退団野手 2008年

アレックス・オチョア 

強肩外野手、アスリート型

右投右打 Gグラブ(04)
中日03〜06、広島07途中〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 中日 138 523 143 30 1 15 220 77 2 0 1 52 2 86 .273
07 広島 73 290 87 18 1 7 128 31 2 0 0 28 2 48 .300
08 広島 142 569 174 29 1 15 250 76 3 0 1 32 3 63 .306
通算 6年 765 2933 847 153 5 97 1301 416 17 1 14 255 31 474 .289

03年、入団決定しながら来日を拒否したミラーに代わって、急遽獲得された外国人選手。ミラーはこの年の新外国人の中で最も大物と評されていただけに、代役アレックスにかかる期待も並々ならぬものがあった。
すらっとした運動能力の高そうな選手で、注目されたのはその強肩。メジャーでも守備力で評価されていたという評判は伊達ではなく、開幕早々から目の醒めるような返球で度肝を抜いた。福留と並ぶ強肩コンビの右中間は12球団随一と評され、ことディフェンス面で言えばミラーが来るよりもはるかに良かったと言える。
打撃面では本来は1番タイプと思われ、長打力は並レベル。03年は4番を任されたものの物足りない印象で、後半は打順もめまぐるしく動いた。一時は一年限りの声もあったが、立て直して残留。翌年もほぼ同水準の成績を残し、安定戦力に。
しかし中軸としてみるとやや弱いのは事実で、パワーだけでなく勝負強さも不足気味。05年はすべての面で後退し、欠場したウッズの代役も果たせなかった。自慢の強肩にもやや陰りが見え始め、年齢的な不安も浮上。
06年はスタートこそ快調だったがその後不振。終盤は2割を切る大不振で結局前年並の成績に終わった。この最後の不振が嫌われたか、契約延長せず退団。しかし07年途中、打線に苦しんだ広島が獲得。すると見違えるような好調な打撃が続き、8月末時点で3割台中盤の活躍。非常に大きな補強となった。終盤調子を落としたが、最終的に3割を維持。中日時代には見られなかった勝負強さも発揮した。
そして開幕から在籍の昨年は3番定着で安定した活躍。中日時代にはちょっと波が激しい印象があったが、そういう面も見せなかった。チームの外野陣ではただ一人固定され、シーズン3割の好成績を残した。規定打席に達しての3割はこれが自身初めて。
左投手に3割5分と強さを見せたシーズンだった。以前に比べると守備力はかなり落ちたが、その分打撃はうまくなった印象。このところは勝負強さも見せている。それだけに再契約に至らず退団となったのは残念。高齢でも昨年終盤の打棒を見る限りまだまだやれそうだが。

ウィルソン・ヴァルデス

守備誤算、荒削り型

右投右打
ヤクルト08途中
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ヤクルト 29 78 20 1 0 1 24 8 4 2 0 8 0 14 .256
通算 1年

昨年途中入団の外国人内野手。主にショートを守る選手で、昨年当初は韓国でプレーしていた。五輪で抜けることが確定的だった宮本の代役候補として獲得、登録名は「ウィルソン」。
アメリカ時代を見ても長打がある選手ではなく、マイナー通算193盗塁というチャンスメーカータイプ。6月に入団が決まり、下旬から出場を始めた。即スタメンショートで起用され、7試合連続ヒットと上々のスタート。ただ打撃のほうはだんだん落ちていき、オールスター前にはスタメンを外れるようになってしまった。
元々大きな期待をされていたわけではない打撃のほうはともかくとして、問題は肝心の守備がそれほど良くはないこと。足・肩はいいもののキャリアの割にプレーが雑で、20数試合の出場で失策5はちょっと多い。所属した韓国の起亜でも「思ったほど守備が良くなかった」と評されたらしく、これではうなずかざるを得ない。
来日直後の好調で打率はまずまずだったが、それもどんどん下がって8月初めに二軍落ち、そのまま再昇格なく、昨年限りに。4盗塁しているように脚力はあるのだが、走れる選手の多いヤクルトではそれもあまり魅力とはならない。この補強はうまくいかなかった。

上田 佳範

強肩貧打、伸び悩み型

右投左打
松商学園高 日本ハム92ドラフト1位〜05、中日06〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 中日 59 81 18 6 0 0 24 8 0 2 1 3 2 16 .222
07 中日 23 27 6 0 1 0 8 1 0 1 0 2 2 5 .222
08 中日 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 17年 1027 2058 486 100 6 37 709 192 36 45 12 208 25 494 .236

高校時代、松商学園を準優勝に導いた大型投手。ドラフト1位入団となったプロでは、打撃センスを買われ外野手に転向。恵まれた体格、身体能力で大いに期待されたが、一本立ちできぬまま地味な控え選手に落ち着いた。
入団から3年間二軍でじっくり鍛えられ、95年から一軍に。96年には低打率ながらほとんどレギュラーとなり、さらに97年には規定打席に到達し3割をマーク。順調な成長、打撃開眼で向こう十年は日本ハムの中心選手に、と期待を持たせた。が、翌年から極度の打撃不振。3割どころか、2割5分を越えたのもこの年限りで、掴みかけたレギュラーの座もあっという間に遠のいてしまった。02年は出番すらほとんどなくわずか1安打。半分忘れられたような状態に。
守備でこそ投手出身らしい強肩で魅了するが、打撃では大きい体を持て余し気味。どちらかといえばアベレージタイプの打者なのだが、脆さが常に同居して三振がやたらに多い。目指すべき目標がぶれている印象が強い。
03年は少し持ち直し、出場機会もだいぶ戻した。しかし打率は依然伸びないままで、05年はまたも1安打のみの大不振。ほとんど二軍暮らしに終わり、中日に移籍。
移籍の06年は開幕当初はなかなか好調で出番を増やしたが、5月以降は1割台と低迷。結局通年で見ればいつもと大差ない数字に落ち着いた。移籍後も状態は変わらず出番は減り、そして昨年ついに引退を決断。引退試合で打席に立ったのが昨年唯一の一軍出場だった。
17年のキャリアの内、前半の95〜00年まで毎年100試合以上出場だったが、01年以降の後半は一度も大台に届かなかった。結局97年が最初で最後の輝きとなった。

大須賀 允

便利屋、中途半端型

右投右打
前橋工高〜東北福祉大 巨人02ドラフト6巡〜06、広島07〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 巨人 - - - - - - - - - - - - - - -
07 広島 16 20 3 0 0 0 3 1 0 0 0 2 1 6 .150
08 広島 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 7年 34 27 5 1 0 1 9 3 0 0 0 2 1 9 .185

ユーティリティタイプの内野手。06年限りで巨人を戦力外になったが、テストを経て07年広島入り。
身長186cmの大型選手で、アマチュア時代はスラッガーという評判だった。しかしプロでのキャリアはほとんど二軍暮らし。当初下では積極的に起用されていたが、そこそこといった印象でなかなか上がってこれなかった。04年に一軍で初ホームランを放ち視野が開けたかと思われたが、その後2年は一軍出場なし。一つの目安と言われる5年が経過したところで戦力外となり、広島へ。
移籍の07年は初めて開幕一軍入りを果たし、前半はなかなかの出場機会を得た。代打を中心に使われたが、目立った活躍はできず。低打率で徐々に出番は少なくなり、6月末以降は完全に二軍暮らし。
06年で退団した福井のような役回りを期待されていたと思われるが、この打率の上に守備もそれほどいいわけではなく、どこをとっても中途半端という印象が強い。新人の小窪が万能ぶりを見せた昨年は一度も上に呼ばれず、シーズン後再び戦力外となった。30間近の年齢でこの実績、さほど特徴もないとあっては苦しい。ユーティリティとしても微妙。

沖原 佳典

ベテラン内野、乱高下型

右投右打
西条高〜亜大〜NTT関東〜NTT東日本 阪神01ドラフト6位〜05途中、楽天05途中〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 楽天 60 186 38 4 2 0 46 12 3 8 1 7 1 29 .204
07 楽天 6 18 3 1 0 0 4 0 0 1 0 0 2 4 .167
08 楽天 14 33 8 1 0 0 9 0 0 0 0 1 0 9 .242
通算 8年 366 990 253 44 4 8 329 76 14 41 4 52 7 193 .256

05年途中移籍でショートレギュラーとなった内野手。アマチュア時代シドニー五輪を経験し、阪神時代は同期入団の藤本とレギュラーを争っていた。
社会人でのキャリアが長く、実戦的な守備力の持ち主。1年目藤本より先にポジションを掴みかけたが、打撃が弱く維持できなかった。その後は関本の台頭もあってレギュラー争いからは後退していたが、03年課題の打撃が長足の進歩。勝負強さも再三見せ、後半は故障で離脱した今岡の代役も務めた。3割を越える打率で優勝にも貢献。
成長した打撃は派手さはないが、センター返し中心で基本に忠実。総じて穴の少ない選手だが、守備も足もそこそこと取り立てて強調材料もないため、ややインパクトに欠ける。そのためか鳥谷が加入した04年は出番減少。
05年もほとんど出番がない状態だったが、シーズン途中に楽天へ移籍決定。移籍発表即日スタメン起用されるなど、久々のチャンス到来で発奮を見せた。2番に座って3割をキープし、完全にレギュラーに定着。自身最高の出場機会を得、低迷に喘ぐチームにとっても重要な戦力となった。
移籍でチャンスを掴み、大きく開花した05年だったが、これが続かないところがまずい。開幕から2番に座った06年だったが一転して大不振。打撃低迷でレギュラーどころか二軍落ちとなってしまい、そのままシーズンを終えてしまった。守備面でも精彩を欠き、前年とは別人のような姿を見せてしまった。
人材難だったチームも、渡辺直や草野といった内野手が加わり、存在感は一気に薄くなってしまった。07年はほとんど一軍に呼ばれず、出場6試合は自己最低。そして昨年も夏場に少し昇格しただけで、ほとんど二軍暮らし。そしてシーズン後戦力外となってしまった。
移籍で一度は巻き返したが、後が続かずもう36歳のベテラン。この年齢で実質2年二軍暮らしでは戦力外も無理からぬところ。このまま引退が濃厚か。

小関 竜也 (竜弥)

俊足好守、急降下型

左投左打 新人王(98)、ベストナイン(02)、Gグラブ(02)
国学院栃木高 西武95ドラフト2位〜05、巨人06途中〜07、横浜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 巨人 56 128 33 4 2 0 41 10 3 4 0 4 1 15 .258
07 巨人 5 4 1 0 0 1 4 2 0 0 0 0 0 1 .250
08 横浜 49 93 20 1 0 1 24 3 0 1 0 8 1 11 .215
通算 13年 982 2934 806 116 27 18 1030 259 83 211 17 258 56 351 .275

派手さはないがまとまった能力の外野手。西武時代は攻守に堅実な脇役的存在として活躍した。俊足に加えて打撃センスもなかなかのレベル。
プロ入りから3年目まではわずか2試合に出場したのみ。ところが98年、当時の東尾監督に抜擢されると攻守に破綻のない活躍でレギュラーに定着し、この年新人王に輝いた。ただつなぎ役という立場、また先行する同僚の大友と似たタイプということもあり、あまり強い印象には残らなかった。俊足も守備力も素晴らしいが、基本的に徹底して脇役。犠打数は毎年リーグの上位を争っていたが打順も一定しなかった。
地味な存在だったが02年、伊原新監督の方針で2番完全定着し、念願の3割をマーク。1番松井と4番カブレラをつなぐ重要な役割をしっかりと果たし、自身の存在感も大きく向上。チームの快進撃に大きく貢献し、蔭のMVPとも言える働きを見せた。
だがこの活躍を絶頂に、これ以降は急降下。03年は一転して前半低打率に苦しみ、04年は故障で終盤戦欠場。そして05年は一気に大不振に陥ってしまった。開幕から結果が振るわず、佐藤の故障離脱でも先発を確保できず。一軍定着以降では最悪の成績に終わり、レギュラーから一気に脱落。
それでもまだ必要な戦力と思われたが、突然の自由契約。その後メジャーを目指して渡米するも、マイナー契約締結寸前まで行きながらビザ枠の関係で断念。紆余曲折の末開幕後に巨人入りとなった。その06年は5月好調で一時レギュラーになるも、その後急失速し後半は二軍暮らし。一時的な活躍しかできなかった。07年はその流れのままほとんど一軍には上がれず。7月に放った代打ホームランが唯一のヒットとなってしまった。出場一桁に終わったのは本格デビュー前の97年以来10年ぶり。
シーズン後戦力外となったが、トライアウトで2ホーマーの活躍を見せ、昨年は横浜入り。開幕スタメンを射止め、4試合連続マルチヒットと上々のスタート。しかし日程が進むにつれ調子は下降し、打率はついに2割そこそこまで低下。徐々に出番も減っていき、ついに終盤は二軍に落ちたままとなった。結局良かったのは春先だけの冴えない成績に終わった。
球団を二度移っても失速の流れは止まらず。20回以上起用された代打もわずか2安打では完全に期待はずれだった。2年続けて戦力外となり、トライアウトに参加しなかったが、今季は再び米球界挑戦。

小野 公誠

中堅捕手、叩き上げ型

右投右打
聖望学園高〜東北福祉大 ヤクルト97ドラフト4位〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 ヤクルト 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -
07 ヤクルト 10 16 2 1 0 0 3 3 0 0 1 1 0 7 .125
08 ヤクルト 9 11 1 0 0 1 4 1 0 0 0 0 0 2 .091
通算 12年 244 453 91 12 0 16 151 48 1 10 4 21 2 128 .201

古田のサブを長年勤めてきた中堅捕手。入団から4年間は一軍とほぼ無縁だったが、01年終盤台頭。古田が故障離脱した穴を埋めて一気に名を売り「ポスト古田」にも挙げられた。
どちらかと言えば鈍重で、古典的な捕手らしい外見。全体的にソツがなくまとまっている。面白いのはバッティングで、フォームがどことなく古田に似ている。打率は低いが一発長打を秘めており、甘く見ると痛い目を見る打者。
台頭以降も古田が健在で、二番手捕手としてすっかり落ち着いていたが、05年古田が休みがちになったことで再浮上。後半から終盤にかけて先発出場が急増し、後継正捕手の座に一歩近づいた。しかし06年は一転して出場機会激減。古田が兼任監督となったことで、出番が増えると予想されたが、4月に膝を痛めてリタイア。そのまま最後まで再登録なく終わってしまった。出場は守備についた1試合のみ。
米野が積極起用されることは想定内だったが、経験でまだ優位にあると思われただけに痛い故障離脱だった。あまり年の違わない福川の台頭に続き、07年は若い川本が出現。ほとんど出番はなくなり、二軍で過ごすことが多くなった。昨年はもっぱら代打もノーヒットで、ついに引退を表明。
返す返すも06年の故障は痛かった。最後の打席で3年ぶりの一発を放ち現役終了、有終の美を飾った。

貝塚 政秀

巧打者タイプ、隔年型

右投左打
長崎日大高〜三菱重工長崎 西武00ドラフト5位〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 西武 13 20 3 0 0 0 3 3 0 0 0 1 0 6 .150
07 西武 19 33 5 0 0 0 5 1 0 1 0 2 0 8 .152
08 西武 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 9年 333 800 214 46 2 17 315 117 13 4 5 63 2 175 .268

04年急成長を見せた左の巧打者。コースに逆らわず左右に打ち分ける打撃技術が持ち味で、勝負強さも併せ持つ。
プロ入りから05年までは完全な隔年型で、1年目はルーキーながら70試合に出場、ところが2年目はわずか8試合。発奮した3年目は「日替わり3番打者」の一人として一軍定着し打棒を発揮したが、03年は大低迷でプロ入り初のノーヒットと出入りが激しい。一度掴みかけた信頼を手放した03年だったが、04年は開幕から打撃好調。春先からハイアベレージですっかりレギュラーに定着。これまで見られなかったパンチ力も発揮し、中軸もこなす大躍進となった。
もともとは捕手だったが、入団当初からどちらかといえば打撃上位の選手で、起用ももっぱら代打が主だった。04年もスタートは代打だったが、それで収まらない活躍ぶりで、一気の飛躍。一塁かDHをこなし、故障したカブレラの穴を感じさせなかった。
だが05年は出足で躓き、せっかく手にした地位からまた後退してしまった。それでもそこそこの数字は残したが、06年は一気の大不振。わずか3安打でシーズンの半分以上を二軍で過ごし、隔年ペースも崩れてしまった。07年も低迷から立ち直れず、2年続けての1割台。わずかな出場数で存在感も希薄に。
守備はかなり下手な部類で、一塁でも捕球が心もとない。脚力はそこそこあるが、打てないとちょっと魅力が薄い。昨年はとうとう一軍に上がれず、シーズン後戦力外に。活躍を続けられず、30歳を越えて一気にジリ貧となってしまった。

木村 考壱朗 (一喜)

控え捕手、打撃上位型

右投右打
帝京三高〜日本通運 広島00ドラフト2位〜07、楽天08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 広島 8 11 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2 .091
07 広島 4 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000
08 楽天 9 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 9年 335 587 153 20 2 6 195 59 0 10 3 36 6 94 .261

02年急台頭を見せた捕手。「ポスト西山」と期待されての入団も1,2年目は影が薄かったが、3年目に存在感を高めた。
最大の売りはバッティング。入団時から強打が買われていたが、当初はプロの壁にぶつかりあまり結果を残せなかった。しかし02年は打撃急成長。出場機会もどんどん増え、3割維持で改めて打力をアピールした。
反面、ディフェンス面では課題も多く、リード・キャッチングともに信頼度は低い。03年は石原の台頭で出場機会は減り、正捕手争いからは大きく後退。むしろ代打で戦力になった印象。この頃から、打力を活かすためコンバートという話も出始めた。
それでも捕手を続けたが、これ以降出番が減る一方。04年の打撃不振から回復できず、05年は倉にも追い抜かれて3番手に後退。どんどん出番が減り続けて、06年からはほとんど二軍暮らし。ポジション争いからは遠く離され、シーズン後戦力外となってしまった。
良かったはずの打撃で結果が出せていないのが大きな問題。トライアウトを経て昨年は楽天入りしたが、結局肝心の打撃をアピールできなかった。8度の代打を含めてノーヒットに終わり、再び戦力外に。結局02,03年が一過性の活躍に終わってしまった。現役を退き、今季はBCリーグ福井のコーチ就任が決定。

清原 和博

天才大器、無冠の帝王型

右投右打 新人王(86)、ベストナイン(88,90,92)、Gグラブ(88,90,92〜94)、最高出塁率(90,92)
PL学園高 西武86ドラフト1位〜96、巨人97〜05、オリックス06〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 オリックス 67 203 45 7 0 11 85 36 0 0 1 36 1 83 .222
07 オリックス - - - - - - - - - - - - - - -
08 オリックス 22 22 4 2 0 0 6 3 0 0 0 3 0 11 .182
通算 23年 2338 7814 2122 345 12 525 4066 1530 59 5 66 1346 196 1955 .272

打撃三部門のタイトルがなく、「無冠の帝王」と呼ばれるスラッガー。いい意味でも悪い意味でも、アマチュア時代から内外の注目を一身に集めてきた選手。
高校時代から桑田とともに「KKコンビ」として名を馳せていたが、やはり圧巻はルーキーイヤー。ベテランの好打者・片平からポジションを奪い取り、高卒新人記録の31ホーマーをマーク。以降は常に4番打者として、タイトルには届かないが常に安定した成績。8度のリーグ優勝に6度の日本一と、西武黄金時代の主砲に君臨し続けた。秋山・デストラーデと並ぶクリーンアップは圧倒的で、11年目の96年には通算300号を突破。輝かしい実績を残して、97年FAで念願の巨人入り。
だが、ここを契機として以降曲折が始まる。97年は32ホーマーに95打点も、打率が低く自己ワーストの152三振。翌年からは故障も目立つようになり、長年の歪みが一気に表出した感があった。99年には入団から13年続いていた規定打席にも20ホーマーにも届かず、翌年も低迷。この頃から「肉体改造」に取り組み、01年は自己最多の121打点と移籍後の風評を跳ね返す活躍を見せたが、長続きしない。翌年はまた故障で戦線離脱。周囲を圧するような迫力ある体格は身につけたものの、逆に柔軟性は失われてしまった。
若い頃から外角打ちの巧さを絶賛されていたが、逆に内角は弱点。そのため入団時から死球が多く、通算死球はプロ野球記録。それでもかつては対応力があったが、今は動きがはっきり鈍くなっている。脚力も大幅に落ち、今は鈍重な長距離砲のイメージ。近年では内角に避けるそぶりもなく、「地蔵」と揶揄されるほどになってしまった。守備力も大幅に低下し、「三塁も可能」というのは遠い過去の話。
03年は少し持ち直したが、04年以降は故障続きで満足に働けない状態。05年も打率は低空飛行のままで、4番で始まった打順も徐々に下がっていった。毎年のようにオフの主役となっていたが、自由契約という形で退団し06年はオリックスへ。
久々のパ・リーグ復帰となった06年は春先なかなかの好スタート。しかしやはり故障欠場が多く、満足にシーズンを過ごすことは出来なかった。成績もどんどん落ちていき、3年続けて2割そこそこの打率で終了。そして07年はキャンプで膝を痛め手術、ついに一度も実戦出場なく終わってしまった。20年以上のプロ生活で出場がなかったのは初めて。入団以来続いていた二桁本塁打も21年でストップ。
昨年もリハビリで始まったが、8月2年ぶりの実戦復帰。ただこの時点ですでに引退を匂わせていたように、衰えはあまりにも明白だった。140kmを越すスピードには全くついていけず、往年の姿は見る影もなかった。ついに昨年限りで現役を引退。
相手投手にバットを投げつけたり、変化球を投げると恫喝したりと、はっきり言って個人的には好きになれない選手だったが、通算本塁打史上5位、通算打点史上6位とまぎれもなく歴史に残る大打者。引退はやはり寂しい面も強い。80年代から球界の中心だったKKコンビもついにグラウンドを去った。

河野 友軌

打力優位、一軍半型

右投左打
狭山清陵高〜法大 横浜03ドラフト8巡〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 横浜 13 16 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 5 .125
07 横浜 - - - - - - - - - - - - - - -
08 横浜 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 6年 51 42 9 1 1 0 12 1 0 0 0 0 0 16 .214

シャープな打撃が持ち味の外野手。大物目白押しのいわゆる「松坂世代」の一人でもあり、大学では西武の後藤武などと同期。ドラフトでは下位指名ながら1年目から一軍出場。
アマチュア時代は捕手も含めて様々なポジションをこなしたが、プロでは外野手専念。1年目からプロ初ヒットを記録し、2年目にはオープン戦で大活躍、開幕一軍入りも果たした。ただ勢いは持続せず、ここまでは二軍を脱しきれていない。
打者としてはバランスの取れた中距離タイプ。脚力もありまとまっているが、逆にこれという目を惹く要素に欠ける面も。層の厚い外野陣にあって、なかなか機会に恵まれない。
二軍では2年続けて3割マークも一軍では結果を残せず、ここ2年は下でも不調で一軍に上がれずに終わった。中堅の年齢でこれでは厳しく、シーズン後戦力外、トライアウト参加も声はかからず、そのまま引退となった。オープン戦で存在感を見せた04年に飛躍し切れなかったのが痛かった。

ルイス・ゴンザレス

元メジャー、大汚点型

右投右打
巨人07〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
07 巨人 25 73 18 4 0 3 31 12 0 0 1 2 3 16 .247
08 巨人 32 114 35 7 0 2 48 17 0 2 2 7 3 19 .307
通算 2年 57 187 53 11 0 5 79 29 0 2 3 9 6 35 .283

セカンドレギュラーを期待された外国人。04,05年とメジャーでレギュラーを務めた選手。
メジャーでは内外野複数のポジションをこなしていたが、巨人では二塁固定。開幕戦早速ホームランを放つ活躍。二塁守備も柔軟さを見せてうまかったが、死球が元で早々に離脱。5月に復帰も手首が完治せず再び離脱。以降長期間戦列を離れてしまった。戻ってきたのは終盤で、かなり不本意な1年目となった。
メジャーでも手首の故障でレギュラー落ちした選手で、その古傷をすぐに痛めてしまった。正直微妙な結果ではあったが、貴重な二塁候補ということで残留。昨年は開幕からなかなか好調さを見せていたが、5月末ドーピング違反が発覚。一年間の出場停止処分となり、6月に入ってすぐに解雇となった。
ドーピング検査で検出された中には「合成覚醒剤」があり、禁止薬物どころか違法薬物。解雇は当然の対応で、あまりにも大きな汚点となってしまった。

ジェイジェイ(J・J)・ファーマニアック

外国人ショート、貧打型

右投右打
横浜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 横浜 25 51 8 0 0 2 14 5 0 0 1 2 0 16 .157
通算 1年

ショートを中心に様々なポジションを守れる外国人選手。マイナーの俊足選手で、07年は3Aで21盗塁。登録名は「ジェイジェイ」。
守備に特徴があるということだったが、それは裏を返せば打てないということでもあった。開幕一軍でも扱いは控え。しばらく代打での起用となったが、開幕から11打数ノーヒット6三振と惨憺たる状況で二軍落ち。7月に再昇格して2ホーマーを放ったが、いい状態は続かずこの月も2割をやっと越える打率。前半を終えてやっと1割台後半という状態では、体力に不安のある石井琢の代用にも覚束ないレベルだった。
守備は大半がショートで起用されたが、こちらも格別光るというでもなく、それほどいいという印象はない。それに加えてこの打力ではさすがに厳しく、8月頭に再度二軍落ちするとそのままシーズン終了。二軍では打っているというレベルでは戦力にはならなかった。一年限りで解雇。
登録名は素直に「JJ」で良かったのではないかとも思ったが、どっちにしろこの成績では関係なかったか。

ミッチ・ジョーンズ

途中入団、扇風機型

右投右打
日本ハム07途中〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
07 日本ハム 30 94 15 6 1 1 26 7 1 1 1 4 2 32 .160
08 日本ハム 8 27 3 1 0 0 4 0 0 0 0 0 0 10 .111
通算 2年 38 121 18 7 1 1 30 7 1 1 1 4 2 42 .149

07年途中入団の外国人選手。グリーンが大きく期待を裏切ったため、6月中旬に急遽獲得された。
メジャー経験はないが、04年には2Aで39ホーマー、来日時点で3Aのホームラン・打点の二冠王を走っていた長距離砲。明らかに落ちてしまった得点力向上のために獲得された。飛ばせる能力に期待されたが、同時に粗さを懸念する声も。6月末に登録されもっぱら一塁手として起用されたが、不安のほうが的中してしまった。
慣れるまでに時間がかかるのは当然だが、待てど暮らせど打撃は向上せず。一度二軍で調整したが、再昇格後も依然2割に満たない低打率続き。たまに当たって1ホーマーでは分が悪すぎて、さすがに期待外れと言わざるをえない。2年契約のため昨年も残留したが、やはりさっぱり打てなかった。結局6月に解雇、残留させた意味は全くなかった。

鈴木尚 (尚典)

安打製造機、迷走型

右投左打 首位打者(97,98)、ベストナイン(97,98)
横浜高 大洋/横浜91ドラフト4位〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 横浜 61 82 27 5 3 2 44 13 0 0 1 2 1 16 .329
07 横浜 95 237 55 12 1 3 78 17 1 0 2 21 0 48 .232
08 横浜 49 45 12 0 1 2 20 4 0 0 0 3 1 10 .267
通算 17年 1517 4798 1456 260 28 146 2210 700 62 9 43 419 55 877 .303

かつての「マシンガン打線」の中心の一人。シャープな打撃が持ち味で、プロでの通算打率が3割を越える好打者。しかしここ数年不調続き。
入団4年目にレギュラーにのし上がると、翌年は3割まであと一歩。97年には一気に3割を突破し首位打者に輝いた。翌年もほぼ同水準の数字を残して2年連続の首位打者。3番に座り、ローズとともに打線の主役を務めていた。特にインコースをさばく技術は圧巻で、これまで5度の3割を記録し、99年には92打点をマーク。さらに00年まで6年連続二桁ホームランとパンチ力も兼ね備え、97,00年は20ホーマー。
まさに頼れるスラッガーなのだが、その資質以上に長打力を期待された面が強い。完全に中距離打者だと思うのだが、チーム事情から長打を望まれ、また本人も無理な背伸びをしていたように見える。
ローズが抜け4番を任された01年は特にその傾向が顕著で、ために本来のバッティングを崩してしまい前半は絶不調に陥ってしまった。大きいのを狙うことで逆にホームランが減るという悪循環。どうもこれ以降本来のシャープなバッティングを見失った気がする。
03年は久々にホームラン倍増もチャンスに弱く、数字ほど打った印象がない。そして04年は開幕から大不振、一向に調子が上がらず、とうとう夏場にはレギュラーから脱落する事態となった。低落は止まらず、05年もポジションは失ったまま。打率もさらに下がり、ほぼ自己最低といっていい成績に終わってしまった。ホームランも12年ぶりに0。
不振が長引いていたが06年代打の切り札として活躍し復調気配。そして07年はかつての背番号51に戻し、大矢監督からも「再生」を目玉に挙げられるほど期待された。中軸復帰で好調なスタートを切り、今度こそと思わせた。が、5月失速し長期の不振。打率はみるみる落ちていき、前年良かった代打もさっぱり。結局2割前半の打率に終わり、レギュラー復権はならず。また不振の印象を強める結果に終わってしまった。
もっと巧い打者だったと思うのだが、いつの間にかすっかり脆くなってしまった。若い頃から守備の弱さ、特に肩の弱さは問題視されており、打てなければ魅力の薄い選手。代打専念の昨年も序盤結果が出ず長期二軍暮らし。14年ぶりに出場が50試合未満に終わった。
それでも8月の再昇格後は25打数8安打の2ホーマーとらしさも見せたのだが、10月に入ると戦力外が伝えられ、ついに現役引退することとなった。この5年は控えに落ち着き、やむをえない決断だったか。今季からはコーチに転身することに。昨年限りで川村も引退し、石井は広島へ移籍。98年の優勝を知るメンバーも残り少なくなった。

フリオ・ズレータ

巨漢大砲、怪力型

右投右打 ベストナイン(05)
ダイエー/ソフトバンク03途中〜06、ロッテ07〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 ソフトバンク 126 466 131 22 0 29 240 91 1 0 6 47 13 112 .281
07 ロッテ 77 277 74 10 1 15 131 51 2 0 3 38 8 88 .267
08 ロッテ 73 241 52 15 1 8 93 33 1 0 2 16 4 72 .216
通算 6年 604 2114 590 99 3 145 1130 417 5 0 24 232 69 574 .279

身長197cm、体重113kg(公称)という巨漢打者。体つきからもいかにも大きいのを打ちそうなパワーヒッター。
小久保故障で低下した得点力向上のために、03年途中にダイエー入り。当初の想定では三塁手として獲得されたはずだったのだが、内野適性は練習を見ただけで失格の判断。それならばと外野を守らせてみたが、およそプロとは思えないプレーを連発。わずか1試合で守備には見切りをつけられた。
ギャグに近い失態を見せた守備だったが、打つほうでは期待以上の威力を発揮。見かけ通り凄まじいパワーの持ち主で、当れば打球はピンポン球、福岡ドームの上段まで運んでしまう。基本は粗っぽい怪力打者だが、意外にしつこい面もあり、追い込まれるとなかなかボール球には手を出さないしたたかさも見せる。軽くスイングをしてくるときは非常に危険な存在。
03年の活躍で残留を決めた04年は、堂々の37ホーマー、さらに自身が豪語したように100打点にも到達した。3ランホームランが非常に多く、「ミスター3ラン」の称号も。3年目の05年はさらに向上。非常に研究熱心で、打席ごとに手製のメモをつけていることも有名となった。3割40ホーマーの大台に乗せ、打撃三部門すべてリーグ2位という“準三冠王”ともいうべき好成績。ホームラン後のパフォーマンスもすっかりおなじみに。またこの年から一塁守備につくようになり、これまでの“打つだけ”の存在から一変。守備力は高いとはいえないが、大きい一塁手だけに内野手が送球しやすいというメリットもあった。
だがこの年をピークに以降は成績が落ちていくことになる。06年は打線の弱体化、特に後ろを打っていた城島が抜けた影響が大きく、非常にマークがきつくなった。それでも29ホーマー91打点と充分な好成績を残したが、一方で4月死球に激昂して金村に暴行を働き退場。これが通算6度目とあって、10試合の出場停止処分を下された。この気性の荒さが嫌われたか契約が折り合わず、自由契約となってロッテに移籍。
大砲不在のチーム待望の長距離砲と期待されたが、移籍後急落。07年は左手指の骨折で5月末から長期離脱し、復帰後もあまりパッとしない状態で主砲の期待には応えられず。そして昨年はさらに落ち込んだ。開幕から不振で打率は2割をやっと越える状態。何より期待された一発も少なく、シーズン8本にとどまった。故障離脱も再三あり、悪かった前年をさらに大きく下回るボロボロの状態に。
この急落は故障が大きな要因だが、だんだん太くなっていた辺り少々慢心もあったように思える。ここからは私見になるが、移籍後死球を嫌って頬もカバーするヘルメットを着けるようになったことが逆に隙を見せることになっていた気がしてならない。一目で「内角に過剰なほど神経質」と分かる姿は相手投手にとって与し易しと思えたのではないだろうか。
この成績では期待はずれもいいところで、昨シーズン終了後自由契約。数々のトラブルに故障持ち、成績も低下ではさすがに見納めとなりそう。実績があるだけに、故障癒えて体が絞れれば復帰という線もありそうではあるが。

代田 建紀

俊足一芸、転変型

右投左右打
藤嶺藤沢高〜城西大〜朝日生命 近鉄98ドラフト6位〜99、ヤクルト00〜02、ロッテ03、05〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 ロッテ 17 22 4 0 1 0 6 1 3 2 0 1 0 5 .182
07 ロッテ 37 11 4 2 0 0 6 1 5 0 0 3 1 3 .364
08 ロッテ 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -
通算 10年 191 109 18 2 1 0 22 6 25 6 0 12 4 29 .165

圧倒的な快速を誇る足のスペシャリスト。故障のため一年ブランクがあったが、05年復帰を果たした。
入団時からその俊足は知れ渡っており、近鉄時代の2年目にはウエスタンの盗塁王に。ヤクルトに移籍した00,01年もイースタンで盗塁王を獲得し、ファームで3年連続盗塁王。01年はリーグ記録となる60盗塁を稼いだ。だがそれだけの脚力を持ちながら一軍は遠く、ほとんど二軍暮らし。足以外の部分がどうも弱く、なかなか台頭できなかった。
03年にロッテに移籍。ようやく多少出番が増えたが、シーズン終盤のゲームで膝を負傷し、そのまま痛恨の解雇に。だが手術とリハビリを経て、翌年のトライアウトに参加。一度解雇されたロッテと再契約を果たした。
復帰の05年は自慢の足を活かし、代走・守備要員として前半一軍定着。唯一にして最大の武器は健在である事を見せ付けた。ただ依然として“それ以外”は非常に弱い。特にほとんど打てないのが辛いところで、後半はまた二軍暮らし。なかなか出場数を伸ばせない。
06年出番が減ったが、07年は自己最多の出場数。依然として快速は健在で、少ない打席数ではあるが珍しく高打率も記録した。ただそれでも一軍にいたのは7月までで、後半はまた二軍生活。スペシャリストとしても完全定着しきれないまま、昨年は2試合のみでほとんど二軍暮らしに終わった。
30代半ばの年齢からもここが限界という印象で、昨年限りで引退。代走のスペシャリストになりきれなかったのは惜しかった。今季は二軍コーチに就任。

タイロン・ウッズ

怪力打者、アーチ量産型

右投右打 本塁打王(03,04,06)、ベストナイン(04,06,07)、打点王(06)
横浜03〜04、中日05〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 中日 144 523 162 29 0 47 332 144 1 0 6 84 1 151 .310
07 中日 139 466 126 16 0 35 247 102 3 0 5 121 1 153 .270
08 中日 140 490 135 18 0 35 258 77 0 0 2 78 3 138 .276
通算 6年 824 2940 851 115 0 240 1686 616 11 0 21 490 15 855 .289

怪力でホームランを量産するパワーヒッター。メジャー経験こそないが、韓国では5年間で174本塁打を放った。日本でもそのパワーを存分に発揮し3度の本塁打王獲得。
03年横浜入り。本来この年の新外国人メインはコックスの方で、このウッズは守備位置の関係からどの程度出番があるか、あくまでリザーブという存在だった。しかしコックスが開幕絶望の負傷、逆にウッズはオープン戦でも好結果を残し、開幕から堂々の4番。すると穴も多いながら当ればスタンドインという桁外れのパワーで、横浜にとっては88年のポンセ以来というホームラン王に輝いた。2年目も迫力は変わらず、さらに本数を伸ばして2年連続のキングに。やや低めだった打率も3割近くに向上し、打点も100を越えた。
見かけ通り粗さはあり、ご多分に漏れず三振は多い。ともすれば扇風機になってしまうタイプなのだが、ウッズの場合右方向に飛距離を出せるのが大きな強み。“流し打つ”のではなく“叩き込む”といった雰囲気で、ライトスタンドに鋭い打球を運ぶ。タテの変化には脆いが、浮いてしまえば持って行かれてしまう。
文句なしの大砲だが契約条件で折り合わず横浜を退団。争奪戦の末中日へ移籍。移籍後も打棒にはいささかの衰えもなく、長年懸案だった4番に完全に定着した。移籍初年は試合中の暴行で10試合の出場停止という汚点も残したが、06年は後半大爆発で優勝の原動力に。8月以降に24ホーマーを量産、大きくリードしていた李承Yを軽々と抜き去って3度目のホームラン王、打点も2位に大差をつけて堂々の二冠王に輝いた。以前はチャンスに弱い面があったが、4本の満塁弾などまさしく4番の働きを見せた。07年は腰痛の影響から不振があって数字を落としたが、30ホーマー100打点をクリア。
昨年も主砲として4番に君臨。しかしこれまでほどの活躍を見せられなかった。ホームランは変わらず量産するものの、得点圏打率2割2分とチャンスにブレーキ。しばらく払拭していた「勝負弱さ」が甦ってしまった。来日以来の6年連続30ホーマー以上を放つも、打点は大幅に減って自己最少。特に阪神戦に非常に悪く、4番として物足りないシーズンとなった。
これまでの活躍で年俸はすでに跳ね上がっており、加えて今季で40歳になる高年齢。高いコストに見合わないと判断され、昨年限りで退団ということに。一発の魅力は全く衰えを見せていないだけに、条件の問題さえなければ他球団獲得もありそうだが。ベースからかなり離れて立っているのは内角に弱点がある証でもあるが、そこへ投げ込むのはかなり勇気が要る。

高木 浩之

守備要員脱却、業師型

右投左打 ベストナイン(02)、Gグラブ(02)
亨栄高〜駒大 西武95ドラフト4位〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 西武 69 177 51 8 0 0 59 7 1 4 2 15 1 17 .288
07 西武 15 31 2 0 0 1 5 1 0 1 0 1 0 6 .065
08 西武 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 13年 1002 2510 643 90 9 10 781 186 27 111 17 189 27 213 .256

02年の大活躍でレギュラーを手にした内野手。それまでは原井や上田と同様守備で貢献も非力さが目立っていたが、一気に立場が変わった。
もともと三人の中では最も打撃が安定したタイプだったが、なかなか定着しきれなかった。97〜99年にかけてポジションを手中にしかけていたが、故障もあってその後不振となり後退。しかし02年は一転開幕からセカンドにレギュラー起用。これが功を奏したか9番に固定され打撃で大貢献。特にチャンスでの強さは群を抜き、得点圏打率.374はチームトップどころかリーグ全体でも2位。決して足は速くないのに11盗塁も記録し、伊原采配のキープレーヤーとなった。上位打線へのつなぎ役としてこれ以上ない活躍を見せ、優勝に大いに貢献。
しぶとい打撃を見せる選手で、02年は規定打席に達してわずか26三振。小技も器用にこなし、いやらしさが光るタイプ。守備の堅実さにはもともと定評があり、攻守いずれの場面でも派手さはないが安心感がある。
ただ02年があまりに鮮烈だっただけに、それ以降は下降気味。小柄でスタミナに難があり、後半に調子を落とすケースが続いた。徐々に減り始めた出場数は、05年は故障でシーズンの半分を棒に振り大幅減。翌06年片岡が二塁に収まるとすっかり影が薄くなった。07年は極端な打撃不振に陥り12年ぶりに打席数が100に届かず。
巻き返しを図った昨年だったが、開幕前から視力障害に悩まされることに。万全の状態にはならず、シーズン終了を待たずに現役引退を決意することとなった。03年以降は急激に存在感を失ってしまったが、粗っぽい選手の多い中で貴重な業師型の選手だった。今季からはスカウトに。

鷹野 史寿

中堅外野手、パンチ力型

右投右打
浦和学院高〜国士舘大〜日産自動車 近鉄00ドラフト6位〜04、楽天05〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
07 楽天 44 69 14 3 1 1 22 7 1 0 0 9 3 20 .203
08 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 9年 477 1029 278 51 5 36 447 144 5 3 7 118 36 237 .270

アマチュア時代、全日本の4番を務めた強打者。27歳と遅いプロ入りで木製バットへの対応が不安視されたが、1年目後半からレギュラーを奪う勢いを見せ、豊富な経験が伊達ではないところを証明した。右の代打にとどまらない活躍でレギュラー争いに参戦。
パンチ力のあるスラッガータイプだが、意外にもアベレージが高かった。1年目は13打席連続出塁を記録。右打ちができるのが特徴で、入団後3年間いずれも安定した成績。所属するチーム次第ではレギュラー確実と言われた。
面白いのは非常に死球が多かったところ。1年目がリーグトップの12で、02年までのトータルが27。打席数を考えれば異常とも言える多さで、それが出塁率の高さにもつながっていた。後に普通レベルに落ち着いたが、入団当初はなぜかボールに良く当っていた。
最初の3年間は順調だったが、03年は不調。最後まで率が上がらず、存在感が薄くなってしまった。04年は前半好調で巻き返しも後半急落。下山や大西といった後続に立場を食われてしまった。そして楽天移籍後はアベレージが急落。新生チームでレギュラーの期待も高かったのだが、完全に逆の目となってしまった。低打率に喘ぎ、06年は膝の手術でほぼリハビリ状態。すっかり影が薄くなってしまった。
07年は復帰し、主に代打起用。チームで最も多く代打に出たが、打率は1割台と切り札というには遠く及ばない成績だった。通年でも2割をやっと越える打率では一軍定着も厳しく、後半は出番が激減。
移籍後は落ちる一方で全くいいところがない。昨年は一度も一軍に上がれず、シーズン後戦力外に。35歳で近年の状態ではやむをえない印象。現役を退き、ジュニアチームのコーチとなることに。

種田 仁

実戦派、雑草職人型

右投右打
上宮高 中日90ドラフト6位〜01途中、横浜01途中〜07、西武08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 横浜 80 230 50 9 0 1 62 17 3 8 1 25 4 25 .217
07 横浜 60 66 17 6 1 1 28 17 0 3 0 6 1 7 .258
08 西武 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 19年 1434 4176 1102 183 24 71 1546 401 76 190 24 341 37 586 .264

独特の「ガニ股打法」でしぶとく打つベテラン。元木(元巨人)とは上宮高校同期。ちなみに高校時代は元木がショートで種田がサードだった。
ドラフトでは下位指名だったが、2年目には早くも一軍定着。3,4年目には肩を痛めた立浪をセカンドに追い、ショートのレギュラーを獲得。その時点で弱冠22歳。これで10年は安泰と思われたが、ここから苦悩が始まった。
翌年大不振に陥ると、そこからなかなか浮上できず。もともと打撃面では「小技がきく」という以外に特徴が無く、つまり基礎が貧弱。そのためにかなり苦労した。そこそこの長打力があることもかえって災いしたか。徐々に出場機会も減り、97年はわずか一桁の出場、いつしか忘れられた存在に。
しかし98年、ようやく自分のバッティングスタイルを見つけたようだ。この年少し持ち直すと99年は不振だったものの、00年は代打で大活躍。自身初の3割をマークし、久々に種田の名前を復活させカムバック賞にも輝いた。
ガニ股に足を開き、膝を曲げる独特の構え。中腰になったような構えで投手に正対し、ぱっと見は少々滑稽でもあるが、これこそ種田が見つけた自分のスタイル。大振りをやめ、しぶとくボールに食らいつく形を確立し、非常にいやらしいバッターに成長した。
01年途中に横浜移籍後は選手層の薄さを突いてレギュラーに。02年は9年ぶりに規定打席にも達した。03年こそ若手にかなり機会を譲ったが、翌年は巻き返し。00年以来、規定打席に達しては初めての3割を記録。05年はさらに打率を伸ばし、勝負強い打撃を再三披露。自己最多の打点を記録した。
ただ06年は大不振。5月に1割そこそこと低迷し、以降立ち直れなかった。スタメンを内川に奪われ、そして07年は仁志が加入。加えてまたスタートが悪く、さらに出場数が減ってしまった。それでも代打の切り札として起用され、出塁率も3割以上と持ち味を発揮。前年の大不振からは脱却。
しぶとい働きの職人選手だが、意外にもシーズン後戦力外に。西武に移籍した昨年だったが、若手が力をつけたチームにあって出番は巡ってこなかった。プロ入り後初めて一軍出場なしに終わり、再び戦力外に。トライアウトでも移籍先は見つからず、引退ということになった。まだやれる力は残している印象もあったが、年齢的にも頃合だったか。タイトル等には無縁だったが独特の存在感を見せた選手だった。今後は解説者に。

田原 晃司

控え捕手、叩き上げ型

右投左打
泉州高 西武93ドラフト6位〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 西武 15 29 6 2 0 0 8 4 0 1 0 0 0 6 .207
07 西武 - - - - - - - - - - - - - - -
08 西武 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 16年 99 133 21 5 0 1 29 7 0 5 0 3 1 30 .158

キャリアの大半を二軍で過ごしてきた中堅捕手。ファームの古株といった趣で全く目立たなかったが、野田と細川の正捕手争いをサポートする形で浮上。
00年までは一軍実績ゼロ。さらに02年まではノーヒットと完全な二軍選手だったが、03年11年目にしてプロ入り初ヒットを記録。以降徐々にではあるが出番を増やし、05年は17試合で先発マスク。13年目にして初ホームランも記録した。
打撃に関しても守りに関してもはっきり言えばそれほど特徴がない。炭谷加入の06年は出番が減り、細川が正捕手定着のここ2年は一軍出場なし。元の立場に戻ることに。昨シーズン後戦力外に。
どちらかといえばブルペン寄りの存在で、16年のキャリアはほとんどがサポート役。現役を退き、ブルペン捕手に専念することとなった。肩書は変わるが、実質的にはこれまでと同じ役回りを続けることに。

ラリー・ビグビー

中距離打者、故障多発型

右投左打
横浜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 横浜 72 216 55 12 0 8 91 29 1 0 2 19 2 66 .255
通算 1年

昨年の横浜新外国人。メジャードラフト1位指名の選手で、04年にはレギュラーとして15ホーマーの実績を持つ。ただ近年は故障が多かった選手。
オフに入団内定の発表直後、ミッチェルレポートに名前が記載され一時獲得が危ぶまれることに。球団独自の抜き打ち検査に合意することで正式に入団決定。
中軸を期待されていたが、やはり故障が多く開幕は出遅れ。4月中旬に昇格しなかなかの打棒を見せたがまたすぐに故障で抹消。5月に入ってようやくコンスタントに出場するようになった。
広角に打てて長打もあるという触れ込みで、2度目の先発試合で来日初ホームラン。ただシュアというには打率がだいぶ低く、非常に脆い打者だった。2ストライク後の打率は1割にも届かず、追い込まれてしまえば6割が三振。また左投手にも徹底的に弱く、対右の半分程度しか打てなかった。
慣れるにつれ多少は向上の気配も見えたが、それでも及第点には程遠いレベルで、低打率のまま。8月中旬に二軍落ちすると以降出場なく、1年限りで解雇となった。横浜は昨年5人の新外国人を獲得したが、すべて1年限りで退団という結果に終わった。

平下 晃司

俊足外野手、不安定型

右投左打
日南学園高 近鉄96ドラフト5位〜00、阪神01〜04途中、ロッテ04途中〜07途中、オリックス07途中〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 ロッテ 47 79 21 1 1 1 27 7 5 3 0 7 1 22 .266
07 ロッテ 5 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
オリックス 8 13 1 1 0 0 2 0 0 1 0 0 0 4 .077
08 オリックス - - - - - - - - - - - - - - -
通算 13年 319 692 169 23 6 12 240 64 21 22 3 46 6 162 .244

俊足と思い切りの良い打撃が売りの外野手。ただ確実性に乏しく、なかなか一軍定着しきれない。
当初は全くの無名だったが、入団5年目の00年いきなり76試合に出場。それまで未出場の選手が一躍レギュラー候補に躍り出た。近鉄にはあまりない足のある選手として注目されたが、その活躍直後に阪神へ移籍。売り出したばかりの若手選手の放出はやや不可解だった。
阪神移籍後も02年にはなかなかの活躍を見せたが、どうももう一つチャンスに恵まれない。翌年は25試合の出場にとどまり、04年もほぼ二軍暮らし。そんな状態からシーズン途中にロッテ移籍。これでチャンスを掴み、移籍直後はかなりの打棒を見せた。外野の弱いチームにとって貴重な戦力に。
ただ課題を残したのも確かで、日程が進むごとに成績は下降。終盤はほとんど打てず、トータルでの打率も大きく下げてしまった。思い切りの良さは買えるがちょっとスイングが大きすぎて、速球にはかなり差し込まれがち。この辺の粗さがなかなか解消されない。
05年出場数激減、06年は少し持ち直したが、07年は二軍暮らしが続き、またシーズン途中に今度はオリックスへ。しかし今度は移籍も起爆剤とはならず、終盤昇格もわずか1安打。低調なまま終わった。
小規模ながら隔年傾向があったが、昨年は一度も一軍に上がれず。二軍でも1割台と低調な成績に終わり、もう30歳とあってシーズン後戦力外となってしまった。チームを転々とするたび一時的に活躍を見せていたが、オリックスではいいところなく終わった。新たに発足する関西独立リーグにコーチ兼任選手として参加することに。

ルー・フォード

実績充分、期待はずれ型

右投右打
阪神08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 阪神 47 129 29 7 1 3 47 11 0 0 2 11 2 27 .225
通算 1年

昨年加入の阪神の外国人選手。04,05年メジャーでレギュラーとして働いた選手で、04年には3割近い打率で15ホーマーを記録。実績ある中距離打者として中軸を期待されての入団。
開幕はスタメン7番。9打数ノーヒットのあと初ヒットを放ったが、序盤は1割台でホームラン1本とかなり低調。不振から二軍落ちし、再昇格直後はなかなか打ったものの、6月に入るとまた低調に。スタメンを維持することができず、7月下旬にはまた二軍落ちしてしまった。
3ホーマーはともかくもこの打率の低さは辛い。右打者ながら左投手に非常に弱いという難点もあり、チャンスにも脆く、目立つ活躍はほとんどできなかった。なぜか甲子園での成績が極端に悪く、1割を辛うじて越える低打率。ホームでのふがいなさも印象が悪い。
結局8月以降の昇格はなく、早々に解雇が決まった。なかなか高年俸の選手だったが、期待はずれに終わった。

牧田 勝吾

中堅内野手、叩き上げ型

右投右打
島田商高〜愛知学院大〜日通名古屋〜日本通運 オリックス02ドラフト11巡〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 オリックス 22 33 8 2 0 0 10 4 0 0 0 0 1 4 .242
07 オリックス 9 24 7 2 0 1 12 3 0 1 1 0 0 4 .292
08 オリックス 13 28 7 2 0 0 9 1 0 0 1 0 2 4 .250
通算 7年 91 164 38 7 0 2 51 15 0 3 3 7 4 29 .232

28歳にして、ドラフト11巡という極端な下位指名でプロ入りした選手。こつこつと力をつけて、徐々に一軍に近づいてきた。
これまでも試合には出ていたが、一軍レベルのボールにはついていけずほぼ二軍暮らしだった。しかし04年は二軍でチームトップ(リーグ2位)の高打率をマーク。打力を着実につけて一軍に接近。05年は昇格直後に代打でプロ初ホームランを放ち、台頭への足がかりを掴んだ。翌年もわずかながら出場数は増加。少しずつ台頭を見せた。
左投手に強い打撃が特徴。守備はメインはサードだが、内野はだいたいこなせる。入団時は強肩が評価されていた。
ただ07年は一歩後退。終盤まで一軍に上がれず、出場数を減らしてしまった。昨年は若干回復、相変わらず左に強いところは見せたが、やはり大半を二軍暮らし。もう34歳でこれ以上は厳しいと判断されたか、シーズン後戦力外に。
少ない打席で結果は残していただけにもったいない印象もあったが、やはり年齢がネックだったか。現役を退き、スカウトに転身。左殺しとして面白い存在だったが。

的山 哲也

強肩捕手、専守防衛型

右投右打
福崎高〜新日鉄広畑 近鉄94ドラフト4位〜04、オリックス05〜07、ソフトバンク08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 オリックス 49 93 24 8 0 2 38 6 3 3 0 10 1 23 .258
07 オリックス 42 55 11 4 0 1 18 4 0 1 0 5 1 17 .200
08 ソフトバンク 40 85 20 3 0 1 26 9 0 6 0 4 2 38 .235
通算 15年 1026 2058 423 80 4 40 631 201 27 163 19 189 27 521 .206

強肩で知られるベテラン捕手。盗塁阻止率は常にハイレベルで、送球の素早さも光る。代役出場した02年のオールスターでMVP獲得の意外な活躍も。
プロ入り4年目の97年、捕手として加入した礒部や大久保を差し置いてレギュラー捕手に台頭。目立つ活躍はないが、これ以降安定してマスクをかぶり続けた。完全に固定されることはなかったが、ほぼ正捕手といえる働き。
問題は打撃の弱さで、このタイプの捕手にありがちな、2割がやっとの低打率。この点が問題視されて、一時は礒部に定位置を奪われかけたほど。猛打で知られた近鉄の中ではやや異質の存在で、これが正捕手完全定着を阻んだ要因。変化球への対応に問題のある打撃は、すでにベテランの年齢で向上は期待薄。
それでも正捕手格として認められてきたが、04年は藤井にマスクを譲る場面が増えた。さらに翌年は球団合併でオリックスへ。藤井は楽天に去ったが、今度は日高というライバルを持つことに。その日高がスランプを脱して安定し、結局的山の出番はさらに減少してしまった。06年は的山としてはかなり打撃好調で自身最高打率を記録したが、翌年は大きく後退。出場数を減らし、実質3番手に下がった。
昨年経験を買われ、捕手難に喘ぐソフトバンクに移籍。序盤正捕手格だった田上が故障離脱したこともあり、前半はスタメン機会が多かった。30試合に先発マスクを被ったが、自身も膝の故障に苦しむことに。谷起用が多くなってくると、7月頭を最後に以降は出場がなく、シーズン後引退を表明。
自慢の肩も近年は衰え気味で、さすがにここが限界という印象はあった。移籍時に一部で予想されたとおり、今季はそのまま一軍のバッテリーコーチに就任。

真中 満

小兵外野手、代打再生型

左投左打
宇都宮学園高〜日大 ヤクルト93ドラフト3位〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 ヤクルト 99 172 41 8 0 1 52 15 1 7 3 11 1 19 .238
07 ヤクルト 105 119 38 6 0 1 47 10 0 0 1 5 0 13 .319
08 ヤクルト 15 14 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 3 .071
通算 16年 1368 3918 1122 179 25 54 1513 335 64 80 17 237 19 394 .286

ミート力が持ち味の外野手。小柄ながら安定した能力でヤクルトのレギュラーとして活躍。ここまで3割を2度記録。
大学からプロ入り後、一軍定着までには思ったより時間がかかった。95年に99試合出場を果たすも、翌年はほぼ二軍暮らし。しかし97年に規定打席不足ながら3割を越える高打率で台頭し、飯田が不振に陥った翌年レギュラーを奪取。ここから4年連続規定打席到達で、飯田に替わって「1番センター」の座についた。
驚くほどの俊足ではないが、選球眼の良さと思い切りの良さで活躍。特に内角球を体ごと回転して打つ様は特徴的。どちらかといえば引っ張りが目立つタイプだが、当てることに関しては能力が高くファウルカットで逃げる技術を持つ。しつこく食らいつくスタイルで、1番打者としてなかなかのいやらしさを発揮した。守備も堅実で、総じて安定感を感じさせる選手。
ただ02年故障で不本意な成績に終わり、30歳を越えて少し停滞。03年こそ持ち直したが、出塁がいまいちで1番としてはやや物足りない印象。これ以降はサブに落ち着き、存在感がやや薄くなってきた。
もう30代後半ということで06年から代打での出場が中心に。この年は起用回数こそ多かったもののやっと2割でいまいちだったのだが、07年印象が激変した。開幕から絶好調で突っ走り、驚くべき成功率で切り札として大いに名を売った。ほぼ代打のみの出場で、オールスター時点で3割後半の高打率。終盤急ブレーキで落ちたものの3割キープし、強烈な存在感を見せることに成功した。12球団最多の代打起用98回で、代打での年間31安打は38年ぶりの更新となるプロ野球新記録だった。
代打男として覚醒を見せたが、昨年は一転大スランプ。開幕から代打起用も14打数1安打と結果が出ず、5月以降は長期二軍暮らしとなった。そしてシーズン終了前に現役引退を表明。
シーズン1安打というのはプロ入り以来自己最悪の数字で、37歳の年齢からも決断はやむをえなかったか。やや隔年傾向もあったが、渋い存在として長期間チームを支えた。今季から二軍の打撃コーチに。

三木 肇

俊足非力型

右投左右打
上宮高 ヤクルト96ドラフト1位〜07、日本ハム08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 ヤクルト 59 27 4 0 0 0 4 0 8 0 0 0 0 7 .148
07 ヤクルト 23 8 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 3 .000
08 日本ハム 17 28 8 2 0 0 10 2 0 1 0 2 0 7 .286
通算 13年 359 303 59 6 1 2 73 14 30 21 0 17 2 79 .195

代走・守備要員の選手。主に二塁を守り、06年からは外野もこなすように。地味だが着実に出番を得てきた。
高校時代はスラッガーとして鳴らし、ドラフト1位入団。「ポスト池山」として当初は大きな期待を受けていた。しかしスピードはあるものの打撃がプロではどうも非力で、二軍の壁をなかなか破れず。01,02年に大きく出番を増やすがアピールし切れなかった。足を活かすためスイッチヒッターとなったが、近年は打席機会が減ってほとんど代走要員に。
04,05年と少ない打数ながらもアベレージが良く、打撃開眼かと思われたが06年はまた1割台の低打率。その代わり代走・守備固めとしての地位は固まって、自己最多タイの8盗塁を記録した。07年も代走を中心の起用。ただ出番は減ってしまった。
年明けてから3対3のトレードが決まり、昨年は日本ハムへ。前半は少ないながらも出番があり、特に先発した7試合では21打数7安打となかなか打撃好調。しかし6月末に金子誠と入れ替えで抹消されると、以降は全く出番のないままシーズン終了。そのまま現役引退ということに。
地味ながらも結果を残しただけに惜しい気もするが。31歳での早い引退で、今季は二軍コーチに就任。01,02年がキャリアハイだった。

村田 善則

元正捕手候補、平凡型

右投右打
佐世保実高 巨人93ドラフト5位〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 巨人 6 16 1 0 0 0 1 1 0 1 0 0 0 3 .063
07 巨人 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -
08 巨人 4 4 0 0 0 0 0 0 0 2 0 1 0 1 .000
通算 16年 302 620 132 20 1 6 172 43 1 15 3 34 14 121 .213

阿部の控えを務める捕手。下積みの長いタイプで、華々しいイメージとは無縁。コツコツと実績を積み重ね、一時は正捕手目前の位置にいた。
特にこれといった特徴はなく、捕手として平凡なタイプ。それゆえにアピールするものが少ない。00年工藤とのコンビで一躍名を売り、レギュラー一歩手前まできたものの、翌年は阿部の出現で元の二軍選手に逆戻り。02年以降は2番手捕手に返り咲いたが、阿部の存在を考えるとそこから抜け出すのは至難の業。
技術的なものよりも首脳陣の期待感がやや薄い印象。また打撃での非力さも否めず、03年も故障した阿部の代わりを務めたが投手並の低打率。打撃以外はそこそこ安定しているが、印象に残らないのも仕方ない。
サブとしてはまずまず安定した存在で、05年は阿部の故障で先発機会も多かった。しかし06年は自らが故障で長期離脱。5年ぶりに出場が一桁にとどまり、一気に存在感が薄くなってしまった。07年は加藤が2番手に浮上し、一軍では10月に1試合守備についたのみ。11年ぶりに打席に立たず終わった。
昨年も出場は少なく、鶴岡が移籍してきたことでさらに一軍は遠くなった。シーズン終了を待たずに引退を表明。地味な存在だったが16年のキャリアを全うした。今季からはスコアラーに転身。

森谷 昭人

韋駄天外野手、貧打型

右投左右打
豊川高 近鉄98ドラフト3位〜04、楽天05〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 楽天 24 22 5 3 0 0 8 0 5 1 0 2 0 9 .227
07 楽天 21 16 3 0 0 0 3 0 4 0 0 1 0 5 .188
08 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 11年 133 131 24 5 0 2 35 3 23 6 0 6 2 38 .183

球界でもトップクラスと言われる快速を誇った選手。とにかく足の速さは大変な脅威で、これが唯一にして最大の武器。
プロ入り3年目の00年に一軍初出場し、早速初盗塁を記録。その00年からファームでは3年連続盗塁王という韋駄天ぶり。02年には2本のホームランも放ち、外野の一角を狙う存在としてもクローズアップされた。
しかしあまりに弱い打撃がネックに。二軍では高打率も記録しているが、一軍ではなかなか結果が伴ってこない。04年も一軍では内野安打1本に終わり、しかも打席の半分が三振と散々。せっかくの足も活かす機会がなく、一軍定着もままならない。
05年分配ドラフトで楽天入りとなり、その脚力から「1番有力候補」として開幕前は脚光を浴びた。しかし実戦ではさっぱり。台頭どころか5年ぶりにノーヒットに終わり、大きなチャンスをみすみす逃してしまった。翌年は少し盛り返して出場数を増やしたが、開幕一軍を勝ち取った07年も序盤だけで、シーズンの大半を二軍暮らし。
足は大きな魅力もそれ以外があまりに頼りない。昨年は7年ぶりに一軍出場がなく、二軍でも1割未満という大不振。俊足選手が続々台頭してきた状況もあり、戦力外となってしまった。トライアウト参加も声はかからず、どうやら見納めの模様。チャンスは豊富にあったのだが、活かせなかった。

山下 勝充 (勝己)

二軍の帝王、パワー型

右投右打
近大付高〜近大 近鉄00ドラフト4位〜04、楽天05〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 楽天 39 90 25 8 0 0 33 9 3 2 1 8 0 26 .278
07 楽天 - - - - - - - - - - - - - - -
08 楽天 33 78 20 3 0 1 26 9 0 1 0 6 1 19 .256
通算 9年 196 379 84 21 0 2 111 29 5 11 2 30 4 104 .222

スラッガータイプの内野手。個人的にひそかに「近鉄内野レギュラー候補四人衆」と呼んでいた内の一人(他の三人は高須・前田・阿部真)。メインポジションはサード、期待される要素は打力と四人の中では毛色が違っているが、最も結果を出せていない選手でもある。
近大時代に大舞台で一発を放ち、名を売ってのプロ入り。そのパンチ力を期待され、1年目は67試合に出場した。だが自慢の打撃はプロの壁に阻まれ、打率1割5分、本塁打も1本と低迷。翌年はわずか2試合の出場に終わり、02年はついに一軍に上がれなかった。はまったときのパンチ力は魅力だが、これがなかなかはまってくれない。ファームではパワーヒッターで鳴らすも、一軍では極端な低打率に喘いでいる。
内野はすべて守れるが、逆に決め手がない印象。04年はウエスタンの二冠(首位打者、本塁打王)に輝いたが、一軍では相変わらずさっぱり。そして楽天に移った05年もその潜在能力に大いに期待されたが、シーズン通してほぼ二軍定住で、出場数はまた一桁に減少。チャンスを活かせなかった。
どうしても壁を越えられないが、06年は久々に持ち直し。6年ぶりに100打席を越え、まずまずの打率を残した。期待された一発は出ずじまいだったが、三塁レギュラー候補に再浮上。ファームでは本塁打王となり、イースタン・ウエスタン両リーグでのタイトルを獲得。
しかし翌年は一転、死球骨折のアクシデントに泣かされ5年ぶりに一軍出場なし。もう一歩というところからまた後退してしまった。それでも昨年は序盤好調で、草野の不調から三塁スタメン出場も多かった。1年目以来実に8年ぶりの一発も放ったが、長続きはせず段々下降線。6月頭に二軍落ちするとそのまま再昇格なく終わった。シーズン後戦力外に。
昨年の成績は自身のキャリアでは上位に入るものだったが、底も見せてしまった印象。31歳の年齢にしては実績が乏しく、「二軍の帝王」を脱け出し切れなかった。今季はアイランドリーグのコーチに就任して再出発。

山田 真介

俊足外野手、チーム転々型

右投右打
上宮高 巨人98ドラフト3位〜06途中、広島06途中〜07途中、阪神07途中〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 巨人 10 14 2 0 0 0 2 0 2 0 0 1 1 2 .143
広島 18 47 14 1 0 0 15 0 0 4 0 2 2 10 .298
07 広島 4 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 .000
阪神 - - - - - - - - - - - - - - -
08 阪神 - - - - - - - - - - - - - - -
通算 11年 75 124 28 3 1 1 36 5 4 5 0 8 6 29 .226

俊足と強肩が売りの外野手。高校時代は投手でエースとして甲子園のマウンドも踏んだが、早くから野手としての素質に注目されていた。
02年一軍で初起用されると、翌年はなかなかの存在感を見せ、プロ初ホームランも記録した。二軍より一軍での打率が高かったのはセンスの発露か。ファームではレギュラー格の存在に。
悪くないデビューを飾ったものの、そこで停滞してしまった印象で、05年は一軍出場わずか1試合。伸び悩んでいたところで、06年途中に広島へ移籍。終盤なかなかの好結果を残した。これで再浮上かと思いきや、翌年はまた途中に阪神へトレード。2年で3チームに在籍することに。
07年の4試合出場はいずれも広島での序盤のもので、阪神では全く戦力になれなかった。昨年はとうとう一度も一軍に上がれず、シーズン後戦力外に。結局阪神では一度も一軍出場がなかった。現役を諦め、巨人に球団職員として戻ることに。

吉岡 雄二 (佑弐)

パンチ力、移籍開花型

右投右打
帝京高 巨人90ドラフト3位〜96、近鉄97〜04、楽天05〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 楽天 49 146 35 5 0 0 40 6 0 0 2 9 2 31 .240
07 楽天 23 44 11 3 0 0 14 5 1 0 0 3 0 8 .250
08 楽天 12 16 5 1 0 0 6 1 0 0 0 1 0 7 .313
通算 19年 1012 3233 883 189 13 131 1491 463 28 34 27 311 31 728 .273

長打力ある右の内野手。移籍をきっかけに飛躍した選手で、近鉄いてまえ打線の一角を担った存在。恵まれた体格からのパンチ力には定評がある。
高校時代はエースとして甲子園で活躍。当時から投手よりも打者としての素質のほうが上、と言われていたが、本人がこだわり92年までは投手。そこでは二軍を脱することができなかったが、93年野手転向すると早々に一軍デビュー。長打を打てる素質は本物で、翌94年にファームで本塁打と打点の二冠王に輝き、95年には一軍で4ホーマーを記録。
順調な成長を見せていたが、96年に足踏み。ちょうどこの時期はチームがFAでの大物獲得に奔走を始めた頃で、同じ一塁にもすでに広沢と落合がいる状態では、粗い若手大砲にはなかなか出番が回ってこなかった。さらにこのあと清原も獲得で危うく飼い殺しになりかけたが、ここで近鉄にトレード。これが大きな転機となった。
移籍初年度こそそれまでと変わらなかったが、翌98年から躍進が始まる。13ホーマーを放って評価を固めると、翌年からはレギュラー定着。数字も次第に伸ばし、01,02年は連続26本塁打。03年にはホームランこそ減らすも初の3割達成。クリーンアップのあとを打つ大砲として存在感を強め、完全に中心選手へと成長を遂げた。
ややオープンに構えるフォームで、甘く入った球を鋭く叩くプルヒッティングが身上。外角低めには脆さがあり、これを引っ掛けるため併殺は多い。かつては足も決して遅くなく、一塁守備の堅実さもなかなか光った選手。
04年のオープン戦でアキレス腱断裂の重傷を負い、ほぼ一年を棒に振ることに。05年楽天に移籍も、ブランクからか当初は精彩を欠いたが、5月に打撃急浮上。力のあるところを見せ、見事レギュラーに復活した。後半は3番定着で山アとともに中軸を形成。リーグワーストの併殺打の一方で、チームトップの犠飛を記録した。一発こそ減ったがチャンスではなかなかの結果。
ただ翌年は前半不振で夏場に二軍落ち。終盤は復調したが、本塁打0と寂しいシーズンになってしまった。ここから急激に出番が減り、巻き返しを期した翌年も後半のみの出場。そして昨年は結果を残しながらも出場機会は乏しく、終盤は出番なし、シーズン後には戦力外に。
現役続行に意欲を持っているが、トライアウト参加でも声はかからず、活躍の場を求めて渡米することに。まだまだ打力はあるが、すでに37歳で長打力は確実に衰えている。さらに故障の影響から三塁は事実上もう無理で、守れるのはほぼ一塁のみ。代打でそれほどいい実績がないなど起用がちょっと難しい部分もある。04年の故障から影が薄くなってしまった。

アダム・リグス

スラッガー変身、乱高下型

右投右打
ヤクルト05〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 ヤクルト 142 591 174 39 0 39 330 94 11 0 1 33 11 112 .294
07 ヤクルト 37 138 30 5 0 3 44 19 0 0 2 9 1 43 .217
08 ヤクルト 30 94 19 3 0 3 31 11 0 0 0 8 1 25 .202
通算 4年 316 1133 318 72 1 59 569 168 15 0 5 65 15 244 .281

2年目の06年、2番で驚異の打棒を発揮した外国人。前年から大きな変わり身を見せて大活躍を見せた。
マイナークラスでのキャリアが豊富なベテラン選手で、大物打ちよりも確実性を期待されての獲得。1年目オープン戦でさっぱりだったため開幕は二軍。4月の中旬に昇格したが、すぐには打てず。これはとんでもない見込み違いかと思わせたが、しかし月が替わると慣れてきたのか打率急上昇。シュアな打撃で安定した活躍を見せるようになった。外国人にしては見栄えのしない体格で非力な印象だったが、これが8月に入ると一変。不調の鈴木健に替わって一塁レギュラーになると、8,9月で12ホーマーを放った。これが翌年のブレイクへつながっていく。
この活躍を踏まえ06年は開幕からスタメンに。当初はそれほどでもなかったが、5月に12ホーマーの爆発。2番で打ちまくって大いに話題となった。一時の活躍ではなく、8月にも12ホーマーを量産。3割こそ逃したがチームトップの39本塁打という大躍進を見せた。
当初守った外野はお粗末だったが、途中からは一塁に専念。11盗塁など脚力があり、1年目振り逃げの隙に本塁突入生還というクレバーなプレーも見せた。本塁打量産は非常に意外だったが、打撃に関してはなかなかバランスが取れている。
しかし07年は終始故障に泣かされた。大不振スタートのあと、ヘルニア手術のため長期離脱。後半復帰後も腰痛で欠場が多く、ほとんど戦力にならずじまい。2割そこそこの低打率に加えてわずか3ホーマーと大誤算のシーズンに。
微妙な成績だったが契約が残っているということで残留。しかし昨年もスタートから全く調子が上がらず、5月には二軍落ち。そのまま再昇格もなく、7月前半に早くも解雇されてしまった。
07年オフに公表された「ミッチェルレポート」にその名前がリストアップされ、薬物使用疑惑が浮上。結局05年後半から翌年の成績が浮いた形に終わり、その汚名を雪ぐことはできなかった。この2年がこの状態では、シーズン中の解雇もやむなしだった。

マイケル・レストビッチ

パワーヒッター、扇風機型

右投右打
ソフトバンク08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
08 ソフトバンク 48 112 25 3 0 3 37 17 0 0 0 14 1 53 .223
通算 1年

昨年のソフトバンク新外国人。メジャーでは結果を出せていないが、3Aで2年連続4度の20ホーマー。巨体から放たれる長打力を期待されての獲得。
登録は外野手だが、見た目通り俊敏さはなく、開幕から一塁での起用が主。小久保が出遅れたこともあって序盤はスタメンが多かった。しかし1割台の打率に1ホームランと結果が伴わず、小久保復帰と同時に二軍落ち。再昇格後はそこそこ打ちもしたが、長続きはせず穴埋め的な起用止まり。
巨体であまり足は動かさず、上体を突っ込ませながら打ちにいく。とこう書けばこれは前年在籍のブキャナンそっくり。しかしそのブキャナンよりはるかに不器用な打者だった。とにかく低め、外角の変化球にはまるでついていけず、緩急にも全く対応できない。追い込まれてしまえば6割強は三振で、フルに出たら200三振以上というハイペース。
代打での成績が良かったり、意外と一塁守備が手堅かったりと長所もあったが、戦力としてみるにはあまりに穴が大きすぎた。二軍調整を挟んでも向上の気配なく、結局1年限りで解雇。これなら前年のアダム、ブキャナンを残留させたほうがはるかに戦力になったのではと思わざるを得ない。左投手にはそこそこ良かったが…。

度会 博文

内外野兼用、代打屋型

右投右打
八千代松蔭高〜中央学院大 ヤクルト94ドラフト3位〜08
年度 球団 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率
06 ヤクルト 27 28 10 2 0 0 12 3 0 1 0 2 0 4 .357
07 ヤクルト 68 88 18 4 0 0 22 8 0 6 1 0 0 16 .205
08 ヤクルト 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000
通算 15年 527 707 173 34 1 9 236 61 2 30 3 30 2 119 .245

ヤクルトの代打の切り札的存在。パンチ力のある打撃が特徴で、速い球を得意にしている。タイプとしては中距離打者。
大学から入団も最初の4年間は一軍実績なし。粗さが先に立ってなかなか上に食い込めなかった。しかし5年目の98年にいきなり準レギュラー級の活躍を見せて台頭。稲葉低迷の隙を突いた形で、左の副島と競い合うような格好だった。だが変化球打ちに難があり、レギュラーを奪うにはスケール不足だった。もう一つ食い足りない感じで以降は控えに定着。
あまりパッとしない状態で立場も危うかったが、30歳を越えた03,04年は3割前後の成功率で代打の1番手に定着。左投手に強みを見せ、それなりに存在感を見せるようになってきた。
これで地位を固めたかと思われたが、05年は一転して大不振。1割をやっと越える打率で全くいいところがなかった。そのためか06年は前半ずっと二軍暮らし。存在感が薄くなりかけていた。しかし8月に昇格すると、以降代打で3割の好成績。左に強いところを再びアピールした。この流れから翌年は久々に出場機会増加。真中に次ぐ代打回数で、「右の切り札」として起用された。
とりあえずジリ貧は止まったが、しかし07年は成功率が低く「切り札」というには厳しい結果。何より左投手に1割台では貢献度は低い。昨年は一気に出番がなくなり、前半2打席とほとんど二軍暮らし。すでに36歳ということでシーズン終了前に引退表明。現役を去ることとなった。
華々しい活躍には遠かったが、なんだかんだでしぶとく生き残ってきた。今季からは二軍コーチに就任。


HOME