラフト5位〜00、米メジャー(メッツ01、ジャイアンツ02、メッツ03)、日本ハム04〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
メジャー通算 303 876 215 20 324 100 9 55 128 .245
04 日本ハム 123 504 150 24 256 79 1 12 4 24 58 .297
05 日本ハム 108 380 91 20 173 57 5 5 2 19 64 .239
06 日本ハム 126 438 113 16 182 62 2 10 3 26 76 .258
国内通算 14年 1411 5163 1309 205 2230 716 73 44 25 397 990 .254

人呼んで「宇宙人」。とにかくぶっ飛んだ感性と発言で注目を集める人気選手。阪神のスターからメジャーに挑戦したが、04年日本ハムで日本球界復帰。
ドラフトは下位だったが3年目に早くも台頭し、93年に23ホーマーで一躍中心選手に。次代の主軸として大いに将来を嘱望されたが、これがなかなか一筋縄でいかない。特に打率がなかなか伸びず、評価が鰻上りとなったのは守備力ばかり。ただその割にやたらと存在感があったのも確か。
「ジーンズが似合わなくなるから」と筋トレを嫌がったり、食事にも無頓着だったりととにかく既成の規格から大きく逸脱している。「僕は野球が苦手」など理解に苦しむような発言が多いのも大きな特徴。なぜか憎めないキャラクターで、成績がいまいちでも酷評されないのは人徳、だろうか?
00年に自身最高の成績を残し、いよいよ覚醒かと思ったのもつかの間、驚天動地のメジャー挑戦。このあたりの突拍子のなさがらしいところ。メジャーではさしたる数字は残せなかったが、日本時代とほぼ同水準の成績でもあった。これまで課題だった体力も、アメリカで大幅に強化されたようだ。
復帰した04年の活躍は見事の一言。1番定着で3割近いアベレージに24ホーマー。後半はぐんぐん調子を上げ、チームをプレーオフに牽引した。05年は故障も多く目立たなかったが、名手といわれる守備では大いに貢献。強肩は健在で、走者を刺す場面も再三見せた。
復帰3年目の昨年は開幕直後、ヒーローインタビューで突然の引退宣言。異例中の異例の表明で、またもアッと言わせた。その後もセンターとして森本・稲葉と鉄壁の外野陣を形成。打撃はもう一つ振るわなかったが、チームの久々の優勝に貢献。見事に有終の美を飾った。
目に見えて衰えたと思える部分はないが、新庄なりの引き際ということなのだろう。優勝という最高の置き土産を残しての引退はできすぎていて、それゆえにらしさも感じさせる結末だった。最後まで個性的であり続けた選手だった。

シェーン・スペンサー

パワーヒッター、平凡型

右投右打
阪神05〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
05 阪神 108 276 67 9 110 33 0 0 2 35 70 .243
06 阪神 59 108 24 6 47 17 1 0 1 6 33 .222
通算 2年 167 384 91 15 157 50 1 0 3 41 103 .237

アリアスに代わって獲得された外国人。メジャーで3度の二桁本塁打を記録し、キャリアもなかなか。6,7番辺りを打つ長距離砲と、ちょうどアリアスと同じような役回りを期待された。
来日後開幕前は、酷評されたり見直されたりと毀誉褒貶が激しかったが、開幕してからはもうひとつ印象が弱い。中軸を打たなかったこともあるが、期待された長打があまり出ずチャンスにも弱いのが原因か。とりあえず打撃スタイルは引っ張り中心。開幕直後はなかなかしぶとさを見せていたのだが、慣れられてくると三振急増。トータルで9ホーマーはやや期待はずれな結果。
それでも残留した昨年だったが、波の激しさは相変わらず。スタメン機会も少なく、6月頃からはさっぱり打てなくなってしまった。結局物足りなかった前年よりさらに数字を落としてしまい、シーズン後自由契約に。
打率がこのレベルならもう少し一発が欲しいというのが正直なところ。左投手には強かったが、それ以外は微妙なレベルで、スタメン起用するには大いに不足だった。

田中 一徳

俊足、超・小兵型

右投左右打
PL学園高 横浜00ドラフト1位〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 横浜 63 30 6 0 6 2 3 0 0 2 8 .200
05 横浜 - - - - - - - - - - - -
06 横浜 - - - - - - - - - - - -
通算 7年 341 327 75 1 84 13 15 23 0 26 66 .229

身長165cm(公称)とプロ球界で1,2を争う小さい選手。だが持っている野球センスは抜群で、特に足の速さは入団時から即一軍レベルと言われていた。
名門PL学園出身。この体でレベルの高いところで揉まれてきただけのものはやはりある。1年目から一軍に登場し、成績は年々上昇。3年目の02年は100試合出場を果たし、レギュラーポジションまでもう少しというところまで来た。この時点では次期2番候補の声も。
だがここまで順調に来ながら、これ以降はっきり伸び悩み。打撃が停滞し、チーム全体が若返りを図る中で出遅れてしまった。レギュラー候補の位置から年々後退し、04年は完全に代走・守備要員。
伸び悩んでいる間に、外野は非常に厳しい激戦区となり、すっかり忘れられた存在となってしまった。ここ二年は一軍出場もなく、昨シーズン後戦力外に。トライアウトに挑むも声はかからず。盗塁センスがいまいちで、足を充分に活かしきれなかった面も。あと一歩のところにいたのだが…。

筒井 壮

バイプレーヤー、ファイター型

右投右打
上宮高〜明大 中日97ドラフト7位〜04、阪神05〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 中日 10 9 3 0 3 1 0 0 0 1 2 .333
05 阪神 - - - - - - - - - - - -
06 阪神 - - - - - - - - - - - -
通算 10年 191 263 61 2 80 18 1 7 1 24 59 .232

星野前阪神監督の甥で、明大の後輩。入団当時は星野氏が中日監督だったことから「縁故採用」とまで言われた。しかし見かけによらず器用で、いろんなポジションをこなしてきた選手。
客観的に見れば、やはり中途半端な印象が強い。明大出身者らしく闘志を前面に押し出すプレースタイルだが、走攻守すべてにあまり特徴がなく、穴埋め的起用が目立つ。入団当初はそれなりの出番があったが、3年目以降は一軍半状態に。プロで生きていく以上何か売りが欲しいが、ここまではどうももう一つ、というかかなり物足りない。
ここ数年は出番激減していたが、03年は久々に一念発起。7年目にしてようやくプロ初ホームランも放った。しかし翌年は後続の台頭に押されて夏場のみの10試合だけ。シーズン後、トライアウトも終わろうかという時期に突然の解雇通告。何とか阪神に拾われたが、しかし危機的状況は変わっていない。結局05年は二軍暮らしで、自身初めて一軍出場なしに終わった。
守備力は決して高くないのでアピールするとすれば打撃しかないが、年齢の割に実績が乏しいのが泣き所。昨年も一軍から声はかからず、戦力外となって今度こそ引退。選手としては実績を残せなかったが、今季は育成コーチに就任。

ジョー・ディロン

中距離ヒッター、拙守型

右投右打
巨人06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
06 巨人 31 87 17 2 28 7 0 0 0 8 17 .195
通算 1年

昨年の巨人の新外国人。メジャー実績はほとんどないが、前年3Aで.360、24ホーマーの好成績を残した。選手層充実の期待を受けて入団。
開幕前はなかなか評価が高く、日本向きで打率を残せそうとまで言われていた。しかしアメリカ時代からの持病である腰痛が再発し開幕二軍スタート。5月に入ってようやく昇格するが、半月後また腰痛で二軍落ちと体調面でボロボロ。
肝心のプレーは、出始めこそそこそこ打っていたが、6月の復帰以降はこれもさっぱり。さらにお粗末な守備を連発してしまい、故障者の穴埋めも果たせず。急降下したチーム状態を好転させるには到底及ばなかった。
とにかく守りに関してはかなりきついものがあり、かといって打力もややパワー不足で評判倒れ。7,8月に一発を放ったが時すでに遅く、終盤は出番もなかった。一年限りの解雇は当然で、また外国人スカウティングの失敗を積み重ねただけに終わってしまった。

寺本 四郎

素質中軸級、伸び悩み型

左投左打
明徳義塾高 ロッテ99ドラフト4位〜06
年度 球団 試合 完投 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁 与四死球 奪三振 自責点 防御率
投手通算 20 0 0 0 0 15 1/3 18 1 18 11 8 4.70
試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 ロッテ - - - - - - - - - - - -
05 ロッテ - - - - - - - - - - - -
06 ロッテ 2 6 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000
通算 8年 25 10 1 0 1 0 0 0 0 0 4 .100

明徳義塾高時代、松坂と投げあったエース。高校時代から投手よりも打者としての素質のほうが上と言われていたが、左腕ということもあり最初は投手。
ワンポイント中心の起用で一軍にも顔を出していたが、スピードはあるものの全体的にはもう一つ。4年目の02年から投手を諦め、正式に外野手転向となった。打者としての期待は大きく、転向1年目には早くも一軍打席を経験、03年には初安打も記録。
しかしその後二年間一軍出場なし。ファームでは04年3割も翌年は不振に陥り、はっきり伸び悩んでしまった。昨年久々に一軍昇格したが、2試合スタメン起用されてノーヒット。すっかり存在感が希薄になってしまった。打者転向後5年目にも浮上できず。
それでもまだ26歳で、ここからの台頭も可能かと思っていたが、シーズン後自ら引退を決断。早くもグラウンドを去ることになってしまった。力の限界を感じてしまったのだろうか? 将来の3番と期待していたのだが、残念なプロ生活に終わってしまった。

土橋 勝征

小技職人、曲者型

右投右打
印旛高 ヤクルト87ドラフト2位〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 ヤクルト 111 327 103 9 140 34 3 2 4 24 37 .315
05 ヤクルト 101 247 64 3 84 14 0 5 1 23 29 .259
06 ヤクルト 29 25 4 0 5 3 0 3 0 3 4 .160
通算 20年 1464 4208 1121 79 1571 427 35 129 30 397 534 .266

流して良し、送って良しの理想的な2番タイプのベテラン内野手。バットを極端に短く持ち、ひたすらしつこく当てに来る。相手から見れば実にいやらしいバッター。
入団当初はパンチ力のある内野手として、長嶋一茂のライバル的存在としてデビュー。しかしレギュラーを獲得した95年頃から軌道修正。ひたすら小技を磨くことで確固たる地位を確立した。内外野どこでも守れる器用さもあいまって、チームに欠かせない選手に。
守備はセカンドの印象が強いが、過去には外野での出場も多い。内野守備は堅実の一言。打撃は流し打ちが得意で小技もうまい。まさに職人的な選手。
99年に故障低迷してから不振に陥り、一時期ポジションを奪われかけた。年齢的な衰えも懸念されたが、03年巻き返し。久々に打撃好調で、ポジションを再奪取した。04年も好調は持続し、打率は自己最高を記録。技術に冴えを見せた。
しかし05年は後半失速し、特に終盤大不振。しぶとさは変わらずもちょっと力負けするようになり、さすがに年齢を感じさせた。完全に控えに廻った昨年その流れはさらに加速し、ほとんど打てないまま7月に二軍落ち。シーズン終了を待たずに引退を決意した。
若い頃からなぜか巨人戦に相性が良く、おいしいところでよく打っていた印象が強い。しぶとさと勝負強さでチームを支えた好選手。20年の現役生活を全うし、今季からはコーチに就任。

鳥越 裕介

守備中心、貧打型

右投右打
臼杵高〜明大 中日94ドラフト2位〜98、ダイエー/ソフトバンク99〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 ダイエー 42 81 21 1 27 5 1 1 0 3 16 .259
05 ソフトバンク 110 139 33 0 40 17 2 9 0 10 31 .237
06 ソフトバンク 34 37 9 0 10 0 0 3 0 3 5 .243
通算 13年 1057 2231 504 21 657 164 49 137 7 187 547 .226

189cmと堂々たる体格ながら守備専門の選手。中日時代から大型ショートとして期待されたが、どうにも非力なバッティングがネックに。結局レギュラーを獲りきれないままに、ダイエーへ移籍。
移籍1年目はそれまでと大差ない働きだったが、2年目、井口の故障を足がかりに念願のレギュラーを奪取。井口をセカンドに追いやるほどの信頼を得た。打撃はちっとも成長しないが、こと守備に関しては安定感抜群。チームの打線が強力ということもあったが、この低打率でもスタメンで起用されたのは高い守備力あってこそ。
ただやはり打てないというのはかなりの難で、ここ数年出番が減りつつある。当初サードを守っていた03年はいつの間にかショートに復帰したが、故障で出遅れた04年は川アの成長と本間の活躍で完全にポジションを奪われた。復帰した夏場に別人のような打棒を見せるも、それが長続きしないところがこの人らしい。
05年は序盤全く打てず、三振ばかりを繰り返していたが、6,7月に打撃好調。スイングがだいぶコンパクトになり、ファウルで逃げられるようになった。長続きせず終盤は元の貧打に戻ったが、出場数を大きく挽回した。しかし昨年はチームの若返り策の影響をモロに受けた。川アが出遅れた序盤こそスタメンで出て結果も残していたが、川ア復帰後は守備固めの出番もほとんどないまま。ベンチに待機したまま日程は進み、8月に登録抹消されるとそのまま再昇格なし。ちょっと不遇とも言える扱いでシーズンを終え、戦力外通告。
チーム事情とはいえ前半は起用されてもいい場面はあったのだが。そのまま引退を決意し、今季からはコーチに。まだ充分動けただけに惜しい感もあるが、年齢的には微妙な頃合でもあったか。たまに打つと不敗神話を作り出したりと、単なる守備の人と言い切れない味があった。

永池 恭男 (們多)

内野万能、守備要員型

右投右打
福岡工大付高 大洋・横浜92ドラフト2位〜97、巨人98〜02、近鉄03〜04、楽天05〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 近鉄 27 47 11 0 12 2 0 5 1 4 7 .234
05 楽天 36 31 6 1 10 2 0 2 0 3 3 .194
06 楽天 - - - - - - - - - - - -
通算 15年 349 364 79 3 102 27 2 28 2 49 55 .217

内野ならどこでも守れる、守備固め要員。打力は貧弱ながら、どこを守っても堅実なプレーで確実性は非常に高い。貴重なユーティリティ。
高卒ながら2年目から一軍出場。当初は次のレギュラー候補とも見られていたが、打撃がとにかく非力でなかなか打てず。そのかわりに守備力は長足の進歩を遂げ、万能型の選手に変わっていった。
98年に巨人へ移籍すると自己最多の出場試合を記録。しかしどうしても「穴埋め」という存在を脱しきれず、一軍定着とまではいかなかった。これ以降はほとんど二軍暮らしに終わり、03年に今度は近鉄に移籍。9年ぶりの二桁安打と久々に上向いたが、それでも上には定着しきれないまま。
便利な選手なのだが、そこから一歩も出ていないのがなんとも微妙。守備も堅実ではあるが名手と言うには足りず、苦しいときのリザーブ要員の域を出ない。万能だが特徴にも欠けてしまう。
近鉄を自由契約となったが、05年は楽天入り。当初打撃好調で、故障離脱の高須の代役も務めた。5年ぶりのホームランを放ったりもしたが、後半は急ブレーキで変わり映えのしない成績に終わってしまった。昨年は一軍出場なく、シーズン終了前に引退表明。シーズン100打席が一度もないあくまで地味な存在だったが、息長くプレーした。今季は二軍コーチに。

奈良原 浩

いぶし銀、守備職人型

右投右打
帝京高〜青学大 西武91ドラフト2位〜97、日本ハム98〜06途中、中日06途中
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 日本ハム 85 99 24 0 30 9 5 4 0 6 20 .242
05 日本ハム 98 165 38 2 55 17 6 5 1 8 35 .230
06 中日 37 31 6 0 8 1 1 3 0 1 11 .194
通算 16年 1508 2848 674 13 860 212 198 215 18 315 495 .237

内野ならどこを守らせても巧い職人選手。バントやエンドランといった小技もそつなくこなす。まさにいぶし銀の存在。
大学からドラフト2位で西武入り。当時から守備力の評価は高く、1年目から一軍に多く起用された。3年目には準レギュラー的存在に。だが打撃がもうひとつ非力でレギュラーまでは至らず。98年の日本ハムへの移籍は、本人にとっても大きな転機となった。どちらかと言えば大型の選手が多いチームで、細かいプレーが出来る貴重な選手として活躍。移籍初年度に初めて規定打席に達し、西武時代より明らかに出場機会が増した。これ以降は主力の一人に。
打撃は依然として非力なものの、守備の安定感で充分おつりが来る。00年から03年まではほぼレギュラー。中堅からベテランの域になっても盗塁への意欲を失っておらず、00年から4年連続二桁盗塁を記録。木元や小田といった新鋭が台頭してきた状況下でも、依然として安定感は一枚上の存在。
長期間活躍を続けたが、昨年は出番が廻らず。するとシーズン途中、中日への移籍となった。移籍後は代打・代走・守備固めと幅広く起用されたが、7年ぶりの打率1割台。38歳の年齢からついに引退となった。今後はコーチとして、巧みな技術を伝える立場に。

ヴァル・パスクチ

長距離砲、荒削り型

右投右打
ロッテ05〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
05 ロッテ 33 102 29 8 56 20 1 0 0 18 38 .284
06 ロッテ 69 203 45 13 95 32 0 0 1 34 77 .222
通算 2年 102 305 74 21 151 52 1 0 1 52 115 .243

05年ロッテ4人目の外国人野手。枠の関係でサブという扱いだったが、なかなか力のあるところを見せて戦力になった。
来日前年に初めてメジャーに昇格したばかりの若い選手で、2Aでは本塁打王の実績も。1年目の李がいまいちだったこともあり、チームに不足しがちな長距離砲として獲得された。1年目前半は一軍の3人が皆好調でほとんど出番なし。しかしベニーが故障した夏場にチャンスを得て、8月に4割5ホーマーの活躍。代役の期待にしっかり応えた。なかなかの強肩も見せ、守備力ではフランコよりも上。この打席数で8ホーマーは好成績と言える。
ただ活躍したのは短い期間で、9月は1割台と失速。出場数が少なかった分、底を見せずに済んだ面も感じられた。李が巨人に移った昨年は主力として期待されたが、その不安的中。開幕から打率が低空飛行で、期待の一発もなかなか出ず。8,9月に9ホーマーを放つが、時すでに遅く帳尻の印象は免れず。主戦力にはなりきれず、期待はずれに終わってしまった。
打席数倍増した分打率は大幅低下。リーグワーストのセギノールをはるかに上回るペースの三振数で、2年目は完全に脆さを露呈した。チャンスにも徹底的に脆く、主軸を打つには力不足。長打力は充分だったが粗すぎた。

林 孝哉

便利屋、叩き上げ型

右投右打
箕島高 ダイエー92ドラフト7位〜02途中、日本ハム02途中〜04、ロッテ05〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 日本ハム 4 6 0 0 0 0 0 0 0 0 2 .000
05 ロッテ 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 2 .000
06 ロッテ - - - - - - - - - - - -
通算 15年 263 396 94 12 149 55 0 13 2 40 108 .237

二軍生活の長かった内野手。パンチ力のある打撃が売りだが、なかなかそれを活かす場面に恵まれなかった。
一軍初登場は4年目だったが、その後3年間一軍出場なし。二軍に埋もれた存在だったが、8年目の99年にようやく台頭。右の代打、あるいは内野のユーティリティとして活躍し、この年77試合に出場。なかなか味のある働きを見せた。
しかしこれといった特徴を持たぬゆえ、これ以降徐々に出場機会が減っていく。ファーストとサードの守備固めという役割はそれほど特殊性のないもので、他の選手にとって替わられるのは必然だった。ジリ貧状態に陥っていたが、02年途中にトレードで奮起。
移籍後は貴重な右の代打として大いにアピール。思い切りの良い打撃で好結果を呼び、スタメンに名を連ねるなど好循環。古巣ダイエー戦でサヨナラホームランを放つなど恩返しもしっかり果たし、最終的には自己最高の成績を残した。しかしこれが次につながらないところがさびしい。翌年以降若手の台頭に押し出されて出番激減。ほとんど一軍には声がかからず、04年もわずか6打席でシーズン終了。一過性の活躍のみで戦力外に。
機会があればそれなりに働ける選手だが、それなり以上を期待しづらいところが難しい。どこでも何でもやれるというのが利点でもあり印象を弱めてもいる。トライアウトを経てロッテ入りしたが、出場はわずか4試合。昨年は8年ぶりに一軍昇格なしに終わり、再び戦力外に。すでに33歳とあって、引退することとなった。ほとんど脚光を浴びない存在だったが、現役生活は15年に及んだ。

原 俊介

打撃型捕手、這い上がり型

右投右打
東海大相模高 巨人96ドラフト1位〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 巨人 6 5 2 0 2 0 0 0 0 1 1 .400
05 巨人 9 16 2 0 2 1 0 0 0 1 5 .125
06 巨人 13 19 3 0 4 1 0 1 0 1 4 .158
通算 11年 68 85 19 3 33 10 0 1 0 5 26 .224

ドラフト1位入団の捕手。将来の正捕手として期待されたが、02年まで7年間一軍出場なし。ほとんど戦力外に近いような状態だったが、03年ようやく這い上がってきた。
もともと打撃に関しては一軍でもおかしくないと言われていたが、それでも巨大戦力に阻まれ出番なし。半ば忘れられた存在となっていたが、03年初めて一軍出場を勝ち取ると代打で持ち前の強打を発揮。特に代打で3割超は立派で、3ホームランもすべて代打でのもの。やっとその真価を発揮し始めた。
思い切りのいい打撃は天性のもの。ただ守備力は低く、基本的に「打つだけ」というタイプ。せっかく這い上がったのも束の間、04,05年はまたわずかな出場に終わり、地味な存在に戻ってしまった。かつて抜擢してくれた原監督が再任の昨年だったが、5月に昇格し何度か起用されるも結果が伴わず。後半は二軍で過ごし、とうとう戦力外となってしまった。
あまりチャンスにも恵まれなかったが、03年を契機に飛躍し切れなかったのが痛恨だったか。結局この年が最初で最後の輝きとなってしまった。

福井 敬治

パワーヒッター、左殺し型

右投右打
智弁学園高 巨人95ドラフト3位〜04、広島05〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 巨人 17 15 5 0 5 0 0 1 0 0 2 .333
05 広島 73 87 25 1 34 5 0 1 0 4 15 .287
06 広島 27 31 5 0 5 2 0 0 0 6 7 .161
通算 12年 268 303 70 8 105 25 1 6 0 21 71 .231

左投手に無類の強さを見せる長打力が売りの大型内野手。身長189cmと体格に恵まれ、体に見合ったパンチ力の持ち主。
大柄ながらも器用なタイプで、内野はどこでもこなし、外野も守れる。プロ入り後の5年間は二軍での下積みに費やしたが、01年から台頭。02年はホームラン数倍増。特に無敵と思われた好調井川から放った一発は鮮烈だった。
しかし03年伸び悩み。打率がかなり低迷し、守備固めとしても阪神戦で大逆転を許すきっかけのエラーを演じてしまった。「右の代打」としても一年後輩の原の後塵を拝し、一気に存在感が薄くなってしまった。翌年はほとんどチャンスもなく、シーズン後戦力外に。
解雇は少々もったいない印象で、トライアウトを通して広島入団。移籍した05年は自己最多の出場機会を得た。放ったヒットの8割が左投手からで、対戦打率は3割5分と相変わらず滅法強い。逆に右投手には1割台と極端。かつて派手な失態を演じたが、実際には守備も悪くはなく、何度かスタメン出場するなどなかなかの戦力となった。
しかし昨年は再び打撃不振。前半はユーティリティとして控えていたが、5月以降2安打しか打てず、後半は二軍暮らし。シーズン後戦力外となってしまった。
井生がしぶとい働きを見せて、完全に立場を食われてしまった。まだまだ働き場所はあるようにも思えたが、そのまま引退ということに。

福本 誠

俊足内野手、巧打型

右投右打
法政二高〜法大 横浜99ドラフト4位〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 横浜 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 .000
05 横浜 - - - - - - - - - - - -
06 横浜 - - - - - - - - - - - -
通算 8年 55 84 21 0 22 8 2 9 1 9 19 .250

セカンドを中心に守る俊足選手。小回りの利くタイプで、器用さが特徴。
1,2年目はまったく戦力にならなかったが、02年一軍に台頭。非力ながら巧さのある打撃でまずまずの結果を残した。守備はなかなか安定しており、足の速さは武器。右狙いの打撃など、随所にしぶとさを感じさせた。
戦力として面白い存在なのだが、これ以降チャンスがない。ファームでは堅実な数字を残しているのだが、なかなか上からお呼びがかからず。04年はわずか3試合、2三振の結果しか残せず、ここ二年は完全な二軍暮らし。ジリ貧に陥って、とうとう戦力外となってしまった。
派手さはないが計算が立ちやすい選手と思っていたが、ほとんどチャンスに恵まれなかったのは残念。今後は球団職員として再出発することに。二軍のレギュラーのまま終わってしまった。

マット・フランコ

中距離タイプ、バランス型

右投左打 ベストナイン(05)
ロッテ04〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 ロッテ 130 439 122 16 209 65 1 1 3 60 66 .278
05 ロッテ 129 464 139 21 230 78 2 1 1 54 90 .300
06 ロッテ 91 274 72 7 101 20 1 1 1 22 49 .263
通算 3年 350 1177 333 44 540 163 4 3 5 136 205 .283

04年大幅に入れ替わったロッテ外国人の一人。完全な中距離打者で、パワー型ではないが広角に打ち分ける技術を持つ。選球眼もあり、なかなかしぶとい打者。
打撃は塁線を抜く打球が持ち味で、1年目はまずまずの結果を残した。ツボにはまればライナー性で柵越えの力もある。ただし、マイナス点もかなりある。足が遅く、出塁しても細工がしづらい。かといって一発の確率も低い。取り立てて勝負強いというわけでもなく、中軸にはやや不足。しかし出塁役にも期待しづらいというやや中途半端な存在。打順が固定されなかったのも、見方を変えれば適性がわかりづらかった結果とも言える。
どうにも印象の弱かった04年だったが、翌年は前半打撃絶好調。6月までで3割中盤の打率に13ホーマー。チームの快進撃に少なからぬ貢献を果たした。後半数字を大きく落としたが、打率3割に20ホーマーと成績をかなり向上させた。強力さがない代わりに、打線のつながりの中でうまく機能した印象。認識を改めさせたシーズンとなった。
しかしこれはできすぎだったのか、昨年はなんとも印象の薄いシーズンに。良かったのは交流戦の時期だけで、6月以降はさっぱり。大きく数字を落とし、8月上旬を最後に二軍落ち。結局そのままシーズンを終え、解雇ということになった。
パワーヒッターではないので一発が激減したのは許容範囲だが、得点圏1割台で打点わずか20が大きな誤算。一塁・三塁・外野をこなすが守備力は低く、この成績ではマイナス面のほうが強い。チームが乗っている時はうまくはまったが、牽引していくというタイプではなかったようだ。37歳と高齢でもあり、昨年限りはやむをえないところ。助っ人としては微妙なところの多いタイプだった。

クリフ・ブランボー

4番候補、やや不足型

右投右打
オリックス05〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
05 オリックス 124 448 118 19 195 57 0 0 4 47 103 .263
06 オリックス 47 121 27 5 45 12 1 0 1 10 25 .223
通算 2年 171 569 145 24 240 69 1 0 5 57 128 .255

大砲不在のオリックスで、4番を期待された外国人。04年は韓国で首位打者に輝き30ホーマー100打点を記録。秋にはオリックスだけでなく、ダイエーも獲得に乗り出していた選手。
アジア経由の野手はカブレラやフェルナンデスの成功例もあり、キャンプ・オープン戦を通じて評価も上々。新外国人の中でも一番活躍するのではないかと期待された。開幕すると4月は3割と好調な滑り出し。なかなか出なかった一発も5月に入ると増え始め、評判通り当たりかと思わせたがここで落とし穴。6月から絶不調に陥り、一気に数字が急降下してしまった。
期待されたパワーは、センター方向へ飛ばす打球がなかなか伸びる。だが左投手に強い代わりに右投手には非常に弱い。ステップの際にやや体が開き気味で、外を攻められると手が出ないことが多かった。チャンスにもそれほど強くなく、中軸の期待からすると大いに不満の残る成績。
それでも向上に期待して残留したが、昨年はさらにさっぱり。開幕から低調で二軍落ち。5月復帰後はボチボチ打ったが、この辺りから枠の関係で登録が落ち着かなくなった。7月に抹消されるとそれっきりに。結局期待外れのままでシーズン後解雇。
前評判は高かったのだが、外角に踏み込めないという欠点は解消されなかった。昨年は起用法もやや中途半端だったが、開幕いきなり5連続三振、14打数ノーヒットでは無理からぬところか。

堀田 一郎

俊足強打、二軍の帝王型

右投右打
北海高〜中大 巨人97ドラフト6位〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 巨人 24 50 13 3 27 8 0 2 0 4 12 .260
05 巨人 71 64 16 0 17 6 2 2 1 7 17 .250
06 巨人 8 11 1 0 2 0 0 0 0 0 2 .091
通算 10年 243 215 43 4 67 18 5 6 1 17 61 .200

何年も期待されながら、なかなか上に定着できなかった外野手。素材の良さには定評があるのだが、中堅になっても力を発揮し切れず。
一発長打を打てるスラッガータイプで、しかも俊足。ドラフト下位でも1年目から一軍出場しているのは期待の高さの表れ。事実ファームでは抜きん出た成績で、02年はホームラン王、03年は首位打者を獲得。とっくに格上の存在なのだが、しかし一軍ではようやく03年初ホームランとなかなか結果が出せず。「二軍の帝王」という風評を強化するばかりだった。
ようやく台頭の気配を見せたのが04年。3ホーマーを放ち、特に左に強いところを見せて夏以降はほぼ一軍に定着。一軍への足がかりを掴み、翌年は出場数大幅増。遅まきながらではあるが、やっとそれなりの結果を残した。
しかし出場が増えた割に印象は弱く、近いタイプである若い矢野の急台頭に食われてしまった面も。昨年は一転して出番大幅減で、シーズン後とうとう戦力外に。04,05年の成績がもっと早い段階であれば大きく変わったのだが…。今後は球団職員として再出発。

ホセ・マシーアス

万能選手、小粒型

右投左右打
日本ハム06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
06 日本ハム 73 227 52 3 78 21 3 7 3 12 35 .229
通算 1年

日本ハムの昨年の新外国人。内外野どこでもこなすユーティリティプレーヤーで、メジャーでは100試合以上出場4度、01年にはほとんどレギュラーの実績を残した。
身長175cmと外国人にしては小柄で、パワーではなく総合力が売り。当初は1番二塁で起用されたが、ちょっと打率が伸び悩み。状態は上がらず、逆に5月に急降下。交流戦では1割にも満たない打率で、6月には二軍落ち。その後復帰して多少持ち直したが、完全なレギュラーとしてはだいぶ物足りない成績に終わった。
守備力は前年在籍のアルモンテよりはるかに上で、ユーティリティという触れ込みに偽りはなく内外野こなした。ただパワーは度外視しても打率があまりにも低すぎた。終盤好調で9月は3割打ったが、これをもっと早く見せて欲しかった。日本シリーズでは先発出場がなく、一年のみで退団。ある意味計算通りの働きはしたが…。

益田 大介

中堅外野手、代打屋型

右投左打
滝川二高〜龍谷大 中日96ドラフト6位〜01途中、近鉄01途中〜04、楽天05〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 近鉄 82 180 49 2 65 16 1 1 1 17 43 .272
05 楽天 50 107 27 0 35 10 2 0 2 10 24 .252
06 楽天 16 26 6 0 10 3 0 1 0 2 8 .231
通算 11年 555 1147 306 16 421 101 19 13 8 131 275 .267

プロ入り当初は俊足で脚光を浴び、「ナゴヤドーム時代の中心選手」と目された外野手。結局レギュラー定着はならなかったが、近鉄移籍後代打の切り札として活躍。
中日入団2年目に規定打席に到達し、リーグトップの三塁打を放つなど順調にレギュラーを掴みかけていた。しかし翌年の不振でポジションを追われてしまい、そこから出番激減。99,00年は一桁の出場試合で、レギュラーどころか一軍からも遠ざかってしまった。01年途中に近鉄へ。
しかし移籍後代打で好成績を残し、これまでのイメージを一新することに成功。この年3割4分の高打率で左の一番手となった。翌年は良くなかったものの、03年は自己最多の7ホーマー、代打で4ホーマーの活躍。さらに04年は翌年は川口の不振から守備につく機会も増えて、打席機会を大きく伸ばした。
かつての俊足とはだいぶイメージが変わったが、打撃も含めて安定した戦力として一本立ち。総合的にまとまった能力を持ち、準レギュラーとして堅実な働き。派手さはないが使いやすい選手。
05年楽天に移籍。層の薄いチームにあってレギュラー級の活躍が期待されたが、春先大不振で大きく躓いてしまった。二軍調整後6,7月は好調でスタメンにも名を連ねたが、いい状態が続かず出番減少。代打でも思わしくなく、期待値を大きく下げてしまった。
楽天入りが逆に仇となってしまったような格好に。昨年はさらに後退して、一軍にいたのは序盤のみ。4月末に二軍落ちするとそのまま声がかからず、シーズン後戦力外となってしまった。33歳とそれほどの年でもなかったのだが、急に精彩を欠いてしまった印象。トライアウト挑戦も獲得球団は現れず、実質引退ということに。まだまだやれそうではあったが。

町田 公二郎 (康嗣郎)

半人前スラッガー、代打屋型

右投右打
明徳義塾高〜専大 広島92ドラフト1位〜04、阪神05〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 広島 7 6 1 0 1 0 0 0 0 1 2 .167
05 阪神 34 32 6 0 7 3 0 0 0 5 9 .188
06 阪神 14 12 3 1 7 2 0 0 0 3 2 .250
通算 15年 955 1946 489 85 838 272 18 17 12 289 462 .251

同僚だった浅井と二人で一人といった印象の選手。東都リーグのスラッガーとしてドラフト1位入団。当時の広島は典型的な投高打低のチームで、その打棒はかなりの期待を集めていた。
1年目は49試合で6ホーマー。すでに台頭を見せていた前田・江藤らとともにチーム若返りの旗手とみなされた。しかし出場の増えた2年目に伸び悩み、新旧交代の波にちょっと乗り遅れてしまった。変化球打ちにやや難があり、確実性の低さからポジション獲りに失敗。
レギュラー定着こそ果たせなかったが、しかしその後貴重なリザーバーとして地位を確立していく。本来は外野手だったが、チーム事情によってサード、場合によってはセカンドまで守る便利屋として出場をアピール。さらに持ち前の長打力も徐々に発揮。率こそ低いものの一発の魅力で代打の切り札に成長。「右の町田、左の浅井」はチームの売りの一つにもなった。
恐らくフル出場では持たないタイプだったのだろう。代打では当代一の存在となり、積み上げた代打ホームランはセ・リーグ史上1位。決して守備は上手くなかったが、多くのポジションをこなせる強みは充分武器となった。00年には準レギュラーとして自身最高の13ホーマーも記録。何かと故障者の多いチームにとっては欠かせない戦力となった。
長年サブとして活躍を続けたが、02年から打率が低迷。肝心の代打でも成功率が落ち込み、ちょっと衰えを感じさせるようになってきた。04年はわずか7試合、6打席のみで10年ぶりに一発なし。プロ入り最低のシーズンに終わり、秋には戦力外通告。
最後の意地を見せるべく阪神に移籍したが、05年は前半のみの出場で影が薄いまま。昨年7月に3年ぶりの代打ホームランを放ったが、8月6打数ノーヒットで終盤は二軍へ。ついに引退となった。一度も規定打席には達せずレギュラーには届かなかったが、プロ野球史上2位タイ、リーグ記録の代打ホームラン20本という大記録を残した。今季からはコーチに。

万永 貴司

平均点選手、控え型

右投右打
姫路工高〜中山製鋼 横浜94ドラフト6位〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 横浜 56 58 14 1 20 3 2 7 0 3 17 .241
05 横浜 58 54 15 0 19 3 0 4 0 3 12 .278
06 横浜 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000
通算 13年 518 487 115 5 151 35 15 30 0 36 101 .236

目立つ部分はないが、これといった欠点もない平均点選手。走攻守にバランスがいいが、レギュラー云々というスケールはない。
プロ生活10年を越えるベテランだが、ここまで100打席を越えたのは一度きり。入団以降大活躍したシーズンはないが、98年以降はほぼ一軍に帯同。レギュラー以外の選手層が極端に薄い横浜で、何でも出来る控えとして非常に重宝されてきた。やや打撃は弱いが守備面で堅実。内野ならどこでも守り、与えられた仕事はこなすタイプ。
03年は若手の積極起用で出番を若干減らしたが、その代わりに打撃好調。5年ぶりのホームランも記録し、代打でも好結果を残した。その打撃好調が翌年まで続かないところがこの選手らしいが、何でもできるという安心感は確か。
05年も代打・代走・守備固めとオールラウンドに出場。便利屋としてキャリアを積んできたが、昨年は4月代打の一打席で二軍落ち。そのまま昇格なく、シーズン終盤に引退を表明した。最終戦に引退試合として先発出場。
こじんまりとして地味な存在だったが、利便性の一点でしぶとく働いてきた。今後はコーチに。

瑞季 (田中 瑞季)

小兵内野手、叩き上げ型

右投左右打
柳川高〜住友金属 ダイエー/ソフトバンク00ドラフト5位〜05、ロッテ06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 ダイエー 41 84 21 0 27 7 4 3 0 7 13 .250
05 ソフトバンク - - - - - - - - - - - -
06 ロッテ - - - - - - - - - - - -
通算 7年 76 122 30 0 40 11 5 3 0 8 20 .246

俊足を売りにするスイッチヒッターの内野手。社会人出といえどもドラフト下位入団で、さほど注目を浴びる存在ではなかったが、徐々に出場機会を増やした。
走攻守いずれにおいても荒削りな選手なのだが、小兵ながらも勢いの良さで台頭。意外に思い切りの良いスイングを見せ、04年は春先から一軍出場の機会も多く、一時は三塁のポジションを手中にしかけた。
ただ思い切りはいいのだが、逆に慎重さに欠けてポカが多い。ポジションは三塁か二塁が多いが、手痛いミスも目立った。掴みかけたポジションを手放したのもこの辺りが原因。これで見切られてしまったか、05年は一軍から声がかからず戦力外に。
上昇ムードから一気に落ち込んでしまった。トライアウトを経て昨年ロッテ入りしたが、二軍でも1割台と冴えない成績に終わりまたも解雇。04年がピークで、そこから伸びることができなかった。勢いに技術が伴わなかったか。

宮ア 一彰

俊足内野手、小兵型

右投左打
明徳義塾高〜法大〜いすゞ自動車〜米・独立リーグ 巨人00ドラフト7位〜03、西武04〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 西武 6 8 0 0 0 0 0 0 0 0 4 .000
05 西武 10 7 1 0 1 0 1 0 0 0 1 .143
06 西武 - - - - - - - - - - - -
通算 7年 71 61 13 0 14 3 2 1 0 7 12 .213

俊足を売りにする内野手。アメリカに渡って独立リーグでプレーし、入団テストを経てプロ入り。
身長167cmと非常に小柄ながら、積極果敢なプレースタイルが持ち味。入団時から足は高く評価され、テスト上がりながら1年目から一軍出場を果たした。一時仁志の代役を務めるなどし、03年に初盗塁を記録したが、そのオフ自由契約に。再びテストを経て、西武に移籍。
武器はなんといっても脚力、なのだが、残念なことに牽制死や盗塁失敗が多く、確実性に欠ける。西武でも出番は増えず、ほぼ二軍暮らし。昨年は一軍昇格なく、再び戦力外に。
昨年二軍打率も2割そこそこで、俊足といっても技術が低く、31歳の年齢ではさすがに厳しい。もう少し堅実さが欲しかった。

宮地 克彦

野手転向、乱高下型

左投左打 ベストナイン(05)
尽誠学園高 西武90ドラフト4位〜03、ダイエー/ソフトバンク04〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 ダイエー 93 252 78 3 97 24 1 6 1 16 23 .310
05 ソフトバンク 125 409 127 3 160 36 1 7 1 33 43 .311
06 ソフトバンク 48 71 11 0 12 2 0 1 0 5 11 .155
通算 17年 457 1151 316 12 407 111 14 38 7 86 142 .275

05年、戦力外からの華々しい復活で話題となったベテラン外野手。大物打ちではないが、しぶとい打撃が持ち味。
入団時は投手で、甲子園でも鳴らした速球派左腕だったがプロでは芽が出ず。センスを活かすため4年目に外野へ転向した。転向後は巧打者として注目され、毎年期待の一人に挙げられていた。しかしなかなか一軍の壁を破れず、98年にはイースタンで首位打者を獲得しながら翌年一軍出場なし。もう一皮がなかなかむけず、伸び悩みが続いていた。
なかなか浮上の機会がなかったが、02年に急台頭。伊原監督の抜擢に応え、この年の特徴ともなった「日替わり3番打者」の一人として活躍。それまでの伸び悩みが嘘のように安定し、一年通してほぼレギュラーの働き。プロ入り13年目、野手転向後10年目にして初めて一軍定着を果たした。
年齢からいっても崖っぷちの状態から一気の活躍だったが、翌年また立場は一転。大島の成長に押されて失速しオフには戦力外に。再び崖っぷちに立たされたが、ここからしぶとく這い上がってきた。
テストで04年ダイエー入りすると、村松のFAで空いたポジションを奪い、夏場からは打撃好調でほぼレギュラーに。02年の打棒がフロックではないことを証明した。さらに活躍はこれにとどまらず、翌年はさらに上昇。2ストライク後から3割というしぶとい打撃で開幕から外野の一角を占め続け、プロ入り16年目にして初めて規定打席に到達。リーグ5位の3割を記録し、ベストナインにも選出された。すべての面でもちろん自己ベスト更新で、まさに遅咲きの大開花となった。
村松がFAしなければダイエー入りはなかったという話もあり、現役の危機から奇跡的な大躍進。この活躍から昨年は当然開幕スタメン。ところがここで大きな落とし穴。4月に極端な打撃不振に陥り、さらに手首を傷めてレギュラー失陥。その後も状態は上向くどころか悪くなる一方で、二軍調整を経ても変わらなかった。4月以降は1割をやっと越える打率でシーズンを終え、前年の絶頂から一転戦力外となってしまった。
大活躍直後の不振で戦力外という経過が西武の時と全く同じだったのは奇妙なところ。打撃不振は手首の状態の悪さもあったが、結果が出ない焦りから打撃を自ら崩していた印象も受けた。トライアウトにも参加したが今度は声がかからず、今季は新発足の北信越独立リーグに選手兼任コーチとして参加することとなった。新たな挑戦が注目される。

森 章剛 (ショーゴー)

パワーヒッター、荒削り型

右投左右打
藤蔭高 中日98ドラフト2位〜05、日本ハム06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 中日 10 32 7 3 16 6 0 0 0 2 14 .219
05 中日 - - - - - - - - - - - -
06 日本ハム - - - - - - - - - - - -
通算 9年 62 135 28 5 48 17 0 0 0 12 46 .207

入団時から期待の大きかったスラッガー候補。粗さが先に立ってなかなか上がって来れなかったが、04年終盤に一躍脚光を浴びた。
もともとは左打ちだったが、プロ入り後スイッチに挑戦。しかしそれでも結果が出ず、積極的に起用された02年もいまいちの結果。翌年は一軍に上がれず、少々忘れられかけていた。一時スイッチも諦めていたが、04年途中に落合監督の勧めで再度スイッチ挑戦。ペナント正念場の9月に一軍昇格を果たすと、見切りをつけていたはずの右打席で2戦連発の快挙。「落合采配最後の刺客」として注目を集めた。
ようやく期待のパンチ力を発揮したが、しかし基本的に粗っぽいところは改善されていない。9月の好調も翌月まで続かず、最終的には以前と変わらぬ低打率に落ち着いてしまった。本来の左打席で低打率に喘いだのは皮肉。
結局一過性の活躍のみで、信頼を築くまで至らず。05年は二軍で10ホーマーも一軍に上がれずじまい。昨年日本ハムに移籍したが二軍でもパッとせず、戦力にはならなかった。シーズン後戦力外に。
開花すれば日本では稀有なスイッチのパワーヒッターだったのだが。本当に一瞬の輝きで終わり、それ以上伸びることができなかった。もう少し見てみたかった気もするが…。

諸積 兼司

俊足好守、不安定型

右投左打
学法石川高〜法大〜日立製作所 ロッテ94ドラフト5位〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 ロッテ 97 86 23 1 28 2 4 4 0 12 20 .267
05 ロッテ 87 32 8 0 13 3 1 1 0 2 7 .250
06 ロッテ 20 4 2 0 4 2 0 1 0 0 1 .500
通算 13年 1110 2628 691 7 865 153 103 99 9 278 488 .263

ファイタータイプのベテラン外野手。俊足を売りにレギュラーとなり、長年センターを守ってきた。
1年目はほとんど出場できなかったが、2年目にいきなり規定打席に到達して3割近いアベレージを残し、一気にレギュラーに。俊足と好守でセンターに収まり、1番定着を期待された。しかし翌年以降は打率が伸び悩み。ちょっとムラの大きいタイプで、また巧打者タイプにもかかわらず選球眼もいまいち。磐石のレギュラーというにはあと一歩足りず、その後規定打席に達したのは99年のみ。非常に波が激しく、完全に1番に定着することはできなかった。打率も盗塁も95年が自己ベスト。
01年に極端な打撃不振に陥ったものの、02年は復活。年々減っていた盗塁数も久々に回復させた。しかし翌年はまた低迷しレギュラー失陥。この時点で30歳を越えており、これ以降はほぼ控えに徹することとなった。ただ外野守備力はチームで上位の存在で、守備要員として貴重な存在に。05年は打席数を大きく減らすも終盤の守備固めとして活躍。
昨年も開幕直後は守備要員として多く使われていた。だが5月に二軍落ちするとそのまま昇格がなく、シーズン途中に引退を表明。ホーム最終戦を引退試合として現役を去ることとなった。まだ守備は戦力だったが、不安定な外野布陣の影響を受けてしまった格好。もうひとつ安定しなかったが、ロッテの90年代を支えた選手の一人。今季は二軍コーチに就任。

柳沢 裕一

控え捕手、流浪型

右投右打
松商学園高〜明大 巨人94ドラフト2位〜99途中、オリックス99途中〜00、中日01〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 中日 38 62 15 1 21 10 1 2 0 8 24 .242
05 中日 14 18 2 0 2 0 0 0 0 0 8 .111
06 中日 - - - - - - - - - - - -
通算 13年 204 320 67 1 76 17 3 14 0 26 86 .209

中日の控え捕手。三球団を渡り歩いてほとんどの年で出場が一桁と、これまではまず試合に出てこない選手だった。しかし一時谷繁のサブとして浮上。
当時常に捕手難を取り沙汰されていた巨人にドラフト2位で入団。しかし即戦力とはいかず、一軍初出場は3年目の96年。翌97年に村田真の故障に乗じて大幅に出場数を伸ばしたが、これといって特徴がない上に打撃が弱いとあって、実質この年だけで戦力としては見切られてしまった。
99年途中にオリックスへ移籍。だが依然として出番はほとんどなく、中日移籍も立場は変わらず。捕手としては三番手ほどの位置で、むしろブルペンを固める裏方としての評価が高かった。02年までは半ばコーチのような存在で推移。
だが03年、谷繁の故障で代役に抜擢され、97年以来の出場数。これで二番手捕手としての地位を固め、翌年も谷繁故障の穴を埋める働き。11年目にしてプロ初ホームランも記録した。
捕手としての能力には特に瑕疵はなく、守備力は安定している。ただ特筆する部分がないのも確かで、小田が移籍してきた昨年は初めて一軍出場なく、シーズン後戦力外となってしまった。コーチ就任の打診もあったようだが、現役にこだわりトライアウト、さらにはソフトバンクの春季キャンプにも参加。しかし現時点で去就は決まらず、かなり厳しい状況となっている。まだ動けそうではあるが…。

吉原 孝介

控え捕手、平均点型

右投右打
岡山東商高〜川ア製鉄水島 巨人91ドラフト2位〜99途中、中日99途中〜00、オリックス01〜06
年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率
04 オリックス 8 8 0 0 0 0 0 0 0 0 2 .000
05 オリックス - - - - - - - - - - - -
06 オリックス - - - - - - - - - - - -
通算 16年 303 440 94 4 123 27 7 17 2 33 103 .214

90年代に巨人が躍起になって集めていた捕手の一人。入団時からそれなりの出場機会を貰っていたが、それなりのレベルを脱することは出来なかった。
肩はそこそこ強く、守備もまあまあ。打撃はやや非力だが、全体的に普通レベルの選手。裏を返せば特徴がないということで、正捕手を奪う強力な武器を持っていなかった。結局常に二番手・三番手の捕手のまま、99年中日へ移籍。
移籍以降はそれまでよりも出場機会が減ってしまった。中日からオリックスへと籍を移したが、02年に10試合のみの出場に終わると、その後二年は出場数一桁。戦力というよりも半ばコーチのような状態になり、球団合併で的山などが加入すると二年続けて一軍出場なし。二軍でもほとんど出場せず、昨年限りでついに引退。
キャリア的になんとなく柳沢と被るイメージも。予想通り今季は二軍コーチに就任。まとまった捕手能力の持ち主で、指導役にはうってつけかもしれない。


HOME